企業研究

【静岡銀行インターン研究】実施内容・選考フロー・事業内容がまるわかり!

静岡銀行を研究!

静岡銀行は、横浜銀行、千葉銀行とともに三大地銀と呼ばれ、地方銀行の中では総資産額が国内第3位の企業です。この記事では静岡銀行のインターンについて説明していきます。

利用者としては身近な存在である銀行ですが、現場ではどのような業務をおこなっているのでしょうか。インターンに参加することで、銀行業の実態や企業の本質を知ることができます。

※この記事では、過去の実施内容について記載しています。注釈がない場合は2017年度実施の内容です。

静岡銀行の基本情報

静岡銀行は、静岡県静岡市を本拠地とする地方銀行です。金融激戦区である静岡県において最大の市場占有率を誇り、高水準で安定した経営を維持しています。また、ニューヨークやブリュッセル、香港など、海外にも店舗を展開しています。

正式名称:株式会社静岡銀行
所在地:静岡県静岡市葵区呉服町1-10
設立年:1943年3月1日
従業員数:2,741人
平均年齢:38.9歳
平均勤続年数:16.5年

静岡銀行を企業研究

静岡銀行は、「地域とともに夢と豊かさを広げていく」ことを目指しています。そのために、静岡銀行は経済面だけでなく文化的な面においても地域貢献をおこなう努力を続けています。

事業内容としては融資や資産運用をはじめ、成長産業の支援、ビジネスマッチング、海外進出の支援、事業継承支援など多くのサービスを提供しています。

銀行が求める人材は、金融や経済の知識を持った人です。そのため、銀行員には経済学部や法学部、商学部の出身が多い傾向にあります。また、地方銀行ですので、静岡県民や地元の大学生が積極的に採用されるケースが多いようです。

静岡銀行インターンの選考フロー

静岡銀行のインターンの選考は、まず企業マイページへのプレエントリーが必要になります。以降はインターンの内容によって変化するため、参加したいインターンの選考については常に確認しておくようにしましょう。
1dayインターンの場合は、エントリー後参加者の応募が多数ある場合、抽選で選ばれる形となっています。
3dayインターンについては前回分の詳細な選考フローが不明となっています。ですので、一般的なインターン選考を想定した準備をしておくといいでしょう。

静岡銀行インターンの選考対策

1dayインターン、3dayインターンそれぞれ、地方金融機関で働く体験を提供しています。エントリー時に簡単な質問項目があり、端的に自分をアピールする必要があります。この簡単な質問項目をエントリーシートとし、抽選が行われます。面接がないため、エントリー時の質問でいかにアピールできるかが鍵でしょう。

エントリーシートの対策

上記のインターンにエントリーした時に入力する項目がエントリーシートとなります。質問項目は「志望動機」「学生時代頑張ったこと」など、一般的な就活での質問が、毎年設けられます。金融系の企業でインターンをしたい理由、地方金融機関でインターンをしたい理由、静岡銀行でインターンをしたい理由を短くまとめて記述することがポイントです。

「地域に密着したビジネスについて深く理解したい」という熱意を伝えることも大切なポイント。地方金融機関は人と人とのつながり、企業と企業とのつながりを大切にします。それを身をもって体験したいという熱意をエントリーシートを通して伝えられるかも選考の大切なポイントとなっています。

静岡銀行インターンの内容と日程

静岡銀行のインターンでは、以下のようなカリキュラムが予定されています。

・銀行業務全般の紹介
・法人・個人案件事例の紹介
・静岡銀行営業店の見学
・ソリューション営業のグループワーク
・行員との座談会

3dayインターンシップ、1dayインターンシップがあります。インターンの目的は、営業店における業務体験を通して静岡銀行の実態を知ることです。また、グループワークをおこなうことで、銀行員に必要なコミュニケーション能力を高めることができます。

静岡銀行 3dayインターンシップ

静岡銀行の3dayインターンは、実際に銀行の研修に使われる研修センターで宿泊をしながらの短期インターンとなります。実施内容には共通カリキュラムとは別に、選択カリキュラムも用意されており、エントリー時に選択することになります。選択カリキュラムは取引先施設見学コース・営業担当者同行訪問コース・本部見学コースとなっています。 共通カリキュラムの実施内容は、銀行業務の仕組みを理解したり、営業店を実際に見学するなどの内容が予定されています。

実施時期や参加条件は以下のとおりです。

実施時期:
A日程:2018年8月22日(水)~24日(金)
B日程:2018年9月10日(月)~12日(水)

参加条件:
大学生、大学院生(全学年・全学部・全学科)

開催地:
静岡銀行研修センター

待遇:
報酬・交通費などの支給なし 参加者は、日程中全員静岡銀行研修センターに宿泊

選考の日程は以下のとおりです。

エントリー〆切:A日程:2018年8月3日(金) B日程:2018年8月17日(金)
適性検査・ES:不明
面接:不明
合否連絡:不明

静岡銀行 1dayインターンシップ

静岡銀行では1dayインターンも行われており、こちらは静岡・東京・大阪で開催される運びとなっています。関東のみでインターンを行うのではなく、関西でも実施されるというのはありがたいことです。
主なインターンの実施内容としては、銀行業務の仕組みを理解するセミナーや営業店見学、行員との情報交換などを行う予定です。またソリューション営業についてのグループワークもあわせて行われる予定となっています。 地方銀行についての理解を深めたいのであれば、このインターンに参加して損はしないでしょう。

実施時期や参加条件は以下のとおりです。

実施時期:
A日程:2018年10月22日(月)東京
B日程:2018年10月24日(水)静岡
C日程:2018年11月22日(木)東京
D日程:2018年11月26日(月)大阪
E日程:2018年12月14日(金)東京
F日程:2018年12月27日(木)静岡
G日程:2019年1月11日(金)東京
H日程:2019年1月23日(水)静岡
I日程:2019年2月4日(月)大阪
J日程:2019年2月6日(水)東京

参加条件:
大学生、大学院生(全学年・全学部・全学科)

開催地:
東京・静岡・大阪

待遇:
交通費などの支給なし

選考の日程は以下のとおりです。

エントリー〆切:A・B日程(10月開催分):2018年10月5日(金) C・D日程(11月開催分):2018年11月7日(水) E・F日程(12月開催分):2018年12月5日(水) G・H日程(1月開催分):2018年12月26日(水) I・J日程(2月開催分):2019年1月23日(水)
適性検査・ES:不明
面接:不明
合否連絡:不明

まとめ

利用者としては身近な存在である銀行ですが、現場における業務の実態を知る機会はなかなかありません。インターンに参加することで実際の業務に携わることができる機会は、とても貴重です。

銀行業や金融業に興味のある人は、ぜひインターンへの参加を検討してみてください。実施期間が1日のみとなりますので、短時間で多くのものを得られるよう、事前の準備と研究はしっかりとおこないましょう。募集人数は、各日程ごとに20名程度となっています。人気のインターンですので、日程や場所の確認は早めにおこないましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ