企業研究

【松竹インターン研究】実施内容・選考フロー・事業内容がまるわかり!

松竹を研究!

歌舞伎・演劇・映画は昔から人々の娯楽として多くの人に親しまれています。創業から日本の演劇と深く関わってきた松竹は、現在まで演劇・映画を事業の中心として日本の芸能分野を支えてきました。

伝統芸能・映画が好きな学生に人気の企業となっており、毎年インターンも実施しています。ここからは松竹の企業概要とインターンについてご紹介します。

※この記事では、過去の実施内容について記載しています。注釈がない場合は2018年度実施の内容です。

 

松竹の基本情報

松竹は東京都に本社があり、ほかにも関西支社、九州営業所を拠点としています。現在、演劇・映画・不動産を主体にした企業となっています。

演劇や映画好きではなくても、松竹という名前を記憶している人は多いでしょう。

正式名称:松竹株式会社 Shochiku Co., Ltd.
所在地:〒104-8422 東京都中央区築地4丁目1番1号 東劇ビル
設立年:1920年(大正9年)
従業員数:543名(平成30年2月28日時点)
平均年齢:42.6歳(平成30年2月28日時点)
平均勤続年数:16.5年(平成30年2月28日時点)

松竹を企業研究

「日本文化の伝統を継承・発展させ、世界文化に貢献する。時代のニーズをとらえ、あらゆる世代に豊かで多様なコンテンツをお届けする。」この理念を中心に松竹は経営されています。

個人の成長を応援している企業であり、一定の条件を満たしていれば、資格取得など自己啓発資金を一定額まで支給する制度があります。成長したいという意欲をアピールすると良いでしょう。

事業としてだけではなく、日本の文化を発展・発信させていくことを目標にしているため、「文化の発信者として仕事をしていきたいという人」が求められています。

あなたの就活力は何点?

就職に成功するためには、まず自分の就活力を知っておく必要があります。就活力とは、就活で必要な準備や企業側が重視しているポイントに対して、どれだけ備えているかをはかる指標です。就活力は今から伸ばすことができます。ぜひ「就活力診断」で今の自分の就活力を診断してみましょう。無料でダウンロードできるので、今の実力を踏まえた上で必要な対策をしてはいかがでしょうか。

松竹インターンの選考フロー

松竹のインターン選考フローは、1DAYがエントリー→ES提出→合否連絡で、5DAYがエントリー→ES提出→書類選考→面接→合否連絡となります。ESはインターネット上でエントリーした人にのみ、メールにて送られてきます。

松竹のインターン選考対策

松竹は、その知名度からエンターテイメント業界を希望する就活生からの人気が高い企業です。そのため、インターン選考の競争率も高いといえるでしょう。松竹のインターン選考を突破するためには、どういった点に気を付ければいいのでしょうか。ここでは、松竹のインターン選考対策についてみていきます。

参加して学びたい内容はなにか明確にする

インターンに参加するのであれば、インターネットの企業ホームページや口コミでは知ることのできない情報を得るチャンスです。そのため、インターンに参加して何が学びたいのか、知りたいのか自分のなかで明確にしたうえで臨むようにしましょう。

自分がインターンで学びたい内容を箇条書きにして整理することで、志望理由にも繋がり質問された際に答えやすくなります。また、実際に参加する場合、目的があることで得られるものも多くなります。

エンターテイメントのなかでもなぜ松竹なのか

エンターテイメントのなかの更に映画業界のなかでもなぜ松竹のインターンに参加するのか、理由を明確にしておきましょう。これは企業研究による、各企業との比較や企業理念、事業内容からも見えてきますので、十分に時間をかけて考えて企業研究をおこない、考える必要があります。

松竹インターンの内容と日程

松竹では、2種類のインターンシップが実施されています。1DAYインターシップコースと、5Dayインターンシップコースです。どちらのコースも松竹という会社がどのようにエンターテイメントの世界と関わっているのか知ることができます。

1DAYインターンシップコースは座学が中心となっています。5DAYSインターンでは、実際に松竹へ入ったときと同じような体験ができます。

①1DAYインターンシップ

1DAYインターンシップコースは2部制になっており、第1部では現場で働く社員から松竹の仕事とは?が話されます。参考にしましょう。

第2部は松竹社員と座談会を通して、エンタメビジネスの課題についてフィードバックされます。

松竹で働く社員の話をじっくり聞いてみたいと考えるなら、こちらの1Dayインターンシップコースを選びましょう。

実施時期や参加条件は以下のとおりです。

実施時期:
(東京) 
・2018年11月2日(金)10:00~17:00
・2018年11月16日(金)10:00~17:00
・2018年11月20日(火)10:00~17:00 ※予定
(関西)
・2018年11月9日(金)10:00~16:30 ※予定

参加条件:
全学部・全学年対象
※新卒採用とは関係なし

開催地:
(東京)
松竹株式会社 東京本社
(関西)
大阪府立男女共同参画・青少年センター(ドーンセンター)会議室

待遇:
報酬、交通費ともになし

その他:
スーツ着用
105名程度(35名×3日実施予定)

選考の日程は以下のとおりです。

・エントリーシート締切:2018年8月31日(当日消印有効)
・適性検査・ES:2018年8月31日
・合否連絡:2018年9月21日

②5DAYSインターンシップ

初日は事前研修で社内ルールや守秘義務を学び、2~5日目は映像企画、映像宣伝、撮影所、事業・イベント、演劇と部署ごとに分かれての、職場体験となります。こちらのコースはじっくりと自分の肌で職場の空気を感じられるものとなっています。

期間が5日間なので、時間に余裕のある方におすすめです。

実施時期や参加条件は以下のとおりです。

実施時期:
(東京)
2018年10月22日(月)~31日(水)のうちの5日間

参加条件:
全学部・全学年対象
全日程参加可能な人

開催地:
東京本社および都内近郊

待遇:
交通費支給(上限あり)
会社負担にてインターンシップ保険に加入
報酬なし

その他:
・スーツ着用
・各部署:若干名
・5DAYSの応募部署は、一人につき1部署まで

選考の日程は以下のとおりです。

・エントリーシート締切:2018年3月31日(当日消印有効)
・適性検査・ES:2018年3月31日
・面接: 2018年10月2日(火)~10月12日(金)
    うち1日で面接(松竹東京本社)※予定
・合否連絡:2018年10月12日

松竹のインターンは希望コースの内容を把握し応募しよう

エンターテイメント分野は、人々が求める娯楽を常に考えて供給していかなければなりません。どのような流れで仕事が行われているのか知るきっかけになりますので、松竹のインターンシップはおすすめです。

全学部、全学年が対象ですので早めにエントリーをしておきましょう。松竹で働いている社員の話から、どのような課題があるのか聞けるだけではなく、実際の職場体験を通じて職場の空気も感じられます。エンターテイメント業界で働いてみたい学生は、ぜひ参加してみてください。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ