就活のマナー

【面接の逆質問】マナーやアピールにおすすめの質問をご紹介

面接の逆質問に悩む人は多い

面接は面接官からの質問に対して回答して進めていきますが、最後には逆質問を求められることも多いです。逆質問まで含めて面接であり、ここで何を聞くかによって評価は左右されるので注意しなければなりません。

逆質問を効果的に使えれば高評価も狙えますが、ここで何を聞けばいいのかと悩んでしまう人は多いです。逆質問では基本的には何でも聞くことはできますが、聞いても評価されないもの、マイナスの評価になってしまうものもあります。

ただ質問をすればいいわけではなく、内容をしっかりと吟味した上で聞かなければなりません。逆質問の攻略は面接の攻略にも繋がりますので、どんな質問をすれば好印象になるのか、評価がアップするのかを考えていきましょう。

面接の逆質問では何が見られているのか

逆質問で上手に質問をするためには、そもそも逆質問では何が評価の対象となっているのかを知ることが大切です。面接ではひとつひとつの質問に意図があり、それぞれ評価されるポイントは違っています。

逆質問も評価の対象ですし、見られているポイントも必ずあります。逆質問では何が見られているのか、評価されているのかを知っておけば、質問内容も考えやすいです。見られているポイントを知って、企業が逆質問を求める意図を理解していきましょう。

企業への関心の高さ

逆質問でどのような質問をするかによって、企業への関心の高さが見られています。企業に聞きたいことがあるということは、それだけ企業へ関心を持っているということですし、上手に質問すれば関心の高さをアピールして好印象を与えられます。

企業への関心の高さ=志望度の高さとして評価されるので、質問内容には注意しなければなりません。企業への関心の高さが伝わらない質問では好印象にはなりませんし、マイナスの印象を与えてしまう可能性も高いです。

企業を知るための質問をすれば、好印象を与えやすいので、仕事に関するの質問がおすすめです。企業のことをもっと知りたい、理解したいという気持ちを示せれば、印象がよくなるでしょう。

仕事へのやる気

null

逆質問では、質問内容によって仕事へのやる気も見られています。仕事への熱意が感じられる質問なら好印象、反対に熱意が感じられないとマイナスの印象を与えてしまうので注意が必要です。

企業そのものへの興味を示すだけではなく、企業の仕事にも関心を寄せることが好印象を与えるポイントです。仕事への興味の高さや理解度の高さも、やる気として評価されるため、仕事にフォーカスした質問をするのもいいでしょう。

仕事へのやる気をアピールするためには、企業の仕事についてある程度理解しておかなければなりません。企業の仕事について全く知らない状態で質問してしまうと、企業からの回答内容を理解できませんし、理解できていないことがバレれば印象は悪くなってしまいます。

コミュニケーション能力

逆質問は自由度の高い質問のため、上手に質問できるかどうかによってコミュニケーション能力が見られています。基本的には何でも聞くことができますが、面接の場であることを考慮して、TPOにあった質問ができるかがチェックされています。

ただ質問ができればいいわけではなく、その場に適した質問ができることが大切です。コミュニケーション能力をアピールするためには、単純にはい、いいえで答えられる質問をするのではなく、話が広がる内容で質問しなければなりません。

自分から話すだけではなく、相手の話を引き出すのもコミュニケーション能力のひとつですし、どれだけスムーズに情報が引き出せるかも、評価の対象として見られています。

企業との相性

純粋に能力が優れている就活生が、どの企業にも好まれて採用される訳ではありません。どれだけ優れた能力を持っていても、不合格になる場合もあります。これは、企業と就活生の相性がよくないと判断されたためです。そして、逆質問では、自由度が高いからこそ企業との相性が浮き彫りになることがあります。

具体例として、新卒三年目までは下積みとして上司の補佐業務のみをおこなわせる方針の企業があるとします。そのような企業の面接の逆質問で「一年目からプロジェクトのリーダーを経験したいが任されることはあるか」と質問しても、評価されるはずがありません。

就活生に個性があるように、企業にも個性があります。その個性の相性を見極めるために、逆質問が機能するといえるでしょう。

逆質問を100個チェック!

逆質問を考えるのが苦手という就活生は多いと思われます。そこで活用したいのが「逆質問100例」です。こちらでは、一次面接、二次面接、最終面接の三段階にわけて逆質問を列挙しています。注意点やNG例も取り上げているため、マイナスの評価を防ぐこともできます。無料でダウンロードできるので、面接に備えていくつかピックアップしておきましょう。

逆質問を通して自分をアピールすることもできる

面接の時間をフルに活用するために、逆質問を通してさらに自分をアピールすることもできます。面接に臨むにあたり、自分のアピールしたいことをいくつか用意するのが普通です。しかし、面接で思い通りの質問と回答ができることは稀でしょう。このような場合に、アピールし切れていないことを、逆質問を通じて印象付けることができます。

例えば、「読書や勉強が好きで、勉強会のように社員同士で教え合うことで刺激を貰いたいが、そのような機会はあるか」といった質問の仕方がおすすめです。この聞き方であれば、企業の制度や社風を聞きつつ、読書や勉強が好きという長所のアピールにも繋がります。くれぐれも、自分の長所をアピールすることに注意を向けすぎないようにしましょう。あくまで、逆質問とアピールの両立が必要です。

面接の逆質問のマナー

面接ではさまざまなマナーがありますが、実は逆質問にもマナーは存在しています。マナーが守れていないとマイナスの印象を与えてしまいますし、それが原因で不合格になることも少なくありません。

面接を攻略するためには、少しでもマイナスの印象を避け、評価を下げてしまわないことが大切です。マナーは守れていて当然と考える企業も多いため、これができていないと評価は大幅に下がってしまいます。逆質問でのマナーを理解して、悪印象を与えないように注意しましょう。

質問なしはNG

逆質問を求められれば、必ず何かを聞かなければなりません。質問なし=企業への興味がないと判断されてしまうため、マイナスの印象を与えてしまいます。また、何の準備もなしに面接に臨むのは企業に対しても失礼ですし、これも印象が悪くなる理由のひとつです。

逆質問はほとんどの場合で求められるものなので、事前に用意しておくことが大切です。面接中に質問内容を思いつく場合もありますが、必ずしもその時に考えられるとは限りません。

面接で緊張すれば目の前の質問に回答するだけで精一杯になりますし、逆質問まで頭が回らないことがほとんどです。ぶっつけ本番で挑むのは危険ですし、失敗する可能性も高いので、逆質問は必ず用意しておきましょう。

質問は複数用意しておく

逆質問は1つではなく、必ず複数用意しておくことが大切です。企業によっていくつ求められるかは違いますが、1つの質問では興味が薄いと思われる可能性があります。最低でも2~3個程度は用意しておき、状況に合わせて使い分けられるようにしておくことが大切です。

面接官が時間を気にしているようであれば質問は1個でも構いませんし、時間が余っているようなら複数個した方が印象がよくなります。逆質問は面接での評価を左右するだけではなく、今後企業で働くためにも重要なものです。逆質問で疑問を解消しておけば、企業へもスムーズに就職できますし、仕事に対して不安を抱えることはありません。

逆質問は企業について知れる貴重な機会でもありますので、これを無駄にしないためにも選択肢は必ず複数持っておくことが大切です。

集団面接では質問の長さにも注意

逆質問は個人面接だけではなく、集団面接でも求められることがあります。この場合は質問の内容だけではなく、長さにも注意が必要です。逆質問は企業への興味や積極性をアピールするものですが、集団面接の場合は自分1人で時間をかけすぎるのはNGです。

自分の質問ばかりで時間を取ってしまうと、他の学生が質問する時間がなくなってしまい、迷惑がかかります。自己中心的な印象を与えてしまう可能性もあるため、質問は簡潔にまとめておくことが大切です。

集団面接の場合はほかの学生と質問がかぶることもありますし、事前に用意する質問の数は個人面接よりも増やしておきましょう。質問内容がかぶって質問できない場合でも、企業への関心が低いと判断される可能性があるので注意が必要です。

面接の逆質問ですべきではない質問

逆質問は質問内容によって評価が決定していますので、質問次第では大きく評価を下げてしまうこともあります。聞くべきではない質問はいくつかありますので、それらを事前に知っておくことが大切です。

逆質問を複数個して、他の質問で好印象を与えられていたとしても、その中にNGな質問がひとつ混ざっているだけで、評価はたちまちに下げられてしまいます。どんな質問はすべきではないのかを知り、なぜNGなのかその理由も把握しておきましょう。

調べればすぐに分かること

企業のホームページや説明会の資料などを見ればすぐに分かることは、逆質問で尋ねるのはNGです。調べればすぐに分かることを聞いてしまうと、企業研究が不十分な印象を与えてしまい、マイナスの評価になってしまいます。

逆質問は企業への理解を深められる場でもありますが、事前の企業研究は必須です。きちんと企業研究をおこなった上で、それでも分からないことを聞くことが大切ですので、基本的なことはすべて頭にいれておきましょう。

もちろん基本的な内容であっても、調べた結果よく分からないことについては聞いても問題ありません。企業によってはホームページで紹介されている事業内容が難しく理解できないこともあります。基本的なことを聞く場合は、自分で調べてみたものの、よく分からなかったと前置きをして聞くことが大切です。

面接官が答えられない質問

面接官がその企業の社員だからといって、企業内でおこなっている全ての事情を把握している訳でありません。そのことからも、面接官が答えられない質問をおこなわないようにしましょう。

例えば、面接官が人事部所属であるにも関わらず、「営業部の一日のスケジュールを教えてほしい」という質問をしても答えてもらえない可能性があります。おおよその内容であれば質問に答えることもできるかもしれませんが、正確な回答はできないといえるでしょう。このように、相手の事情を考えずに逆質問をすると、配慮のない就活生と思われてしまいます。

また、企業に属する社員として倫理的に答えることのできない質問や、プライベートとして話す必要のないことも質問してはいけません。

給料・待遇について

null

逆質問では、給料や待遇について質問するのはNGです。これらについて聞いてしまうと、条件さえよければ他の企業でもいいのではないかと思われてしまい志望度を疑われます。

給料や待遇などは仕事をする上で重要なものであり、企業選びの軸にする分には問題ありません。しかし、面接の逆質問で聞いてしまうとマイナスの印象を与えてしまうので、避けるようにしましょう。条件だけで企業を選んでいると思われてしまうと、仕事への意欲や志望度が低いと判断されますし、それでは合格を勝ち取ることはできません。

企業としては、自社だからこそ働きたいと思っている人材を採用したいと考えていますし、本当に企業に興味を持っていると伝えることが大切です。

休暇・残業について

休暇や残業についての質問も、逆質問ではNGです。働く前から休みや残業の状態を気にしていると、仕事へのやる気が低いと思われる可能性があります。仕事への熱意が弱く、志望度も低いと評価される可能性があるので注意が必要です。

休暇や残業について知りたい場合は、直接的に聞くのではなく、社員の1週間のスケジュールを聞くなど、遠回しに質問することが大切です。1週間のスケジュールを聞けば、休みの周期や1日の仕事の流れが分かりますし、そこから平均的な残業時間なども推測できます。

スケジュールについて聞く質問であれば、聞いても問題はありませんし、仕事への理解を深めようとしていると判断され、好印象になる可能性もあります。

面接の逆質問でおすすめの質問

逆質問ではおすすめの質問もあり、それらを聞くことで好印象を与えやすいです。逆質問では本当に聞きたいことを質問するのが大切ですが、どうしても思いつかない場合はおすすめを参考にしてもいいでしょう。

おすすめの質問から派生して、より細部まで質問するのもOKです。おすすめはあくまで参考程度であり、絶対にこれを聞かなければならないというわけではありません。選択肢のひとつとして頭の中に入れておき、他に本当に聞きたいことがあればそちらを優先しましょう。

企業の事業展開について

逆質問でおすすめの質問としては、企業の事業展開についてが挙げられます。企業の今後の事業展開について聞くことで、企業への興味の高さをアピールできます。事業展開は企業で仕事をする上では重要なことですし、企業の将来を考えていると判断され、好印象にもなりやすいです。

新卒は成長力重視で採用が決定することが多いですし、先を見越した発言をすれば、企業での成長意欲が高いと判断されます。事業展開について聞く場合は、現在の経営方針や事業内容についてきちんと調べた上で聞くことが大切です。

予備知識なしに展開を聞いても、好印象にならない可能性が高いです。自分が調べた限りで分かった現状についての情報を提示しながら、そこからどのように変化するのかと聞きましょう。

仕事をする上で必要な能力・資質について

仕事をする上で必要な能力・資質についても、逆質問で聞くのはおすすめです。仕事をする上で必要な能力や資質を聞いておくことで、就職に向けての意欲が高いと評価されます。

企業で働くために必要なものを知っておけば、それらを身に付けるための努力もでき、企業との適性を測ることもできます。企業で必要なものがすでに身に付いているのであれば適性は高いです。身に付いていない場合でも、努力次第で身に付けられそうなのであれば、企業への適性はあると判断していいでしょう。

仕事をする上では適性は非常に重要なものですし、仕事で必要な能力や資質を理解しておくのは大切なことです。企業への就職準備をスムーズに進めるためにも、求められるものを事前に把握しておきましょう。

面接中に気になったこと

面接を通して気になったことや疑問に思ったことも、逆質問としてはおすすめです。面接中の話題について質問することで、真剣に面接に取り組んでいたことのアピールにもなり、好印象を与えやすくなります。

面接では面接官との会話を意識することが大切ですし、気になる点や疑問点が出るということは、それだけ上手に会話ができていたということです。面接官の質問に対して漠然と回答しているだけではコミュニケーションは生まれませんし、疑問点などを見つけることもできません。

面接中に質問を考えるためには、面接官との会話を心がけて、相手の話を引き出すことが大切です。面接中に生まれた疑問であれば、企業に関係することですし、それを聞くことで企業への関心の高さもアピールできます。

面接での逆質問例

・失敗した経験とどのように乗り越えたか教えてください
・成果を出す人に共通していると感じることはありますか
・入社後に、業務に関わるまでの流れを教えてください
・先ほどお話ししていた新規事業について、もう少し教えてください
・営業部を希望しているが、数年後部署を変更することもできますか
・入社までに、アルバイトなどで働くことはできますか

逆質問としての質問例は、思い付きであればいくらでも考えることが出来ます。しかし、大切なことはその質問にどのような意味があるのかということです。その企業で働くことをイメージしていることが伝わるような逆質問を心がけましょう。

万が一、どうしても逆質問が思い浮かばないようであれば、目の前の面接官に関する質問をしましょう。個人としての考え方やどのように仕事と向き合っているのかという質問であれば、参考になる可能性が高いです。

逆質問の対策は面接攻略には必須

面接の最後では逆質問を求められることがほとんどであり、ここで何を聞くかも評価の対象に含まれています。面接官からの質問に答えるのも大切ですが、それだけではなく、自分から何を聞くのかも大切です。

質問なしでは意欲が低いとマイナスの印象を与えてしまいますし、逆質問は積極的にしなければなりません。しかし、質問さえしていれば内容は何でもいいわけではなく、何を聞くのかも吟味しておくことが大切です。

逆質問ではすべきではない質問、おすすめな質問がありますし、それぞれを理解して何が評価されるのかを考えておく必要があります。評価されるポイント、好印象を与えるコツなどをきちんと把握した上で逆質問を考え、面接の最後に好印象を与えましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ