就活その他

就活解禁の時期はいつ?解禁前に取り組みたい準備も紹介

就活解禁までにやるべきことはたくさんある

就活解禁までにやるべきことはたくさんあり、いかに事前準備を徹底できるかが就活の成功に大きく影響します。日本の就活は新卒一括採用ですので、就活の解禁日が決まっていますし、解禁日を迎えると同時に一斉にスタートします。

就活解禁に向けてしっかり準備ができていないと、解禁と同時に遅れを取ってしまいますし、失敗する可能性も高くなるので注意が必要です。最初で出遅れてしまうと挽回するのは大変ですし、出遅れないように準備をしておかなければなりません。

事前準備としてやっておくべきことはたくさんありますので、早めから準備を始めておくことが大切です。就活解禁までにやるべきことを理解し、事前準備を徹底して就活の成功を勝ち取りましょう。

2020年卒の就活解禁スケジュール

解禁日に間に合うように準備を進めるためには、まずは就活解禁はいつからなのかを知っておかなければなりません。新卒の就活では解禁日が決まっていますし、それに向けて準備を進めておくことが大切です。

就活のスケジュールを把握していれば、いつから準備をすべきか、またどのように進めていけばいいのかが分かりますし、より有利に就活に取り組むことができます。就活解禁日を把握して、どのようなスケジュールで就活に取り組むかを考えていきましょう。

3月:情報解禁

就活のナビサイトがオープンし、就活情報が解禁になるのは3月からです。3月の解禁とともに一斉に就活がスタートするため、乗り遅れないようにしっかりと備えておかなければなりません。

情報解禁によって説明会などにも参加できますし、気になる企業は事前にリストアップしておき、情報を逃さないように素早くチェックすることが大切です。説明会に参加することで業界や企業への理解を深めることができますが、説明会に参加する企業を絞り込むためにも事前に情報を集めておかなければなりません。

絞り込みができていないと、説明会に参加するだけでもかなりの時間を費やすことになってしまいます。就活を効率的に進めるためにも、情報解禁までには志望先をある程度絞り込んでおきましょう。

6月:選考解禁

情報の解禁は3月ですが、選考の解禁となるのは6月からです。選考の解禁時期については、経団連の指針によって決められています。そのため6月スタートが適用されるのは経団連に加盟している企業のみであり、加盟していない企業は6月以前から選考をスタートさせているので注意が必要です。

企業によっては情報解禁と同時に選考をスタートさせることもありますので、選考の情報は逃さないようにしっかりチェックしておかなければなりません。また経団連加盟企業でも、6月以前に書類選考などはおこないます。

6月からの解禁は面接の解禁になるので、実質の選考スタートは5月の中旬から下旬あたりになることが多いです。6月まで待っていると選考のチャンスを逃す可能性が高いので注意しましょう。

あなたの就活力は何点?

就職に成功するためには、まず自分の就活力を知っておく必要があります。就活力とは、就活で必要な準備や企業側が重視しているポイントに対して、どれだけ備えているかをはかる指標です。ぜひ、「就活力診断」で今の自分の就活力を診断してみましょう。無料でダウンロードできるので、今の実力を踏まえた上で必要な対策をしてみてはいかがでしょうか。

就活解禁までにしておくこと

就活をスムーズに進めるためには、就活解禁までにしっかりと準備をしておくことが大切です。就活解禁までにしておくべきことはたくさんありますし、早めから準備をしておかなければ解禁日に間に合わない可能性もあるので注意しましょう。

事前準備をしっかり終わらせておけば、解禁日を迎えても出遅れることはありません。就活をスムーズに進めて成功を勝ち取るためにも、解禁までにやるべきことをしっかり把握しておきましょう。

自己分析

自己分析は就活を進める上で欠かせないことであり、自己分析ができていなければ就活をスムーズに進めることはできません。自分自身のことをきちんと理解し、自分のやりたい仕事、合っている仕事は何か、仕事に求めることは何かを洗い出しておくことが大切です。

やりたい仕事と合っている仕事は、必ずしも一致しているとは限らないので注意が必要です。自分のやりたい仕事を目指して憧れの職業に就くのはいいことですが、就職しても続けられなければ意味はありません。

やりたい仕事をすることも大切ですが、自分に合っている仕事に就いて、長く続けることも大切です。自分自身を理解した上で就活の軸を設定し、それに従って就活を進めていくことが就活攻略のポイントです。

志望業界の絞り込み

就活解禁までにある程度志望する業界は絞り込んでおくことが大切です。情報解禁になってから業界・企業研究は進めていくものの、何の予備知識もない状態で解禁を迎えてしまうと出遅れてしまうことは多いので注意しましょう。

本格的な業界・企業研究は情報解禁後になるものの、それまでにある程度は理解を深めておくことが大切です。志望する業界は3~4つ程度に絞り込んでおき、説明会などにも効率よく参加することが就活をスムーズに進めるポイントです。

志望業界があまりにも多すぎると、説明会に参加するだけも大変になるので注意しなければなりません。就活解禁までに選択肢を減らしすぎる必要はありませんが、多すぎるのもよくありませんので、適切な数に絞り込んでおきましょう。

履歴書の作成

就活解禁後すぐに書類選考を開始する企業は多く、履歴書の提出期限も短い企業が多いため、解禁までに履歴書は作成しておくことが大切です。履歴書は志望する企業に合わせて内容を変える必要がありますが、複数パターン作っておけば使い回すことは可能です。

特に自己PRは複数パターンあればほとんどの業界、企業に対応できますので、何個か作っておき使い回せるようにしておくと就活をスムーズに進めやすくなります。また就活では履歴書は何十枚と必要になるので、事前にストックを作っておくと楽です。

自己PRや志望動機などは空欄にしておかなければなりませんが、氏名や住所、連絡先、学歴などはどの企業でも共通しています。基本的な項目を埋めておけば、履歴書作成の時間も短縮できます。

就活解禁までに選考の準備をしておくことも大切

就活解禁までに準備をしておくことで、就活をスムーズに進めることができますが、解禁と同時に選考をおこなう企業も多いです。そのため就活解禁までには選考の準備をしておくことも大切であり、事前に対策をしていれば素早く内定が獲得できる場合もあります。

選考を攻略するためには事前準備は必須ですが、就活がスタートすると忙しくなるため準備に時間を割くのが難しくなります。就活解禁前であれば余裕も持ちやすいですし、解禁前に選考の準備も終わらせておきましょう。

面接の練習

選考はさまざまな内容でおこなわれますが、基本的には面接が中心になって進むため、就活攻略のためには面接の練習は必須です。面接の練習がきちんとできていないと、内定を獲得することはできないので注意しましょう。

事前に練習をしておくことで、本番でも力を発揮しやすく、高評価を得やすくなります。キャリアセンターなどを利用して模擬面接をしたり、友人や家族などに面接官役をお願いして実践形式で練習しておくことが大切です。

面接は練習をしているかどうかで結果が大きく変わりますし、たった一回の練習でもやらないよりははるかにましです。練習をしていないとチャンスを逃す可能性も高いので、必ず一度は練習しておき、本番の流れを掴んでおきましょう。

適性検査の対策

選考の一環として適性検査をおこなう企業は多いため、これもしっかり対策をしておかなければなりません。適性検査は応募者をふるいにかける意味でもおこなわれるので、選考の序盤で実施されることが多いです。

早めに対策をしておかなければつまづいてしまうことも多いので、就活解禁までにしっかりと進めておくことが大切です。適性検査にはさまざまな種類がありますが、基本的には能力検査と性格検査でおこなわれます。

能力検査は言語と非言語であり、国語と数学のテストと考えておけばいいでしょう。問題の難易度としてはそれほど高くはありませんが、時間制限があるため高得点を取るには問題の形式に慣れておかなければなりません。事前に必ず対策をしておき、問題に慣れて高得点を目指しましょう。

就活解禁後にすべきこと

就活を攻略するためにはやるべきことがたくさんありますが、それは就活解禁前に限ったことではありません。就活解禁前の準備も大切ですが、解禁後の行動も重要です。どれだけ念入りに準備を進められていたとしても、解禁後の行動次第では就活は失敗しますので注意しなければなりません。

就活解禁前の準備は、あくまで解禁後にスムーズに進めるための土台作りです。就活の成功を決めるのは解禁後の行動ですので、就活が解禁すれば何をすればいいのかをすればいいのかを知っておきましょう。

プレエントリー

就活が解禁すれば素早くナビサイトに登録して、プレエントリーをしていく必要があります。プレエントリーをすることで、企業から選考に関する情報を得ることができます。説明会の情報も入手できるので、気になる企業があれば積極的にプレエントリーをかけておくことが大切です。

プレエントリーの段階では資料請求をしているだけなので、そのまま辞退しても問題はありません。辞退に連絡も必要ありませんし、少しでも気になればとりあえずプレエントリーはしておきましょう。

実際に選考に臨む企業は、プレエントリーから数を絞り込むので、プレエントリーは多めにしておくことが大切です。プレエントリー数があまりにも少ないと、選考を受ける企業の数も少なくなるので注意しましょう。

気になる企業へ本エントリー

プレエントリーをして情報を集めれば、気になる企業を見つけて本エントリーをしていきます。本エントリーをすることで、選考に参加するチャンスが得られますので、気になる企業は必ず本エントリーまで進めておきましょう。

この段階では参加する権利を得ただけで、実際には選考に参加しているわけではないので注意が必要です。選考に進むためには、適性検査を受けたり、書類選考を受けなければなりません。

本エントリーをしただけで放置していると、知らない間に選考が終わってしまう可能性もあります。プレエントリーは資料請求、本エントリーは選考への参加資格とそれぞれの意味合いを理解することが大切です。あくまで参加資格ですので、選考を受けるにはその後の行動が必要なことは覚えておきましょう。

選考には積極的に参加する

就活解禁後はさまざまな企業が選考をおこなうので、少しでも気になれば積極的に参加することが大切です。選考に参加して実践経験を積むことで得られるものは多く、選考の中で企業への向き不向きが分かる場合もあります。

選考を経験しておくことで、本番慣れもできるため、第一志望の企業を受ける前には何社か受けて面接に慣れておくことが大切です。面接では緊張しますし、事前準備をしても緊張によって実力を発揮できないこともあります。

面接が攻略できるかどうかは、いかにいつも通りの実力を発揮できるかにかかっています。就活を効率的に進めるためには、志望企業は絞り込むことが大切ですが、面接の練習という意味では少しでも多く実践経験を積むことが大切です。

就活解禁スケジュールを把握し事前の準備を徹底する

新卒は就活の解禁日が決まっていますし、解禁日に向けて準備を進めておくことが大切です。事前準備ができているかどうかで、就活の進み方は違ってきますし、成功を勝ち取るためには念入りに準備をしておかなければなりません。

何の準備もせずに就活解禁日を迎えてしまうと、出遅れてしまう可能性が高いので注意が必要です。出遅れたとしても挽回することは不可能ではありませんが、就活を進めながら挽回するのは大変ですし、準備は就活解禁までに終わらせておくことが大切です。

企業によっては解禁と同時に選考をスタートさせますし、事前準備ができていなければそれらのチャンスも逃してしまいます。事前準備が明暗を分けますので、就活を攻略するためにも解禁までに準備は徹底して進めておきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ