面接対策

【キャリアプランの答え方】企業が質問する意図や例文を紹介

面接ではキャリアプランを聞かれることが多い

面接ではキャリアプランについて聞かれることが多く、この質問に対してどのように答えるべきかと悩む人は多いです。どう伝えればキャリアプランが上手く伝わり好印象になるのかと悩む人もいれば、そもそもキャリアプランの設定ができていない人もいます。

キャリアプランは就活を攻略するためだけではなく、就職後に企業で成長するためにも重要なものです。しっかりプランを形成しておくことで、就職後のやる気も伝わりますし、積極的に仕事に臨む姿勢をアピールできます。

まだキャリアプランが見つけられていない人はもちろん、すでにキャリアプランを構築した人も一度見直し、それが本当に評価されるかを考えることが大切です。キャリアプランについては頻出の質問ですので、上手な答え方をマスターしておきましょう。

キャリアプランとは今後の道しるべ

キャリアプランを答えて高評価を獲得するには、そもそもキャリアプランとは何かを知っておかなければなりません。就活ではよく登場する言葉ですが、漠然としか認識できておらず、詳細な意味までは知らないという人は多いです。

キャリアプランとは企業でどのように成長し、どのような人物になるのか、企業内においてどのような役割を担うのかを描いた道しるべです。キャリアプランに沿って努力し、仕事に取り組むため、設定したプランに応じて成長の方法や道順なども異なります。

簡単に言えば社会人として企業の仕事を通じてどのように成長したいのか、その成長目標だと言えます。目標は当然人によって異なりますが、志望する企業によっても違ってくるので注意しましょう。

あなたの面接力は何点?

キャリアプランについて考えている人は、面接準備がはかどっているのではないでしょうか?面接は事前準備が重要ですが、現時点での面接力を診断することで、より念入りな対策を進めましょう。そこで活用したいのが「面接力診断」です。

自分の弱点を把握するとともに、どこを伸ばせば面接力が高くなるのかが一目で確認できます。内定を獲得するためにも、バランスよく面接に必要なスキルを身につけておきましょう。無料でダウンロードできるので、気軽に試してみてくださいね。

企業がキャリアプランを聞く意図3つ

キャリアプランを聞かれた際に上手に答えるためには、企業がなぜキャリアプランを聞くのか、その理由を知っておくことが大切です。面接での質問には必ず意味がありますし、すべてに評価の基準があります。

キャリアプランについて聞かれる場合も、単に考えているキャリアプランそのものを聞きたいわけではなく、そこからさまざまなことが評価されています。評価の基準をしっかりと把握し、どのようにアピールすれば好印象なのかを考えていきましょう。

①仕事での成長意欲を見るため

キャリアプランとは簡単に言えば将来達成したい目標であり、将来の目標があるかどうかで、成長意欲の有無や程度が見られています。新卒の場合は就職時の能力だけではなく、就職後の成長力、ポテンシャルも重視して採用が決定する傾向にあります。

現時点での能力が低いとしても、就職後の成長可能性の高さをアピールできれば、選考を突破することは可能です。成長できることをアピールするためには、まずは成長意欲を伝えることが大切であり、それがどれだけ強いかによって、企業は評価を決定します。

成長意欲があるのはもちろん、それがどれだけ強いかが評価を分けるポイントです。成長意欲はあっても、程度が低いと判断されれば高評価にはならないので注意しましょう。

②企業の方針と合っているかの確認

企業の方針と合っているかを確認することも、面接でキャリアプランを聞く理由のひとつです。キャリアプランは個人の成長目標ですが、企業で達成する以上、企業の方針と合致していることが大切です。

企業の方針に合わないキャリアプランでは、仮に成長できたとしても意味がないので注意しましょう。成長意欲がありポテンシャルが高ければ高評価になりますが、それはあくまで成長し、企業に貢献できることが条件として考えられています。

いかに成長できても、仕事で活躍できない、企業の利益に貢献できないのでは評価の対象にはなりません。単に成長するだけではなく、企業に貢献できる、活躍できる存在に成長することが大切ですので、志望企業の方針に合わせて、キャリアプランも設定する必要があります。

③仕事に対する価値観を知るため

企業がキャリアプランを聞くのは、仕事に対する価値観を知るためでもあります。どのようなキャリアプランを持っているかで、仕事をどのように捉えているのかがわかり、その人の個性や本質的な考えを知ろうとしています。

面接はそもそも就活生のことを知るための時間ですので、キャリアプランの質問でも自分らしさをアピールすることが大切です。仕事に対しての価値観そのものはもちろん、どんな個性を持っているかも見られていますので、自分の言葉でアピールしなければなりません。

キャリアプランを伝えるポイント

キャリアプランからはさまざまなことが評価されていますので、面接を攻略するためにも事前に考えておかなければなりません。キャリアプランはただ持っていれば評価されてるわけではありませんし、どのような目標を設定しているかも重要です。

高評価を獲得するためには、どのように伝えるのかも大切です。同じ内容でも伝え方次第で評価は大幅に違ってきますので、伝え方のポイントを知って、キャリアプランを上手にアピールしましょう。

最終的な目標を明示する

キャリアプランを伝えるには、最終的にどのような人材になりたいのか、企業内でどのような役割を担う人になりたいのかを明示します。冒頭で最終的な目標を示すことで、目指すべき方向性がわかるため、キャリアプランも伝えやすくなります。

面接でのアピールで最も気をつけなければならないのが、伝わりやすさ、分かりやすさです。どれだけ素晴らしいアピールでも、面接官に理解してもらえなければ意味はありませんし評価もされません。最終的な結論を後回しにしてしまうと結局何が言いたいのか分からなくなってしまうので、冒頭で最終目標を伝えましょう。

目標を達成するための道のりを示す

キャリアプランはただ夢を語るだけではなく、それを実現させることが重要です。最終的な目標を達成するために、どのように努力をし目標に近づいていくのか、その道のりを示すことが大切になります。

最終的な目標を明確にアピールできていても、それを達成するための道のりが示されていなければ評価はされないため注意しましょう。目標達成の道のりを上手に伝えるためには、長期的な目標に対して短期的な目標を打ち立て、それを達成した先に長期目標の達成があることがベストです。

最終的な目標を長期目標と考え、それを実現するための短期目標を考えていきましょう。長期目標だけをクリアしようとするのではなく、それまでにいくつものハードルを越えて成長するとアピールすることが大切です。

現在おこなっている取り組みを示す

キャリアプランは将来のものですが、それを実現するために現時点でどのような努力、取り組みをおこなっているのかも伝えておきましょう。現在おこなっている取り組みを示すことで、成長意欲の高さが伝わり、より好印象を与えることができます。

もちろん、ただ何らかの取り組みをしていればいいわけではなく、取り組みから得られるものが将来に繋がることが大切です。提示した目標と現在の取り組みがまったく関係ないものだと、正しく目標設定ができていないとしてマイナスの印象を与えてしまうので注意が必要です。

現時点での取り組みは最終目標を達成するための土台となるものですので、そこからの積み重ねが目標の達成に繋がるとアピールしましょう。

キャリアプランの例文

私は将来マーケティング部で働き、市場の流れを読み取って新たなトレンドを作りだすことで、企業史上最高の売上を獲得したいと考えています。私は現在、経済学部で市場経済の勉強をしており、消費者経済について学んでいます。この経験を活かしながらまずは営業職で現場を学び、実際にお客様と接し、仕事の中でマーケティングスキルを身に付けたいと考えています。そして現場で培った能力を活かしてマーケティング部でもノウハウを身に付けて、目標の達成を目指したいと考えています。

例文ではマーケティング部で働き、企業史上最高の売上を獲得したいと目標が語られています。マーケティング部で働くこと、最高額の売上を目指すことなど、将来的な目標が明確にされており、伝わりやすいです。

現在も経済学の勉強をしていることも最終目標とリンクしており、好印象でしょう。目標達成のための道のりも細かく記されていますし、企業の仕事をきちんと理解できていることが伝わり、志望度の高さもアピールできています。

キャリアプランを伝える際の注意点

キャリアプランを伝える際の注意点もあります。どれだけポイントを踏まえてアピールできていても、注意点が守れていなければ台無しになってしまいます。面接を突破するためには、好印象を与えることはもちろん、マイナスの印象を避けることも大切です。アピール時の注意点も踏まえて、評価を下げることなくキャリアプランを伝えていきましょう。

曖昧な目標設定はNG

キャリアプランは個人の目標ですので、内容は人によって違います。そのため、面接官の記憶に残るためには詳細まで明確に伝えていくことが大切です。企業は就活生のキャリアプランからさまざまなことを判断していますし、正確に伝わらなければ正当に評価してもらえない可能性が高いです。

曖昧で漠然としたキャリアプランを伝えてしまうと、思うようにアピールができないことも多いので注意しましょう。曖昧なキャリアプランを伝えてしまうと、意図した通りに伝わらず、場合によってはマイナスの印象を与えてしまう可能性もあります。

やりたいことと目標が矛盾しないように注意

面接ではキャリアプラン以外にも、入社後にやりたいことを聞かれることも多いです。入社後にやりたいことと、提示したキャリアプランが矛盾していると、面接官はどちらを信用していいのか分からなくなってしまうので注意しましょう。

矛盾した発言をすることで信用度がないと判断され、大きく評価を下げられてしまう可能性もあります。キャリアプランはその他の質問とも連動しているものなので、他の質問の回答と食い違わないように一貫性を持たせてアピールすることが大切です。

入社後にやりたいことはもちろん、その他の質問にも注意しなければなりません。目標をひとつ決めれば、すべてはそれに繋がっていることを意識しながら発言内容も考えていきましょう。

その企業で実現できることが前提条件

アピールするキャリアプランは、その企業で実現できることが前提条件です。どれだけ明確なキャリアプランがあってしっかり説明できたとしても、それが志望する企業で実現できないものでは意味がありません。

キャリアプランは実現させることが大切なので、志望企業で実現可能なものをアピールすることを心がけましょう。たとえば将来やりたい仕事で部署や職種などまで明確に提示したとしても、それがその企業にないものであれば評価はされません。

企業研究ができていないとしてマイナスの印象を与える可能性が高いですし、現実を正しく認識できていないとして印象は悪くなります。企業で実現できることをアピールしなければなりませんので、志望企業によって伝えるキャリアプランは変えましょう。

企業がキャリアプランについて聞く理由を知りそれに沿った回答をしよう

キャリアプランは面接で聞かれることが多いので、上手に回答するためにもしっかり考えておかなければなりません。キャリアプランからはさまざまなことが評価されていますし、きちんと回答できなければマイナスの印象を与えてしまいます。

面接で評価されるためだけではなく、就職後に企業で活躍し成長するための道しるべという意味でも、キャリアプランの設定は大切です。仕事では大変なことも多いですし、目標を持っていなければ目の前の仕事を消化するだけで終わってしまいます。

作業になってしまうとやりがいも感じられず、仕事へのモチベーションも下がります。キャリアプランを明確に設定して企業での成長意欲を高め、就活も就職後の仕事も上手に進めていきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ