企業研究

【大日本住友製薬インターン研究】実施内容・選考フロー・事業内容がまるわかり!

大日本住友製薬を研究!

大日本住友製薬は国内でもトップ10の売上を誇る製薬企業です。ガン領域やiPS細胞の研究に率先して取り組み、医療用医薬品以外の製品の開発もおこなうなど、様々な分野に挑戦しています。このような大日本住友製薬のインターンについてみていきましょう。

※この記事では、過去の実施内容について記載しています。注釈がない場合は2017年度実施の内容です。

大日本住友製薬の基本情報

大日本住友製薬は大日本製薬と住友製薬の合併でできた企業です。医療用医薬品の開発・製造・販売をメインに、食品素材・食品添加物・化学製品材料・動物用医薬品・診断薬・研究用資材の開発・製造・販売もおこなっています。

正式名称:大日本住友製薬株式会社
所在地:大阪府大阪市中央区道修町2-6-8
設立年:1897年
従業員数:3,402人
平均年齢:42.0歳
平均勤続年数:17.2年

大日本住友製薬を企業研究

大日本住友製薬は、「人々の健康で豊かな生活のために、研究開発を基盤とした新たな価値の創造により、広く社会に貢献する」という企業理念を掲げ、医療用医薬品の他、食品・化学製品材料・動物用医薬品・診断薬・研究用資材の開発・製造・販売をおこなっている企業です。

早くから責任ある仕事を任せる社風があり、若いうちから重要な仕事に取り組むことができます。多くのことを学び成長していける、モチベーションの高い人材を募集しています。

大日本住友製薬のインターンの選考フロー

リクナビまたはマイナビからエントリーすると、詳細な情報が送られてきます。

大日本住友製薬のインターンの選考対策

大日本住友製薬のインターンは競争率が高く、MR職を目指す就活生に人気の企業です。そのため、選考を突破するのは難しいといわれています。大日本住友製薬のインターン選考を突破するためには、どういった能力や考え方が求められているのでしょうか。大日本住友製薬のインターン選考対策についてみていきます。

インターンへの熱意を具体的にアピールする

私は恰好良い人になりたいと思い志望しました。私の中の恰好良い人とは誰かのために、自分の言動によって相手や社会に影響を与えることのできる人間です。ユニセフでの活動を通じて、自分の行動が人の命を救っているということにすごくやりがいを感じました。そして、人の命や健康に貢献している医療業界に関心を持ち、文系でも活躍できるMRの仕事はユニセフ活動と同様に、やりがいを仕事に見出すことが出来ると思い、率直にMRが恰好良いと思いました。
その中で貴社は、治療薬がまだ無い分野において、創薬に力を入れていることを知りました。新しいことに挑戦している貴社では私も色々なことにチャレンジし、共に大きく成長出来ると思い、応募しました。私は、誰にも負けない豊かな想像力やチームワーク力を活かし、チーム全員でグループワークを楽しみながら貴社の強みを学ぶことを目標にインターンシップに挑みたいと思います。

大日本住友製薬のESでは、「インターンへの意気込み・学びたいこと」について質問されます。上記は、選考を突破した就活生の回答例です。なぜMRの仕事に興味を持ったのかを具体的に述べた上で、大日本住友製薬を選んだ理由について答えています。その職種と企業を選んだ理由について述べた上で、インターンシップへの意気込みを明確に伝えられていることが分かります。

アルバイトを通して自己PRする

私は、日本ユニセフ教会のマンスリーサポートキャンペーンスタッフとしてアルバイトをしています。この活動は駅前や商業施設にて毎月一定額の募金を引き落としで支援してくださる方を募り、その場でお申込みをして頂く活動です。 初めはコンパクトトークでお申し込みに繋げる為の信頼関係を築くのが難しかったですが、練習と現場の経験値をこなし、半年後には関西学生スタッフで決済成績1位になり、現場責任者に認められました。

上記は、選考通過者のESでの回答例です。学生時代のアルバイトについて答えている内容となっています。ESでは、アルバイトなど学生時代に頑張ったことについて聞かれることがあります。こうした経験をもとに自己PRをする際には、具体的な実績について数字で記載すると高評価です。

大日本住友製薬のインターンの内容と日程

大日本住友製薬インターンはMR職3種類、開発職1種類の計4種類のインターンが実施されています。そのうち2つは全学部が参加できるインターンとなっています。理系や薬学部に在学していないがMR職に興味があるという方は、インターンに参加し、MRの仕事を学んでみてください。

①【文理系学部対象】MR職インターンシップ

このインターンでは、グループワーク実習をおこない、製薬業界やMRについて講義を受けることができます。社員との交流を通して現在の医薬品業界について学び、業界の将来について学ぶインターンです。

実施時期や参加条件は以下のとおりです。

■実施時期
2018年2月12日:東京
2018年2月20日:東京
2018年2月22日:大阪
2018年2月23日:大阪

いずれか1日

■参加条件
文理系学部の学部生、院生である(薬学部以外)

■開催地
東京会場:東京本社(東京都中央区京橋1-13-1)
大阪会場:大阪本社(大阪市中央区道修町2-6-8)

■待遇
往復交通費の総額が1万円を超えた場合超えた分を支給

選考の日程は以下のとおりです。

エントリー〆切:2017年12月25日
ES〆切:2017年12月27日

②【理系院生、6年生薬学部対象】開発職インターンシップ

開発職の仕事内容についての講義・グループワーク実習・開発職社員との交流を通して、開発職のキャリアや仕事を学ぶことのできるインターンです。6年制の薬学を専攻されている方や、理系院生の方が対象になります。

実施時期や参加条件は以下のとおりです。

■実施時期
2018年1月27日:大阪
2018年2月3日:東京
2018年2月4日:東京

いずれか1日

■参加条件
・6年制の薬学を専攻している
・理系院生である

■開催地

東京会場:東京本社(東京都中央区京橋1-13-1)
大阪会場:大阪本社(大阪市中央区道修町2-6-8)

■待遇
往復交通費の総額が1万円を超えた場合超えた分を支給

選考の日程は以下のとおりです。

エントリー〆切:2017年11月28日
ES〆切:2017年11月30日

③【薬学部対象】MR職インターンシップ

MR職の体験が出来るグループワーク実習や製薬業界、MRの講義を通してMR職の今と将来について考えることができるインターンです。薬学を選考している方が対象になります。

実施時期や参加条件は以下のとおりです。

■実施時期
2018年1月27日:大阪
2018年2月3日:東京
2018年2月4日:東京

いずれか1日

■参加条件
薬学を専攻している

■開催地
東京会場:東京本社(東京都中央区京橋1-13-1)
大阪会場:大阪本社(大阪市中央区道修町2-6-8)

■待遇
往復交通費の総額が1万円を超えた場合超えた分を支給

選考の日程は以下のとおりです。

エントリー〆切:2017年11月28日
ES〆切:2017年11月30日

④【全学部対象】医薬品と自身の未来を考えるMR職インターンシップ

実施時期や参加条件は以下のとおりです。

■実施時期
2017年8月21日:大阪
2017年8月22日:大阪
2017年8月29日:東京
2017年8月30日:東京

いずれか1日

■参加条件
不明

■開催地
東京
大阪

■待遇
不明

選考の日程は以下のとおりです。

エントリー〆切:2017年7月11日

まとめ

大日本住友製薬のインターンは4種類ほど開催されています。薬学部だけでなく、全ての学部からMR職を募集しているので、MRに興味のあるという方は参加条件を確認してインターンに参加してみましょう。また、インターンの詳細については、常に自身でチェックを忘れずにするようにしましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ