OB・OG訪問

【OGOB訪問のやり方】準備から必要なマナーまで解説

OBOG訪問の目的

 

OBOG訪問のやり方を知る前に、まずはなぜOBOG訪問をするのか、目的を抑えましょう。OBOG訪問は就活の事前対策のひとつですが、必ずしも必須なわけではありません。

OBOG訪問をしていないからといって就活で不利になるわけではありませんし、おこなっていなくても内定を獲得している人はたくさんいます。しかし、おこなっておくことでさまざまなメリットが得られるのも確かです。なぜOBOG訪問をおこなうのか、その意味から把握して理解度を高めていきましょう。

企業研究

OBOG訪問をおこなう意味としては、企業研究に役立てられることが挙げられます。OBOG訪問をおこなうことで、企業の仕事や雰囲気などについて知ることができ、企業への理解に繋がります。企業研究の方法はホームページを見たり、説明会に参加するなどさまざまありますが、OBOG訪問ではそれらよりも詳細な情報を手に入れやすいです。

実際に企業で働いている人の話を聞くことで、企業の仕事や取組みなども細かく知ることができ、企業研究を効率よく進めることができます。ホームページや説明会などが悪いわけではありませんが、より詳細な情報を得るならOBOG訪問の方がおすすめです。ほかでは聞けない情報も手に入る可能性もあります。

企業との相性を確認

企業との相性を確認しやすいことも、OBOG訪問をおこなう意味のひとつです。企業で働く人と接することで、社員の雰囲気などを感じ取ることができます。社員の雰囲気や社内の様子などから企業との相性が判断でき、ミスマッチが防ぎやすくなります。

就活はただ企業に就職できればいいわけではなく、就職後にその企業で活躍できることが大切です。せっかく就職しても、企業との相性が合わず成長できなければ意味がありませんし、早期に辞めてしまう可能性もあります。

企業との相性を見極めるのは非常に重要なことであり、就職後のミスマッチを防ぐためにもOBOG訪問は大切です。OBOG訪問をおこなうことで、自分に本当に合った企業を見つけやすく、就活の成功率も上がります。

社会人への理解を深める

OBOG訪問の意味としては、社会人への理解を深めることも挙げられます。OBOG訪問で社会人に接することで、どのような意識を持って仕事に取り組んでいるのかを知ることができます。

OBOGは年齢が近いことも多いため、より学生と社会人の違いを顕著に感じやすいです。学生と社会人の違いを知ることで、社会人としての自覚を持つためには何が必要なのかが分かり、それが就活で役に立ちます。

実際に面接などで学生と社会人の違いについて聞かれることもありますし、実体験から答えられれば説得力も高く、好印象になりやすいです。具体的な就活の対策にも繋がりますし、社会人として働くための心構えなども知れますので、社会人への準備としてもおすすめです。

OB訪問の基本を押さえよう

OB訪問を成功させるには、メールや電話でのアポイントメントが最初の関門となります。マナーを守るメールを作成するとともに、熱意を伝える必要もあります。社会人にメールを送ったことがないという就活生は、ハードルが高いと感じるでしょう。

そこでおすすめなのが「OB訪問マニュアル」です。こちらには、OB訪問の依頼メールの例文はもちろん、電話で依頼する場合の文言も掲載されています。無料でダウンロードできるため、OB訪問の準備を始めると同時にGETしておきましょう。

OBOG訪問先を見つける方法

OBOG訪問をおこなうためには、訪問先の企業を見つけなければなりません。OBOG訪問に興味はあり、やってみたいと思ってはいるものの、訪問先の見つけ方が分からずに断念してしまう人は多いです。

訪問先企業の探し方は複数の方法がありますので、それらを試せば訪問先の企業は必ず見つかります。ひとつの方法でダメなら、他の方法を試すことが大切です。訪問先企業の見つけ方を知って、OBOG訪問を実現させましょう。

大学のキャリアセンターで探す

訪問先企業を見つけるためには、まずは大学のキャリアセンターで探してみましょう。大学のキャリアセンターでは卒業生の名簿を開示していますので、そこからOBOGの情報を得ることができます。名簿から自分の志望する企業に就職している先輩がいないかを確認し、コンタクトを取ってやり取りを進めていきます。

大学の名簿に記載されている情報ですので、連絡先が間違っていることはまずありませんし、情報の信頼度は高いです。ただし、全てのOBOGの連絡先が記載されているわけではありません。中には就職情報の開示を許可していない人もいます。もちろん就職先についての情報を開示している人は多いので、キャリアセンターの名簿は必ず確認しておきましょう。

部活やサークルの先輩から探す

キャリアセンターで連絡先が見つからなかった場合は、部活やサークルなどの繋がりから探すのもおすすめです。友達や先輩などを繋げていけば、志望先の企業に就職したOBOGの連絡先がゲットできる可能性は高いです。

もちろん、必ずしも志望企業に先輩が就職しているとは限らないので注意が必要です。先輩のつてを辿る場合でも、連絡先を繋げていくのは限界があるため、ある程度探して無理だと感じれば、他の企業を探すことも視野に入れておかなければなりません。

ひとつの企業だけに固執してしまうと、選択肢が狭くなりますし、結局OBOG訪問が実現できないまま選考を迎えてしまう可能性もあります。第一志望だけではなく、第二志望、第三志望についても、OBOG訪問は視野に入れておきましょう。

企業に直接連絡する

どうしてもOBOG見つからなかった場合は、企業に直接連絡してみるのもおすすめです。この場合はOBOG社員がいるかどうかによって、訪問内容も変わるので注意しましょう。先輩社員がいる場合はOBOG訪問が実現する可能性がありますが、いない場合は単に会社訪問となります。

会社訪問でもさまざまなことが知れますが、OBOG訪問ほど踏み込んだことは聞けません。OBOG訪問ほど気軽に質問がしづらいので、求めているものが知れない可能性があることは理解しておきましょう。

OBOG訪問や会社訪問は企業の都合次第で決まるものなので、無理を言って迷惑をかけないように注意が必要です。仮に先輩が勤めている場合でも、無理にお願いすれば迷惑をかけてしまい、企業からの印象が悪くなってしまいます。

OBOG訪問のマナー3つ

OBOG訪問をおこなうためには、事前にやっておくべきことがたくさんあります。事前準備がきちんとできていないとスムーズにOBOG訪問が進められませんし、場合によっては失敗してしまうこともあります。

OBOG訪問を成功させられるかは、事前準備にかかっているといっても過言ではありません。前もって念入りな準備をしていれば、OBOG訪問は必ず成功させられますし、さまざまなメリットが受けられます。OBOG訪問前には何をすべきかを知って、しっかり準備を進めていきましょう。

①アポイントはOBOGを知った経緯も伝える

OBOGの連絡先を手に入れれば、まずはメールで連絡してアポを取ります。アポなしでいきなり企業を訪ねるのはOBOGだけではなく企業にも迷惑がかかりますし、失礼なのでやめましょう。

メールには自己紹介とどうやって連絡先を入手したのか、OBOG訪問がしたい旨を必ず記すことが大切です。自己紹介や連絡先の入手経路を記しておかないと、迷惑メールと間違えられて削除される可能性もあるので注意しましょう。

OBOGに不安を与えないためにも、必ずどのような経緯で連絡したのかを示すことが大切です。OBOG訪問は相手の都合によるため、必ずしも実現できるわけではありません。いきなりお願いするのではなく、いつなら都合が付きそうか尋ねるのがマナーです。

アポイントの取り方【電話】

OBOG訪問の電話でのアポイントの取り方は、まずは挨拶をして、氏名や大学名、学年などを電話先に伝えます。そのあと、OBOG訪問したい旨を伝え、承諾を得たら、日程を調整しましょう。最後にもう一度スケジュールを確認して、相手が電話を切ったあとに、自身も電話を切ると丁寧です。電話をかける前に、相手に話す内容を書いたメモやスケジュール帳、ペンを用意してください。電話をかける時間帯にも気を配りましょう。午前中、もしくは夕方頃がベストであり、営業時間外や夜遅くの電話は避けます。また、うるさい場所で電話してしまうと、相手の声が聞き取りにくく、自分の声が届きずらいです。あわせて、電波環境も確認しておきましょう。

アポイントの取り方【メール】

メールでアポイントを取るためには、件名に「OB訪問(OG訪問)のお願い」と記載します。そして本文は、企業名、部署、氏名の順に書き、自分の通っている大学名と氏名を続けましょう。そして、OBOG訪問したい旨を記し、いくつか日程候補を提示します。最後に再度お願いをして、送信しましょう。書き方のコツは、わかりやすさを重視してください。たとえば、件名などは、一目でわかるように、シンプルな内容で構いません。会ったことのない先輩であれば、連絡先を入手した経緯も伝えるようにしましょう。そうしなければ、迷惑メールと勘違いされてしまうかもしれません。最後に大学、名前、電話番号、メールアドレスといった内容の署名を入れてください。

②場所と時間はOBOGの希望に合わせる

アポイントを取る際、スケジュール調整が必要になります、場所や日程は、OBOGの希望に合わせましょう。自分の希望日を相手に押し付けることは、非常に失礼です。OBOGは、忙しい時間の中、時間を割いて対応してくれますので、自分の都合ばかり考えることは絶対に避けてください。

もちろん、日程だけではなく、場所も同様です。会社がわかりずらいところにある際、待ち合わせ場所を決めることがありますが、基本的には自分から指定しないようにしましょう。時間と場所を間違えないように、OBOG訪問前には、再度スケジュールを確認して、地図もチェックしてください。電車遅延なども考慮して、早めに自宅を出るようにしましょう。

③調べて分かるないよは質問しない

OBOG訪問は企業研究の一環として役立つものですが、参加前にも最低限の企業研究は必要です。企業について全く知識のない状態で参加してしまうと、貴重な情報が得られても理解できない可能性があります。

これではもったいないですし、情報は正しく活かせてこそ価値があります。どれだけ貴重な情報を得てもそれが理解できなければ意味がありませんし、それでは参加するだけ時間の無駄です。

OBOG訪問は必須ではありませし、時間を無駄にするくらいであれば、参加しない方がいいです。事前にある程度は企業研究をおこない、最低限の知識は身に付けておかなければなりません。企業のことを全く知らない状態でOBOG訪問に参加するのは失礼でもあるので、基本的な知識は身に付けた上で参加しましょう。

OBOG訪問後はお礼メールを送る

OBOG訪問が終われば、素早くお礼メールを送ることが大切です。お礼メールは基本的には当日中に送り、遅くとも翌日の午前中には送ることを心がけましょう。OBOG訪問のお礼はもちろん、どのような点が勉強になったのかなど感想を伝え、就活への意欲を示すことが大切です。

またお礼メールを送った後に、後日手書きのお礼状を送るのも好印象ですので、余裕があればお礼状も送っておきましょう。OBOG訪問は先輩や企業の厚意でおこなわれているものであり、おこなうためにはスケジュールの調整などさまざま手間がかかっています。

当たり前におこなわれているわけではありませんし、きちんと感謝しておくことが大切です。お礼メールがないと、ビジネスマナーができていないとして印象が悪くなる可能性もあるので注意しましょう。

お礼メールの例文

件名:OB訪問のお礼(○○大学○○学部○○)

株式会社○○
○○部
○○様

お世話になっております。○○大学○○学部の○○と申します。
先日はお忙しい中、OB訪問をして頂き、誠にありがとうございます。
○○様のお話を聞いて、御社の魅力がさらに伝わり、ますます就職したい気持ちが強くなりました。
○○様と一緒に働けるように、選考に向けて努力を重ねていく所存です。

取り急ぎお礼を伝えたく、メール致しました。
この度は誠にありがとうございました。

署名

お礼メールでは件名を分かりやすく設定することが大切です。シンプルなもので構いませんので、「OB訪問のお礼」などにしておき、差出人が分かるように大学名や学部名、名前なども記載しておきましょう。

メール本文ではまずはOBOG訪問に対してのお礼を伝えていくことが大切です。その上で印象の残った点や企業への就職意欲の高まりなどを伝えていきます。またお礼メールであっても、署名は必須です。これがないとビジネスマナーが理解できていないと思われるので注意しましょう。

OBOG訪問はアポイントの連絡から訪問後まで誠意のある対応が必要

OBOG訪問は、当日の質問コーナーだけ誠意のある対応が必要なわけではありません。アポイントの連絡も、ビジネスマナーを順守し、社会人としての自覚を持って、対応するようにしましょう。電話に慣れていない人は、一度、練習しておいても損はありません。言葉遣いはビジネスシーンにおいてチェックされるものですので、十分気を遣ってください。

メールも、最初に「お世話になっております。」と書くなど、日常ではあまり記載しないようなことが多いです。就職後であれば、毎日のようにメールを書くことになり、段々と慣れていきますが、就活生のうちは、ゆっくりでも良いので、ビジネスマナーと誤字脱字に注意しながら、丁寧に仕上げるようにしましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ