面接対策

【就職試験の面接マナーを徹底解説】よく出る質問も合わせて紹介

面接は内容だけでなくマナーも重要

皆さんは、既に面接試験を経験しましたでしょうか。面接が決まり、事前に多くの練習を重ねた人も多いでしょう。しかし、面接で何を話せばいいのかばかり考えてしまい、質疑応答の練習だけをしてはいませんでしたか。

面接は、話す内容を重視されるのはもちろんですが、実はマナーを守っているかどうかも重視されています。面接官はあなたの発言含め、振る舞いや身だしなみ、社会人になる自覚があるかどうかを見ています。うっかりマナー違反をしてしまわないよう、今回は面接マナーについて解説していきます。

面接マナー5選

広告それでは面接マナーを5つご紹介します。面接官は学生の雰囲気や細かい動きなどに着目しています。ビジネスマナーを守っているか、社会人になる自覚があるかどうかなどを見抜こうとしてきます。ですから、マナーを守り、好印象な人物になれるよう相手に配慮した行動が求められます。これからご紹介する5つのポイントを身につけて、ぜひ面接で活用してください。

①身だしなみは清潔感があるようにする

まず1つ目にご紹介する面接マナーは、身だしなみです。清潔感がない学生が目の前に現れた場合、面接官はどのように感じるでしょうか。髪がぼさぼさでスーツがよれている人、髭の剃り残しがあるような人に対しては、不潔で不衛生な印象を受けます。

そのような人はビジネスシーンには不向きであり、ビジネスマナーを守っているとはいえません。相手を不快にしない身だしなみをすることも、相手への配慮であり、気遣いとなります。不潔な見た目にならないためにも、スーツは前日までにアイロンがけをして、ごみや埃がついていないか確認してください。また、面接当日は余裕をもって身支度ができるように、時間配分をしっかり管理して行動するようにしましょう。

第一印象を大切にする

第一印象で、その人のおおよその印象は決まってしまいます。面接官が学生を一目見たときに「笑顔が素敵で大らかそうな人だ」「朗らかで落ち着いている人だ」「はきはきして明るそうな人だ」などと感じるように、人の見た目や仕草から印象を受け取ることは多いのです。

ですから、初めて相手を見たときに身だしなみが整っていない場合は、マイナスな第一印象を与えてしまいます。少しでもプラスの印象を与えるためにも、やはり身だしなみを整え、相手に不快を感じさせないよう気を付けましょう。

②入室はノックをして返事があってから

2つ目にご紹介する面接マナーは入室方法についてです。部屋に入るときはノックをして、面接官の返事があってから入室するようにしましょう。ノックをしただけでは、扉を開けて入室してもよいという合図にはなりません。あくまでも、部屋の中にいる人がノックを受けて、準備完了の合図である返事をしてからでなければ入室は許されません。

返事がないまま扉を開けてしまうと、これはマナー違反になります。その上、面接官の返事がないまま入室してしまうと、準備中の面接官と鉢合わせになってしまいます。前の学生との面接が終わったばかりかもしれませんし、あなたのために部屋を整えている場合もあります。面接を安心して円滑にスタートさせるためにも、面接の序盤のマナーである入室方法はしっかり守りましょう。

③面接官の目を見て話す

null

3つ目の面接マナーは、目線についてです。面接では、面接官の目を見て話すようにしましょう。一切相手の目を見て話さず、下を向いたまま話したり、面接官の顔を見ないでいたりすると、自分の意見を相手に伝えるのが苦手な人だと思われてしまいます。このような行為は、コミュニケーション能力が欠落していると思われかねませんので注意しましょう。

④会話のキャッチボールを意識する

3つ目にご紹介する面接マナーは、円滑な会話のキャッチボールです。会話のキャッチボールを意識すると、スムーズに会話が進んでいき、軽快なやり取りが生まれます。会話が軽快に弾んでいくと、お互いに気分の良い面談になり、あっという間に時間が進んでいくでしょう。

面接は知らない人同士、つまり他人が質疑応答をしていく張り詰めた空間になりがちです。しかし、緊張感が程よく解れ「この人は受け答えがしっかりしている、話をしていて気持ちがいい」という印象付けができると、面接官には有意義な時間だったと思わせられます。逆に、突拍子のない回答や見当違いの答えが返って来ると、話が通じない人、緊張しいで焦りやすい人というふうに思われるので注意しましょう。

相手が聞き取りやすいボリュームで話す

4つ目にご紹介する面接マナーは、聞き取りやすい声のボリュームについてです。当たり前と感じる人もいるかもしれませんが、意外と面接中は緊張で声が小さくなりやすく、自分で感じている以上に声のボリュームが小さくなっている場合があります。

口調がもごもごしていて、ぼそぼそと話しているように聞こえてしまうと、何を伝えたいのかわからず、相手にストレスを与えてしまう可能性があります。面接は、相手が聞き取りやすい声で話すようにして、不快な思いをさせないようスムーズな会話のやり取りを目指しましょう。

⑤お礼は着席したままと扉の前での2回

最後にご紹介する面接マナーは、お礼についてです。面接が終わり退出するタイミングになったら、まずは着席したままお礼を1回、そして扉の前で2回目のお礼をしましょう。

最初のお礼は、面接が終わった際に着席したまま「本日はありがとうございました」と言います。そして、立ち上がり、荷物を持ち、扉の前まで移動します。扉の前で再度「本日はありがとうございました」と言い、部屋を退出します。

お礼を言うときは、笑顔で言うようにしましょう。緊張で顔が固まってしまい真顔になってしまうのは防ぎ、笑顔ではつらつと感謝の気持ちを伝えましょう。その方がより相手に感謝の気持ちが伝わります。時間を割いてもらったことに対する感謝と配慮も込めて、最後は笑顔の挨拶で締めて、誠意を表しましょう。

あなたの面接力は何点?

今の時点で、あなたの面接力はどのくらいでしょうか?それを知るために活用したいのが「面接力診断」です。自己分析や業界・企業理解、マナーがどの程度身についているのかを試してみることがおすすめです。結果を参考にすることで、時間のない就活生も効率的に対策を進められます。無料でダウンロードできるので、力試しとしてもおすすめです。

就職試験の面接で頻出の質問

面接を攻略するためには、事前に質問の回答の準備が大切です。しかし業界や企業によって質問内容は違いますし、すべての質問に対策を立てることはできません。そのため頻出の質問は回答を考えておきましょう。

業界や企業を問わずに質問が多いということは、それだけ重要な質問ですので面接前には必ず回答を考えておきましょう。

自己紹介をしてください

面接では最初に自己紹介が求められやすいため、自己紹介の内容はしっかり考えておきましょう。面接官は履歴書などを見ながら面接をおこなうため、手元の履歴書と目の前の人物が合っているかを確認するために自己紹介を求めます。

また人物の確認だけではなく、最初のアピールとして何を言うのかも見られています。名前や大学名などの基本的な情報はもちろん、自分を知ってもらうための情報を盛り込みましょう。

志望動機を教えてください

志望動機も面接では頻出の質問です。志望動機ではなぜその業界を志望するのか、業界の中でもなぜその企業をなのか、明確なアピールが大切です。業界を志望する理由を伝えても、他の企業でもいいと思われてしまっては意味がありませので注意しましょう。

他の企業ではなく志望企業だからこそ就職したいこと、その企業でなければならない理由が大切です。その企業だからこそ志望する理由を伝える際には、志望企業ならではの強みや特徴を踏まえてアピールすると効果的です。

他の企業を志望する理由と差別化が大切ですので、企業研究は徹底しておきましょう。志望動機からは志望度の高さが見られていますので、面接全体の評価を左右する重要な質問です。

自己PRをしてください

自己PRでは企業が求める人材像に合わせてのアピールが大切です。求める人材像を踏まえてアピールすることで企業研究の充実度が伝わり、より高評価になりやすいです。

企業で活かせない能力をアピールしても、好印象にはなりませんので注意しましょう。また人柄や能力をアピールする中で、それがどのように企業の仕事に活かせるかを具体的に伝えてください。

企業は仕事で活躍できる人材、企業に貢献できる人材を求めています。仕事でどのように役立てられるかを具体的にアピールし、企業で働く姿をイメージさせることが高評価を獲得するポイントです。企業の仕事について理解を深め、自分の能力がどのように役立つのかを考えておきましょう。

逆質問

面接の最後では面接官から逆質問を求められることも多いです。逆質問では企業研究をしっかりおこなった上で、それでも分からない内容を質問しましょう。

鋭い質問ができれば、企業への関心の高さが伝わり、好印象を与えやすくなります。企業によっては複数質問を求める場合もあるので、2~3は用意しておくことをおすすめします。また逆質問なしはマイナスの印象を与えてしまいますので、必ず質問は用意しておかなければなりません。

逆質問なし=企業への興味関心が弱く、志望度も低いと判断されますので注意しましょう。質問さえすれば内容は何でもいいわけでありませんので、事前に質問する内容をしっかり考え、的を射た逆質問が大切です。

その他よくある質問

その他にも、このような質問があります。企業や志望している職種によって、出題される質問は変化していきますが、頻出傾向がある質問を集めました。

  • スキルや経歴について
    「大学で学んできたことを教えてください」
    「卒業研究について教えてください」
    「特技は何ですか?」
  • 内面について
    「性格について教えてください」
    「長所、短所を教えてください」
  • 将来について
    「3年後、5年後、10年後のキャリアビジョンを教えてください」
    「転勤は可能ですか?」

就職試験は個人面接だけではない

就職試験=個人面接とイメージする人は多いですが、実際の選考はそれだけではありません。

就職試験では個人面接がメインになるのは確かですが、その他の形式の選考もありますし、それらで失敗すれば当然内定を獲得できません。内定を獲得するには総合的な対策が必要ですので、個人面接以外の対策もしっかりと進めておきましょう。

グループ面接

就職試験では個人面接だけではなく、学生が2人以上のグループ面接をおこなう企業も多いです。グループ面接では比較対象がいるので、良いところも悪いところも目立ちやすいので注意しなければなりません。

もちろん比較対象がいるからといって張り合う必要はありませんし、相対評価ではなく絶対評価で合否が決定することが多いです。周囲の人に関係なく、自分らしさを発揮することが大切です。

グループ面接では個人面接とは違って、他の人が発言している間に回答を考えることができます。じっくり考えて発言できるので、個人面接よりは余裕を持ちやすいです。またマナーなど個人面接とは細部が違っているので、グループ面接に合わせた対策も必要です。

グループディスカッション

グループディスカッションは、企業から出されたテーマに対して、事前にわけられたグループで話し合いを進めるものです。最終的にグループで一つの結論を導き出し、発表することが多いです。

グループディスカッションではさまざまな役割が割り振られるため、それをきちんと果たしながら議論を進めていくことが高評価を得るポイントになります。役割はただ担当すればいいわけではなく、求められる役目をきちんと果たすことが大切です。

適性検査・筆記試験

選考で適性検査や筆記試験など、学力を問われるケースもあります。適性検査・筆記試験ともに学力を測る能力検査と性格を診断する性格検査がおこなわれることが多いです。能力検査は基本的には言語(国語)非言語(数学)であり、企業によってはこれに英語の問題が出題されます。

企業によって出題の形式や問題の範囲は違いますが、難易度としてはそれほど高くないものが多いです。しかし制限時間が設定されており、問題数も多いため素早く回答しなければなりません。

じっくり考えれば分かる問題は多いですが、それでは高得点は獲得できないので注意が必要です。適性検査を攻略するためには事前に何度も練習して、回答スピードを高めることが大切です。

就職試験の面接は事前の対策で攻略できる

就職試験ではさまざまな形式の選考がありますが、中でも中心となるのは面接です。面接に苦手意識を持つ人は多く、なかなか合格できずに困っている人もたくさんいます。面接の攻略は難しいですが、しっかり対策をしておけば不可能なわけではありません。

事前の対策は徹底しておこない、万全の状態で面接に臨むことが攻略の近道です。対策もせずに面接に臨むのは無謀ですし、ほとんどの場合で不合格になってしまいます。一度不合格になればその時点で選考は終了ですし、そこから挽回を図る手立てはありません。

面接のチャンスは一回きりですので、限られたチャンスを無駄にしないためにも事前対策は大切です。対策を完璧におこない、万全の準備をして面接の攻略を目指しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ