面接対策

【一次面接を突破するコツ】二次や最終との違いについても解説

面接は段階に応じた対策が必要

ずばり、面接には対策が必要です。面接は一次面接、二次面接と進むにつれ、難易度は高くなっていきます。そのため、その時々の段階に応じた対策が必要になります。一次面接を通過したときのような心構えで二次面接を受けてしまうと、緊張感や面持ちが周囲より浮いてしまい、場違いな空気を味わいかねません。

段階的に手順を追って面接対策をしていくことにより、一次面接から二次面接、三次面接、そして最終面接が乗り越えられるのです。

一次面接は人事の若年層が対応するケースが多い

null

新卒採用では、企業は膨大な応募者数の中から求める人物像に合う人材を採用します。最初の書類選考で多くの応募者の中から一次面接へ進む合格者が決まります。

書類選考から面接へ進む応募者数を裁くためには、効率よく面接をしていかなくてはなりません。多数の応募者のために、役員や役職のある社員が面接官として対応するのは、非効率ともいえます。また、一次面接にグループ面接が多いのも、このように応募者数が多いからという理由もあります。

人柄やコミュニケーション能力重視

人事部の上層部と比較すると、経験不足ともいえる若手が面接官をするため、厳重に張り詰めた雰囲気で面接を行うというよりは、人柄やコミュニケーション能力を備えているかどうかの確認をする目的で面接を行うことが多いです。

そのため、笑顔ができているか、質問に対する受け答えができているか、といった基本的な人間力を重視している傾向があります。

二次は所属部署の上司・最終は役員

それでは、無事に一次面接を突破した次に行われる二次面接や最終面接では、誰が面接官を担当するのでしょうか。一般的には、二次面接は志望している職種の部署の上司が担当します。そして、最終面接は役員が担当します。

まず、二次面接は現場で働く社員の目線で面接をすることで、仕事への適性を判断します。現場の適性があると認められなければ、せっかく入社をしても業務との相性が悪く、離職につながってしまいます。入社後のミスマッチを事前に防ぐためにも、現場目線の視点は必要なのです。

最終面接は役員が面接官になるケースが多いです。役員は会社の中でも位が高い人物です。事業の方針決定は、事業内容をよく知る役員の承認がないまま進めることはできません。また、役員は会社についてを熟知しているからこそ、会社とマッチングする人材かどうかが見られます。いわゆる最後の砦であり、本当に企業に必要な人材を目利きして採用するためにも、最終面接で役員が面接官を担当するケースは多いです。

事業への関心度やキャリアビジョンを求められる

二次面接や最終面接では、事業への関心度やキャリアビジョンを聞かれることが多いです。一次面接を合格していると、基本的なコミュニケーション能力や社会人になる自覚、マナーを守った振る舞いができる人物だということで、二次面接以降ではより具体的な入社後の目標や将来像が聞かれます。

事業に関心がなければ、事業を通じて達成したい自己実現やキャリアビジョンを話すことはできません。面接官が学生から何を聞き出したいのか、そして何を重視しているのかを考え、段階的な面接対策が重要なのです。

あなたの面接力は何点?

今の時点で、あなたの面接力はどのくらいでしょうか?それを知るために活用したいのが「面接力診断」です。自己分析や業界・企業理解、マナーがどの程度身についているのかを試してみることがおすすめです。結果を参考にすることで、時間のない就活生も効率的に対策を進められます。無料でダウンロードできるので、力試しとしてもおすすめです。

一次面接突破のコツ

 

それでは次の項目から、一次面接を突破するコツを4つご紹介します。一次面接は書類選考を経て、やっと企業の面接官と会える機会となります。一方、一次面接は企業の雰囲気や面接の空気感がわからず、非常に緊張しやすい環境でもあります。

程よい緊張は気分が引き締まるのですが、過度な緊張は失敗を引き寄せてしまうものです。面接対策に自信がない人は、これからご紹介する4つのポイントを押さえ、様々な企業の一次面接を乗り越えられるようにしましょう。

①身だしなみを清潔にする

髪がぼさぼさだったり、寝癖がついていたり、口元に歯磨き粉がついていたり、ついつい身だしなみを整え忘れてしまったことはありませんか。髪型や顔は、第一印象を決める重要な要素です。身だしなみは乱さないよう清潔に保ち、好印象な人物になれるよう心掛け、朝の身支度は時間に余裕をもってするようにしましょう。

他にも、メイクが崩れていると目元がくまのようになってしまい、元気のない表情になってしまいます。また、逆にメイクが濃すぎると過度なお洒落をしている人だと思われ、TPOを守れない人だと印象付けしてしまいます。同様に、スーツがよれて、しわくちゃになっている人もTPOを守れず清潔感がない人だと思われてしまいます。毎日の身支度がきちんとできないイメージを与えてしまいますので注意しましょう。

②ESや履歴書と相違のない内容を伝える

面接官は、学生が事前に提出したESや履歴書を見ながら面接をします。そして、興味を持った点について質問をしてきます。そこから派生する質問や会話もあるので、記載した内容と相違した内容を答えないように気を付けましょう。もしも、ESや履歴書に記載した内容と違うことを回答した場合、「この人は履歴書に書いている内容と矛盾を言っている」と疑われ、良い印象にはなりません。

疑念を防ぐためにも、ESや履歴書は企業に提出する前にコピーを取るようにし、面接前に見直して、自分が何を書いたのかを確認するとよいでしょう。

③ハキハキと元気な受け答えをする

面接では、ハキハキと元気な受け答えをするようにしてください。声が小さいと聞き取りにくいですし、口調がはっきりしないと自信がないように見えてしまいます。

緊張で口の開きが小さくなってしまうことは誰にでも起こりうることですが、せめて声のボリュームは聞こえやすい音量にするようにしましょう。お腹から声を出して、聞き取りやすいハキハキとした口調で話すことをおすすめします。そして、緊張で顔が固まっていたとしても、笑顔と元気な受け答えを心掛け、明るい印象を与えるようにしましょう。

④企業の基本は押さえておく

企業の基本的な情報は必ず押さえておきましょう。ナビサイトに掲載されている求人情報や公式HPなどには、企業の基本的な会社概要や事業内容、求める人物像などについて書かれています。どのような事業を展開していているか、事業の規模はどれくらいか、業界での立ち位置や競合企業、求める人物像などの情報は、選考を受ける上では必須の情報です。

一次面接でも企業情報と絡めた質問はされますし、企業につてよく知らないまま質問に回答していくと、中身が薄い回答になっていき説得力に欠ける内容となってしまいます。「基礎も知らないのか」「会社への興味が薄そうだ」と思われやすいので気を付けましょう。一次面接だからと気を抜かず、選考を受ける企業の基本情報は必ず押さえておきましょう。

⑤逆質問を考えておく

面接の最後では、面接官から逆質問を求められる場合があります。面接官から「私からの質問は以上です。何か質問や気になる点はありませんか」というように言われます。このように、学生から面接官に質問することを逆質問といいます。

逆質問では、企業研究や業界研究をした上で、興味を持った内容や気になった点を聞くとよいでしょう。視点の鋭い質問や、企業研究をしてもわからなかったことについて質問をすると好印象です。

また、逆質問では必ず質問をするようにしてください。そして、当たり前の内容や調べたら分かる内容は聞かないようにしてください。

「何もありません」よりやる気が感じられる

「何か質問はありませんか?」と聞かれているのに「何もありません」と答えてしまっては、やる気のない人だと思われかねません。企業に関心があるからこそ逆質問ができるのです。どうしても逆質問が思いつかなかったり、せっかく質問を準備してきたのにうっかりド忘れてしまったりした場合は、面接中に面接官と会話をした内容からヒントをもらってもよいでしょう。

一次面接を突破するにはコミュニケーションを大事にする

null
今回は、面接を段階的に対策するべき理由や、一次面接を突破するコツについて解説しました。内定を得るためには、面接を一つ一つクリアしていく力が必要です。もちろん、選考が進むにつれ質問内容はレベルの高いものになっていきますし、ライバルも精鋭揃いとなっていきます。段階的に面接対策をしていき、確実に一歩ずつ合格の道を歩んでいきましょう。

面接は人と人が対面して行うので、企業によって毎回違った質問が飛び交うものです。ですから、基本的な傾向を抑え、少しでも企業が求めている人物像になれるようにしてください。選考を突破していくためには、企業が何を求めているかを考えることが肝となります。まずは最初の関門である一次面接の突破を目標に、面接練習に励みましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ