身だしなみ

【正社員の面接の服装とは】男女別のスーツの選び方と着こなし

正社員の面接に相応しい服装とは

正社員の採用面接では、服装にもしっかりと注意して参加することが大切です。アルバイトの面接などであれば、服装についてはそれほどチェックされていない場合も多いですが、正社員の面接の場合は違います。正社員の面接では面接中の受け答えはもちろん、服装なども評価の対象になることがありますし、面接の評価が良くても服装次第ではマイナスの印象を与えてしまう可能性もあります。

身だしなみも評価の対象ですし、正しい身だしなみで面接に参加できているかどうかで、社会人としてのマナーがチェックされていますので注意が必要です。面接を攻略するためには、しっかりと身だしなみを整える必要がありますので、正社員面接の正しい服装を知り、就活を上手に進めていきましょう。

大学3年生のうちに、あなたが受けないほうがいい職業をチェックしよう

就活では、自分が適性のある職業を選ぶことが大切です。向いていない職業に就職すると、イメージとのギャップから早期の退職に繋がってしまいます

そんな時は、適職診断ツール「My analytics」を活用して、志望する職業と自分の相性をチェックしてみましょう。簡単な質問に答えるだけで、あなたの強み・弱みを分析し、ぴったりの職業を診断できます。

My analyticsで強み・弱みを理解し、自分がどんな職業に適性があるのか診断してみましょう。

正社員の面接はスーツで臨もう

正社員の面接は服装にも注意が必要であり、スーツでの参加が基本です。スーツをただ着るのではなく、清潔感を意識する必要があり、シャツにアイロンをかけ、襟元や袖までピシッと着こなすことが大切です。

スーツを着ていてもシワや汚れがあればだらしない印象を与えてしまいますし、評価もマイナスになってしまう可能性もあります。服装のマナーとしては清潔感があることが重要視されていますので、正しい着こなしができていなければなりません。スーツを綺麗に着るためにも、普段から扱いには注意し、面接前には細部までチェックして、不備がないかを確認しておきましょう。

自分が納得できる就活をすることが大前提

就活の準備の時点で、正しい服装や身だしなみについて悩む声も多いです。身だしなみは第一印象に大きな影響を与える一方で、就活の身だしなみに「正解」はないということも覚えておいてください。

男女別に正社員の面接の服装について解説していきますが、最も重要なことは自分の魅力を伝えるということです。今回の記事の内容は参考にして、自分自身が納得できる就活を行いましょう。

【男性編】印象の良い服装

正社員の面接では服装のマナーも重要視されていますので、しっかりと身だしなみを整えて面接に参加しましょう。服装で気をつけるべきポイントは男女によっても違っていますので注意が必要です。

基本的にはスーツなので選択肢が多いわけではありませんが、それでも気をつけなければならない点はたくさんあります。どのような服装をすれば印象が良くなるかを知り、ポイントを押さえて正しく身だしなみを整えていきましょう。

スーツの選び方

服装で好印象を与えるためには、スーツの選び方に注意が必要です。スーツはただ着ていればいいわけではありませんし、着こなしも大切ですが、どんなスーツを着ているかも重要視されています。同じスーツであっても派手すぎるものは印象が良くありませんし、カジュアルなものは身だしなみとしてはNGです。

面接で着るスーツは明るすぎない色がおすすめであり、黒や紺、グレーなどの落ち着いた色を選ぶようにしましょう。また色だけではなく、スーツの柄にも注意が必要であり、柄は無地かシャドーストライプなど無難なものがおすすめです。スーツは色や柄で印象が大きく変わりますので、フォーマルさを意識して落ち着いたイメージが与えられるものを選びましょう。

シャツやネクタイの選び方

印象の良い服装にするためには、シャツやネクタイの選び方にも注意が必要であり、シャツは白が基本です。どれだけスーツが落ち着いた色や柄であっても、シャツが派手になってしまうと、一気にカジュアルな印象を与えてしまいます。フォーマルさをアピールするためには、白一択ですので、白以外の色のシャツは着ないようにしましょう。

ネクタイはスーツの色や柄に合わせて、ストライプやドットなどあわせやすいものがおすすめです。色としては赤や青などが定番であり、黄色などでも好印象を与えることができます。ネクタイは派手すぎるものはNGですし、白や黒の無地など冠婚葬祭で使用されるものもNGです。ベーシックな色と柄を選び、スーツとのバランスを意識しましょう。

インナーまで気を遣おう

面接では服装は細部までチェックされていますので、インナーまで気を遣うことが大切です。シャツは白が基本ですので、インナーもそれに合わせて白を選ぶ必要があります。白以外の色だと透けてしまいますし、不自然に見えたり、カジュアルな印象を与えてしまう可能性があるのでNGです。

また椅子に座ると靴下は意外に見えますので、スーツの色に合わせるようにしましょう。スーツは落ち着いた暗めの色を選びますので、それに合わせるなら黒の無地がおすすめです。黒であっても柄があると印象がよくありませんので、必ず無地を選ぶ必要があります。靴下だけではなく、ベルトと靴も同系色でまとめるとバランスが良くなりますので、黒や茶色などを選びましょう。

【女性編】印象の良い服装

女性の場合はスカートやパンツスーツなど選択肢もありため、より自分に合ったスーツを選ぶことが大切です。

どちらのスーツを着るかによって印象は違いますので、与えたい印象によって変えることが大切ですが、それぞれで着こなしのポイントは違っています。パンツスーツとスカートの着こなしのポイントを理解して、服装から好印象を与えていきましょう。

パンツスーツの場合

パンツスーツの場合は、色や柄、パンツの丈などに注意が必要です。スーツの色や柄については男性と同じで、基本的には黒や紺、グレーなどの落ち着いた色を選ぶ必要があります。柄も無地かシャドーストライプなどがおすすめであり、カジュアルになりすぎないように注意しましょう。

パンツの丈はヒールの付け根、ソールの付け根に裾が少しかかるくらいがベスト。それよりも長すぎたり、短くなりすぎてはいけません。長すぎて裾を引きずってしまうとだらしない印象を与えてしまいますし、スーツもすぐに傷んでしまいます。短すぎる場合でも不自然な印象を与えてしまいますし、パツパツに見えてしまう可能性も高いので、購入時に丈は必ず調整しておきましょう。

スカートの場合

スカートの場合は色や柄はもちろん、スカート丈に注意をしなければなりません。スカートの丈が短すぎるとカジュアルな印象を与えてしまいますので、身だしなみとしてはマイナスになってしまいます。スーツではフォーマルさが大切ですし、面接はオシャレをする場ではありませんので、短くしすぎないように注意しましょう。

また反対に長すぎるのも不自然な印象を与えてしまいますのでNGです。スカート丈が長すぎる場合もカジュアルに見えてしまう場合がありますし、正しい着こなしができていないと判断され、マイナスの印象を与えてしまいます。ベストな長さは膝が少し隠れるくらいの長さですので、スカート丈についても購入時にしっかりと調整しておくようにしましょう。

ストッキングやインナーの色も考えよう

印象の良い服装を心がけるのであれば、ストッキングやインナーの色も考えることが大切です。女性の場合はストッキングは必ず着用しなければなりませんが、ストッキングはベージュが基本です。素肌に馴染むベージュを選びましょう。

ベージュの中でも色の濃淡はありますので、素肌との境目が目立ちすぎない、自然に馴染む色を選びましょう。男性の場合はインナーは基本的には白でなければなりませんが、女性の場合は派手でない物であれば問題はありません。白以外にはベージュやクリーム色などの淡い色であれば着用OKです。どれも目立たないことが大切であり、スーツで着ていても不自然でないものを選びましょう。

【アパレル業界編】印象の良い服装

ここまでは、一般的な企業の面接に参加するにあたっての好ましい服装をご紹介してきました。ですが、この服装ならすべての面接で着て行っても大丈夫というわけではありません。というのも、「アパレル業界」の面接に多いようですが、スーツNGというところもあるからです。

ここでは、主に「アパレル業界」の面接に参加するうえで好ましいとされる服装のポイントを3点ご紹介いたします。服装を検討する際には、「希望する企業がどの業界なのか」ということも気にするようにしてください。

服装自由でリクルートスーツはNGなことも

企業によっては、面接や説明会に参加する際の服装に関することとして、「私服でお越しください」や「スーツNG」とあらかじめ断りがある場合もあります。その場合には、リクルートスーツで参加するというのは好ましくありません。むしろ、あらかじめ指定があるのですから、「スーツでの参加」はそれを守っていないということで、評価が下げられてしまう可能性も出てきてしまいます。

また、そのほかの指定として「スーツ・私服のどちらでも可」と書かれている場合もあります。この場合は、一般的な企業であればスーツで参加するのが無難ですが、アパレル業界の場合は私服で参加するのが好ましいです。では、具体的にどのような服装が好ましいのでしょうか。

私服の面接ではファッションセンスが求められる

アパレル業界の面接において、企業の採用担当者は、就活生の私服のコーディネートをはじめとした「ファッションセンス」からも、その人の個性を見ようとしています。そのため、あらかじめある程度の知識を仕入れ、センスを磨いておくことが必要です。

ここでいう「ファッションセンス」とは、企業のブランドの雰囲気に自分の個性をうまく混ぜ合わせたコーディネートのことをいいます。一般的な企業で性格の一致・不一致があるように、アパレル業界では服装の好みの一致・不一致も合否を分ける要素となっているのです。

この点に関してですが、「企業のブランドで身を固める」ということが、必ずしもその企業に気に入られるものではないということに注意してください。

清潔感のある服装を心がける

アパレル業界の面接に出席する場合のみならず、「私服」で就職活動に参加する場合に必ず忘れてはならない要素が「清潔感」です。直前の見出しで取り上げた、「企業のブランド+自分の個性」に清潔感という要素を盛り込むようにしてください。

簡単にできる例としては、着て行く服装には必ずアイロンをかけておく、服のシミや汚れがないかを確認しておく、靴の汚れを取っておくなどが挙げられます。面接では頭の先からつま先まで見られますので、清潔感のある服装か隅から隅までチェックしておくようにしてください。

一方、一般的な企業の私服面接の場合には、「オフィスカジュアル」が好ましいとされています。具体的には、襟付きのシャツ、綿製のボトムスにジャケットというのが一般的です。

面接では全身を見られている

面接を攻略するためには、スーツやシャツ、インナーなどさまざまな部分に注意しなければなりませんが、見られているのはそれらだけではありません。面接では全身が見られていますので、細部までこだわって身だしなみを整えておくことが大切です。

スーツの正しい着こなしを身に付けただけでは正しい服装とは言えず、細部まできちんとできていなければマイナスの印象を与えてしまいます。面接を攻略するためにも、身だしなみは全身に注意を払うようにしましょう。

髪型

面接では髪型について見られており、髪型そのものや髪色、セットの仕方など細かい点までチェックされています。男女ともにお辞儀をしたときに、いちいち崩れない髪型がこのましいです。

髪色は地毛に近い色が自然で好ましいです。アパレルなど業界によってはさらに明るい髪色でもOKな場合もありますが、基本的には地毛で臨むのが無難です。

また、前髪も顔にかかると暗い印象になってしまうので、顔周りをすっきりさせることを意識して髪型をセットしましょう。

セットの仕方にも注意が必要であり、整髪料のつけすぎなどは不潔に見えてしまうのでNGです。また寝ぐせがついているのもだらしない印象を与えますので、適度に整えるようにしましょう。

アクセサリーはNG

面接の服装としてはアクセサリーは基本NGです。結婚指輪や腕時計などを除いて、アクセサリーは控えた方が良いでしょう。また企業によってはアクセサリーを付けるのは規定で禁じられている場合もありますし、不要なものは外しておくことも検討しましょう。

結婚指輪や腕時計に限定して、アクセサリーはOKとされていますが、腕時計を身に付ける際にもデザインなどに注意が必要です。腕時計であっても派手すぎるもの、カジュアルすぎるデザインはNGです。銀や黒などの落ち着いた色のものを選び、ベルトも革などフォーマルなデザインのものを身に付けるようにしましょう。

女性はナチュラルメイクを心がける

もちろん、顔周りに関してもチェックを怠ってはいけません。「メイク」をする必要がありますが、就職活動においては「ナチュラルメイク」を心がけるようにしてください。

ビジネスの場において、最低限の化粧をするのがいいでしょう。ポイントとしては、「塗りすぎている感」が出ないようにするというのが挙げられます。

ファンデーションをはじめとしたベースメイク、チーク、リップ、アイラインなど、それぞれの工程において、自分の地肌や唇の色に合ったメイクを心がけてください。就活において、濃すぎるメイクはしないように注意しましょう。

男性はヒゲの剃り残しに注意

男性の場合は、「ヒゲ」に注意しなければなりません。ヒゲの有無は「清潔感」にかかわる大切なポイントですから、印象を悪くしないためにも必ず剃っておきましょう。

鼻下、口下、あごのヒゲはもちろんのこと、首回りにヒゲが生えていることもあります。自分では気にならなかったとしても、相手が気にしていないとは限りませんので、隅から隅までしっかりと確認しておいてください。

また、とくに色白の人が該当するでしょうが、どれだけ剃っても青ひげが目立つという方もいることでしょう。その場合には、硬めのコンシーラーでカバーしてヒゲを目立たなくさせておくというのもひとつの手です。ただしその場合には、メイク落としを使ってしっかりクレンジングすることを忘れないようにしてください。

【39点以下は危険度MAX】
本番前に、面接偏差値を診断しておこう

今年はweb面接を行う企業も増えていますが、自分の弱点を把握し適切に対策しなければ、どんな形式であれ面接を突破することはできません。

そこで活用したいのが、面接偏差値診断ツールの、「面接力診断」です。
24の質問に答えるだけで、自分の強みと弱みをグラフで見える化できます。

ぜひ活用して自分の弱点を効率的に対策し、志望企業の面接を突破しましょう。

マナーを意識した服装で正社員の面接に臨もう

正社員の面接では服装も評価の対象として見られていますので、きちんと身だしなみを整えて面接に臨むことが大切です。第一印象も評価に影響する部分ではあるので、好印象を与えることができれば、面接を有利に進めることができます。

服装は意識次第でいくらでも変えることができますし、簡単に評価を高められるポイントでもあります。服装でマイナスの印象を与えてしまうのは勿体ないので、きちんと身だしなみを意識して、好印象を与えて面接を攻略していきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ