企業研究

【フリークアウトインターン研究】実施内容・選考フロー・事業内容がまるわかり!

フリークアウトを研究!

誰しもが目にするインターネット広告ですが、自分の興味がある広告が表示されることがあるはずです。そこには、DSP(デマンドサイドプラットフォーム)というサービスが関わっています。そのサービスを日本で最初にリリースしたのが、フリークアウトです。

この記事ではインターネットの発展と共に、急成長してきた企業であるフリークアウトで実施されるインターンについて説明していきます。

※この記事では、過去の実施内容について記載しています。注釈がない場合は2018年度実施の内容です。

フリークアウトの基本情報

フリークアウトは、インターネット広告の取引手法であるRTB(リアルタイムビッティング)のシステムを提供する会社です。この手法により、広告の供給側・受取側の双方にメリットを与えています。非常に活気があり、急成長している企業です。

正式名称:株式会社フリークアウト
所在地:東京都港区六本木6-3-1 六本木ヒルズクロスポイント5F
設立年:2010年10月
従業員数:632人
平均年齢:32.9歳
平均勤続年数:2.0年

フリークアウトを企業研究

フリークアウトは日本では珍しい、自由な社風が特徴です。例えば、Fun Space(好きな場所で仕事ができる)やFree Lunch(社員2人以上のランチは会社負担)などです。進化するインターネット広告の最前線にいる企業で、活気に溢れています。

事業のメインは、DSP(デマンドサイドプラットフォーム)とRTB(リアルタイミングビッティング)というインターネット広告に関するサービスの提供です。このサービスにより、広告主はマス広告を使わずに、広告を伝えたいユーザーにダイレクトに宣伝ができる様になります。

フリークアウトは、2011年に日本で初めてDSPサービスの提供を開始した企業です。今まで無かった価値を提供する企業らしく、常に新しいことを考え、率先して取り組むことができる人材が求められます。

フリークアウトのインターンの選考フロー

フリークアウトのインターンの選考フローは、公表されていません。2017年のインターンの選考フローは、「エントリー→説明会参加→ES提出→面接/グループディスカッション」となっていたようです。また、一番の特徴は、内定直結型のインターンであるということです。このインターンに参加後、内定のオファーがある仕組みです。

フリークアウトのインターンの選考対策

フリークアウトのインターン選考対策についてみていきます。フリークアウトのインターンは競争率が高く、参加するのが難しいといわれています。フリークアウトのインターン選考を突破するためには、どういった能力や考え方が求められているのかを知っておくことが大切です。

学生時代に頑張ったことを通して人間性をみられる

フリークアウトでは、学生時代に頑張ったことについて質問されます。この質問は就活生の人柄や人間性を確認する質問といえるでしょう。学生時代に頑張ったことを通して、自分がどんな考えで行動する人間なのかを説明する必要があります。

学生時代に頑張ったことを答える際には、何をしたのかなど結論から述べるようにしましょう。その次に困難を乗り越えた経験やどのような行動を起こしたのかを具体的に伝えた後、その経験で得た学びを述べます。社会人になった後にその学びを活かしていきたいことも盛り込むようにしましょう。

面接では将来したいことを問われる

面接では、「将来したいことはなんですか」という質問をされるようです。ここでは、将来の目標について正直に述べつつ、どんな働き方をしていきたいかも伝えるようにしましょう。例えば、「退職後は地元に帰ってフリーランスで働きながら生活したい」というような将来像がある場合、それまでの過程でどのような手順を踏むのかを具体的に説明する必要があります。

この質問に答える際には、フリークアウトの社風をよく理解したうえで伝え方を工夫することが大切です。また、仕事と全く関係のない回答をしないように注意しましょう。

フリークアウトのインターンの内容と日程

フリークアウトのインターンは「内定直結型」です。採用選考も兼ねている為、人事も厳しい目で参加者を見定めています。

インターンでは参加者全員に、高度な知的生産性を求めるプログラムが用意されています。参加者は難易度の高い課題と、初対面の人同士のチームビルディングに挑戦しながら、論理的思考力・思考継続力・リーダーリップ等の力を試されます。

参加者だけでなく、フリークアウトの社員も本気で取り組むインターンとなっており、学生生活では体験できない「人生最高の生産性」を体感し、フリークアウトでの仕事を学ぶことができます。

SummerJob

内定直結型のインターンシップであり、学生では経験できないような難易度の高い課題に挑戦します。オリエンテーション・自己紹介、先輩からのレクチャーを経て、チームで課題に取り組みます。課題では、論理的思考能力や思考継続力、リーダーシップ、チームワーク、コミットメント能力などが求められます。課題を通して他の参加者や企業の文化、そして自分自身の実力等について知ることができるでしょう。また、課題を通してビジネスディベロップメントに必要な産業構造全体を俯瞰的に見る力も身に付けることが可能です。このことで、強度のある事業創造スキルを身に付けることができるとされています。

実施時期や参加条件は以下のとおりです。

実施時期:
2018年夏

参加条件:
学生の方(国籍・学年・学部・学科 不問)

開催地:
株式会社フリークアウト・ホールディングス

待遇:
不明

選考の日程は以下のとおりです。

エントリー〆切:不明
適性検査・ES:不明
面接:不明
合否連絡:不明

WinterJob

フリークアウトは、WinterJobもおこなっています。詳細については現時点で公開されていませんが、順次ホームページにて通知されるようです。WinterJobへの参加を希望する場合は、忘れずにエントリーをしておきましょう。

実施時期や参加条件は以下のとおりです。

実施時期:
ホームページにて順次公開予定

参加条件:
学生の方(国籍・学年・学部・学科 不問)

開催地:
株式会社フリークアウト・ホールディングス

待遇:
不明

選考の日程は以下のとおりです。

エントリー〆切:不明
適性検査・ES:不明
面接:不明
合否連絡:不明

フリークアウトのインターンに参加しよう

フリークアウトのインターンは「内定直結型」が一番の特徴となっています。そのため、フリークアウトで働きたい方は、必ずインターンに参加する必要があります。説明会から参加する必要がありますので、日程を事前に確認しておきましょう。

フリークアウトは、日本のインターネット広告の仕組みを大きく変えた企業です。ベンチャー企業ですが、海外展開も積極的におこなっており、入社直後から仕事を任されることも多くあります。

フリークアウトのインターンは、入社後の仕事を実際に体験できる内容になっていますので、入社後のイメージもつかみやすいはずです。ぜひ参加してみてください。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ