説明会

【会社説明会への参加は就活の第一歩】参加して業界・企業研究に役立てよう

会社説明会に参加して業界・企業への理解を深めよう

会社説明会は企業についての理解を深めることはもちろん、業界への理解を深めるためにも重要なものです。会社説明会に参加することで得られる情報はたくさんありますし、就活に活かせることも多いです。

会社説明会は必須ではありませんが、参加していればよりスムーズに就活が進められますので、積極的に参加することが大切です。業界・企業への理解を深めることは就活の攻略に必須ですし、より自分に合った企業を見つけるためにもしっかりと理解を深めておかなければなりません。

業界や企業への理解が深ければ、選考で有利になるのはもちろん、より納得した形で就活を終えることができます。就活を成功させるためにも、会社説明会についての理解を深めておきましょう。

会社説明会の種類

会社説明会への理解を深めるためには、まずは説明会の種類について知っておきましょう。会社説明会にはさまざまな種類があり、種類の違いによって特徴や得られる情報、参加するメリットが違っています。

それぞれの特徴を理解した上で参加することが大切であり、どれに参加するかを決めておくことでより効率的に就活を進めることができます。説明会は大きく3種類に分けられますので、それぞれの違いを正しく把握していきましょう。

1社のみの単独説明会

単独説明会は、企業1社が開催している会社説明会です。会社説明会としては単独説明会が最も基本的な形式であり、その企業だけの説明会になるため、1つの企業について深くまで知ることができます。

会場も企業の会議室を利用することが多く、場合によってはそのまま会社見学をおこなうこともあります。志望する企業や興味のある企業が見つかっている場合は、単独説明会への参加がおすすめです。

ピンポイントで説明会に参加することで、企業についての理解を深めやすいですし、得た情報を選考でも活かしやすくなります。また単独説明会の場合は参加人数もそれほど多くないことがほとんどですので、自分の顔と名前を採用担当者に覚えてもらいやすいです。

複数社が同時におこなう合同説明会

複数社が特設の会場に集まって同時に説明会をおこなうのが合同説明会です。合同説明会では一度にさまざまな企業が見れるのが特徴であり、1日で何社もの説明会を受けることができます。さまざまな企業がみれますし、有名企業が一堂に会する場合もあります。

しかし人気の企業などはすぐにブースがいっぱいになってしまい、入場制限がかかるので注意が必要です。あらかじめ説明会を受ける企業をリストアップしておき、いかに効率よく回れるかがポイントになるので、参加企業の一覧を見て目星をつけておかなければなりません。

少しでも興味のある企業を知るのに適していますので、志望業界や企業が固まっておらず、就職先選びに悩んでいる人におすすめです。

大学でおこなう学内説明会

単独と合同説明会の他には、大学に企業を招いておこなう学内説明会があります。大学によって参加する企業は違い、大学と関係性の深い企業が説明会をおこなうことが多いことが特徴です。

基本的には単独説明会と同じであり、1つの企業についてじっくりと話を聞くことができます。また1日で複数の企業を見れるため、業界・企業研究も進めやすいです。学内説明会は就活初期におこなわれることが多いため、学校のスケジュールを確認しておくことが大切です。

効率的に回れば学内だけで業界・企業研究を一気に進められることもありますし、事前に参加企業をチェックして有効活用しましょう。大学との関係が深ければ選考で有利になる場合もあるので、それもチェックしておくことが大切です。

会社説明会に参加する目的

会社説明会に参加することで、就活を有利に進めやすくなりますが、説明会への参加は原則必須ではありません。会社説明会に参加していないからといって、就活が進められないわけではありませんし、極端に言えば1社の説明にも参加せずに内定を獲得できる場合もあります。

会社説明会への参加は必須ではないものの、参加する目的はありますので、それを知っておきましょう。目的を把握し、なぜ参加しなければならないのかを理解することが大切です。

業界・企業への理解を深めるため

会社説明会へ参加する目的は、業界・企業への理解を深めるためです。就活を攻略するためには、業界や企業への理解は必要不可欠であり、企業のホームペーを確認するだけでは分からないこともたくさんあります。

会社説明会に参加することで、ネットでは知れない情報はもちろん、企業の雰囲気なども感じ取ることができますし、業界や企業への理解が深まります。就活は情報戦でもありますし、少しでも有益な情報を集めることが大切です。

特に企業の雰囲気は会社説明会に参加しなければ分かりませんし、雰囲気を感じ取って自分に合うかどうかを判断しておく必要があります。就職前に理想と現実のギャップを埋めることが大切ですので、本当に自分に合うかを確認するためにも会社説明会への参加は大切です。

採用担当者の印象に残る

採用担当者の印象に残ることも、会社説明会に参加する目的の一つです。会社説明会では最後に質問タイムが用意されており、そこで積極的に質問をすることが大切です。質問をすることで採用担当者の印象の残りやすく、質問内容が良ければ好印象を与えることができます。

好印象が与えられるかどうかは質問内容によっても違いますが、会社説明会の段階で好印象を与えておけば、選考でも有利になりやすいです。説明会での印象は採用担当者も意外に覚えているものですし、些細なことでもプラスの要素を作っておくことが大切です。

就活は何か一つの評価で合否が決まるわけではありません。細かい評価の積み重ねで合否が決まりますので、会社説明会から好印象を与えることが合格に近づくポイントです。

エントリーシートが配布されることもある

会社説明会は基本的には参加は自由であり、必須ではありませんが、企業によっては説明会への参加を応募の条件としていることがあります。会社説明会に参加した人に限定してエントリーシートを配る企業もあるので、志望度の高い企業の説明会には必ず参加しておかなければなりません。

エントリーシートが配布されている場合は、それがなければ選考に参加することもできませんし、チャンスを獲得するためには会社説明会への参加が必須です。説明会ではエントリーシートがもらえるだけではなく、今後の選考のスケジュールなども細かく教えてもらえることが多く、参加しておけば選考を有利に進めやすいです。

会社説明会を選考段階の一つにしている企業もありますので、少しでも気になる企業は積極的に参加しておきましょう。

会社説明会と一次選考が同時におこなわれる

基本的には会社説明会は説明会単独でおこなわれますが、企業によっては説明会後、そのまま選考がおこなわれることもあります。面接や筆記試験など企業によって内容はさまざまですので、説明会だからと油断せずに、事前に準備をしておくことが大切です。

会社説明会と選考が同時におこなわれるケースでは、事前に通知がされていないこともあります。当日急に選考がおこなわれることもありますし、会社説明会に参加する時点である程度は企業への理解を深め、準備をしておかなければなりません。

同日に選考がおこなわれる場合は、説明会中の様子も評価の対象になっていることが多いです。話を聞いている態度が悪いと、マイナス評価に直結しますので注意しましょう。

会社説明会の基本的なマナー

就活にはさまざまなマナーがあり、それが正しく身に付いているかも評価されています。会社説明会でもマナーがあり、これも評価の対象になっているので注意しなければなりません。

基本的なマナーができていないと、不真面目、不誠実などの印象を与えてしまいますし、就活へのやる気が低いと評価されてしまいます。会社説明会での印象は選考に影響することが多く、マイナスの印象を与えてしまうと選考でも不利です。基本的なマナーを押さえて、マイナスの印象を与えないようにしましょう。

参加時の服装は企業からの指定を確認

会社説明会は就活の一環ですので、基本的にはスーツで参加しなければなりません。企業からスーツの指定がある場合はもちろん、指定がない場合もスーツでの参加が原則です。まや企業によってはスーツ以外の服装を指定することもあります。

しかし私服OKや服装自由などの指定があった場合でも、カジュアルすぎる服装、ラフな服装はNGです。あくまで就活ということを忘れずに、オフィスカジュアルを心がけることが大切です。

私服OKや服装自由の場合は、企業はあえてスーツと指定しないことでTPOに合った服装ができているかを評価している可能性もあります。迷った場合はスーツを着ていれば無難ですので、参加時の服装は企業からの指定を確認して決めましょう。

事前に企業について調べておく

会社説明会は企業研究の一環として参加するものですが、事前に企業について調べておくことが大切です。参加前に企業研究をおこない、ある程度知識を身に付けておくことで、より説明会の内容を理解できます。

企業について知識が全くないまま参加してしまうと、有益な情報を理解できずに終わってしまうこともありますし、最低限のことは知っておかなければなりません。情報はただ持っていればいいわけではなく、それをいかに有効活用できるかが大切です。

せっかく素晴らしい情報を持っていても、それが理解できず役立てられなければ意味はありません。会社説明会の価値を高めるためには、企業の知識が必要ですので、参加前にある程度のことは調べて知っておきましょう。

会社説明会を有効に利用するためには

就活を有利に進めるためには会社説明会に積極的に参加することが大切ですが、説明会はただ参加していればいいわけではありません。就活をより有利に進めるためには、会社説明会を有効利用する方法を考えておく必要があります。

会社説明会は参加の姿勢を工夫するだけで、価値が格段に上がりますし、より有意義な時間になります。会社説明会を有効活用するにはどうすればいいのか、その方法を知っておきましょう。

細かい点までメモをする

会社説明会で得られる情報は貴重なものばかりであり、説明会でしか得られない情報もたくさんあります。会社説明会での情報は業界・企業研究はもちろん、選考の対策にも役立つことが多いため、些細な情報でもしっかりとメモをしておくことが大切です。

些細な情報でもメモをしておけば、どこかで役に立つ可能性がありますし、業界や企業についての理解もさらに深まります。また熱心に聞いている様子をアピールすれば、採用担当者からも好印象を得られます。

話を聞いている姿勢は見られていますし、態度が悪くならないように注意が必要です。どんな情報が後々役に立つのか分かりませんので、得られる情報はしっかりメモをしておき、一つでの多くの情報を持ち帰りましょう。

積極的に質問をする

会社説明会を有効活用するためには、質問タイムで積極的に質問をすることが大切です。質問をすることで採用担当者の印象に残りやすいですし、積極的な姿勢を見せることで企業への志望度の高さをアピールできます。

質問内容は何でもいいわけではなく、好印象を与えるには的を得た質問であることが大切です。ネットで調べればすぐに分かる質問や福利厚生や給料、休みなどについての質問はNGです。

これらの質問をしてしまうと、企業への関心が薄く、志望度も低いと評価されマイナスの印象を与えてしまいます。好印象を与えるためには、企業研究をしっかりおこなった上でそれでも分からなかったこと、説明会中で疑問に思ったことなどを聞くようにしましょう。

複数の業界の説明会に参加することも大切

興味のある企業の説明会に参加することは大切ですが、同じ業界の説明会ばかりに参加していても、得られるものは少ないです。会社説明会では企業についての説明はもちろん、業界についての説明もされるますので、同じ業界で固まって受けていると得られる情報の幅が狭くなります。

情報が重複してしまうと参加する意味が薄くなるので注意しなければなりません。複数の業界にまたがって説明会に参加することで、幅広く業界への理解を深めることができ、視野も広がりやすいです。

知らない業界に目を向けることで考えが変わることもありますし、場合によっては強く興味を惹かれる可能性もあります。得られる情報の幅を広げるためにも、視野を広げてさまざまな業界の会社説明会に参加しましょう。

会社説明会に遅刻した場合

会社説明会に限らず、就活では遅刻は絶対にNGです。時間を守れないことは社会人としてだけではなく、人間としてダメなことですし、大きくマイナスの印象を与えてしまいます。

遅刻しないように時間に余裕を持って行動することが大切ですが、時にはトラブルに見舞われて遅刻してしまうこともあります。会社説明会でも遅刻すると印象は悪いですが、リカバリーする方法はありますので、遅刻した場合の上手な対処方法を知っておきましょう。

遅刻が決まった時点で連絡

会社説明会に遅刻しそうな場合は、遅刻すると分かった時点で企業に連絡することが大切です。予定していた時間を過ぎてから連絡するのではなく、なるべく早めに連絡するのがマナーです。

同じ遅刻する場合でも、開始前に連絡するのと開始後に連絡するのは印象が大きく違いますので、必ず会社説明会開始前には連絡を入れておきましょう。当日の連絡の場合は、メールではなく電話でおこなうことがマナーです。

メールでは送っても気づいてもらえない可能性が高いため、当日の連絡は確実に伝えるためにも必ず電話でしなければなりません。ぎりぎり間に合うかどうか分からない場合でも、念のため連絡することが大切ですので、遅刻の可能性が少しでもあれば素早く連絡しましょう。

無断欠席は絶対NG

遅刻しそうだからといって、無断欠席は絶対にNGです。無断欠席は企業からの信頼を大きく損なうだけではなく、企業に迷惑をかけてしまうので絶対に避けなければなりません。

無断欠席をしてしまうと、印象は最悪になりますし、選考でも不利になる可能性が高いです。場合によっては企業のブラックリストに載ってしまい、書類選考の時点で落とされてしまう可能性もあります。

無断欠席は人としてやってはいけないことですので、どれだけぎりぎりになったとしても、必ず連絡することを心がけましょう。連絡を入れるか入れないかで、評価は大きく変わります。一本の連絡によって選考のチャンスを繋げるかどうかを決めますので、遅刻でも欠席でも連絡は必須です。

会社説明会後はお礼メールを送るのがおすすめ

選考を有利に進めるためには、会社説明会後にお礼メールを送るのがおすすめです。説明会後にお礼メールを送ることで、採用担当者の記憶に残りやすくなります。記憶に残ることで、選考でも有利になる可能性が高いため、可能な限り送っておきましょう。

お礼メールでは必須ではありませんし、送ったからといって必ずしもプラスの評価に繋がるとは限りません。それでも送らないよりは印象はいいですし、場合によっては好印象を与えられる可能性もあります。

もちろんすべての企業の説明会後にお礼メールを送るのは大変ですので、志望度の高い企業に絞って問題はありません。合格率を少しでも上げるために、できることは何でもやっておくことが大切です。

会社説明会が選考に臨む第一歩

会社説明会は業界・企業研究としての側面が強いですが、実は選考の第一歩でもあります。企業によっては会社説明会への参加が選考への応募条件になっていることもありますし、志望度の高い企業は必ず参加しておかなければなりません。

また参加が応募条件でない場合でも、得られることはたくさんありますし、参加することで選考を有利に進めることができます。就活を攻略するためには、業界・企業への理解を深めることが大切であり、よりリアルな情報を得るためには会社説明会への参加は必須です。

会社説明会では他では得られない情報がさまざま身に付きますし、それを活かせば選考も有利に進められます。会社説明会を有効に利用して、選考の攻略を目指しましょう。

監修者プロフィール

nkou1213のプロフィール画像
吉川 智也 (よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ