面接対策

面接官マニュアルから就活対策が可能|重要視されるポイントを解説

面接官の立場になっての就活対策が効果的

面接官はマニュアルを使用して就活生を評価していることが多く、マニュアルに合わせたアピールしていくことが面接攻略のカギになります。企業によってマニュアルの有無も違いますし、内容も異なっていますが、マニュアルがある場合は評価ポイントが共通していることも多いです。

マニュアルの存在を知るだけでなく、さらに詳細な内容を知り、評価ポイントを知っておくと選考対策になります。面接では闇雲にアピールしても評価の対象にはなりませんし、選考を勝ち抜けません。効率的なアピールをするためには、何が評価されているかを把握し、面接官の立場になって考え、上手にアピールを進めていきましょう。

面接官がマニュアルを使う理由

面接を攻略するためには、マニュアルの内容の把握が大切ですが、それだけではなくなぜ面接官がマニュアルを使うのか、その理由を知ることも大切です。就活では選考が複数回おこなわれますが、それぞれの選考段階に合わせて面接官が変わります。

面接官は一次面接・二次面接・最終面接とで人が違う場合が多いため、主観などで採用基準がブレないようにするためにマニュアルを使用しています。マニュアルを使用することで、より公平な評価をすることができますし、評価にもバラつきが出ず、正確に能力などを判断することができます。マニュアルがある場合は、それに沿って評価が決定しますので、何が評価されているのかを知っておくことが大切です。

採用マニュアルで重要とされているポイント2つ

マニュアルは企業によって細部は異なっていますが、採用マニュアルで重要とされているポイントは共通している場合も多いです。採用において企業が重要視しているポイントは共通していますし、それを知っておくことで選考をより有利に進めることができます。

マニュアルの詳細を考えるだけではなく、そもそもマニュアルでは何を前提に見ているのかを知っておくことも大切です。採用マニュアルで重要とされているポイントを知って、上手に選考を進めていきましょう。

就活生と企業のマッチング度

採用マニュアルで重要とされているポイントとしては、就活生と企業のマッチング度が挙げられます。自社の仕事が担えるか・就活生の考えや将来のビジョンなどが、社風や企業理念にマッチしているかを見ているため、マッチング度の高さをアピールすることが大切です。

就活ではしっかりと能力をアピールし、企業で活躍できる人材であることをアピールする必要がありますが、それが企業とマッチングしていなければ意味はありません。どれだけ優れた能力であっても、企業で活かせなければ意味はありませんし、採用メリットは低いと判断されてしまいます。マッチング度が低いことで仕事でも活躍しづらくなりますし、企業と就活生双方にとって不利益になりますので、マッチング度の高さは重要視されています。

企業が求めている人物像と一致しているか

企業が求めている人物像と一致しているかも、採用マニュアルで重要とされているポイントのひとつです。企業ごとに「求める人材」は異なっており、就活生がそれに一致しているかどうかを見ています。求める人材はさまざまですが、基本的には企業で活躍できることを前提とした条件で設定されています。

どのような人材を求めるかは企業によっても異なりますし、採用年度によって違ってくる場合が多いです。企業の経営方針や目標などによって、求める人材は変わることも多いので、年度ごとにしっかりと確認しておかなければなりません。求める人材については、採用ホームページなどで記載されていることも多いので、事前に確認しておくようにしましょう。

面接評価シートをGETしよう

面接をする際、面接官は面接評価シートを元に就活生を評価しています。面接評価シートには、マナーや身だしなみ、質問に対する受け答えなどの内容をチェックする項目があります。企業や職種によって設定されている項目は異なりますが、参考にすることで、面接官視点を把握することができます。面接評価シートを無料でダウンロードして、面接前に最終調整をしたり、就活生同士の練習で活用したりしましょう。

面接官が見ている具体的なチェック項目

採用マニュアルでは企業とのマッチングや求める人材と一致しているかを前提としていますが、評価についてはさらに細部まで確認して決定しています。面接中の発言はもちろん、行動や振る舞いなどもチェックの対象となっていることが多いため、行動のひとつひとつにも充分に注意しなければなりません。面接を攻略するためには、面接官が見ている具体的なチェック項目を知っておくことが大切です。何がチェックされているかを知り、上手に対処していきましょう。

①入室から着席まで

面接では入室する瞬間から着席までが、一連の流れとしてチェックされていますので注意が必要です。ノックの回数や挨拶の声、ドアの開け方・閉め方などのほか、着席するまでのマナーまで細かく見られています。ノックの回数は3回が基本であり、外資系の場合は4回が正しいマナーとされています。

またノック後の挨拶の声の大きさや明瞭さなども評価されていますので、元気の良いあいさつが大切です。ドアの開け閉めは丁寧におこなわなければなりませんし、椅子に向かう際にも姿勢に気をつける必要があります。また身だしなみも重要であり、身だしなみが正しく整えられていないと、第一印象が悪くなります。入室の瞬間から評価されていることを忘れずに、しっかりと気持ちを引き締めておきましょう。

②面接官からの質問の最中

面接は質疑応答の形式で進みますので、面接官からの質問には注意して答えなければなりません。マニュアルではハキハキ発言できているかや、説得力のある話をしているかなどに加え、面接官の話に対して相槌を打ちながら聞けているかなども見ています。ハキハキ元気の良い発言により、明るい人間性をアピールできますし、話に説得力があると、思考力の高さを伝えられます。

また面接官の話を聞いている姿勢をアピールすると、コミュニケーション能力が評価される可能性も高いです。ただ一方的に話をしているだけでは評価の対象にはなりませんし、マイナスの印象を与えてしまいます。面接官とは会話することを意識して発言していきましょう。

③面接終了から退室まで

予定されていた質問がすべて終われば、面接は終了となりますが、面接終了から退室までもチェックされていますので注意が必要です。退室の仕方はもちろん、退室後に会社を出るまでいろいろなところで見られているということを忘れないようにしましょう。退室時には座ったままであいさつをし、立ち上がってもう一度あいさつ、お礼をします。

荷物を持って出口に向かいますが、部屋を出る前に振り返ってももう一度あいさつをする必要があります。面接が終わってから計3回あいさつをすることを覚えておきましょう。また面接終了後は速やかに企業から出ることが大切です。最寄り駅などは企業の社員がいる場合もありますので、最後まで気を抜かないようにしましょう。

面接までに準備しておくべきこと

面接を攻略するためには事前の準備が必須であり、どれだけ準備をすることができたかによって、面接が攻略できるかどうかが決まります。準備しておかなければならないことはたくさんありますし、それぞれ時間がかかりますので、早めから対策をしておくことが大切です。

また一度準備をしてしまえばそれで終わりではなく、何度も改善を重ねていくことも大切になります。準備内容を知り、正しい方法で準備をして面接の攻略を目指しましょう。

自己紹介

1つめは自己紹介です。自己紹介は面接の最初に必ず求められますので、上手に自分をアピールできるものを用意しておかなければなりません。多少インパクトのある自己紹介の方が、面接官の印象に残りやすいですし、選考も有利に進めやすくなります。

自己紹介では大学名や学部名、氏名を伝えるだけで終わってしまう人は多いですが、それでは評価の対象にはなりません。好印象を与えるためには、自身の特徴やアピールポイントなども交えて話すことが大切です。もちろん自己紹介とは別に自己PRもありますので、ここでアピールしすぎるのは禁物です。長くなり過ぎないように、簡潔にアピールするようにしましょう。

志望動機

志望動機も面接までに準備が必要です。志望動機は企業の仕事を志したきっかけを伝えるだけではなく、仕事への意欲の高さなどを示したものでもあります。志望動機が弱いと仕事への意欲が低いとみなされ、企業への志望度も低いと判断される可能性が高いです。

面接前には事前に提出したエントリシートや履歴書などを読み返し、改めて自分の言葉で答えられるようにしておくことが大切です。面接で伝える志望動機はエントリーシートなどと大きく違ってはいけませんし、基本的には同じ内容で答える必要があります。書いた内容をそのまま伝えるのではなく、細部を膨らませてより詳細な理由を伝えていく必要があります。

自己PR

面接では自己PRも重要であり、高評価を獲得するためには事前にしっかりと考えておかなければなりません。自己PRは「企業に自分を売り込む」イメージで文章を作成することが大切です。自分がアピールしたい能力や内容を伝えるのではなく、企業でいかに役立つか、活躍できるかについてアピールしていきましょう。

どれだけ素晴らしい能力があっても、企業の仕事で活かすことができなければ意味はありません。能力は求められる場で活用できてこそ価値を発揮しますし、仕事に役立てられることが大切です。自分勝手に能力をアピールしても高評価を得ることはできませんので、企業の仕事や特徴などに合わせた能力、人柄などをアピールしていきましょう。

面接官が「どこを重視しているか」を逆攻略しよう!

interview-seminar

面接ではさまざまな点がチェックされており、それによって最終的な評価が決定します。採用マニュアルを導入している企業は多く、マニュアルに合わせて評価を決めている企業は多いです。面接を攻略するためには、マニュアルでどのような点がチェックされているのかを知っておく必要があり、評価されているポイントに合わせてアピールしていきましょう。

面接官がどこを重視しているのかを知れば、そこから逆攻略できますし、面接をより有利に進められます。企業ごとにマニュアルの細部は違いますが、大枠では評価のポイントは共通していることが多いです。企業が評価しているポイントを正しく理解し、上手にアピールをして面接を攻略していきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ