履歴書

【就活用履歴書のサイズ選び】購入する際のポイントと提出方法を解説

就活にふさわしい履歴書のサイズとは

就活で履歴書は必須であり、よりスムーズに就活を進めるためには履歴書のサイズまでこだわることが大切です。履歴書のサイズにはさまざまなものがあり、どれを使用するかによって与える印象は違ってきます。同じ内容であっても履歴書のサイズ次第では印象が違ってくる場合もありますし、作成のしやすさなども異なります。

就活では何十枚と履歴書を作成することになるため、少しでも書きやすいもの、アピールしやすいものを選ぶことが大切です。履歴書で好印象を与えることができなければ、書類選考を突破することはできませんし、面接に進むこともできません。履歴書は就活を進めるにあたって、非常に重要であるため、サイズまでこだわって上手に就活を進めていきましょう。

履歴書サイズの種類

就活で使用すべき履歴書を選ぶためには、まずは履歴書のサイズの種類と違いについて知っておきましょう。履歴書は1種類ではありませんし、サイズごとにさまざまな違いがあります。

違いを正しく理解しておかなければ、上手に履歴書が作成できない場合もありますし、好印象を与えることができなくなってしまう可能性もあります。上手に就活を進めるためにも、履歴書のサイズについて理解を深め、それぞれの違いについてを正しく知っていきましょう。

A4サイズ

履歴書のサイズにA4サイズが挙げられます。これは見開きA3サイズの履歴書です。販売されているパッケージにはA4サイズと記入されていますが、実際の大きさはA3になります。就活では見開きのサイズではなく、半分に折ったサイズで表記することが一般的であるため間違えないようにしましょう。

片面の大きさは210mm×297mmであり、ISO(国際標準化規格)における印刷物の標準サイズです。印刷物として標準のサイズであるため、基本的にどこで使用しても問題はありません。マイナスの印象を与えてしまうこともなければ、履歴書自体を受け付けてもらえないこともないため、サイズに迷ったらA4サイズを使用するのがおすすめです。

B5サイズ

履歴書はA4以外にはB5サイズのものがあり、これは見開きB4サイズの履歴書になります。片面の大きさは182mm×257mmであり、A4サイズと比べると小さめのサイズです。見開きにするとB4サイズになるため、B4判やB判とも呼ばれます。履歴書のサイズとしては小さいですが、コンパクトにまとめやすく、すっきりとした印象を与えることができます。

印刷物のサイズとしては、標準ではないものの、基本的にはB5サイズの履歴書を使用しても問題はありません。履歴書はサイズに関係なく、市販で販売しているものであれば、基本的には使用可能です。コンビニなどではB5サイズしか販売されいない場合もあるため、他になければB5サイズを使用しましょう。

志望動機が思い浮かばない時は、志望動機作成ツールを活用しよう

志望動機の内容が薄いと、人事に採用されません。選考を突破するには、志望動機を作り込む必要があります。

そこで活用したいのが志望動機作成ツールの「志望動機ジェネレーター」です。
このツールを使えば、簡単な質問に答えていくだけで、理想的な流れの志望動機が完成します。

無料でダウンロードできるので、ぜひ活用して採用される志望動機を完成させましょう。

指定がない場合はA4サイズの履歴書を使用する

履歴書には、A4サイズとB5サイズの2種類がありますが、企業からとくに指定がない場合は、A4サイズの履歴書を使用しましょう。「A4サイズでなければいけない」という決まりはないため、どちらの履歴書を使用しても間違いではありません。

しかし、A4サイズの方が記入するスペースが大きく、より多くのアピールが可能です。また、A4サイズは多くの就活生が利用しているため、企業が管理しやすいというメリットもあります。

就活ではA4サイズが多数派のため企業が管理しやすい

企業からの指定がなければA4でもB5でもどちらのサイズでも問題はありませんが、こだわりがなければA4サイズの履歴書がおすすめです。A4、A3は仕事の中でもよく使用されているサイズであり、企業側にとってもA4サイズは管理が容易です。就活生の多くはA4サイズの履歴書を使用するため、履歴書をまとめて管理する際もサイズが合っている方が管理がしやすくなります。

B5サイズであっても印象が悪くなるわけではありませんが、サイズが違うことで管理が面倒になってしまいますし、企業に手間をかけてしまうことになります。指定がない場合や、どちらを使うか迷ったときはA4サイズを選び、企業でも管理がしやすいように気遣いをみせるようにしましょう。

A4のほうがアピールできるスペースが大きい

A4サイズの履歴書はB5サイズに比べて大きいため、記入スペースが広く確保できます。一般的に、B5サイズは転職やアルバイト・パートの選考に使用されることが多いです。新卒の就活では、自分をアピールできるスペースが広いA4サイズを使うのが一般的でしょう。

とくに、志望動機や自己PRの欄は、選考においても重要なポイントになるため、記入スペースが広い方が、多くの情報でアピールすることができます。また、ビジネスシーンで使われる書類は、ほとんどがA4サイズです。他の提出書類とサイズを合わせられるのも、A4サイズの履歴書のメリットといえます。

企業からサイズの指定があった場合は指示に従う

A4サイズとB5サイズ、どちらの履歴書を選んでも間違いではありませんが、企業からサイズの指定があった場合は従いましょう。企業からの案内に「A4サイズの履歴書を」などの具体的な指定がないか、よく確認してください。履歴書の基本的なサイズはA4とB5の2種類ですが、企業によっては呼び方が違うこともあります。

A判・A4判・A3判と記載されている場合は、いずれもA4サイズでOKです。B判・B5判・B4判と書かれている時には、B5サイズの履歴書のことを指します。呼び方が異なると混乱してしまいますが、基本的にはどちらかのサイズになるため、確認しておきましょう。指定のサイズと異なる履歴書を使用しないように注意してください。

就活で使う履歴書を購入する際のポイント

就活で使う履歴書は、コンビニや書店、文具店、100円ショップなどで購入が可能です。しかし、店舗によっては、在庫がない場合もあるため注意しましょう。

履歴書を購入する際は、実店舗よりもインターネットの方が種類が豊富で、希望のサイズや形式のものが簡単にみつかります。また、求める条件を指定して探せるため効率的です。履歴書の項目はメーカーによって異なります。どのような項目が書かれているかを確認して、自分に合うものを選びましょう。

実店舗よりネット通販のほうが種類が豊富

履歴書は、コンビニや書店、文具店、100円ショップなどで販売されており、どこでも気軽に購入することができます。また、スーパーやホームセンターなどでも取り扱っている店舗はあるでしょう。

しかし、大型の書店や文具店以外では種類が少なく、アルバイト・パート用と正社員用がそれぞれ1種類ずつしか置かれていないことも珍しくありません。自分に合った履歴書を購入するためには、豊富な種類から選べるネット通販がおすすめです。

ネットなら、条件に合った履歴書を簡単に検索することができますし、いつでもスマホやパソコンから注文できるため、忙しい時にも便利です。サイズも事前に確認でき、企業から指定があった場合も店舗に探しにいく必要がなく、すぐに手に入れることができます。ネットで注文する際は、発送時期を忘れずに確認しましょう。

履歴書の項目が自分に合っているものを選ぶ

履歴書は、よくみるとそれぞれ項目が異なります。「自己PR」「趣味・特技」「志望動機」「長所・短所」などの欄は、履歴書によっては無いこともあります。また、記入するスペースが小さかったり「経歴」の欄が大きかったりなど、さまざまです。企業から指定がない場合は、どの履歴書を使っても間違いではありませんが、人によって書きにくい・書きやすいと感じることがあるでしょう。

自分のスキルや能力を企業へアピールしたいなら「自己PR」欄が大きい履歴書を選ぶ、志望動機で入社への熱意を伝えたいなら「志望動機」の欄があるものを使うなど、自分に合う履歴書を選ぶようにしましょう。反対に、免許や資格を多く持っていないなら「免許・資格」欄が小さいものにするとよいでしょう。

写真や封筒のサイズもチェックする

写真や封筒のサイズもチェックする

使用する履歴書のサイズを決めれば、貼り付ける証明写真や履歴書を入れる封筒などのサイズも確認していきましょう。履歴書を提出するには証明写真を貼らなければなりませんし、郵送するのであれば封筒にいれなければなりません。

写真や封筒のサイズによってはマイナスの印象を与えてしまいますし、履歴書に合わせてサイズも考えていく必要があります。就活では細部までしっかりとこだわることが大切です。履歴書、写真、封筒までサイズを意識しましょう。

写真サイズは縦4センチ×横3センチ

履歴書は完成すれば証明写真を貼らなければなりません。写真サイズは基本的には縦4センチ×横3センチです。証明写真のサイズは原則決まっていますし、サイズが違っていると場合によっては履歴書が無効になることもあるため注意しましょう。また原則は縦4センチ×横3センチですが、用紙によってはまれに小さい写真サイズもあるため、購入時にしっかり確認しておくことが大切です。

小さい写真サイズであれば、上手に切り取れば写真を撮り直さなくても使用することができますが、基本的には撮り直しをするのが無難です。また企業指定のフォーマットの場合は、大きいサイズの写真が必要なこともあります。その際は撮り直しが必須であるため、サイズはきちんと確認しておきましょう。

A4の履歴書の場合は角2号の封筒を選ぶ

履歴書を郵送で提出するには封筒が必要ですが、封筒はA4サイズが入る角2号のものを用意しましょう。市販の用紙に付属した封筒だと履歴書を折らないといけない場合もあるため、折らずに入る封筒は必須アイテムです。綺麗に折れていればマナー違反にはなりませんが、折り目がついていることで、履歴書が読みづらくなりますし、見栄えが悪くなってしまいます。

また折り目がついていることで企業でも管理がしづらくなるため、基本的には折らずにいれられる大きいサイズの封筒を使用するのがおすすめです。また、封筒の色は、白色を選びましょう。茶色の封筒でも問題はありませんが、より好印象を与えられるのは白色であるため、可能な限り白色封筒を用意することが大切です。

クリアファイルや添え状もサイズを統一する

企業に履歴書を郵送する際には、履歴書はクリアファイルに入れ、添え状も同封します。これらはマナーとして必須です。クリアファイルや添え状のサイズも履歴書に合わせるようにしましょう。履歴書のサイズがA4であればクリアファイルも添え状もA4サイズのものを使用し、封筒内のものについてはすべてサイズを統一することが大切です。

それぞれのサイズを合わせることで企業でも管理がしやすくなりますし、見栄えもよくなるため好印象を与えることができます。細かいポイントではありますが、細部まで気遣っていることで、就活への真剣度もアピールできるため、お送りする物は気を抜かず全てサイズを統一しましょう。

履歴書サイズに迷ったらA4サイズを使おう

履歴書のサイズはA4とB5があり、どちらを使用しても問題はないため、どちらを使用すべきか悩んでいる人は多いです。企業から指定がある場合は、それに合わせたサイズを使用する必要がありますが、指定がなければ基本的にはA4サイズがおすすめです。A4サイズは印刷物としても標準のサイズであるため、使用していて間違いであることはありません。

また企業で取り扱う書類もA4や見開きのA3サイズが多く、管理もしやすいため好印象を与えやすいです。A4サイズの方がアピールできる内容も多いですし、上手にアピールポイントを盛り込めば、高評価を獲得することもできます。迷った場合はA4サイズの履歴書を選び、細部までこだわりをみせて好印象を与えていきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ