企業研究

【株式会社アサツーディ・ケイ(ADK)インターン研究】実施内容・選考フロー・事業内容がまるわかり!

株式会社アサツーディ・ケイ(ADK)を研究!

アサツーディ・ケイ(ADK)は、東京都港区虎ノ門に本社を構える大手広告代理店です。アサツーディ・ケイ(ADK)はテレビ・雑誌・WEBなどのメディア向けの広告を制作して、消費者と企業・商品が出会うさまざまな接点を作っています。

また、スポンサーのビジネスを成功させるためのマーケティングを大切にし、消費者とスポンサーの両方が満足できるかを常に考え行動しています。CMやキャッチコピーなどを考え作成し、消費者の目に留まるように工夫するなど、クリエイティブな仕事で広告代理店の最前線を走っています。

そんなアサツーディ・ケイ(ADK)とは、一体どのような会社なのでしょうか。詳しく確認していきましょう。

※この記事では、過去の実施内容について記載しています。注釈がない場合は2018年度実施の内容です。

株式会社アサツーディ・ケイ(ADK)の基本情報

アサツーディ・ケイ(ADK)は、広告を中心としたコミュニケーションサービスを提供する広告代理店として、1956年に設立されました。特徴としては、テレビCMや雑誌、WEBの広告だけでなくその媒体の中身までも制作する総合的な広告業であるという点が挙げられます。

本社は東京で、全国に支社があります。東京と地方のパイプを持ち合わせることにより、地方に本社があるスポンサーの要望にもスムーズかつスピーディーに対応できるノウハウを持っています。

正式名称:株式会社アサツーディ・ケイ(ADK)(ASATSU-DK INK.)
所在地:東京都港区虎ノ門一丁目23番1号 虎ノ門ヒルズ森タワー
設立年:1956年3月19日
従業員数:3,498人(連結:2016年12月現在)、1,869人(単体:2016年12月現在)
平均年齢:42.1歳
平均勤続年数:13.9年

株式会社アサツーディ・ケイ(ADK)を企業研究

広告代理店と言うとガツガツした人が多いなど体育会系を想像する方もいるかもしれませんが、ADKでは温和な社員が多く、家庭を大事にする人が多く働いています。また、社員が財産という考え方があり、若い年齢で多くの経験を積むことができるのも魅力です。

社員ひとりひとりが主体的に考えて行動することが会社の成長とつながっているという考えがあるのでしょう。

ADKは得意分野がアニメとラグジュアリー分野です。消費者の意識の中にブランドをどう位置づけるかを先輩や同僚と考え形にしていくことで、自分自身を成長させてくれる会社ではないでしょうか。

株式会社アサツーディ・ケイ(ADK)の選考フロー

ADKのインターンに参加する際は、企業公式インターンページからの応募が必要になります。webページからエントリーした後の選考については、企業側からの案内に従って応募・選考を進める形です。

インターン自体の開催日程が短いため、場合によっては面接などで参加人数の調整がおこなわれる可能性が考えられます。詳細は企業からの案内次第になりますが、それでも事前に選考に向けて、ある程度の用意をしておく方がよいと思われます。

株式会社アサツーディ・ケイ(ADK)のインターンの選考対策

アサツーディ・ケイ(ADK)のインターンはその知名度から競争率が高く、参加するのは難しいといわれています。アサツーディ・ケイ(ADK)のインターン選考を突破するためには、どういった能力や考え方が求められているのでしょうか。アサツーディ・ケイ(ADK)のインターン選考対策についてみていきます。

面接では質問に対して的確に回答する

【学生時代に力を入れたことは何ですか】
私が力を入れたのは競技かるたです。選手としても、大学連盟という全国の大学かるた界の統括としても活躍しています。
【最後にアピールしたいことはありますか】
私は猪突猛進タイプで、やると決めたら責任をもってとことんやります。今回のインターンシップにも参加できることになったら全力で取り組みます。

アサツーディ・ケイ(ADK)の選考では、グループ面接がおこなわれるようです。上記の選考通過者の回答例からも分かる通り、質問に対して的確に答えることが大切だといえるでしょう。質問内容以上に自分の話したいことをどんどん話してしまうと、マイナス評価になってしまう可能性があります。アピールする際には、質問からズレた回答をしないように気を付けましょう。

インターンに応募した理由を明確にする

アサツーディ・ケイ(ADK)のインターン選考では、なぜインターンに応募したのか理由を問われます。この質問に答えるには、「なぜ広告業界を選んだのか」「広告業界の中でもアサツーディ・ケイ(ADK)を選んだのはなぜなのか」について、その理由を明確にしておく必要があります。

インターンに応募した理由を明確にしておかないと、こうした質問にとっさに答えるのは難しいでしょう。曖昧な回答をしてしまうと、インターンに対する熱意が低いと評価されてしまいます。本選考でも聞かれる可能性の高い質問でもあるため、なぜアサツーディ・ケイ(ADK)を選んだのか、よく考えてまとめておきましょう。

株式会社アサツーディ・ケイ(ADK)のインターン内容と日程

アサツーディ・ケイ(ADK)では、ADK WINTER INTERNSHIP 2018が開催されます。

1dayインターンであり、実施日程も2日のみとなっています。実際の業務探検などもできるため、広告業界を目指すならぜひ参加しておきたいインターンといえるでしょう。開催概要について、詳しく解説していきます。

ADK WINTER INTERNSHIP 2018

ADKのインターンは、1日開催の1dayインターン形式となっています。実施日程が2日と短い期間になっているため、実際に参加したい場合は選考が厳しくなるものと予想できます。 内容はADKの主力業務でもある広告に関する、実際の業務体験などを行うことができるようです。広告業に関わる特定の能力がある就活生のみという指定はないようですので、広告業界に興味があるのであれば、一度インターンに参加してみてもいいかもしれません。

実施時期や参加条件は以下のとおりです。

実施時期:
2018年12月20日(木)、12月25日(火)

参加条件:
不明

開催地:
ADK 東京本社 〒105-6312 東京都港区虎ノ門 1-23-1 虎ノ門ヒルズ森タワー

待遇:
不明

エントリー締め切りや選考の日程は公表されていません。

アサツーディ・ケイ(ADK)のインターンに参加しよう

アサツーディ・ケイ(ADK)は、華やかなイメージがある広告代理店業界で、常にトップクラスの売り上げを上げ続けています。インターンで実業務を見れる機会は、非常に貴重だといえるでしょう。

メディアに興味がある人や、何かを作りたい人、またヒット商品を世の中に仕掛けたい人は、アサツーディ・ケイ(ADK)のインターンに参加して、広告業界を肌で感じてみましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ