インターン

【インターンに行きたくない人必見】開催目的と参加メリットを紹介

インターンに行きたくない就活生は少なくない

就活の対策としてインターンは重要なものであり、積極的に参加すべきですが、中にはインターンに行きたくないと考えている人もいます。インターンに参加するためには、開催している企業の情報を見つけて応募し、選考を受けて合格する必要がありますし、それを面倒に感じる人は多いのです。

またインターン中は学生ではなく、社会人として振る舞わなければなりませんし、責任感を持って取り組むことが大切です。インターン中に態度が悪いと企業に迷惑がかかりますし、印象が悪くなれば選考にも悪影響を及ぼします。

さまざまな理由からインターンに行きたくないと考える人はいますが、就活を有利に進めるためにはできるだけ参加すべきです。行きたくないと感じる人は、まずはインターンの目的を知り、何のために参加すべきなのかを知っていきましょう。

あなたの就活力は何点?

就活力とは、就活で必要な準備や企業側が重視しているポイントに対して、どれだけ備えているかをはかる指標です。「就活力診断」で今の自分の就活力を診断してみましょう。無料でダウンロードできるので、今の実力を踏まえた上で必要な対策をしてみてはいかがでしょうか。

インターンの種類と目的

インターンに行きたくないと考える人は、まずはインターンの目的を知っておく必要があります。インターンにはさまざまな種類があります。種類によって目的も違っていますし、それぞれでの目的の把握が大切です。

インターンは大きく短期と長期の2つにわけられ、それぞれで開催される目的も違えば、得られるものなども異なっています。短期も長期も参加する意味はありますので、それぞれの目的を正しく理解しておきましょう。

短期インターン:業界・企業理解が目的

短期インターンは一日~数週間で実施されるものが多く、セミナー形式が主です。インターン=職業体験と考えている人は多いですが、短期の場合は実際の仕事は経験できない場合も多いので注意しなければなりません。セミナー形式で学生同士のワークが中心となることが多いため、誰でも気軽に参加しやすい点が特徴です。

セミナーを通して業界や企業理解を目的としたインターンであり、参加により業界・企業研究に役立てられます。たった一日であっても参加するとしないでは得られるものは違いますし、参加によりさまざまな情報が得られます。インターンでしか知れない情報も多くありますので、短期集中で就活の対策を進めたい人にもおすすめです。

長期インターン:雰囲気・仕事の理解が目的

長期インターンは企業の現場に入って、現場の社会人と同じように仕事をする形式で行われるインターンです。企業によって期間はさまざまですが、一ヶ月以上からの期間で実施される場合が多く、長ければ半年や一年にわたることもあります。長期インターンは仕事を通じて企業理解や企業の雰囲気を知るのが目的であり、実際に働くことで、より深く企業について知れます。

また仕事で必要な能力、社会人として必要なスキルが実務を通して分かりますし、真剣に取り組めば自身の能力アップにも繋がります。長期インターンは、参加のためにも十分な準備が必要であり、気軽に参加できるものではありませんが、その分得られるものは多く、就活にも大いに役立ちます。

インターンに参加するメリット3つ

インターンの種類やそれぞれの目的を知った次ば、インターンに参加するメリットについても知っておきましょう。インターンは就活の対策としては非常に有効なものであり、参加によるメリットはあります。

インターンに行きたくないと考える人は、参加により得られるメリットを知らない場合も多いです。インターンで得られるメリットは多岐にわたりますので、それらを知って参加の意志を強めていきましょう。

①体験により業界理解ができる

インターンに参加するメリットとしては、業界や企業への理解が挙げられます。業界や企業を知るためには、本を読んだり、ネット検索を利用するなどで情報を集めなければなりませんが、それでは情報が不足したり、信憑性がない場合も多いです。また情報を得ても、それが正しく理解できない場合もありますし、自身の手で調べるだけでは疑問が募っていく場合もあります。

インターンの参加により、資料で調べても分からなかったことがセミナーや面談での質問で理解でき、疑問を素早く解決できます。疑問を解決したうえでの業界や企業への理解が就活に役立ちます。

②早期から本選考の対策が立てられる

インターンの参加により、早期から本選考の対策が立てられる点もメリットの一つです。インターンで自分の苦手分野を認識することで、本選考に向けての対策ができ、就活をよりスムーズに進められます。

就活の真っ最中に対策を進めたり、方向転換を図るのは難しいですが、早期であれば時間の余裕もありますし、焦らずに就活の準備を進められます。早期からしっかり準備をしていれば、就活の成功率も違ってきますし、早めから準備をしておくのは大切です。インターンで早期から準備を進めておき、他の就活生よりも一歩抜きんでて就活を進めていきましょう。

③自分の適性が見つかる

自分の適性が見つかることも、インターンに参加するメリットの一つです。実際に企業の雰囲気や現場に触れてみると、自分がその仕事や業界に向いているかわかりますし、適性を正しく理解できます。

やりたい仕事と自分に向いている仕事は違う場合もありますし、自分には何が合っているのか、どんな仕事が向いているのかを知っておく必要があります。合わない仕事を選んでも長く続けることは難しいですし、活躍できなければ企業としても採用するメリットはありません。

適性のない仕事を選ぶと早期離職にもつながり、自分も企業にもデメリットになりますので、適性はきちと理解しておく必要があります。

有意義なインターンにするための方法

インターンの参加によりさまざまなメリットが得られますが、ただ参加していればいいわけではありません。参加していても自身の行動や心がけ次第では何のメリットも得られない可能性もあります。

インターンに参加することは大切ですが、参加したからには、メリットを最大限に得なければなりません。インターンを有意義な時間にするかどうかは自分次第ですので、心構えや行動などをしっかりと意識しておきましょう。

目的意識を持つ

より有意義なインターンにするためには、目的意識を持つことが大切です。自分がインターンでどんなことを学びたいのか、明確に目的を持って取り組むようにしましょう。目的意識もなく、ただ漠然と参加しているだけではメリットが得られない場合も多く、業界や企業への理解は深められません。

インターンは学びの場として用意されていますが、自ら積極的に学ぶ姿勢がなければ何も得られず、参加しても無駄になってしまいます。また、ただがむしゃらに取り組めばいいわけでもなく、きちんとポイントを押さえて努力することが大切です。インターンを通じて何をしたいのか、何が得たいのかなど目的をきちんと定め、その実現に向けた具体的な努力をしていきましょう。

積極的にコミュニケーションを取る

さまざまな人と積極的にコミュニケーションを取ることも、インターンを有意義にするためには大切です。積極的な質問などのコミュニケーションにより、企業への印象も良くなりますし、印象が良くなれば本選考を有利に進められるケースもあります。

人脈は社会人になってからも活かせますので、積極的にコミュニケーションを取り、人脈を広げていきましょう。

インターンに行きたくない人は目的や参加メリットに目を向けよう

インターンは長期と短期にわけられ、それぞれで開催される目的は違っています。目的も違えば得られるものも違いますし、自身が得たいものを明確にした上で参加を決めることが大切です。インターンへの参加にはさまざまなメリットがあり、就活に役立てられます。

参加時の心がけや行動次第では、今後の活かし方が大きく異なります。さまざまな理由からインターンに行きたくないと考える人は多いですが、インターンに参加せずに損をしてしまう可能性もあるのです。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ