企業研究

【塩野義製薬インターン研究】実施内容・選考フロー・事業内容がまるわかり!

塩野義製薬を研究!

CMで塩野義製薬の名前を耳にしたことがある方が多いのではないでしょうか。塩野義製薬は「常に人々の健康を守るために必要な最もよい薬を提供する」ことを基本方針として掲げています。そのため、塩野義製薬では自社で医薬品を研究・開発・製造・販売しており、その売上の9割以上は医療医薬品です。

独創的な医薬品を迅速に提供することを会社全体のミッションとしている塩野義製薬。そんな塩野義製薬のインターンについてみていきましょう。

※この記事では、過去の実施内容について記載しています。注釈がない場合は2018年度実施の内容です。

塩野義製薬の基本情報

塩野義製薬は1878年に創業され、1919年に株式会社として設立されました。塩野義製薬で開発された薬の中には、日本発の薬としては世界で一番使われている高コレステロール血症治療薬や、グローバルな発売が開始された抗HIV薬などがあります。

正式名称:塩野義製薬株式会社
所在地:大阪市中央区道修町3丁目1番8号
設立年:1,919年
従業員数:3,677年
平均年齢:41.4歳
平均勤続年数:17.3年

塩野義製薬を企業研究

塩野義製薬は、「会社は家・社員は家族」とするアットホームな会社です。誠実で、人を大切にし、お互いを認め合うことで成長していくことができる雰囲気があるようです。部署間の垣根もなく、風通しのよい社風です。また、現状に満足することなく、理想を掲げてチャレンジし続けている会社です。

塩野義製薬では、常に患者さんの目線を意識しており、患者さんに必要な最もよい薬を届けるために、日々研究・開発をしています。その方針は、医薬情報担当者(MR)も同じです。患者さんの使う薬だからこそ、詳細なことまで徹底的に説明し、患者さんの治療に役立ったのかを必ず確認します。そのような患者さん目線の仕事を続けてきたからこそ、塩野義製薬は医療関係者から厚い信頼を得ているようです。

このように、塩野義製薬が求める人材は、「人々の健康を守るために必要な最もよい薬を提供する」という塩野義製薬の基本方針に心から共感する人です。また、この基本方針を実現するために、自ら考えてあきらめずに最後までやりきる力と、変化を楽しみ高い目標にもひるまず挑戦する気持ちを持っていることが大切です。自分の強みを知って、その強みを最大限活かす努力を惜しまない人材を求めています。

自分は医薬品業界に向いているタイプか、適性を診断してみよう

自分の適性や性格が、医薬品業界の仕事に向いているのかどうか、気になりませんか?

そんな時は、自己分析ツール「My analytics」を活用して、自分と志望業界との相性を診断してみましょう。

My analyticsなら、36の質問に答えるだけで、自分の強み・弱み→それに基づく適職を診断できます。

My analyticsで、あなたの強み・弱みを理解し、自分が医薬品業界に向いているタイプか、診断してみましょう。

塩野義製薬のインターンの選考フロー

塩野義製薬のインターンは3種類あります。選考フローについては、以下の通りです。

<事務系総合職インターンシップ(シオノギ総合サービス)>
エントリー→ES提出→書類選考→インターンシップ参加

<MR職インターンシップ>
エントリー→書類選考→適性検査→面接→インターンシップ参加

<リエゾン職理解ワークショップ>
エントリー→書類選考→適性検査→インターンシップ参加

塩野義製薬のインターンの選考対策

塩野義製薬のインターン選考対策についてみていきます。塩野義製薬のインターンに参加するのは難しいといわれています。塩野義製薬のインターン選考を突破するためには、ESでの質問内容などを知っておくことが大切です。詳しい選考対策について、ESを中心にみていきましょう。

ESでは大学での勉強内容を問われる

私はコンテンツ産業についての研究を学部でしており、ゼミでの研究テーマとしてはスマートフォンにおけるソーシャルゲームを社会学の観点から研究をしています。
ソーシャルゲームが国内で台頭した社会背景、「課金」と呼ばれる行動から浮かび上がる消費者の行動心理、それを誘発する社会心理等を主に核として研究をしています。
また、日本は海外と比べてスマートフォンにおけるソーシャルゲームの収益が非常に多いことから、現代の日本人の生活スタイルとの親和性が高いとの予測を立て米国を主とした海外比較の研究も行いアプローチをしています。実際、米国ではソーシャルゲームの収益の軸となるハードはスマートフォンではなくパソコンです。
現代において、一コンテンツ産業としてスマートフォンにおけるソーシャルゲームを社会的に研究することは単にゲーム産業の理解を深めるだけでなく有意義なものであると考えています。

塩野義製薬のESでは、「学業・ゼミ・研究室で取り組んでいる勉強内容」について質問されます。回答する際の文字数は、200~400字以内と指定されます。上記は、インターン選考通過者の回答例です。研究内容などを説明する際には、専門用語はなるべく使わずに、分かりやすい文章を心がけましょう。

志望動機を明確にする

MRについての理解を深めたいからです。
私は、幼少期に友人が薬で苦しんだ経験と「自分の力で人を笑顔にしたい」という想いからMRになりたいと考えています。数ある製薬会社の中で貴社は他社が手をつけていなかった小規模市場である医療用麻薬を患者のために開発したこと等の創薬力の高さ、グローバル展開に積極的なこと、そして「シオノギは、常に人々の健康を守るために必要な最もよい薬を提供する」という企業理念に共感したことから私は関心を持ちました。
貴社のインターンシップに参加することでMRになるために求められること、MRとして働く際の苦悩や喜びを貴社の社員の方と触れる中で体感したいと考えています。貴社の理解を深めることは今以上にMRについての理解をも深められると私は考えています。

塩野義製薬のESでは、インターンシップの志望動機について問われます。志望動機は、その他の企業でもよく聞かれる質問のひとつです。その企業や職種に興味を持ったきっかけや、インターンを通して何を学んでいきたいのかについて、具体的に答えるようにしましょう。 

塩野義製薬インターンの内容と日程

塩野義製薬の2018年度のインターンは、3種類あります。レクチャーやグループワークを通して、製薬業界や職種について学ぶスタイルとなっています。どのインターンも受入人数は不明です。また、夏季には、MRをのぞく全職種を対象としたインターンがありますが、詳細は不明です。塩野義製薬のインターンについて、詳しくみていきましょう。

事務系総合職インターンシップ(シオノギ総合サービス)

塩野義製薬の事務系総合職インターンシップでは、人事・総務を学ぶことができます。 人事・総務の仕事を通じて、シェアードサービスやシオノギグループについて理解を深めてもらうことを目的としています。 プログラムの内容は、レクチャー、ディスカッション、ディベート、ロールプレイを予定しています。 こちらのインターンは、報酬、交通費の支給はありません。 また、大阪のみの開催となっています。

実施時期や参加条件は以下のとおりです。

実施時期:
2019年3月28日

参加条件:
大学生および大学院生 学年・学部不問

開催地:
大阪

待遇:
報酬・交通費の支給なし

選考の日程は以下のとおりです。

エントリー〆切:2019年03月20日
適性検査・ES:2019年03月20日
面接:なし
合否連絡:不明

MR職インターンシップ

MR職インターンシップでは、塩野義製薬のMR職の就業体験ができます。 プログラムの内容は、ディスカッション、ディベート、ロールプレイ、レクチャーなどを予定しています。 こちらのインターンは、2daysのインターンです。 そして、東京、大阪、北海道、福岡での開催となっています。 なお、東京、大阪は2回開催されます。

実施時期や参加条件は以下のとおりです。

実施時期:
東京
①2018年12月19日~12月20日
②2019年2月19日~2月20日

大阪
①2018年12月26日~12月27日
②2019年2月13日~2月14日

北海道
2019年1月13日~1月14日

福岡
2019年2月1日~2月2日

参加条件:
大学生および大学院生である(学年・学部不問)

開催地:
東京、大阪、北海道、福岡

待遇:
報酬・交通費の支給なし

エントリー締め切りや選考の日程は公表されていません。

リエゾン職理解ワークショップ

リエゾン職理解ワークショップは、塩野義製薬のリエゾン職を知ることができるプログラムとなっています。 リエゾン職とは、医療関係者と専門領域について科学的に検討し、薬の適性使用を目指す仕事です。 新製品の企画、立案、推進、検証に関わる重要なポジションです。 プログラムの内容は、レクチャー、ディスカッションなどを予定しています。 こちらのインターンは、東京、大阪のみでの開催となっています。

実施時期や参加条件は以下のとおりです。

実施時期:
東京 2018年12月6日 大阪 2018年12月11日

参加条件:
大学生および大学院生 学年・学部不問

開催地:
東京 大阪

待遇:
報酬・交通費の支給なし

エントリー締め切りや選考の日程は公表されていません。

塩野義製薬のインターンに参加しよう

塩野義製薬では、3種類のインターンが実施されます。MR職のインターンのみ、夏季・冬季の2回実施されているようです。塩野義製薬の仕事について詳細を知るためのいい機会となりそうです。開催地は東京、大阪、北海道、福岡ですが、交通費や宿泊費は原則支給なしということなので注意しましょう。

塩野義製薬は、非常にアットホームな会社です。インターンを通してそのような社風を感じるためにも、しっかりと選考対策をおこなっておきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ