自己PR

【面接での自己PR】伝え方のポイントと例文3選をご紹介

面接の自己PRに悩む学生は多い

面接ではほとんど必ずといっていいほどに自己PRが求められますが、上手に伝えられずに困っている人は多いです。自己PRは履歴書やエントリーシートでも頻出の項目ですし、就活を進める上では避けては通れません。

いかに自分の魅力を伝えられるかが評価を分けるカギであり、上手にアピールできなければ評価もされないので注意が必要です。高評価を獲得するためには、アピールする題材や伝え方、評価されるポイントなどさまざまなことを知らなければなりません。

自己PRは就活においては非常に重要ですし、事前にどれだけ対策し、練り上げることができるかで合否は変わります。自己PRで高評価を獲得するポイントを知り、自分の魅力を最大限に伝えて就活の攻略を目指しましょう。

質問に答えるだけで自己PRを完成させよう

就活において、自己PRは大きな意味を持ちます。インターンシップに参加する時点で、自己PRを考えておくのはおすすめです。自己PRには盛り込むべき要素がたくさんありますが、文章を考えるのが苦手という就活生は多いのではないでしょうか。的確にポイントを押さえることも大切ですが、面接官に伝わる文章力が試されるのも自己PRの特徴です。

言いたいことはまとまったけれど、実際に文章にするのが苦手という就活生は、ぜひ用意された質問に答えるだけで自然な流れの自己PRが完成します。無料でダウンロードできるので、文章の繋ぎ方や言葉遣いに自信がないという就活生にもおすすめです。

面接の自己PRで見られているポイント

自己PRで上手にアピールするためには、まずは面接においてどのような点が見られているのかを知ることが大切です。自己PRは面接で頻出の質問ですし、事前に必ず対策をしておかなければなりません。

しかし、評価されるポイントを知らないままでは、高評価を獲得するのは難しいです。面接で答える自己PRではどのような点が見られているのかを知り、上手にアピールする方法を考えていきましょう。

どのような能力・人柄なのか

面接の自己PRでは、アピールする内容から、どのような能力を持っているのか、どのような人柄なのかが見られています。面接は学生のことを知るためにおこなわれるものであり、自己PRは自分自身について伝えるチャンスです。

アピール内容をしっかりと考え、どうすれば自分のことをより深くまで理解してもらえるかを考えることが大切です。アピールする内容からは、自己分析ができているかどうかも見られています。自己分析は就活では必須のものですし、これができているかどうかで、就活への真剣度も問われているので注意しましょう。

企業で活躍できるか

null

学生が持っている能力や人柄から、それを活かして企業で活躍できるかどうかが見られています。新卒では即戦力ではなく成長力重視で採用が決定することが多いですが、能力が全く評価されないわけではありません。

企業で活躍できるだけの高い能力があれば高評価にも繋がりやすいですし、現時点でどんな能力を持っているかも重要です。新卒であっても即戦力として働けるだけの能力があれば当然選考では有利ですし、企業としても積極的に採用したいと考えます。

もちろん仕事ですぐに活躍できる水準に達していなくても、仕事に活かせる能力の芽が出ていれば評価の対象にはなります。企業は自社で活躍できる人材を採用したいと考えていますし、自己PRではいかに企業に貢献できるかをアピールすることが大切です。

企業への志望度は高いか

自己PRでは企業でいかに活躍できるかを伝えるものなので、アピールの熱意から志望度の高さも見られています。しっかりアピールできている=志望度が高いと評価されますし、反対に企業で活かせない的外れな能力や人柄をアピールするとマイナスの印象を与える恐れがあるのです。

企業に適した能力がアピールできていないと、企業研究ができていない印象を与えてしまい、評価を下げられる危険性があるので注意しましょう。新卒の就活では志望度の高さは特に重要視されているポイントですし、仕事への熱意をしっかりアピールして、いかに企業に就職したいかを伝えていかなければなりません。

コミュニケーション能力があるか

コミュニケーション能力は社会人として企業で働く際に、必ず必要なものです。仕事は一人でするものではなく、上司や同僚と協力しながら進めていくことが大切になります。また、進捗状況や取引先のことなど情報のやり取りをおこなう時にも、コミュニケーション能力がポイントです。

面接官は、応募者に仕事をスムーズに進めていけるコミュニケーション能力があるのかどうかをチェックしています。質疑応答できちんと質問の意味や意図を理解して、適切な回答をすることができるか、会話のキャッチボールが成り立っているか、要点をまとめて相手に伝えられるかが判断されます。

最近はメールなどで相手とやり取りをすることも多いですが、きちんと相手と話ができるのかは、重要なポイントとなります。

面接で自己PRを上手に伝えるポイント

面接で自己PRを上手に伝えるためには、さまざまなポイントがあります。自己PRはアピールの仕方が非常に重要であり、仮に同じ内容だったとしても、伝え方次第で与える印象は大きく違ってきます。

せっかくいい題材でアピールできていても、伝え方によってはアピール力が半減するので注意が必要です。自己PRはただアピールすればいいわけではなく、企業から評価される内容でアピールすることが大切ですので、面接での上手な伝え方を知っておきましょう。

結論→根拠→結論の順で伝える

自己PRはアピールする内容はもちろん、伝え方も大切であり、アピールの際には構成にも注意しなければなりません。上手に伝えるためには、結論→根拠→結論の順で伝えることが大切です。

最初に結論を述べてアピール内容を明確にすれば、インパクトが出るため面接官の印象にも残りやすいです。どんな能力や人柄を持っているかも伝わりやすいですし、結論は必ず冒頭で伝えておかなければなりません。アピールポイントを提示すれば、その裏付けとなる根拠を示すことが大切です。

いかに優れた能力があるとアピールしても、信じてもらえなければ意味はありません。根拠を示し、説得力を高める必要があります。

企業にどのように貢献できるかをアピール

能力を提示した後は、それがいかに企業で役に立つのか、どのように貢献できるのかを伝えていきます。自己PRで重要なのはどんな能力があるか、それが企業で役に立つかの2点です。この2点さえ押さえておけばマイナスの印象を与えることはないでしょう。

企業が求めているのは、自社で活躍できる人材であり、それを示せるかどうかが評価の分かれ目です。自己PRは自分という商品を企業に売り込むためのものですし、採用メリットをしっかりと提示しなければなりません。企業で活かせる能力のアピールが採用メリットの提示になりますので、できるだけ具体的に伝えていきましょう。

企業での将来像を述べることも大切

null

企業に入社してどのように活躍できるかだけではなく、能力を活かしてどのように成長できるのかを伝えることも大切です。新卒では入社後のポテンシャルが重要視されているため、企業での将来像を述べることで成長意欲の高さをアピールできます。

明確な将来像があれば成長意欲の高さはさらに伝わり、企業への志望度の高さのアピールにも繋がります。企業研究がしっかりできていることも伝わり、印象は非常にいいです。将来像をきちんと提示できてれば、長く続けてくれそうなど企業に安心感を与えることもできます。ただ就職すればいいわけではありませんので、就職後も長く活躍できることを伝えていきましょう。

面接練習をおこなっておく

面接は緊張してしまうものです。履歴書やエントリーシートではきちんと答えを書いていたけど、いざ本番になると頭が真っ白になりうまく答えられなかったという場合もあります。その場になってみないと、実際の雰囲気や面接官の印象は分かりませんが、頭でイメージしているだけでなく事前に面接を想定した練習をしておくことが大切です。

学校の友人や家族などに面接官の役をしてもらい、本番と同じように質問をしてもらいましょう。その際には、厳しくチェックしてもらい改善点なども教えてもらえると役に立ちます。面接では予想していなかった質問をされることもありますので、臨機応変に対応できるように色々なパターンで練習しておきましょう。

面接で自己PRを伝える際の注意点

自己PRを伝える際には注意点もあり、それが守れていないとマイナスの印象を与える可能性もあるので注意しなければなりません。自己PRは能力を提示すれば自動的に評価されるわけではなく、細かなポイントを守ってアピールすることが大切です。上手にアピールできていなければ選考でも不利になりますので、マイナスの印象を与えないように注意しましょう。

アピールポイントをひとつに絞る

自己PRでは、アピールポイントをひとつに絞るのが基本です。アピールポイントが増えてしまうと、1つひとつのアピールが薄くなってしまうため、アピール力は半減します。アピール内容を増やしすぎると、結果的に何が伝えたいのかが分からなくなってしまいますし、評価すらしてもらえなくなります。

より高評価を獲得するためには、重点的にアピールすることが大切です。自己PRは量より質を取らなければなりませんし、何より簡潔に伝えることがポイントです。伝わらないものをいくらアピールしても意味がありませんので、理解してもらえることを重要視して、伝えていきましょう。

履歴書・ESの内容に合わせてアピールする

面接での自己PRは、事前に提出した履歴書やESの内容に合わせてアピールすることが大切です。応募書類に記載した自己PRと面接でアピールする内容が違っていると、面接官は混乱してしまうので注意しましょう。

一貫性を持ったアピールが大切であり、履歴書をベースにしてそこから細部を掘り下げて伝えることが大切です。一貫性がないと、企業への志望度もぶれているのではないかと思われる可能性があります。軸がぶれないようにアピールすることを心がけましょう。

自信を持って伝える

自己PRは内容だけではなく、伝え方も評価されています。特に面接の場合は、話し方や表情、仕草なども評価の対象になっているため、高評価を獲得するには自信を持って伝えることが大切です。アピール内容がよくても、自信がなさそうに見えるとアピール力は弱くなってしまうので注意しなけれなりません。

あまりにおどおどしていると、場合によっては嘘をついているのではないかと疑われてしまう可能性があります。堂々と胸を張ってアピールすることが大切です。伝え方ひとつでも印象は大きく変わりますし、自分の魅力を伝えているわけですから、自信を持って伝えることを意識しましょう。

自己PRの例文3選

自己PRをどのように伝えていくのかをイメージできたら、実際に例文を確認しながらアピール内容を練り上げていきましょう。自己PRは就活の要ですし、選考の前に必ず練り上げておかなければなりません。

一度作成すればそれで終わりにするのではなく、何度でも見直し、改善することが大切です。自己PRは何度でも見直すことが大切であるため、さまざまな例文に触れながら自身の考えている内容に改善の余地はないかも確認しておきましょう。

例文①

私は失敗から学び、成長して強くなることが出来ます。剣道部に所属しているのですが、大学2年生の頃どう頑張っても勝てない先輩がいました。私は何度負けても挑み続け、なぜ負けるのかを分析し、周囲の人にも意見をもらいました。
分析した結果、太刀筋が見えていないことに気づき、動体視力と反射神経を高めるトレーニングを毎日行い、一勝だけ勝つことが出来ました。御社でも、失敗しても反省して挑戦を続け、ミスなく仕事を進めチームを引っ張る存在に成長したいと考えています。

例文①では、失敗から学び、成長して強くなれることがアピールされています。部活動の経験から何度も失敗したことが述べられており、成功するためにおこなった努力もアピールされています。

冒頭でアピールした能力がエピソードによってしっかり裏付けられており、好印象です。また、能力を活かして企業でどのように活躍したいのかも伝えられています。単に失敗から学ぶだけではなく、成長意欲の高さが伝わり好印象でしょう。

例文②

私はポジティブ思考ができ、何事にも前向きに取り組めます。大学時代は居酒屋のキッチンでアルバイトをしていました。ある日当日予約で宴会が入り、忙しさから文句を言う人も多くいましたが、私は宴会では決まったメニューを出せば終わるので、その分楽に回せるのではないかと考えました。
宴会はコースさえ出し切ればほとんどすることはありませんので、キッチンのメンバーにそれを伝え、先に宴会を終わらせることでスムーズに業務を進めることが出来ました。御社では営業として働き、何度契約を断られても次にチャンスがあると前向きにとらえ、挑戦し続けることで営業成績に貢献したいと考えています。

例文②ではポジティブ思考であることがアピールされています。ポジティブ思考というだけでは漠然としていますが、何事にも前向きに取り組めると詳細まで伝えることで、アピール内容をより明確にできています。

アルバイトの経験からポジティブさの裏付けができていますし、仕事での活かした方もアピールできており、好印象です。ただ楽観的なだけではなく、きちんと行動に移し、結果を残していることで、物事に対しての責任感もアピールできているでしょう。

例文③

私はコミュニケーション能力があり、特にプレゼンをするのが得意です。大学では文化祭の実行員をしていました。私はアイデアを出し、予算やそれぞれの役割、集客の見込みや最後の片づけなども含め細かく説明したところ、満場一致でその意見に決定しました。文化祭当日は盛り上がり、設営から片付けまで含めすべてスムーズに進み、文化祭は大成功に終わりました。
御社ではコミュニケーション能力を活かして営業として活躍し、現場のノウハウ、クライアントの求めるものなどを学びたいと思います。その上で企画部で企画の仕事をし、プレゼン能力を活かして魅力的なアイデアを打ち出すことで、御社の代表商品をさらに生み出したいと考えています。

例文③ではコミュニケーション能力がアピールされています。コミュニケーション能力の中でもプレゼンが得意と範囲を絞っているため、より能力が明確に伝わっています。文化祭の実行委員の経験から能力の裏付けができていますし、企業での活かし方も細かく伝えられており、好印象です。

また企業でどのように成長したいのかも詳しく説明されていますし、企業での成長意欲の高さも伝えられています。明確なキャリアプランを語ることで、より志望度の高さをアピールできているでしょう。

面接官からの質問も自己PRのチャンス

面接官からの質問は、どんな人物なのか、どのような考えを持っているのかを知るためのものです。答えによっては好印象を与えて自己PRになるチャンスにもなります。自己PRをしてくださいと言われた時だけでなく、他にもアピールできる内容があるはずです。

予想もしていなかった意外な質問がされることもありますが、事前に様々なパターンを練習しておいてすぐに答えられるようにしておきましょう。自己PRを効果的にしようと考え込んで答えに詰まってしまうと、マイナスの印象になってしまうこともあります。自分なりに考えを述べて、会話が止まらないように注意しましょう。

よくある質問例

あなたの長所・短所を教えてください
アルバイトは何をしていましたか?
最近のニュースで印象に残ったものはありますか?
尊敬している人は誰ですか?

「あなたの長所・短所を教えてください」という質問は、長所や短所は面接でもよく聞かれる質問のひとつです。事前に練習で答えを用意しておくとスムーズに答えられるでしょう。短所は正直に伝えても構いませんが、具体的にどのように改善してくかなども合わせて述べることで、自己アピールになります。

「アルバイトは何をしていましたか?」という質問は、学生時代のアルバイト経験を通して、どんな人材なのか、どんな仕事の経験があるのかを知る質問です。仕事の内容や、アルバイトの時に努力していたエピソードなどを合わせて伝えると良いでしょう。

「最近のニュースで印象に残ったものはありあすか?」もよくある質問です。時事問題をチェックしているのか、どんな話題に興味があるのかが分かります。普段から新聞やニュースを確認しておくことが大切になります。

「尊敬している人は誰ですか?」という質問では、誰を尊敬しているか、またなぜそう思うのかを伝えるようにしましょう。尊敬している人物の良い点を自分にも取り入れていきたいなど、前向きなアピールをすることで向上心があると印象付けることができます。

質問への回答例

あなたの長所・短所を教えてください。

私の長所は、最後まであきらめない粘り強さです。学生時代に飲食店でアルバイトをしていた時に、売り上げが落ちてしまったことがありました。店長や同僚たちと何度も意見を出し合い、どのようにしたらお客様が増えるのかを考えていきました。
その結果、SNSなどでアピールするなどして、以前よりも売り上げを増やすことができました。 短所は何でも自分でやろうとしてしまうところです。一人で抱え込んでしまうところがあるので、なるべく周りの人に助けを求めながら協力していくようにしています。

短所を聞かれた時に、マイナスな印象を与えてしまうので「短所はありません」と答えてしまう人もいますが、きちんと自分の短所も伝えましょう。短所を答えないと、自分のことをきちんと理解できていないと思われてしまいます。短所を伝え、改善する努力をしていることも合わせてアピールしていきましょう。

面接での自己PRでは貢献できる点や将来像を伝えよう

就活では自己PRは必須の項目ですし、しっかりと考えておかなければ面接で聞かれた時に困ってしまいます。自己PRは自分を売り出すためのものですし、採用メリットを提示する重要なポイントです。

企業は学生の中から採用メリットのある人材を探していますし、これを提示できなければ、合格を勝ち取ることはできません。他の学生がたくさんいる中で、自分こそは本当に採用する価値がある、企業に貢献できる人材であるとアピールすることが大切です。

自己PRの出来次第で面接の合否は大きく変わりますので、時間をかけてしっかり練り上げ、自分の魅力を存分にアピールしましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ