面接対策

【面接のマナー完全ガイド】身だしなみや入退室の方法を詳しくご紹介

面接マナーが身に付いていない人は多い

面接マナーが身に付いていない人は意外にも多く、マナー違反によってマイナスの印象を与えてしまい、不合格になる人は少なくありません。面接は質疑応答の形式で進められますので、面接官からの質問に対して上手に回答することが大切です。

しかし回答内容がどれだけ良くても、マナーが悪ければマイナスの評価になり、それが原因で不合格になってしまうこともあります。面接では質問への受け答えだけではなく、マナーなども総合的に判断して評価が決定します。

受け答えさえ良ければ合格できるわけではありませんので、面接攻略を攻略するためには、マナーを身に付けるのは必須です。正しい面接マナーを身に付けて、好印象を与えて面接の攻略を目指しましょう。

面接のマナー:基本編

面接でのマナーで知っておくべきことはたくさんありますが、まずは基本的な部分について知っておきましょう。何事も基本は大切であり、これができていないことには、面接を攻略することはできません。

細部のマナーについては大目に見てもらえることも多いです。しかし基本的なマナーはしっかりできていないと評価を下げられてしまいますので、きちんと身に付けておきましょう。

身だしなみ

面接では身だしなみを整えることも重要なマナーであり、身だしなみが整えられていないと、社会人としての常識を疑われてしまうので注意が必要です。面接時の服装はスーツが基本ですが、スーツはただ着ればいいわけではありません。

正しい着こなしができていることはもちろん、汚れている部分はないか、しわだらけになっていないかなども確認しておく必要があります。シャツや靴、カバンなど細部も見られているので注意が必要です。

さらに髪型や髪色も評価の対象であり、身だしなみで気をつけなければならない点はたくさんあります。全体として清潔感を意識することが大切です。清潔感を意識して、身だしなみを整えていきましょう。

あいさつ

あいさつは社会人としてはもちろん、人として最低限のマナーです。これができていないと印象が大幅に悪くなるので注意しなければなりません。面接では最初に顔を合わせたときのあいさつだけではなく、退出時のあいさつやお礼、謝罪なども大切です。

常識的な部分でマイナスの印象を与えないように、言動には充分に注意しておきましょう。また、あいさつは面接の最中にだけ必要になるわけではありません。面接外の場所でも、社内ですれ違う社員にはしっかりあいさつが必要ですし、それができていなければ評価を下げられる可能性があります。

面接は基本的には企業内でおこなわれるため、誰がどこで見ているか分かりません。人ととして最低限のマナーはきっちり守り、余計な部分でマイナスの印象を与えないようにしましょう。

表情・仕草など

表情や仕草なども面接ではマナーとして見られているポイントです。表情が暗いと全体的な雰囲気も暗く見えてしまい、印象は悪くなってしまいます。面接へのやる気がないと思われる可能性もあるので注意が必要です。

また仕草にも注意が必要で、特に姿勢には気をつけましょう。猫背になっているなど、姿勢が悪いとやる気のない印象、だらしない印象を与えてしまいます。背筋を伸ばして胸を張って面接に臨むことも大事なマナーですので、これも意識しておくことが大切です。

面接では緊張することも多いですし、緊張によって表情が硬くなったり、姿勢にまで意識が上らないことも多いです。意識的に取り組まなければ失敗しやすいポイントですので、注意しておきましょう。

面接のマナー:受付・控室編

面接のマナー:受付・控室編

面接は、企業で受付をするところからすでに始まっているといえます。企業で面接の受付をしに訪問した段階で必ずしも採点されるとはいえませんが、受付や控室での待機も礼儀正しくあることは重要です。社会人として非常識な振る舞いをすると、評価が下がる可能性があります。受付でのマナーは、社会人になる前の就活生のうちから身につけておくのが望ましいでしょう。どういったマナーに気を付ければいいのか、詳しく見ていきます。

約束した時間の5~10分前に到着する

面接の指定時間の5~10分前までには、会場に到着しておきましょう。10分前が5分前よりも理想ですが、交通事情などを踏まえて臨機応変に対処してください。5分前よりも遅くなってしまうと、相手側に迷惑をかけたり手続きが遅れて面接の時間がずれこんでしまうことがあります。見慣れない土地でちゃんと到着できるか心配だというのであれば、時間に余裕を持って行動するようにしましょう。30分前ぐらいに到着することを目安にすれば、遅刻をしてしまうリスクを回避できます。

しかし、1時間前や30分前に会場へ到着すると、相手側もまだ準備の途中である可能性があります。そうなると迷惑を掛けてしまうので、程よい時間に到着することがポイントです。もしトラブルが発生して遅れそうな場合は、あらかじめ連絡をしておきましょう。

受付では要件をはっきり伝える

訪問しただけで、相手が面接の準備を勝手に進めてくれるわけではありません。受付で自分が会場に来た用件をしっかり伝えましょう。受付では不安や緊張で声出ないこともあるかもしれませんが、明るくハキハキと話すことが大切です。

場合によっては、受付でもマナーやふるまいをチェックしていることがあります。面接以外だからどう振る舞っても構わない、という考えではいけません。面接はすでに始まっていると考えて行動してください。

受付担当が新卒採用の評価に関係しているのであれば、減点だけでなく加点される可能性もあります。用件を伝える際には、自分の名前、自分がここに来た理由、誰に呼ばれたかを簡潔かつ言葉遣いに気をつけて伝えましょう。特に特定の人から呼ばれたわけでないのであれば、そこは省略して構いません。

控室では静かに待つ

多くの場合、面接をセッティングする間は控室に通されます。控室に通されたから自由にしてよいというわけではありません。他の人の迷惑にならないよう、静かに待機しておきましょう。待機の際に携帯電話を触ったり、周りをキョロキョロと見回すなどして落ち着かない態度をとっていると、相手側によくない印象を与えてしまいます。

控室では、じっと呼ばれるまで待機しておくか、落ち着いて企業の資料などを確認しておくとよいでしょう。待機時間は、基本的にあっという間に終わってしまうものです。コンディションを整え、面接で答える内容や振る舞いなどを再確認しておきましょう。

あなたの面接力は何点?

面接において、服装などの身だしなみは第一印象に大きな影響を与えます。また、自己分析や業界・企業理解がどの程度できているかも、高評価を受けるために大切な要素です。今の時点で、あなたの面接力はどのくらいでしょうか?

それを知るために活用したいのが「面接力診断」です。質問に答えることで、どのスキルが足りていないのかが一目でわかります。結果を参考にすることで、時間のない就活生も効率的に対策を進められます。無料でダウンロードして、効率的に面接対策を進めましょう。

面接のマナー:入室編

面接本番だけで評価が決定していると考える人は多いですが、実はそうではありません。面接本番はもちろん、面接開始前の入室の段階から評価はスタートしています。面接官の前に座り、質問をされてからようやく評価がスタートするわけではありませんの注意が必要です。

入室時のマナーもさまざまあり、それらができていなければ第一印象が悪くなります。第一印象は面接全体の評価を決める上でも重要なものですので、正しいマナーを知っておきましょう。

ノックをしてから入室

企業を尋ねればまずは控え室に通され、そこから順次面接へと案内されます。面接会場へと案内されれば、入室し、面接スタートとなりますが、このときいきなり扉を開けて入室するのはNGです。

入室前には必ずノックをし、入室確認をしてから入るのが基本的なマナーになります。このときノックをしてすぐに入るのではなく、中から「どうぞお入りください」と声がかかってから「失礼します」と言って入室するのがマナーです。

ノックだけで入室するのはNGであり、必ず中から返事があり、それに答えてから入室することを覚えておきましょう。ノックの回数は基本的には3回ですが、世界基準で考えれば4回が正しいとされているため、外資系の場合は4回のノックに変更する必要があります。

扉の閉め方にも注意

扉を閉める際は、大きな音を立てないようにゆっくりと丁寧に閉めることが大切です。大きな音で閉めてしまうと雑な印象を与えてしまい、第一印象が悪くなってしまいます。

また開けっ放しにするのも印象が悪いので注意が必要です。扉を開けっぱなしにすると、だらしない印象、雑な印象を与えてしまいマイナス評価に繋がります。集団面接などで後に続いて入室する場合は開けっ放しでOKですが、個人面接の場合は自分が入ればきちんと閉めるのがマナーです。

扉の開け閉めは細かいポイントですが、その人の本質が出る部分でもあります。普段からの癖が出やすく、素の部分が見える部分ですので、注目して見られいることは意識しておきましょう。

勝手に座らない

入室すれば用意されている椅子まで進み、椅子の横に立って面接官から指示があるのを待ちます。この時勝手に座るのはNGであり、面接官に椅子をすすめられるまでは立っておかなければなりません。

「どうぞお座りください」など声掛けがあれば、「失礼します」と言って座ります。場合によっては先に自己紹介などが求められ、それが終わってから椅子をすすめられることもあるので注意しましょう。

最初に椅子をすすめられるとは限りませんので、条件反射で座ってしまわないように気をつけなければなりません。どの場合であっても、面接官から椅子を勧められてから座ることに変わりはありませんので、「どうぞお座りください」という言葉さえ聞き逃さなければ大丈夫です。

面接でマナー:面接中編

面接がスタートすれば、高評価を獲得するためにしっかりアピールしていかなければなりませんが、この際にもマナーには注意が必要です。受け答えの内容がどれだけ良くても、面接中のマナーが悪ければ評価は下げられてしまいます。面接中は話に夢中になってマナーを忘れてしまうことも多いので、十分に注意して取り組むことが大切です。

面接官の話を聞くことも大切

面接は自分のことをいかに知ってもらえるかが大切であり、積極的にアピールをする必要があります。高評価を獲得するためには、自分のことを伝えるだけではなく、面接官の話を聞くことも重要になります。

自分ばかりが話してしまうと、自分勝手な印象を与えてしまい、マイナスの評価に繋がってしまうので注意が必要です。自分らしさをアピールするのは大切ですが、自分勝手にアピールを進めるのではなく、面接官との会話を意識しましょう。

面接官との会話を意識して取り組むことで、コミュニケーション能力をアピールしやすく、好印象も与えやすいです。面接官の話を聞いているかも評価の対象ですので、自分ばかりが話さないように注意しましょう。

言葉遣いも重要

面接では質問に対しての回答はもちろん、どのような言葉遣いで発言しているかも見られています。発言の内容がよくても、言葉遣いが悪いとマイナスの印象を与えてしまうので注意が必要です。

言葉遣いの中でも、特に敬語は注意深く見られているポイントです。敬語は就活だけではなく、社会人になってからも必要なものですし、社会人としての基礎能力でもあります。正しい敬語が身に付いていなければ、社会人としての基本的な能力に欠けると評価されますので注意しなければなりません。

言葉遣いは一朝一夕で身に付くものではないので、就活期間中は常に正しい言葉遣いを心がけて生活することが大切です。日ごろから正しい言葉遣いを意識して、じっくりと身に付けていきましょう。

演説にならないように注意が必要

面接対策としては、頻出の質問を押さえて、事前に回答内容を考えておくのは大切なことです。しかし用意してきた回答をそのまま原稿を読むようにして伝えるのはNGです。面接官は学生の個性を知りたいと考えているため、用意してきたものをそのまま伝えてきても、自分らしさは伝わりません。

アピール内容は丸暗記するのではなく、要点だけを押さえて伝えるべきことを把握しておくことが大切です。その場でその場で言葉を変え、自然に聞こえるようにアピールすることで、自分らしさを伝えてより好印象を与えることができます。

演説のようになってしまうと、個性が伝わらず、高評価を得ることは難しくなりますので、自分の言葉で話すということを意識しておきましょう。

面接でマナー:退室編

面接官の合図で面接は終了しますが、終了の合図があったからといって、評価まで終わったわけではありません。面接自体は終わっていても、評価は最後まで続いていますし、退室のマナーにも注意が必要です。面接は最後まで油断は禁物ですので、気を抜くことなく退室まで完璧におこないましょう。

あいさつは合計3回

面接官から面接の終了を告げられれば、まずは座ったままその場で「本日はありがとうございました」とお礼の気持ちを伝えます。椅子から立てばもう一度お礼を言い、「失礼します」と声をかけ、荷物を持って出口に向かいます。

この時荷物を持つ前にあいさつをするのがポイントです。荷物を持った状態であいさつをすると、面接官に失礼になりますので、先にあいさつをしてから荷物を持ち、出口に向かいましょう。

出口で振り返って最後にもう一度お礼を言い、「失礼します」と声をかけて退室するのが一連の流れです。退室時のあいさつは合計3回必要なので、何度も丁寧にあいさつしてから退室することを覚えておきましょう。

退室のあいさつは「失礼します」

入室時のあいさつは「失礼します」ですので、退室時は「失礼しました」と言った方がいいのではないかと考える人は多いです。しかし、正しいあいさつは「失礼します」であり、「失礼しました」と伝えると間違いになるので注意しなければなりません。

「失礼しました」だと何か失敗をしてしまい、それを謝罪しているというイメージを与えてしまいます。失敗したイメージを持たれてしまうことも多く、そのイメージがマイナスの評価に繋がる可能性もあるので注意が必要です。

「失礼しました」は退室のあいさつとしては違和感があるので、入室時と同様に「失礼します」といって退室しましょう。細かいことですが、面接を攻略するためには細部までしっかりこだわることが大切です。

面接終了後は速やかに企業を出る

面接が終わったからといって、油断するのはNGです。面接は企業を出るまで続いているため、終了後は速やかに企業を出ることを覚えておきましょう。用事もないのにいつまでも企業の中をふらふらとしていると、中で働いている社員の人に迷惑をかけてしまいます。

迷惑をかければ当然印象は悪くなりますし、面接の評価も下げられてしまうので注意が必要です。面接が終われば用事はありませんので、部外者になることを覚えておきましょう。

また企業の周辺では社員に見られている可能性があるため、最寄り駅についても油断は禁物です。誰がどこで見ているか分からないため、緊張状態を保ったまま素早く帰宅することが大切ですので、面接が終われば速やかに帰宅しましょう。

面接はマナーを守れば高評価を獲得できる

選考の中でも面接は難関であり、なかなか合格できずに悩んでいる人は多いです。面接を攻略するためには、事前にしっかり対策をしておくことが大切であり、面接のマナーを身に付けることも重要な対策です。

面接は受け答えの内容はもちろん、マナーも評価の対象になっています。受け答えとマナー両方ができていてこそ高評価になりますし、どちらか一方が欠けていると評価は下げられてしまいます。

どれだけ完璧な受け答えができていても、正しいマナーが身に付いていなければ、面接を突破することはできません。マナーは社会人として重要なものですし、その人の信用を表すものでもあります。面接はマナーを守れば高評価を獲得できますので、事前にしっかり身に付けて、面接の攻略を目指しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ