企業研究

【三菱地所インターン研究】実施内容・選考フロー・事業内容がまるわかり!

三菱地所を研究!

人が生きていくためには住居つまり不動産が必要です。そのため、人がより良い暮らしをしていく上で、不動産は欠かせない存在といえるでしょう。また、繁華街やターミナル駅周辺など、多くの人が生活をともにする場所では、不動産の機能がとても重要になってきます。

この記事では、不動産業界大手の三菱地所について、インターンを中心に紹介していきます。不動産関係への就職を検討している人や、居住空間の発展に大きくかかわりたいと考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

※この記事では、過去の実施内容について記載しています。注釈がない場合は2018年度実施の内容です。

三菱地所の基本情報

三菱地所は主に不動産を取り扱っている企業です。事業規模が大きいため、不動産関係の分野ごとに企業を設立しており、三菱地所グループと呼ばれていますます。この記事では、ビルや商業施設の開発・管理を主要事業としている三菱地所株式会社を紹介していきます。

正式名称:三菱地所株式会社
所在地:東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル
設立年:1937年5月7日
従業員数:806人(単独)
平均年齢:40歳10ヵ月
平均勤続年数:17年1ヵ月

三菱地所を企業研究

三菱地所は、三菱グループの系列ということもあって、堅実な考え方が根付いています。最近では働き方改革の影響を受けて、企業体制を見直す傾向もあるようです。事業内容は不動産に関することですが、内容はさまざまです。不動産の管理、賃貸事業などの運営、将来の不動産証券化をみすえた不動産開発などもおこなっています。

求められる人物像としては、「人々の暮らしを街づくりから支えていきたい」という意思を持った人が挙げられます。また、さらなる街の発展のために新たな発想を生み出せる人や、プロジェクトを成功に導ける人が必要とされています。

三菱地所インターンの選考フロー

三菱地所のインターンの選考フローは、「専用サイトからのエントリー→アンケートと適性検査→書類選考→面接→合否連絡」となっています。基本的にこの流れが変わることはないようです。

三菱地所の選考対策

三菱地所のインターン選考についてみていきます。三菱地所のインターンは競争率が高く、選考を突破するのはなかなか難しいといわれています。三菱地所のインターン選考を突破するためには、どういった能力や考え方が求められているのかを知っておくことが大切です。

適性検査の対策をしておく

三菱地所のインターン選考では、アンケート回答と適性検査の受検が求められます。過去の適性検査は、自宅受検型の玉手箱で実施されました。内容は、言語、非言語、性格検査の3つです。玉手箱はさまざまな企業で採用されている適性検査なので、この機会に念入りに対策をしておくといいでしょう。

問題の難易度自体はそれほど高くありませんが、制限時間が設けられており、スピードが求められるのが特徴です。事前に対策をする場合は、1つのカテゴリに偏らずに網羅的に問題を解くようにしましょう。また、1問ずつ時間をはかることも大切です。

事業の具体案を伝えられるようにしておく

過去の三菱地所のインターン選考のESでは、有楽町のイメージと開発方法の具体案を問われたことがあります。これは、実際にデベロッパーの仕事を理解していないと答えることが難しいです。三菱地所がこれまでどのような事業をしていたのかなど、過去の開発プロジェクトに目を通しておくといいでしょう。

また、テーマの地域についてもある程度の知識が必要です。ネットで調べるだけでなく、実際に足を運んでみることで生の情報を手にしましょう。自分なりに有楽町に着目することで、オリジナリティのある内容になります。デベロッパーとしての創造性が問われるでしょう。

三菱地所インターンの内容と日程

三菱地所のインターンはとても人気ですが、参加枠が少ない狭き門となっています。インターンへ参加すると、三菱地所の魅力や業務内容を一通り理解することができます。インターンへの参加は本採用の選考には影響がありませんが、三菱地所への就職を希望する場合には大いに役に立つでしょう。

Winter Internship

三菱地所のインターンシップは、2日間で不動産に関する業務体験ができるインターンとなっています。主な内容としては、まちづくりの課題についてグループワークをおこない、課題解決へ向けて取り組むというものになるようです。 不動産についてより深い知識を身に着けたい、実際の業務に近い経験をしてみたいのであれば、このインターンに参加するのはメリットが大きいでしょう。 応募方法は企業公式ページから、あるいはマイナビの企業ページからのwebエントリー形式となっています。選考には適性検査の受験、及びアンケートへの回答があります。

実施時期や参加条件は以下のとおりです。

実施時期:
2019年2月14日(木)~2月15日(金)

参加条件:
四年制大学又は大学院に在籍中である(学部学科不問・学年不問)
2日間全日程に参加できる

開催地:
東京/大手町パークビル(千代田区大手町1-1-1)周辺

待遇:
交通費、遠方からの参加者の宿泊費の支給あり

選考の日程は以下のとおりです。

プレエントリー〆切:2019年1月8日(火)17:00
適性検査・アンケート回答:2019年1月8日(火)17:00
面接:2019年1月21日(月)〜2019年1月25日(金)
合否連絡:2019年2月上旬頃

三菱地所のインターンでデベロッパーの仕事について知ろう

この記事では、三菱地所のインターンを中心に紹介しました。三菱地所の選考フローは公開されており、基本的に大きな変更はありません。三菱地所のインターンに参加した場合は、三菱地所の目指すまちづくりについて学ぶことができます。

しかしながら、人気企業であるうえに開催枠が少ないため、インターンに参加するまでに激しい競争が予想されます。参加を検討している人は前もって準備をしておく必要があるでしょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ