就活のマナー

【不採用メールに返信は必要か?】正しい対応方法を紹介

不採用メールに返信すべきか悩む学生は多い

企業から不採用メールが届いた場合、それに返信すべきか悩んでいる人は多いです。不採用になったからといって、すぐに企業との関係が切れるわけではありませんし、返信した方がいいのではないかと考える人はたくさんいます。また、不採用になったことに落ち込んでしまい、メールに返信することでどうにか企業との繋がりを断たないようにしようと考える人もいます。

不採用メールが送られてくれば、選考はそこで終了になりますし、メールに返信しようがしまいが関係はありません。しかし不採用のメールだからといって、返信してはいけないわけではなく、マナーさえ守っていれば返信は可能です。不採用メールは返信すべきか、返信する場合はどのような点に気をつければいいのかを知っておきましょう。

不採用メールに返信は不要

結論から言えば、基本的には不採用メールには返信は不要です。不採用メールは学生からの返信を前提としたものでありませんので、返信しないからといってマイナスの印象を与えることはありません。

また返信しても、基本的にはプラスの印象にならないことも覚えておきましょう。不採用になれば企業との関係はそれまでであり、メールに返信しても選考に再挑戦できるわけではありません。不採用メールへの返信は不要ですので、無理に返信して余計な時間を使わないことが大切です。

不採用メールへの返信を企業は求めていない

不採用メールへの返信が不要な理由としては、そもそも企業は不採用メールへの返信を求めていないことが挙げられます。企業は不採用を出した学生にまで気を回せるほど暇ではありませんし、不採用メールを送ってから返事が返ってこなかったとしても、何とも思いません。

メールが返ってこないからといって、マイナスの印象を与えるわけでもありませんので、基本的には返信は不要です。返信メールを作成するのにも時間がかかるので、不採用の場合はメールは受け取るだけでOKだと考えましょう。不採用になれば就活は続きますし、他の企業の選考に挑戦しなければなりません。メールへの返信を考えているうちに時間はどんどん経過しますので、不採用になればすぐに気持ちを切り替えることが大切です。

不採用メールに返信しても結果は変わらない

不採用メールへの返信が不要な最大の理由としては、返信をしたからといって、基本的には結果が変わらないことが挙げられます。返信メールでいくらアピールしても、一度不合格になれば結果は不合格のままで、合否が覆ることはありません。不採用になった企業とメールのやり取りを続けるのは時間の無駄とも言えるので、前を向いて次の企業への選考に取り組むことが大切です。

不採用になった企業といつまでもやり取りをしていると、次の企業の選考に支障をきたしてしまいますし、就活全体がストップします。就活を攻略するためには、とにかく前を向いて活動を続けることが大切です。不採用になった企業ばかり見ずに、新たな可能性を模索して就活を続けていきましょう。

あなたのマナー力は何点?

今の時点で、あなたのマナー力はどのくらいでしょうか?それを知るために活用したいのが「マナー力診断」です。「身だしなみ」「電話・メール」「エントリーシート・履歴書」などのマナーがどの程度身についているのかを試してみましょう。質問に答えることで、どのスキルが足りていないのかが一目でわかります。無料でダウンロードできるので、力試しとしてもおすすめです。

不採用メールに返信してもいいケース3つ

基本的に不採用メールに返信は不要ですが、場合によっては返信しても構わないこともあります。返信してもいいケースは限られていますので、それらに該当しない限りは返信しないようにしましょう。

該当する場合は返信することで、前向きに就活を進めることができますし、その後の就活が好転する可能性もあります。もちろん返信してもいいというだけであり、返信が必須なわけではありません。どんな場合であれば返信してもいいのかを知り、余裕があれば返信する程度に考えておきましょう。

①採用担当者にお世話になった

採用担当者に個人的にお世話になった場合は、不採用メールに返信してもOKです。これまでお世話になった感謝の気持ちを述べ、別の企業で頑張る気持ちを伝えることが大切になります。採用担当者は学生のことを気にかけているケースも多く、きちんと感謝の気持ちを伝えることで好印象を与えられます。

合否の結果が揺らぐことはありませんが、お世話になった人に感謝の気持ちを伝えるのは、社会人として大切なことです。お世話になった人にきちんと感謝の気持ちを述べることで、気持ちの切り替えもしやすくなりますし、前向きに就活に取り組むことができます。前向きに就活を続けて成果を出すことが、お世話になった人に報いる方法ですので、気を引き締めて他企業の選考を進めていきましょう。

②最終選考まで残った

最終選考で不合格になった場合も、不採用メールに返信してもOKです。これは最終選考に呼んでもらえるまで評価してくれたことに対するお礼だけではなく、合格率を少しでも上げるために必要なことですので覚えておきましょう。基本的には一度不合格になれば合否は覆りませんが、最終選考の場合は辞退者が出るなどで繰り上げで内定がもらえることもあります。

不採用メールに返信して好印象を与えることで、繰り上げで内定をもらえる可能性を少しでも上げることができますので、可能な限り返信しておいた方がいいでしょう。もちろん、返信したからといって必ずしも内定がもらえるわけではありません。あくまで可能性がほんの少し上がるだけですので、過度に期待せずに就活を続けることが大切です。

③気持ちの切り替えがしたい

企業に特別な思い入れがあり、不採用になったことを受け入れらない場合は、気持ちを切り替えるための手段として不採用メールに返信するのもOKです。第一志望の企業だと不採用になると落ち込み、就活への意欲も失ってしまうことも多いです。しかし、そこでストップしていては就活は成功しません。

いかに志望度が高くても、不採用になれば就職できないため、きっぱり諦めて前を向くことが大切です。内定を獲得するためには、気持ちを切り替えて就活を続ける必要があります。そのためにも、不採用メールに返信して気持ちの区切りをつけましょう。返信を最後に企業への未練を断ち切り、気持ちを新たにして就活を続けることが大切です。

不採用メールに返信する際のポイント3つ

不採用メールに返信する場合は、メールの書き方にポイントがあります。不採用になれば企業との関係がなくなるからといって、メールの文面はどんなものでもいいわけではありません。

マナーなどはきちんと守ってメールを作成する必要がありますし、書き方を間違えると失礼になったり、企業に迷惑をかけてしまうこともあります。不採用メールへの返信は本来不要なものですので、送信する場合は書き方に注意を払って、正しい文面で返信しましょう。

①企業に対する感謝の気持ちを述べる

不採用メールへの返信では、まずは企業に対する感謝の気持ちを述べていきましょう。選考に参加させてもらえたこと、面接の時間をもらったことなどに対して感謝の気持ちを表すことが大切です。企業は採用活動の忙しい中で時間をやりくりして、学生の選考をおこなっています。

自分に時間を取ってくれたことを感謝する気持ちが大切であり、企業の苦労に気を配ることで気持ちを伝えやすくなります。面接をしてくれることは当たり前のことではありませんし、面接をおこなうまでにもさまざまな手間がかかっていることを忘れてはいけません。不採用メールへの返信は、企業が自分にかけてくれたさまざまな手間に対してのお礼であることを覚えておきましょう。

②今後の就活の展望を伝える

今後の就活の展望を伝えることも、不採用メールへの返信では大切なことです。採用担当者は学生の今後について気にしていることも多いため、今後の展望を知らせる必要があります。不採用になったものの、進路を気にしている場合も多いので、今後の就活にも前向きに取り組むことを記しておくことが大切です。

就活に前向きな姿勢を見せることで、採用担当者を安心させることができ、感謝の気持ちなども伝わりやすくなります。今後の展望が全く見えなければ採用担当者は心配してしまいますし、前向きな気持ちで就活を続けていることを述べることが大切です。今後の展望がないからといって、採用担当者が合格にしてくれるわけではありませんし、余計な心配を与えないように内容を工夫しましょう。

③未練がましい内容にしない

不採用のメールに返信するとなれば、企業に対して恨み言を言いたくなる気持ちもありますが、これはNGです。不採用になったのは企業が悪いのではなく、実力が足りなかったり、企業に合わないなど自分が原因です。企業には何の非もないので、恨み言を言うのはお門違いと言えます。

恨み言を言ったからといって合格にしてもらえるわけではありませんし、反対に印象を悪くしてしまい、合格からも遠ざかります。最終選考に落ちた場合であれば、辞退者が出れば繰り上げで内定になる可能性もありますし、少しでも可能性を残すためには印象を悪くするのはよくありません。恨み言を言っても何の解決にもなりませんので、明るく前向きな内容で伝えることを心がけましょう。

連絡がこない場合はサイレントお祈りの可能性が高い

不採用になればメールなどで通知されると考えている人は多いですが、実際には不採用メールが来ない場合もあります。不採用メールが来ないことをサイレントお祈りといい、就活ではよくあることです。サイレントお祈りの場合は合格者のみ通知がくるので、何の連絡もない=不合格ということになります。

企業によって連絡にかかる時間は違うものの、2週間以上連絡が来ない場合はサイレントお祈りを疑うことも大切です。サイレントお祈りの場合は、一定期間を過ぎれば結果の問い合わせをしても問題はありません。企業によっては結果の通知までに時間がかかることもありますので、催促にならないようにだけ注意が必要です。通知期間は事前に聞いておき、それを過ぎても連絡が来ない場合は問い合わせましょう。

不採用メールへの返信は基本的に不要であるが場合によっては送ってもいい

null

不採用メールが来ると落ち込んでしまいますし、それが第一志望からであればかなりショックを受けてしまいます。落ち込んでしまうのは仕方のないことですが、不採用をいつまでも引きずっているのはよくありません。一度不採用になってしまえば、合否が覆ることは基本的にはありませんし、気持ちを切り替えて次の企業の選考へと目を向けることが大切です。

不採用メールへの返信は基本的には必要ありませんが、気持ちを切り替えるためなど、目的があるなら返信しても構いません。返信する場合もしない場合も、不採用になったからといって就活をストップさせないことが大切です。落ち込んだとしてもすぐに気持ちを切り替え、前向きに就活を続けて内定の獲得を目指しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ