企業研究

【シグマクシス インターン研究】実施内容・選考フロー・事業内容がまるわかり!

シグマクシスを研究!


シグマクシスは2008年に発足した、コンサルティングファームです。コンサルティング会社は「忙しいけど給与は良い」のイメージは持たれがちですが、仕事自体をイメージしにくい部分もあるでしょう。

「コンサルティング会社に興味があるけれども、仕事内容に不安がある」という人は、シグマクシスのインターンシップに参加して、実際にコンサルティング会社の仕事を体験し、自身に合うかを確認してみましょう。

コンサルティング企業への就職を志望される人は、ぜひ参加を検討してみてください。

※この記事では、過去の実施内容について記載しています。注釈がない場合は2018年度実施の内容です。

シグマクシスの基本情報

シグマクシスは2008年に三菱商事とRHJIの共同出資で発足した、比較的新しいコンサルティングファームです。顧客の経営課題の解決や企業価値の創造を目指しており、共同出資による戦略的提携や企業支援といったビジネスも手掛けています。

シグマクシスの基本情報は下記の通りです。

正式名称:株式会社シグマクシス(SIGMAXYZ Inc.)
所在地:〒105-0001 東京都港区虎ノ門 4-1-28 虎ノ門タワーズオフィス9F
設立年:2008年5月9日
従業員数:428人(平成30年3月31日時点)
平均年齢:36.9歳(平成30年3月31日時点)
平均勤続年数:4.2年(平成30年3月31日時点)

シグマクシスを企業研究

シグマクシスの社風は、情報に対する風通しが良い一方、物事を論理的に捉える人が多いと言われています。ベンチャー気質が全体的に強く、若手のコンサルタントでも仕事をどんどん任せられるため、裁量の大きな仕事ができます。

事業のメインは、企業向けのコンサルティング業務であり、刻々と変化するビジネス環境やテクノロジー、経営環境に対して、企業と連携しながら戦略を立てて、スピーディに実現させることが仕事となります。

そんなシグマクシスの求める人物像は、公式サイトによれば「高い成長意欲を持った人」です。プロフェッショナルを目指すために自ら進んで仕事を吸収し、より高いレベルの仕事へステップアップできる人が求められています。

シグマクシス インターンの選考フロー

シグマクシスのインターンの選考フローは【リクナビでプレエントリー→ES提出→一次選考(web適性テスト)→二次選考(グループディスカッション)→三次選考(個人面接)→合否連絡】です。

シグマクシスのインターン内容と日程

シグマクシスのインターンは、コンサルティングの仕事を実際に体感する内容となっています。実際の経営課題や新たなビジネスの創造などを、社員と一緒に考えることができるプログラムです。

4日間の日程で社員と一緒に課題を考え抜くことにより、シグマクシスの社風や業務内容を実際に感じることができます。自分に向いていると感じた場合は、積極的に発言や質問をおこない、自分の考え方をアピールしましょう。

①ウインターインターンシップ

個人課題とチーム課題に取り組み、最終日にプレゼンテーションを行います。 シグマクシスのコンサルタントによるアドバイスやフィードバックを受けながら課題に取り組むことができます。 冬期は3回開催されます。

■実施時期
第1ターム:2018年12月14日、17日、18日、19日
第2ターム:2019年1月11日、15日、16日、17日
第3ターム:2019年1月18日、21日、22日、23日

■参加条件
2020年度に大学または大学院を卒業予定の方(学部・学科不問)
コンサルティングビジネスに興味のある方

■待遇
首都圏以外から参加の場合は、1往復分の交通費(新幹線または飛行機代)を支給
期間中(弊社規定の泊数分)のホテルを手配

エントリーシート〆切:2018年10月24日

まとめ

コンサルティングファームという業種について、どのような仕事をしているかを調べることはできても、実際にはどのように働いているかを感じる機会はなかなかありません。その意味でも、社員(コンサルタント)と一緒に課題を進めるシグマクシスのインターンはとても貴重です。

実施期間は4日間と短期間ですが、課題を進める中で、社風を感じ、社員とコミュニケーションをとりながら、自身の適性を見極めましょう。

最後に、インターンは就職を目指す学生の職業体験の意味合いだけでなく、会社にとっては有能な人材を見極める場でもあります。シグマクシスを志望するのであれば、インターンで積極的に自分をアピールしていきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ