企業研究

【凸版印刷インターン研究】実施内容・選考フロー・事業内容がまるわかり!

凸版印刷を研究!

凸版印刷は大日本印刷と並ぶ国内印刷業界の大手企業で、世界最大規模の総合印刷企業でもあることから、憧れている就活生は多いでしょう。凸版印刷は日本を代表する企業のひとつであり、雑誌など紙印刷以外にも、証券やカードなど幅広い印刷を手掛けています。印刷事業以外にも、ディスプレイ関連やコンテンツ事業にも携わっているため、事業規模の大きさから志望している人も多いかもしれません。

インターンでは、凸版印刷が手掛けている事業などを知るきっかけにもなるため、企業研究が深く進むだけでなく、社員の働き方をその目で知ることができます。またとないチャンスであるため、ぜひ参加を検討してみてください。ここでは、凸版印刷が実施するインターンの説明をしていきます。

※この記事では、過去の実施内容について記載しています。注釈がない場合は2018年度実施の内容です。

凸版印刷の基本情報

凸版印刷が展開する事業は、「情報コミュニケーション」「生活・産業」「エレクトロニクス」の3つが軸となっています。印刷技術を応用して高機能・高品質の製品を展開し、世界中にソリューションを提供しています。

正式名称:凸版印刷株式会社
所在地:東京都千代田区神田和泉町1番地
設立年:1900年
従業員数:9,699人(平成30年3月31日時点)
平均年齢:42.0歳(平成30年3月31日時点)
平均勤続年数:14.2年(平成30年3月31日時点)

凸版印刷を企業研究

凸版印刷では、印刷技術だけでなく社会的課題を視野に入れた、トータルソリューションの開発・提供に力を注いでいます。培ってきた技術を進化させ、マーケティングやITといった分野の知識やノウハウも融合させていき、独自の印刷テクノロジーを実現しています。

社名からイメージできる「印刷」の会社とは異なっており、常に生活者の視点に立って新しい価値を創造しているのが凸版印刷です。印刷の枠を超えたイベントやキャンペーン企画・運営にも携わっているため、様々な要素がぶつかり合って相乗効果が生まれています。

凸版印刷では「誠意」と「熱意」を持って社会的な要請や課題と向き合い、解決策を導いてきたことで成長を遂げてきました。人材にも誠意と熱意を持って行動でき、新しい挑戦に勇気を持って取り組める人を求めています。

今の時期に「強みや適職」を知らないと
優良企業に内定できない

就活が本格的に始まる前の今の時期、自分の強みや適性を把握するために自己分析をする必要があります。

もし自己分析をしていないと、自分に合った企業が分からず、企業選びに失敗してしまいます。そうなると入社後やインターン中にミスマッチが生じたり、そもそも選考を突破できないケースが多いです。

そこで、無料の自己分析ツール「My analytics」を活用しましょう。 簡単な質問に答えるだけで、自分の強み・弱み、適性をすぐに診断できます。

今すぐ診断し、自分にあった企業を探すのに役立てましょう!

凸版印刷インターンの選考フロー

凸版印刷のインターンの選考フローは、参加するインターンの種類によって異なります。は実習型インターンシップは、 エントリー→ES提出・WEB適性検査→合否連絡→インターン参加です。1dayや2daysインターンは、エントリー→ES提出→合否連絡→インターン参加となっています。

凸版印刷インターンの内容と日程

凸版印刷のインターンには、以下の4種類があります。

・1dayワークショップ(営業・企画部門/技術部門)
・実習型インターンシップ
・1dayインターンシップ
・2daysインターンシップ
詳細を、下記で説明しましょう。

①1dayワークショップ(営業・企画部門/技術部門)

凸版印刷の1dayワークショップは、営業・企画部門と技術部門の2種類のコースがあります。 営業・企画部門の内容は、業界や仕事概要の説明、施設見学、ビジネス体験型グループワークです。 技術部門の内容は、営業・企画部門と同様のプログラムですが、より技術職に特化した内容となっています。

実施時期や参加条件は以下のとおりです。

■実施時期
2018年夏以降 複数開催予定 ※詳細な開催日は記載なし

■参加条件
全国の大学・大学院在籍者 学年、学部学科不問

■開催地
東京

■待遇
記載なし

②実習型インターンシップ

実習型インターンシップは、実践に近い就業体験が可能で、より濃密なプログラムとなっています。 クライアントとの商談、営業同行、社内ミーティング、アイデア出しなどに参加することができます。

東京と福岡のみでの開催しており、 東京開催分と福岡開催分では内容や条件に違いがありますので、応募する際はよく確認しましょう。 東京開催の実習型インターンシップは、営業部門コースと企画開発部門コースがあり、 福岡開催の実習型インターンシップは、講義、営業同行、グループワーク、社員座談会、成果物発表会などのプログラムが予定されています。

実施時期や参加条件は以下のとおりです。

■実施時期
東京
第1日程:2019年2月7日(木)、2月12日(火)~15日(金)
第2日程:2019年2月18日(月)、2月19日(火)~22日(金)
福岡
第1日程:2019年2月6日(水)~2月8日(金)
第2日程:2019年2月13日(水)~2月15日(金)

■参加条件
全国の大学・大学院在籍者 学年、学部学科不問
実施期間を通して、5日間全日参加できる方に限る

■開催地
*東京
秋葉原、小石川、芝浦など当社在京地区の事業所
*福岡
凸版印刷 福岡営業所ビル

■待遇
報酬なし
ただし東京開催のみ、1日あたり1,000円の交通費を支給

③2daysインターンシップ

2daysインターンシップは、凸版印刷ならではの企画力を2日間にわたって学ぶことができるインターンとなっています。 プログラムの内容ですが、 1日目は講義、ショールーム見学、ビジネス体験型グループワークがあります。 2日目は、ビジネス体験型グループワーク、社員との交流会が予定されています。 

実施時期や参加条件は以下のとおりです。

■実施時期
第1日程:2019年2月4日(月)~2月5日(火)
第2日程:2019年2月18日(月)~2月19日(火)
第3日程:2019年2月21日(木)~2月22日(金)
第4日程:2019年2月25日(月)~2月26日(火)

■参加条件
全国の大学・大学院在籍者 学年、学部学科不問
実施期間を通して、2日間参加できる方に限る

■開催地
中之島フェスティバルタワー

■待遇
交通費支給なし

④1dayインターンシップ

1dayインターンシップは、ビジネス体験型グループワークです。 特定の企業へ提案することをイメージしながら、ビジネスを企画する力を養うことができます。勤務時間は10:00~17:00です。服装はスーツが指定されています。 交通費は支給されませんが、昼食の用意があります。

実施時期や参加条件は以下のとおりです。

■実施時期
第1日程:2019年1月29日(火)
第2日程:2019年1月30日(水)
第3日程:2019年1月31日(木)

■参加条件
全国の大学・大学院在籍者 学年
学部学科不問

■開催地
中部事業部(名古屋工場)

■待遇
交通費支給なし、昼食用意

まとめ

凸版印刷が実施するインターンには複数ありますが、いずれも凸版印刷という企業がどんな姿なのかを学べる機会となっているため、企業研究が具体的に進んでいくでしょう。

参加を希望するコースによって、適性検査が必要な場合もあるので、各実施内容をしっかりと把握して準備を進めていってください。

また、東京で実施される「実習型インターンシップ」は4日間に渡って集中的におこなわれるインターンとなっています。事前に企業研究や業界研究を終えておくと、よりインターンが有意義な時間となるため、充実した内容で終えるためにも準備をしておきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ