企業研究

【三菱マテリアルインターン研究】実施内容・選考フロー・事業内容がまるわかり!

三菱マテリアルを研究!

三菱マテリアルは、セメントや非鉄金属などを製造販売している大手非鉄金属メーカーです。

三菱マテリアルのインターンシップは、事務系冬季1DAYインターンシップと技術系実践型インターンシップの2種類があります。

三菱マテリアルに入社したい方や、興味のある方は、三菱マテリアルのインターンシップ情報を確認しましょう。

※この記事では、過去の実施内容について記載しています。注釈がない場合は2017年度実施の内容です。

三菱マテリアルの基本情報

三菱マテリアルは1950年に設立され、国内だけでなく世界へ拠点を展開し、製造・販売をおこなっています。現在、急成長を遂げているアジア新興国での、事業展開を見据えています。伸銅品は、日本国内でのシェアがトップとなっています。

三菱マテリアルの基本情報は下記の通りです。

正式名称:三菱マテリアル株式会社
所在地:東京都千代田区大手町一丁目3番2号
設立年:1950年
従業員数:4,664人
平均年齢:41.7歳
平均勤続年数:17.5年

三菱マテリアルを企業研究

三菱マテリアルは、多様性を認め誠実に行動することを大切にし、チームワークに重きをおきいています。適切な品質と価格の商品の提供を念頭においている企業であるといえるでしょう。

三菱マテリアルは、セメント事業、金属事業、加工事業、電子材料事業、環境・エネルギー事業、アルミ事業、関連事業、研究開発の、8つの事業や部門を展開しています。

多様性を受け入れ柔軟な対応でチームワークがつくれる人、現状に留まることなく自ら進んで行動し成長する力のある人が、求められる人材だといえます。

三菱マテリアルの選考フロー

三菱マテリアルのインターンの選考フローは、事務系インターンシップがエントリー→ES提出→面接→合否判定という流れです。

技術系インターンシップは、エントリー→ES提出→書類選考→合否判定という流れです。

三菱マテリアルのインターンの選考対策

三菱マテリアルのインターンはその人気から、選考を突破するのが難しくなっています。インターンに参加するためには、事前の選考対策が重要です。ここでは、インターン選考を突破した就活生のESを元に対策していきます。詳しくみていきましょう。

学生時代に力を入れて頑張ったこと

 私が学生時代に1番力を入れて頑張ったことは、部活動です。部活動は体育会準硬式野球部に所属し、部員数は約80名ほどになります。そのなかでコミュニケーションの大切さを学びました。私自身が圧倒的な実力が無かったため、後輩に気を遣いながら生活していました。しかし、このままでは本当に強い集団になることはできないと考えたため、私は自分の思っていることをストレートに伝えるようにしました。これにより、後輩も真剣な意見を出してくれるようになり、中途半端な関係は改善され、一体感を増すことにつなげることができました。
部活動を通して、自分の役割を理解して行動することも大切であると感じました。なぜなら、積極的な行動や練習の雰囲気作りなど、各個人の強みが集まって本当に強い集団になれるからです。また、強みを知ることによって、チームに不可欠な存在になることができるため、自分の役割を理解して行動することは大切であると学びました。

三菱マテリアルのESでは、学生時代に頑張ったことについて質問されます。学生時代に頑張ったことを聞かれた場合、アルバイトやサークル活動など、自分が最も力を入れた活動について回答する必要があります。上記の選考通過者の例文では、部活動の経験について答えることで自分の魅力をアピールしています。部活動を通して何を学んだのかが具体的に書かれているといえるでしょう。

志望動機を明確にする

 以前に、大学のキャリア関連の授業で素材メーカーの方と直接お話をさせていただく機会がありました。そこで、働くということは社会貢献することであるとぼんやりと考えていた私に、新しい気づきがありました。素材メーカーでは、様々なモノの基盤となる素材を提供することで広く社会に対して価値を提供できること、また高い技術力によって生み出される製品の提供によって、その会社にしかできない価値を生みだせることから、世界に貢献できるこの仕事に魅力を感じるようになりました。
世界シェアトップクラスの製品を有しながら、航空業界への注力やさらなるグローバル人材の育成など、今後さらに活躍できる機会が増えると考えられる貴社に関心を持つようになりました。そのため、貴社で働くことについてより深く学びたいと考えて応募させていただきました。
このインターンシップでは、実際に活躍なさっている社員の方とお話させていただいて具体的に業務内容を学ばせていただき、その仕事を行う上で必要となるスキルなどについて考えたいです。そして貴社で働く自分のイメージをはっきりさせ、活かせる自分の強みや足りない部分について分析したいと考えています。

志望動機も、ESではよく聞かれる質問です。上記の選考通過者の回答例では、インターンを通して何を学びたいのか明確に回答しています。具体的な内容から業界研究・企業研究ができていることが分かり、インターンに対する熱意も感じられる志望動機です。志望動機を答える際には、なぜその業界・企業を選んだのかが分かるような回答を心がけましょう。

三菱マテリアルのインターン内容と日程

三菱マテリアルのインターンは、事務系冬季1DAYインターンシップと技術系実践型インターンシップの2種類があります。開催時期は12月~2月で、開催場所は東京・大阪・宮城・福岡・埼玉です。

実施内容はコースにより異なりますが、会社説明のあと、グループワークや工場見学をおこなったり、先輩社員と交流を持って作業に取り組んだりするコースなどがあります。募集人数は各日程12名程度となっています。

①事務系冬季1DAYインターンシップ

このインターンシップでは、企業内容の説明を聞いた後、各職種の説明を聞きます。先輩社員と交流しつつ、資料作成をしたのち発表する機会があります。事務職の楽しさや、三菱マテリアルの社風を知ることのできるインターンシップです。

実施時期や参加条件は以下のとおりです。

実施時期:
12月 8日・13日 1月12日・16日

参加条件:
四年制大学または大学院に在学中の人(学部学科不問)

開催地:
東京

待遇:
交通費・宿泊費・報酬はなし

選考の日程は以下のとおりです。

・エントリー〆切:不明
・ES:12月開催分 11月13日午前中〆切
1月開催分 12月4日午前中〆切
・面接:12月開催分 11月17日〜21日
1月開催分 12月11日~15日
・合否連絡:面接後2週間以内

②技術系 実践型インターンシップ

このインターンシップでは、企業内容の説明を聞いた後、コースにより実施内容が異なります。施設の見学をしたり、企画立案、ディスカッションなどをおこなったりすることが可能です。先輩社員と交流しつつ、技術職の楽しさや三菱マテリアルの社風を知ることのできるインターンシップとなっています。

コースは下記の種類があります。
1.機械系学生向けインターンシップ〜未知なる工具の世界へ〜
2.材料系学生向けインターンシップ〜未知なる工具の世界へ〜
3.機械/電気/化学工学系学生向けインターンシップ〜総合素材メーカーの設備技術〜
4.技術系学生向けインターンシップ〜セメント事業の環境技術〜
5.技術系学生向けインターンシップ〜暮らしを支えるセメントを知る〜
6.技術系学生向けインターンシップ〜エレクトロニクス産業の上流へ〜
7.技術系学生向けインターンシップ〜原子力のリサイクルとは〜
8.技術系学生向けインターンシップ〜2つの開発〜
9.機電系学生向けインターンシップ〜総合素材メーカーでの使命〜
10.技術系学生向けインターンシップ〜研究開発の最前線〜
11.技術系学生向けインターンシップ〜循環型社会の実現に向けて〜
12.技術系学生向けインターンシップ~メーカーのシステム部門とは~
13.選鉱系学生向けインターンシップ~選鉱技術者の役割と投資~
14.理工系女子学生向けインターンシップ~女性エンジニアの仕事・はたらき方~

実施時期や参加条件は以下のとおりです。

実施時期:
1.12月18日・12月21日・1月16日・23日・30日
2.12月13日・1月9日
3.12月20日・1月18日
4.12月12日
5.1月23日・2月7日
6.12月6日14日・1月11日・18日・2月15日
7.12月15日・1月12日・26日・2月9日・23日
8.12月18日・2月1日・7日
9.12月21日・2月8日
10.1月17日・2月13日・15日・21日
11.2月19日
12.2月15日・2月21日
13.1月12日
14.12月19日・1月22日・24日

参加条件:
四年制大学または大学院に在学中の人(学部学科不問)

開催地:
1.埼玉
2.埼玉
3.埼玉
4.東京
5.埼玉
6.東京
7.埼玉
8.埼玉・大阪
9.東京
10.東京・宮城・福岡
11.東京
12.東京
13.東京
14.東京

待遇:
交通費・宿泊費・報酬はなし

選考の日程は以下のとおりです。

・エントリー〆切:不明
・ES:
1.12月開催分は12月4日、1月開催分は12月25日
2.12月開催分は11月29日、1月開催分は12月25日
3.12月開催分は12月4日、1月開催分は12月25日
4.12月4日
5.1月開催分は12月25日、2月開催分は1月24日
6.12月開催分は11月27日、1月開催分は12月25日、2月開催分は1月25日
7.12月開催分は11月29日、1月開催分は12月25日、2月開催分は1月25日
8.12月開催分は12月4日、1月開催分は12月25日、2月開催分は1月24日
9.12月開催分は12月7日、2月開催分は1月25日
10.1月開催分は12月25日、2月開催分は1月24日
11.2月5日
12.1月31日
13.12月29日
14.12月開催分は12月5日 13:00、1月開催分は1月9日 13:00
・面接:なし(書類選考あり)
・合否連絡:ES提出後、原則1週間以内

三菱マテリアルのインターンに参加しよう

三菱マテリアルのインターンシップは、2種類15コース開催されています。応募は四年制大学または大学院に在学中の人が対象で、学部学科不問となっており、特に細かい応募条件はないようです。

募集人数は各コース12名程度となっていますので、三菱マテリアルのインターン参加を検討している方は早めに対策を練るようにしましょう。

三菱マテリアルへの入社を希望される方は、本選考への第一歩として、インターンシップにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ