就活その他

【有給の海外インターンに参加するメリット】企業の探し方も紹介

海外インターンとは

新卒のCAを募集している航空会社一覧

就活の対策としてはインターンへの参加がおすすめですが、海外でインターンに参加するのであれば有給のものがおすすめです。インターンの選択肢は国内だけではなく、海外にもありますし、外国人のインターン生を受け入れている企業も世界には数多くあります。海外のインターン参加により、語学のスキルが身に付くのはもちろん、他にもさまざまなメリットが得られます。

海外のインターンとなれば滞在費などが必要になりますが、有給であれば給料をもらうことができますし、生活費にも役立てることは多いです。海外のインターン参加は、仕事の選択肢も広がりますし、英語を使って仕事をしたい人は、積極的に参加を考えてみましょう。

海外のインターンは有給の場合が多い

海外で募集しているインターンを見てみると、有給の企業が多いと分かります。つまり、通常日本国内で働く場合と同じように、労働によりお金の対価を得られるというパターンです。海外での職場体験や海外での生活体験をしながら、働いてお給料を貰うということは、留学よりも一歩進んだ国際的な経験ができるのが海外のインターンシップといえるのではないでしょうか。

無給はインターンよりボランティア扱いの場合が多い

有給の海外インターンがある一方で、無給の場合もあります。つまり労働をしてその対価としてのお給料はゼロなのです。無給の場合は、インターンという名前ではありますが、かなりボランティアに近い性質の働き方と言ってもいいでしょう。

無給で働き、長期間滞在するのですから、日本にいるうちから資金面で十分な準備をしておく必要があります。また、有給のインターンの場合と同様に出発前からの準備が必要です。例えば、ビジネスレベルの英語力・現地での住宅の情報や買い物の情報・交通機関の情報など、暮らしていくうえでの情報をある程度調べていくようにしましょう。

有給の海外インターンに参加するメリット

海外インターンに参加するには高いハードルを乗り越えなければなりませんし、有給ともなればさらにハードルは高くなります。インターンとして働くまでの道のりは険しいですが、その分得られるメリットも多く、参加により将来に役立てられます。

有給の海外インターン参加により得られるメリットは多く、それを求めて参加を決める人も多いです。参加によってどんなメリットがあるのかを知り、参加へのモチベーションを高めていきましょう。

長期の滞在ができる

海外のインターンとは、当然ですが、外国で仕事のため海外の長期滞在ができる、というメリットがあります。今まで留学経験をしたくてもできなかった、またはその機会を逃してしまった人にとっては又とない海外生活ができるのです。長期で海外に滞在をすると、短期間の旅行では体験できないような貴重な体験ができます。現地で新しく知り合う現地の人々と会話をして交流する機会も多くなるでしょう。

また、現場では職場にいる国際色豊かな人種の中で仕事をすることも多いでしょう。そして、仕事のビジネス会話や休憩時の日常会話も全て外国語で行います。かなりのレベルの英語力が要求されますし、会話だけでなく書類上の専門用語を理解したり、電子メールを英語で送受信したりと本格的に英語を使いこなすことが求められます。これら全てがよいビジネスの体験と訓練になるのです。

ビジネス英語が身につく

有給の海外インターンに参加するメリットとしては、ビジネス英語が身につくことが挙げられます。現地での基本的なコミュニケーションはすべて英語であり、英語が使えなければ仕事もできません。

日本人だからといって、気遣ってくれるわけではなく、英語が分かる前提として話が進められていきます。厳しい環境に身を置くことで、自然に英語力が身に付きますし、語学のスキルを高められます。また単なる英語力が身に付くだけではなく、ビジネス英語が身に付くメリットです。

日常会話とビジネス英語では使用する単語や表現などは違いますし、社会人として活躍するならビジネス英語が必須です。ビジネス英語が実践的に身に付きますので、大きく成長できます。

視野が広がる

有給の海外インターンへの参加により、ビジネス英語が身に付き、給料ももらえますが、それだけではなく視野が広がることも大きなメリットです。海外の企業で働いてみると、グローバルな視点も身に付けられますし、学びがたくさんあります。

世界のビジネスを知ると、視野は大きく広がりますし、さまざまな知識が身に付けられます。国内の企業でもグローバルな人材が求められている場合は多いですし、海外インターンでの経験は日本の就活でも役立ちます。もちろん国内ではなく、そのまま海外で就職する場合にもインターンの経験は役立ちますし、自身の将来の可能性を大きく広げられます。

インターン内定者のESを覗き見!

インターンの選考に通るためのESを作成するために、実際の通過者のESを参考にしましょう。そこで活用したいのが「インターン選考通過者が実際に提出したES集」です。JALや日清製粉、三菱UFJ銀行や大正製薬などの通過者が提出したESを無料でダウンロードできます。設問の内容も確認できるため、事前の対策として持っておきたい資料です。

有給の海外インターンに参加する前に

null

有給の海外インターンにはさまざまなメリットがあるため、積極的に参加しましょう。しかしインターンに参加するためには、さまざまな手続きを踏まなければなりませんし、それが海外となればさらに多くの準備が必要になります。

準備をしないまま、思い付きで行動しても参加を決めることは難しいですし、参加できても成果が得られない場合も多いです。海外インターンに参加する前にはすべき準備がたくさんありますので、まずはそれらを確認しておきましょう。

目的を明確にする

有給の海外インターンに参加する前には、参加する目的を明確にしておくことが大切です。インターンはしっかりと目的意識を持っておかなければ、参加しても何も得られない場合もありますし、海外インターンの場合は明確な目的がないと苦労します。

有給のインターンでは現場社員と同様の仕事が求められることも多いですし、責任感を持って仕事に取り組まなければなりません。ミスをすれば当然怒られますし、やるべき仕事も多いです。

ただでさえ大変な有給インターンが、海外のため言語の壁などもあり、さらに難易度は高くなります。生半可な覚悟では続けられませんので、参加前には目的を明確にし、覚悟を決める必要があります。

自分の英語力を確認しておく

自分の英語力の確認も、有給の海外インターンに参加する前にすべきことの1つです。海外で働くのであれば、インターンであるかどうかに関係なく、英語力は必須になります。言葉がわからなければ仕事のしようもありませんし、何の役にも立ちません。

インターンであっても有給である以上、労働力としての働きは求められますし、きちんと仕事をこなすためにも、英語力は必ず身に付けておく必要があります。どれくらい英語力があればいいのかは、参加する企業によっても違いますが、多くの場合でTOEIC700点以上が基準となっています。TOEICの点数が700点を下回っているのであれば、まずは英語の勉強をはじめ、しっかりと身に付いてから再度挑戦を考えるようにしましょう。

情報を集める

インターンに参加する場合は情報を集めることが大切であり、海外インターンの場合は特に念入りに情報収集をおこなわなければなりません。インターン先の企業や国についての情報を集めることは基本中の基本であり、これができていなければインターンへの参加すらできない場合も多いです。

企業としても常にインターンを募集しているわけではありませんし、募集期間内で応募しなければインターンに参加できません。またインターンを募集しているからと飛びついてしまうと、無給だったり、各種条件が悪い場合もありますので、情報は精査しておく必要があります。海外でのインターンは参加するまでの準備も重要ですので、念入りに情報を集めて、自身に合った企業を探すようにしましょう。

海外インターンの見つけ方

null

海外インターンに参加するためには、まずはどの国で、どの企業のインターンに参加するのか、インターン先の企業を見つけなければなりません。インターン先を見つけないことには、インターンに参加できませんし、参加先の企業を見つけることは最初におこなわなければならないことです。

海外の場合は情報が不足している場合も多く、情報収集だけでも難しいことが多いです。海外インターンはどのように見つければいいのかを知り、上手に参加を決めていきましょう。

語学学校や専門の会社で申し込む

海外インターンの見つけ方としては、語学学校や専門の会社で申し込む方法がおすすめです。語学学校などで申し込めば、生活上の安全など細かいサポートやアドバイスもあるので未経験者でも気軽に利用することができます。

海外インターンはインターン先の企業での仕事だけではなく、滞在中の生活などについても考えなければなりませんし、生活拠点を決めるだけでも一苦労です。また海外では治安が悪い場合も多いですし、安全な場所に滞在していなければ、インターンに集中することもできません。

インターンで充分な成果を得るためには、しっかりと集中して取り組むことが大切です。語学学校や専門の会社を利用して、インターン先や滞在先などもスムーズに決め、集中してインターンに臨める環境を手に入れましょう。

無料相談・カウンセリングをしてくれるところも多い

個人でインターンの企業を探し、自分でなにもかも手続きを行うのではなく、専門の業者や語学学校を通じて申し込むと、次のようなメリットがあります。まず、インターンや留学の専門知識がある担当者に無料相談が可能です。

また、出国まで定期的にカウンセリングや研修会なども独自に行う専門会社もあります。こういったインターンの専門会社は、今までに大勢の人が渡航してインターンシップを行ったという実績により、さまざまな情報が蓄積されています。こういった以前に海外へインターンシップに行った人々の声を実際に読み、話を聞くことで、自分が準備をするときの参考になるでしょう。

海外企業へ直接申し込む

海外企業へ直接申し込むことも、海外インターンの見つけ方の1つです。難易度は高めですが、直接インターン受付をしている企業もあるので、直接自分で申し込むことでもインターンへの参加が決められます。

自身で申し込む場合は、英語での会話が前提条件であり、きちんと会話ができなければインターンの話を持ち掛けられません。またその場で参加を決めるためには、さまざまなアピールをしていかなければなりませんし、履歴書などを見てもらうための交渉なども必要です。

英語力はもちろん、その他にもさまざまな能力が必要になります。ハードルは高いですが、評価してもらえれば素早くインターンへの参加を決めることはできますし、交渉に自信があるなら挑戦してみてもいいでしょう。

海外のインターンは有給のケースが多く英語を学びやすい

ここまで、海外インターンについての情報や現状についてさまざま解説してきました。海外のインターンの多くは有給で募集している場合がほとんどです。年齢が若いときに、このようなインターンシップで海外勤務を体験すると、またとない自分の成長材料となり経験という財産になります。また、英語力を国内である程度身につけてから、海外に行くことでより高度なビジネス英語を実践できます。

もし語学留学という形であれば、日常会話が話せて使いこなせるまでに、しばらくの時間を要します。しかし、最初から英語力が必須の海外インターンシップは、スタートラインから国際人としての経験を積むことが可能なのです。また、さらなる英語力の向上を計り、貴重な現地の体験ができるのです。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ