企業研究

【三菱UFJ銀行インターン研究】実施内容・選考フロー・事業内容がまるわかり!

三菱UFJ銀行を研究!

3大メガバンクのひとつである三菱UFJ銀行に憧れを抱いている就活生は多くいるのではないでしょうか。ここでは三菱UFJ銀行のインターンについて説明していきます。

預金や金融商品の販売などを行っている三菱UFJ銀行は、数多くの人がメインバンクとして利用しています。インターンでは法人業務に理解を深めるプログラムを実施しているため、銀行の業務内容を詳しく知ることができます

※この記事では、過去の実施内容について記載しています。注釈がない場合は2018年度実施の内容です。

三菱UFJ銀行の基本情報

三菱UFJ銀行のおこなっている業務は、預金・貸出・為替の業務に加えて、住宅ローンや金融商品の販売などになります。支店数は国内に754店舗、海外に79店舗です。人々の生活だけでなく、国家や産業を支える事業を国内のみならず海外にも展開しているのが特徴です。

正式名称:株式会社三菱UFJ銀行
所在地:東京都千代田区丸の内二丁目7番1号
設立年:1919年8月15日
従業員数:117,321人(連結)
平均年齢:40.4歳
平均勤続年数:15.1年

三菱UFJ銀行を企業研究

三菱UFJ銀行では「信用」と「信頼」の精神を大事にしていて、顧客個々人と社会の健全な成長につながる行動を心がけています。また、現場重視でスピードと柔軟性に富んだ職場づくりに力を入れていて、行員の成長と挑戦を促しているのも特長のひとつです。

展開している事業は預金・貸出・為替の業務に加えて住宅ローンや金融商品の販売といった内容です。国内では法人部門に力を入れており、国際部門においても買収や合併によって事業拡大を行っています。

アジアを代表する金融グループになることを目指しているため、三菱UFJ銀行が求めるのは、金融のプロとしての自覚と責任を持った人材となっています。掲げる社風や価値観を共有して活躍したいという野心も欠かせないもので、成長意欲も必要になってきます。

三菱UFJ銀行インターンの選考フロー

三菱UFJ銀行のインターンの選考フローは【三菱UFJ銀行のインターンシップHPからエントリーES提出→書類選考→選考会→合否連絡】となっています。選考会は応募者多数の場合にのみ実施されるため、開催されない場合もあります。

三菱UFJ銀行の選考対策

三菱UFJ銀行のインターン選考についてみていきます。三菱UFJ銀行のインターンは競争率が高く、選考を突破するのはなかなか難しいと言われています。三菱JFJ銀行のインターン選考を突破するためには、どういった能力や考え方が求められているのかを知っておくことが大切です。ここでは、インターン選考通過者のESをご紹介します。

志望理由を明確にしておく

銀行での業務の理解と自分の今後の指針を明確にしたいと考えています。社会の中で欠かせないお金に対して、銀行業界は何をしているのか知るには、実体験を積むことが必要であると考えます。その中で貴社のインターンシップは法人営業に特化しており、1つの仕事を深く体験できると感じました。インターンシップで得られたフィードバックを元に、伸ばしていく必要のあることを明確にしたいと考えています。

上記は、ESの「インターンへの参加を志望する理由を教えてください。」という質問への回答です。インターンは、本格的に就活が始まる前の業界・企業研究の一環でもあります。企業側も、自社についてより知ってもらおうという意図があるため、明確に目的があって参加する学生を優先したいと考えるものです。

将来のキャリアや働き方について考えておく

挑戦し続ける気持ちを大切にしたいです。今後のキャリアでは、様々な仕事を経験することになると思っています。それぞれの仕事は、チャレンジャー精神で貪欲に物事に臨むと、どんな結果であれ悔いは残らないものであると考えますし、小さなことでも自分を1つ成長させてくれる機会であると考えているからです。

こちらは、「あなたが将来働く上で大切にしたいことと、その理由について教えてください。」という質問に対する回答です。自分が働く上で大切にしたいことや、仕事に対する価値観について考えておくといいでしょう。自分が仕事をしているイメージがわかないという人は、これまでの学業やサークル活動に対する向き合い方を思い返してみることがおすすめです。

三菱UFJ銀行インターンの内容と日程

三菱UFJ銀行のインターンには、以下の5種類があります。

・One to One Internship
・戦略財務会計 Internship
・システム Internship
・クオンツ Internship
・法人営業 Internship

現場で活躍している行員が手掛けた案件を、グループワークを通じて理解を深めていくインターンとなっており、具体的な働き方やキャリアビジョンを知ることができます。

銀行員の業務内容を知るだけでなく、金融業界に起こっていることを講義形式や座談会形式で知ることができます。会計学や税務に興味を持っている人は最新の知識を得られるまたとない機会となるでしょう。

One to One Internship

One to One Internshipは、他企業とは一線を画する変わったインターンシップとなっています。一番の特徴は、インターンシップ生の希望に沿って、先輩社員との一対一の面談が設けられる部分です。加えてインターン中は一回きりではなく、複数回面談することが可能なのも特徴です。基本的に多対多の対談が多いインターンにおいて、個別に応対してもらえるというのは非常に珍しく、新鮮なものとなるでしょう。 東京・大阪・名古屋の3箇所の会場でおこなわれるのもあり、参加しやすいのもポイントです。

実施時期や参加条件は以下のとおりです。

実施時期:
2019年3月下旬~最長5月末

参加条件:
大学生・大学院生である

開催地:
東京 豊洲フロント 江東区豊洲3-2-20
大阪 大阪市内
名古屋 名古屋御幸ビル会場(8階) 名古屋市中区錦3-20-27

待遇:
特に記載なし

選考の日程は以下のとおりです。

エントリー〆切:2019年2月25日(月)10:00
書類選考発表:2019年3月7日(木)予定
選考会:
東京 2019年3月9日(土)~3月31日(日)予定
大阪 2019年3月10日(日)~3月23日(土)予定
名古屋 2019年3月10日(日)~3月24日(日)予定
合否連絡:不明

戦略財務会計 Internship

銀行での会計・税務業務を体感することができるインターンが、この戦略財務会計 Internshipです。メガバンクの三菱UFJ銀行ならではの実践的なケーススタディと通じて、実際の業務内容を体験することができるようになっています。 銀行員として将来的に会計・税務業務に関わりたいと思っているのであれば、このインターンに参加して損はしないでしょう。 選考の際にはWEBテストが実施されることになるので、事前に準備をしておく必要が出てきます。

実施時期や参加条件は以下のとおりです。

実施時期:
2019年2月21日(木)〜22日(金)

参加条件:
大学生、大学院生である
全日程に参加可能である

開催地:
豊洲フロント 江東区豊洲3-2-20

待遇:
交通費、宿泊費の支給なし

選考の日程は以下のとおりです。

エントリー〆切:2019年1月28日(月)9:00
書類選考結果:2019年2月4日(月)
面接:不明
合否連絡:不明

システム Internship

こちらのインターンシップは、銀行のシステム業務が体感できるインターンになっています。会場も東京・大阪と用意されているため、比較的参加しやすいのも特徴と言えるでしょう。元々システム部門で働きたいと考えている就活生だけでなく、銀行のシステム部門がどういうものか知りたい就活生にも、このインターンは良い体験となることでしょう。 各会場ごとにエントリー締め切りなどが異なっているので、参加したい会場の締め切りや選考についての確認を忘れないようにしましょう。

実施時期や参加条件は以下のとおりです。

実施時期:
東京会場 2月14日(木)~2月16日(土)・2月18日(月)~2月20日(水)
大阪会場 2月25日(月)~2月26日(火)

参加条件:
大学・大学院生である
全日程参加可能である

開催地:
東京会場 豊洲フロント 江東区豊洲3-2-20
大阪会場 XYMAX(ザイマックス)梅田新道ビル会場 大阪市北区堂島1-1-5

待遇:
交通費、宿泊費の支給なし

選考の日程は以下のとおりです。

エントリー〆切:
東京会場 2019年1月9日(水)9:00
大阪会場 2019年2月4日(月)9:00
書類選考:
東京会場 2019年1月21日(月)予定
大阪会場 2019年2月18日(月)予定
選考会(応募者多数の場合):
東京会場 2019年1月23日(水)~1月25日(金)予定
合否連絡:不明

クオンツ Internship

このインターンでは、経験や感覚による金融取引ではなく、数学・物理学を駆使して投資戦略を立てるクオンツ業務を実際に体験することができます。インターンはモデル開発業務を体験するクオンツ・リスク管理コースと、計算機科学を使ったモデル実装業務を体験できるクオンツエンジニアコースの2種類に分かれて開催されます。 自身の数学的知識を生かした職に就きたい、クオンツ業務に興味がある方には、このインターンは正にぴったりな内容と言えるでしょう。

実施時期や参加条件は以下のとおりです。

実施時期:
①2019年2月12日(火)~14日(木)
②2019年3月11日(月)~13日(水)

参加条件:
大学生、大学院生である
全日程に参加可能である

開催地:
大手町フィナンシャルシティグランキューブ 千代田区大手町1-9-2

待遇:
原則交通費、宿泊費の支給なし
首都圏以外からの参加者のみ、条件によって交通費・宿泊費の支給を検討

選考の日程は以下のとおりです。

エントリー〆切:
①2019年1月28日(月)9:00
②2019年2月18日(月)9:00
適性検査・ES:不明
面接:不明
抽選結果:
①2019年2月5日(火)予定
②2019年2月26日(火)予定

法人営業 Internship

三菱UFJ銀行は、全国規模のメガバンクでもあります。その分業務エリアも複数に渡るためか、首都圏や主要都市でのインターン以外に、各地域でもインターンを行っているようです。その分主要都市や首都圏でのインターンには参加しにくい地方の就活生でも、比較的気軽に参加することができるのではないでしょうか。 このインターンのプログラムでは、主に法人営業についての業務体験が可能です。金融関係の営業業務に関心があるのであれば、参加してみてもいいでしょう。

実施時期や参加条件は以下のとおりです。

実施時期:
北海道会場 2019年1月20日(日)~21日(月)
東北会場 2019年1月21日(月)~22日(火)
九州会場 2019年1月20日(日)~21日(月)

参加条件:
北海道会場 北海道圏在住の大学生、大学院生である
東北会場 東北圏在住の大学生、大学院生である
九州会場 九州、中国、四国地方の大学生、大学院生である
※各自全日程参加可能な者のみ

開催地:
北海道会場 札幌駅周辺
東北会場 仙台駅周辺
九州会場 博多駅周辺

待遇:
交通費、宿泊費の支給なし

選考の日程は以下のとおりです。

エントリー〆切:2019年1月7日(月)9:00
面接:なし(書類選考のみ)
合否連絡:2019年1月17日(木)までに連絡

金融業界のインターンで搬出する質問例

・どうして金融業界を選んだのでしょうか。
・銀行や証券会社、保険会社などの中からなぜ〇〇を志望したのでしょうか。
・なぜ他社ではなく弊社を選んだのでしょうか。
・(銀行業界のケース)都市銀行ではなく、地銀を志望した理由をお教えください。
・学生時代にがんばったことをお教えください。
・大学ではどのようなことを学びましたか。
・ご自身の長所と短所をお教えください。
・学生時代のアルバイトの給料は主に何に使用していますか。また、貯金はしていますでしょうか。
・地元に関して興味があることをお教えください。
・入社したらどのような業務に携わりたいですか。
・本日の日経平均株価をお教えください。
・ストレス解消方法はありますか。

「なぜ〇〇業界を選んだのか」、「どうして弊社の志望するのか」などの質問はよくありますので、事前に業界・企業研究しておきましょう。また金融業界では、ストレスの溜まる業務であることから、ストレスに耐えられる人材なのか判断する質問があります。

さらに、株や金融に関することを聞いてくる可能性もありますので、日経平均株価や1ドルいくらなのかもおさえておきましょう。基本的には、よくされる質問の対策をしておけば問題ありません。

インターンシップと選考の関係性について

三菱UFJ銀行のインターン専用ページには、インターンと選考に関係がない旨の記載があります。とはいえ、別の会社では同様のことを伝えながらも、内定に関係があるケースもあります。実態はどうなのでしょうか。

三菱UFJ銀行では、まったく関係がないようです。インターンシップへの参加・不参加に関係なく同一の流れで採用活動がおこなわれます。もしかしたら、年によって変更するかもしれませんので、インターン専用ページを必ず確認しましょう。

もちろん、インターンシップで頑張りを見せれば、良い印象を与えることができます。「職業体験だから気楽に参加しよう」と考えるのではなく、少しでも内定に近づけるように活躍してください。

三菱UFJ銀行のインターンは業界・企業研究を忘れずにしよう

銀行の存在は日常生活に浸透しているため、なかなか行内でおこなわれている業務内容を知ることはできません。法人営業は特に顕著であり、インターンでは三菱UFJ銀行が取り組む法人営業をグループワークから知ることができます。

三菱UFJ銀行は3大メガバンクであるため、インターンの参加倍率が高くなることが予想されることから、早めに対策を練ってエントリーしましょう。

インターンに参加することで三菱UFJ銀行が目指しているものや狙いを知ることができ、働いている行員からも話を聞ける貴重な体験ができます。他にはない業界研究・企業研究になるはずですので、積極的に行動してみてください。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ