企業研究

【大広 インターン研究】実施内容・選考フロー・事業内容がまるわかり!

大広を研究!

大広は大阪に本社を持つ広告代理店です。広告代理店は人気の高い職種であるため、インターンシップにも応募が集中しやすく、参加することも難しい状況です。就職活動のデモンストレーションと考えて、しっかりと事前準備をしてからインターンにエントリーしてみましょう。

また、インターンシップに参加できた際は、同じ志を持った学生や社員としっかりと交流を持ち、社風や仕事内容について積極的に聞くなど、就職審査の武器を集めることが重要です。この記事は大広のインターンシップの内容や時期、開催場所などの情報を記載していますので、参考にしてください。

※この記事では、過去の実施内容について記載しています。注釈がない場合は2017年度実施の内容です。

大広の基本情報

大広は広告代理店としては国内4位となっており、大阪に本社のある博報堂DYホールディングスのグループ会社となっています。事業内容は広告を中心とした、トータルコミュニケーション・サービスです。

大広の基本情報は下記の通りです。

正式名称:株式会社 大広
所在地:大阪市北区中之島2丁目2番7号
設立年:1944年2月28日
従業員数:811人
平均年齢:43.3歳
平均勤続年数:不明

大広を企業研究

大広の社風は派手なイメージのある広告代理店の中では地味な方であり、新旧の広告業務を推し進める堅実な会社です。のんびりとした雰囲気の中で、確実に仕事をこなす会社です。

大広は広告主の課題を“コミュニケーション”で多面的に解決することを目指しており、いかに、企業や商品に愛着を持って商品を買い続けてくれる顧客を獲得するかを考えて、事業を展開しています。そのような大広が求める人物は、公式サイトによれば「高い達成意欲と、目標に向け自ら考え、エネルギッシュに行動する力」となっています。

大広インターンの選考フロー

大広のインターンの選考フローは、【エントリー→課題提出→書類選考→面接→合否連絡】です。

大広インターンの内容と日程

大広のインターンシップは冬に開催される1回のみとなっており、大阪と東京の2か所で開催しています。広告代理店らしく、参加者の想像力をかきたてて、宣伝効果の高い面白いアイデアを形にしていくようなインターンシップとなっています。

広告代理店は非常に人気が高い職業であるのに対し、インターンの参加人数が大阪・東京ともに30~40人程度と少ないため、倍率が高くなるおそれがあります。課題提出と面接には全力を出して、インターンへの参加を目指しましょう。

また、インターンに参加する際は、事前に企業研究や職種研究は完了させておき、期間中は大広の社風や業務などを実際に感じながら、本選考の武器を探すようにしましょう。

大広 たくら目!インターンシップ2018

大広のインターンの目標は「たくら目(たくらむ)」です。「家族でいきたくなるような『フェス』のアイデア」を課題として、インターン中に企画・事業構想・キャッチコピーなどを「たくらむ(考える)」内容となっています。

実施時期や参加条件は以下のとおりです。

■実施時期
大阪開催:2018年2月14日(水)~16日(金)
東京開催:2018年2月19日(月)~21日(水)

■参加条件
4年制大学および大学院に在籍している人(学部・学科不問)
すべての日時に参加可能な人

■開催地
大阪本社(大阪市北区中之島)
東京本社(東京都港区赤坂)

■待遇
報酬なし
交通費・宿泊費は支給(大広の規定により)

選考の日程は以下のとおりです。

エントリー:2017年12月25日(月)〜2018年1月21日(日) 23:59
課題提出:2018年1月21日(日)
面接:大阪(2018年1月30日・31日)、東京(2018年2月1日・2日)
合否連絡:不明

まとめ

大広のインターンシップは大阪と東京で各1回のみであり、募集人数がそれぞれ30~40名程度と少なくなっています。広告代理店は就職希望者に人気があり、倍率が高くなることが予想されます。十分に企業研究・職種研究を行ってから課題・面接に挑みましょう。

インターンの実施期間は3日間と短期間ですが、広告代理店で重要となる企画・事業展開・キャッチコピーなどを考える中で、社風を感じ、社員とコミュニケーションをとりながら、自身の適性を見極めていきましょう。インターンは会社にとっては有能な人材を見極める場でもあります。大広を志望するのであれば、インターンでは積極的に自分をアピールしていきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ