面接対策

【グループディスカッションの流れ】評価される能力や具体的な内容をご紹介

グループディスカッションは流れを把握することが大切

グループディスカッションを攻略するためには、全体の流れを把握することが大切です。どのような順番で進められるのか、またどのように進めればいいのかを知っていれば、高評価を獲得しやすくなります。

グループディスカッションに苦手意識を持つ人は多いですが、苦手だと感じる理由の多くは流れを正しく把握できていないからです。全体の流れさえ知っていれば、本番でもスムーズに取り組むことができますし、上手に攻略できます。

流れを知ることは、グループディスカッションを攻略するためには必須のことであり、必ず事前に確認しておかなければなりません。全体の流れ、細部の流れまできちんと理解して、グループディスカッションの攻略を目指しましょう。

グループディスカッションとは

グループディスカッションは簡単に言えば企業から出されるテーマを、あらかじめ分けられたグループで議論するものです。議論をする中で結論を導き出し、最終的には発表となることが多いです。

単に議論をするだけではなく、チームで一つの結論を導き出すことが大切であり、協力する姿勢などが見られています。一人で考え、結論を出せばいいわけではありませんので、グループでおこなう意味をきちんと理解して、しっかり協力しなければなりません。

また結論を導き出すことが目的として設定されていますので、グループで一つの答えを出すことが大切です。評価されているのは結論だけではありませんが、何らかの答えが出ることが最低条件ですので、きちんと結論にたどり着かなければなりません。

自分にぴったりの役割を診断しよう

グループディスカッションは、役割決めで自分の力を発揮できるかどうかが左右されます。グループディスカッションの進め方や役割を把握するためにおすすめなのが「グループディスカッション完全対策」です。

こちらの資料では、YES・NO診断で自分にぴったりの役割が診断できます。「アイディアマン」「司会」「書記」「タイムキーパー」の内、あなたはどのタイプでしょうか?無料でダウンロードできるので、ぜひ試してみましょう。

グループディスカッションで評価されるもの

グループディスカッションを攻略するには、評価されているポイントを知ることが大切です。就活ではさまざまな点が評価され合否が決定しますが、選考の内容によって見られているポイントは違っています。

同じ選考でも面接とグループディスカッションでは評価のポイントが違いますので、高評価を獲得するにはグループディスカッションに合わせたアピールが大切です。何が評価されているのか、どんなことをアピールすれば高評価になるのかを知っておきましょう。

論理的思考力

グループディスカッションで議論をどのように進められるかが見られており、論理的思考力が判断されています。論理的思考力はどの仕事でも重要視されているものであり、これがなければ仕事を上手に進めることはできません。

仕事では言葉による説明を求められることも多いですし、自分が考えていることを分かりやすく相手に伝えられるのは大切なことです。社会人では報連相の徹底が重要視されていますが、論理的な思考力がなければ報連相も上手にできません。

論理的思考力は社会人としての基礎能力とも言えますので、きちんと身に付いていることを証明しましょう。突拍子もない発言ばかりではなく、物事の本質を見た上で正しく発言できているかが見られていますので、注意深く発言しなければなりません。

協調性

協調性もグループディスカッションで評価されているポイントの一つです。グループ内できちんと協力できているかどうかが見られていますので、発言には注意しなければなりません。

協調性をアピールするためには、自分勝手に発言するばかりではなく、周囲の人を尊重した上で発言をすることが大切です。いかに良い発言をしても、他人のことが考えられていなければ印象は悪くなるので注意しましょう。

グループディスカッションでは自分らしさや個性をアピールすることも大切ですが、それだけではなく周囲の人と協力できることをアピールすることも大切です。自分勝手な印象を与えると評価もマイナスになりますので、グループでおこなう意味を理解して、協力する姿勢を見せることが評価されるコツです。

コミュニケーション能力

グループディスカッションでは、グループ内での発言や振る舞いなどから、コミュニケーション能力が評価されています。コミュニケーション能力はどの業界・企業でも重要な能力であり、これがないと思われてしまうと、マイナスの評価になってしまうので注意しましょう。

社会人としての基本的な能力ですので、身に付いていないと印象は悪くなります。コミュニケーション能力をアピールするためには、周囲との良好な関係を作りながら発言し、議論を進めていくことが大切です。

自分勝手に発言するのはもちろんNGですし、周囲の人の意見に流されるだけでもいけません。自分の意見を主張しながらも、周囲の人の意見をくみ取り、全体のバランスを取りながらお互いの距離を縮めて議論を進めることが大切です。

グループディスカッションの基本的な流れ

グループディスカッションの内容は企業によって異なりますが、基本的な流れについてはおおよそ共通しています。基本の流れさえ押さえていれば、どの業界、企業の選考でも対応できますし、全体的な流れを理解しておくことが大切です。

流れを知っておけば次に何をすべきかが分かりますし、やるべきことを予測しながら選考に取り組めますので余裕を持ちやすくなります。基本の流れをしっかり理解して、余裕を持ってグループディスカッションに取り組みましょう。

テーマの発表・グループ分け

グループディスカッションはテーマの発表やグループ分けから行われます。テーマは企業によってさまざまであり、場合によってはユニークなテーマが発表されることもあります。

基本的には企業が指定したテーマについて話し合うため、自分たちでテーマを決めることはできません。企業から指定されたテーマで議論を進めていきますので、テーマが発表された瞬間からどのように議論を進めるのか、頭の中で組み立てていくことが大切です。

またグループ分けについても、基本的には企業が指定しますので、自分でメンバーを決めることはできません。誰とグループになるかは発表される瞬間まで分かりませんし、基本的には話したことがない人と議論を進めていくと考えておきましょう。

アイスブレイク・役割決め

グループディスカッションがスタートすれば、まずは自己紹介などをしてアイスブレイクをおこないます。企業によってはアイスブレイクまで含めて最初の準備時間としていることもあります。

そのためアイスブレイクが終わってからがスタートとなり、制限時間もそこから始まっていることも多いです。もちろんアイスブレイクの時間も制限時間内に設定されていることもありますので、その場合は素早く自己紹介などをおこない、議論に入らなければなりません。

またお互いの距離を縮めてから、それぞれどの役割を担うのかを決めていきます。グループディスカッションにおいては役割は重要なものであり、議論を始めるまでに決めておかなければなりません。

議論

アイスブレイクをおこなえば、いよいよ本格的に議論がスタートします。テーマに対して意見を言い合い、グループ内でひとつの結論を導き出すことが目的です。議論のやり方についてはグループごとに任されているため、チームでいかに協力して話し合えるかが重要です。

議論のやり方は自由ではあるものの、結論に至るまでの過程も評価の対象ですので、話し合いの最中も評価されていることを意識しておかなければなりません。制限時間内に議論を終わらせて結論を出すことが大切であり、時間をオーバーしてしまうと印象は悪くなるので注意しましょう。

過程が良くても結論が出ないと印象は悪いですし、場合によっては全く評価してもらえないこともあります。結論を出すのは、最低限の条件だと覚えておきましょう。

発表

制限時間を迎えれば議論は終了となり、そこから発表となります。発表の形式は企業によって違うため、事前に企業からの指定を確認しておくことが大切です。発表者は役割を決める際に一緒に決めている場合もあれば、議論を進める中で決めることもあります。

またチームを代表して一人が発表する場合もあれば、チーム全員で発表することもありますので、全員が発表するつもりで議論に臨むことが大切です。全員で発表する場合は、きちんとコミュニケーションが取れているかが見られていますし、ひとりで発表する場合は全体の議論を踏まえて発表できるかが見られています。

どちらの場合でも全体の議論を踏まえ、グループ内で共通認識が持てているかが見られていますので、自分勝手なアピールをしないようにしましょう。

グループディスカッションの流れは細部まで把握しておく

グループディスカッションをスムーズに進めるためには、大まかな基本の流れを知っておくことが大切ですが、合格率を上げるためにはさらに細部まで知ることが大切です。大まかな流れの中で、どんなことをすべきなのかを細かく知っていれば議論も進めやすいですし、より高評価を獲得しやすくなります。

全体の流れを知るのはあくまで基本です。合格率を上げるためには応用的なことまで理解する必要がありますので、細部の流れもチェックしておきましょう。

スタートしてすぐに時間配分を決める

グループディスカッションは時間制限があるため、最初に時間配分を決めておくことが大切です。制限時間内に結論を導き出せなければ印象は悪いですし、どのような配分で時間を使うのかを決め、時間内に確実に結論が出せるようにしておきます。

闇雲に議論を進めようとしても上手くいかないことが多いため、最初に議論の流れを整理しておくことが大切です。時間配分を決めてから議論をスタートさせますが、これに時間をかけすぎないことも重要です。

時間配分を決めるのは大切なことですが、これに時間をかけすぎてしまうと議論をする時間が少なくなります。最初に設定した通りの時間配分で進められるとは限りませんので、大まかに設定して議論を進めながら少しずつ修正することが大切です。

アイデア出しの時間を作る

結論を導き出すためには議論を進め、突き詰めることが大切ですが、議論を進めるためには何らかのアイデアが必要です。上手に議論を進めるためには、とにかくアイデアを出す時間を作り、グループ内の意見を集約することがポイントです。

アイデア出しの時間では思いついたことをどんどん出すことが大切ですので、内容の質などは問いません。どんな意見でも議論を進めるヒントになる可能性はあるので、思い浮かんだことはすべて主張することが大切です。

アイデア出しの段階で遠慮をする必要はなく、さまざまな視点から物事を考え、意見を出すことを心がけましょう。アイデアは議論を進めるための軸になるものですし、これを出さないことには議論を進めることはできません。

情報を精査していく

アイデア出しが終われば出た情報をまとめて精査し、どの方向性で議論を進めていくかを決めていきます。議論の方向性を決めることで、よりスムーズに話し合いを進めることができます。

アイデア出しの時間ではどんな意見でも主張することが大切ですが、それ以降は意見は広げすぎず、定めた指標に従ってコンパクトにまとめていくことが大切です。議論が行き詰った場合は方向転換を図るために新たなアイデアを出してもいいですが、そうでないなら話は広げすぎないようにしましょう。

新しいアイデアばかりが出てしまうと、議論が一向に進まず、結論を導き出すことができません。グループディスカッションでは結論を出すことが大切ですし、回り道をしないためにもアイデア出し以降はコンパクトな議論を心がけることが大切です。

発表の練習は必ずおこなう

グループディスカッションは最後に発表をすることが多いですが、この練習は絶対にしておくことが大切です。一度でも練習するのと全くしないのでは、発表の出来が全く違ってきます。

議論の過程や結論そのものも見られていますが、発表内容も評価の対象として見られているため、少しでもクオリティを上げるためにも練習は必須です。結論と発表内容は別物として見られていますので、いかに結論が良くても発表が上手くいかなければマイナスの印象を与えてしまいます。

また議論が早く終わった場合でも、残り時間いっぱいまで議論に取り組み、発表に向けての準備をする姿勢を見せることが大切です。結論が出たからといってそこでストップしてしまうと、取り組みの姿勢が悪いと評価されますので注意しましょう。

グループディスカッションの流れを押さえておこう

グループディスカッションは苦手意識を持つ人も多いですが、全体の流れさえ知っていればそれほど難しいものではありません。流れを知らなければ次に何をすべきなのかが分かりませんし、探り探りで進めなければならないので、難しく感じてしまいます。

議論をスムーズに進め、高評価を獲得するためには、全体の流れの把握は必須です。またさらに合格率を高めるためには、細部の流れまで意識してチェックしておく必要があります。

大まかな流れを知るだけではなく、さらに細かい流れまで理解していればグループディスカッションはぐっと攻略しやすくなります。流れを知っているかどうかは合否に大きく影響しますので、流れは事前に把握しておき、スムーズに取り組んでグループディスカッションの攻略を目指しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ