企業研究

【豊田通商インターン研究】実施内容・選考フロー・事業内容がまるわかり!

豊田通商を研究!

豊田通商は、120か国以上にわたる幅広いネットワークと1,000社以上のグループ会社を持ち、地球規模で事業展開をおこなう総合商社です。総合商社は就活生にも人気の高い業界となっています。本選考に参加するためには、業界や企業理解が必須となってきます。総合商社について、また豊田通商について理解を深めることができる、豊田通商のインターンシップ情報を確認していきましょう。

※この記事では、過去の実施内容について記載しています。注釈がない場合は2018年度実施の内容です。

豊田通商の基本情報

豊田通商は、世界が求める「最適な価値」を追い求め、グローバルに事業展開する総合商社です。「現場に強い総合商社」として、幅広いネットワークを生かし、世界中の現場で現地の方とともに、新たな価値を創造すべく活躍しています。

正式名称:豊田通商株式会社
所在地:〒108-8208東京都港区港南2-3-13品川フロントビル
設立年:1948年
従業員数:2,721人
平均年齢:41.5歳
平均勤続年数:16.0年

豊田通商を企業研究

豊田通商では、金属、グローバル部品・ロジティクス、自動車、機械・エネルギー・プラントプロジェクト、化学品・エレクトロニクス、食品・生活産業、アフリカといったこれら7つの事業領域を中心として、幅広くビジネス展開をおこなっています。

「人が全て」と言われる商社の中で、「豊田通商グループウェイ」が豊田通商の全ての社員、またグループ会社社員に共有されています。「現地・現物・現実」をもとに不屈の精神「商魂」を持ち、「チームパワー」を生かして、地球規模で活躍しています。

豊田通商が求める人物像としては、「変化に挑み、ともに未来を切り開いていける人」とされています。また、「豊田通商グループウェイ」にも示されていることから、個の力だけでなく、チームワークも重要となってくると考えられます。

豊田通商インターンの選考フロー

豊田通商のインターンに参加する場合、企業公式のリクルートページへのエントリーが必須になります。以降の選考や、イベントの詳細についてもエントリーページでの公開が多いので、豊田通商のインターンに興味がある場合は、まずwebエントリーをおこなうようにしましょう。

エントリー後の選考行程などについては、各自リクルートページから確認する必要があります。必要に応じて各自確認しておきましょう。

豊田通商のインターンの選考対策

豊田通商のインターン選考対策についてみていきましょう。豊田通商のインターン選考では、ESの提出を求められます。質問は2つと少なく、字数も少なめに指定されるため、そのなかで簡潔にアピールする必要があります。選考対策をしっかりおこない、インターンへの参加を目指しましょう。

ESは限られた字数の中で簡潔に回答する必要がある

私は調整役としての役割を果たします。他学部とのゼミ交流合宿でメンバーのモチベーションが低く意見がまとまらない事がありました。そこで私はメンバー一人ずつに違う時間で個別に意見を聞き、皆の前では言いづらい本音を引き出すよう積極的なコミュニケーションを図りました。
それら意見を、教授にアドバイスを貰いながら集約しメンバーの前で、一人で模擬発表をしました。これによりメンバーの士気を高めることが出来ました。

豊田通商のESでは、「あなたがチームや組織において発揮できる力や役割について、今までの経験や具体的に残した成果を踏まえて教えてください。」という質問がされます。字数は100~200文字と指定されるため、簡潔にまとめて回答することが求められます。上記のインターン選考通過者の回答例では、調整役として力を発揮した経験について、具体的なエピソードとともに答えることができているでしょう。

具体的なエピソードをあげて経験をアピールする

塾講師のアルバイトで、保護者の方との連絡ノートを作るように塾長に提案し作ったことです。意欲はあるが成績に伸び悩む一人の中学生生徒を担当しました。私は原因を家庭での学習不足であると予測を立てました。そこで生徒に授業の無い日も塾に来て自習をする様に勧めた上で、保護者と学習状況把握のための面談の機会を積極的に設けました。そして保護者の方との連絡ノートを作るように塾長に提案しました。
せっかくお金を頂いて生徒を教える機会を頂いているので塾での勉強を支えるだけでなく学力向上を家庭での様子を把握した上で全面的にバックアップしてあげたいと考えたからです。このノートは今も講師、保護者の方から好評を頂いています。

ESでは、前述した内容とは別にもう一つ質問があります。「あなた自身が考え行動し周囲に変化をもたらした経験を、具体的なエピソードを踏まえて教えてください。」という内容です。 150~300文字で回答する質問となっています。いわゆる「ガクチカ」について回答する質問といえるでしょう。エピソードをあげる際には、そのなかでどんな課題を解決したのか、具体的に説明する必要があります。

インターン選考通過者のESを覗き見!

インターンの選考に通るためのESを作成するために、実際の通過者のESを参考にしましょう。そこで活用したいのが「インターン選考通過者が実際に提出したES集」です。JAL、日清製粉、三菱UFJ銀行、大正製薬などの通過者が提出したESを無料でダウンロードできます。設問の内容も確認できるため、事前の対策として持っておきたい資料です。

豊田通商インターンの内容と日程

豊田通商のインターンは、総合商社で働くことについて、また、豊田通商らしさについて理解が深められるような様々なコンテンツが用意されています。業界や企業理解を深めるプログラムが中心となっていますが、社員との座談会など、豊田通商での仕事についてより深く体験できるような内容になっています。

TOYOTSU FRONTIER GATE

TOYOTSU FRONTIER GATEでは、豊田通商の関連会社からの社員、営業部の社員が集まる就職セミナーになっています。豊田通商の仕事を体験するだけでなく、社員座談会や特別講演などが行われ、豊田通商グループ全体の魅力を感じ取ることができる開催内容になっているようです。 開催日程は東京、大阪で各1日のみになっているので、選考はそれぞれの開催地に多数来ると予測されます。参加しやすい開催地を選択した上で選考に臨むといいでしょう。

実施時期や参加条件は以下のとおりです。

実施時期:
東京:2019年3月10日(日) 大阪:2019年3月21日(木・祝)

参加条件:
不明

開催地:
東京:ベルサール新宿グランド 大阪:ハービスホール大阪

待遇:
不明

選考の日程は以下のとおりです。

エントリー〆切:エントリー締め切りや選考の日程は公表されていません
適性検査・ES:1899年12月30日
面接:1899年12月30日
合否連絡:1899年12月30日

豊田通商でインターンに参加しよう

豊田通商では季節ごとにインターンが開催されています。それぞれ多彩なコンテンツが用意されています。豊田通商グループ各社も参加し、社員座談会なども開催されるため、商社業界に興味を持っている人にオススメのインターンシップです。

選考対策をしっかりとおこない、豊田通商のインターンに参加してみましょう。豊田通商の本選考への参加を考えている人は、ぜひチャレンジしてみてください。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ