職種研究

航空管制官の平均年収・ボーナス事情|比較シミュレーションで比べてみよう

航空管制官とは

ドラマや映画などで、空港でレーダーを見ながら航空機のパイロットに指示を出す人を目にしたことがある方もいるのではないでしょうか。その仕事をする人たちのことを航空管制官といいます。

国家公務員でもある航空管制官とは、一体どんな仕事なのでしょうか。業務内容、必要とされる能力、平均年収などをみてみましょう。

航空管制官の業務内容

全国各地の空港で勤務する場合、管制塔とレーダー官制室の2つの仕事があります。管制塔では、航空管制官が目視により、飛行機の離着陸や地上走行の経路をパイロットに指示します。

レーダー官制室での仕事は、空港から遠く離れた飛行機のパイロットに指示を出し、レーダーを駆使して滑走路まで誘導したり、空港から離陸した飛行機を目的地まで誘導することです。

また、全国に4ヶ所ある航空交通管制部での勤務の場合、各空港を結ぶ航空路を飛行する飛行機のパイロットに、航空路などの指示をおこないます。

航空管制官に求められる能力について

チームワーク

集中力

空間認識力

航空管制官として働くには、チームワークが必須です。管制塔、レーダー管制室、航空交通官制部の航空管制官が、リレー形式で飛行機のパイロットに指示をするため、協力体制が求められます。

集中力も必要です。人の命を左右する仕事のため、ちょっとした判断ミスが事故に繋がる可能性があります。悪天候や緊急事態が発生した場合にも、状況が常に変化するなか、安全に誘導をしなければなりません。

空間認識力も重要です。航空管制官が使用するレーダーは、平面画面です。その情報から立体空間である空の情報を読み取り、飛行機のパイロットに的確な指示を出す必要があります。

航空管制官の平均年収と他職種との比較

航空管制官の平均年収について

人事院によると、航空管制官の平均年収は567万円です。国家公務員である航空管制官の年収は、専門行政職俸給表で確認できます。

他の職種・平均との比較

日本の平均年収:422万円

航空機操縦士:2,047万円

航空機客室乗務員:656万円

航空管制官の平均年収は、日本の平均年収422万円と比較すると、145万円多い金額です。他の空港関連の職種を見てみると、航空機操縦士は2,047万円、航空機客室乗務員は656万円です。

航空管制官のボーナス・昇給事情

ボーナスについて

国家公務員のため、ボーナスは年に2回支給されます。ボーナスの額については、等級によって差が生じます。

昇給について

航空管制官の昇給は等級に比例します。経験を積み等級を上げることで、昇給に繋げることができるでしょう。

<中略・シミュレーションについての見出しを編集部にて追加します>

まとめ

飛行機のダイヤの過密化と高速化により、飛行機の利用者は年々増加しています。そのため、空の安全を担う航空管制官のニーズも高まっています。航空管制官は、安全な空の旅を提供するために働いています。乗客と直接関わることはありませんが、空の安全を影から支える必要不可欠な存在です。

航空管制官は、天候、機体の性能、風向きなど常に変化し続ける状況の中、最善の指示を出すことが求められます。人の命を左右する仕事のため、とても責任のある仕事です。緊張感のある仕事ですが、その分やりがいが大きい仕事だといえます。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ