履歴書

【エントリーシートの書き方】項目ごとのポイントとよくある質問例

就活攻略のためにはエントリーシートへの理解は必須

就活では履歴書のほかにエントリーシートの提出を求められることも多いです。エントリーシートは書類選考に必要なものですが、履歴書とは何が違うのか、そもそも何のために提出するのかを理解できていない人は多いです。

エントリーシートは履歴書とは別物ですし、それぞれの特徴や違いをしっかりと理解しておかなければなりません。またエントリーシートを提出することには企業側の明確な意図があります。

エントリーシートとは

エントリーシートは応募書類のひとつであり、企業の選考に参加するために必要なものです。履歴書同様、書類選考での判断材料として見られており、面接での参考にもされます。就職後の配属の参考にされることも多いため、将来を左右する可能性のある書類とも言えるのです。

就活において非常に重要な書類なので、しっかりと内容を考えてから作成しなければなりません。書類選考の合否に関係することはもちろん、その後の選考や就職後も影響しますし、記入する内容次第で就活の結果が変わるとも言えます。

エントリーシートは履歴書に比べれば自由度は高いですが、重要なものであるという意識はきちん持った上で、慎重に作成していきましょう。

エントリーシートを書く際のポイント

続いて、エントリーシートを書く際のポイントについて見ていきましょう。就職活動では、学生が自分のことを伝えられる機会は限られています。自分のことを伝える代表的な機会が面接ですが、企業の選考フロー・倍率などによっては、面接にたどり着くこと自体が難関なケースもあります。

そのため、エントリーシートも細部まで丁寧に仕上げておかなくてはなりません。そのためにはどのようなことに気を付けるべきか、ここから具体的に見ていくことにしましょう。

結論から述べる

エントリーシートに書く内容はもちろん大切ですが、内容以前に「伝えたいことをわかりやすく書く」ことも大事です。どれだけ良い内容が書かれていても、読み手が理解できなければ意味がありません。また、理解しにくい印象を与えてしまうと、「仕事ができなさそう」と判断されてしまうでしょう。

わかりやすく伝える基本は「結論から書く」ことです。結論が明確ですので、読み手は大体の流れを想定して読み進めることができます。逆に結論が最初に書かれていないと、「結局何が言いたいんだ?」と考えながら読み進めることになり、読み手のストレスになってしまうでしょう。

結論から書くことのメリットは、書き手にもあります。結論を最初に書いてしまうと、話しの展開に迷いがなくなるからです。最終目的地が最初に示されているので、話しの道筋が自然に整っていき、脱線する可能性も下がります。結論先行はビジネスをする上で基本ですので、この機会に身に付けておくとよいでしょう。

具体的なエピソードを書く

エントリーシートを書く際、できる限り具体的なエピソードを添えるようにしてください。例えば自分の性格を問われ、「責任感が強い」ことを伝える場合、責任感の強さを発揮したエピソードを書く必要があるのです。

なぜなら、「責任感が強い」ということは誰にでも書けてしまうからです。採用側は「本当か?」「根拠は?」と考えますので、責任感が強いと納得してもらえるようなエピソードを添えましょう。

エピソードには、5W(いつ・誰が・どこで・なぜ・何を)1H(どうやって)をベースにまとめると良いでしょう。行動した動機や結果など、自分が考えた内容は、自分の言葉でストレートに書くことでより強い説得力が生まれます。

企業でどう活躍したいかをアピールする

エントリーシートでは自分をアピールする箇所が複数ありますが、どの項目についても、「企業でどう活躍したいか」につなげることが大切です。採用側はエントリーシートを通して学生のことを詳しく知ろうとしていますが、その目的は「自社で活躍できる人材を確保すること」です。

いくら自分の長所や経験、スキルをアピールしたところで、それが入社後の活躍につながるものでなければ、採用側は魅力を感じません。逆に、一人よがりな自己アピールというマイナスの印象を与えてしまうリスクもあるのです。

そうならないためには、企業の求める人材像や業務内容、社風などを踏まえ、「入社後はこのように活躍したい」「長所をこのように活かしたい」といったアピールをするようにしましょう。

エントリーシートの基本項目の書き方

null

ここまでは書き方のコツを見てきましたが、続いて基本項目の書き方を見ていきましょう。エントリーシートの項目は企業ごとに違っていますが、共通している基本項目もあります。これらについては今後何度も書く可能性があるため、その基本の書き方を押さえておくことは大切です。

基本項目については「特に意識せず普通に書けば大丈夫」と思っている人も多いかもしれませんが、意外と細かなミスが発生しやすいポイントでもあります。良かれと思って失敗し、取り返しがつかなくならないよう、事前に押さえておきましょう。

基本情報:住所は省略せずに記入する

基本情報や住所については、内容を一切省略せずに書くことが基本です。例えば生年月日の「平成」を「H」と略して書く、住所の都道府県名・マンションやアパート名を省略するなどは全てNGですので注意しましょう。

エントリーシートは企業が学生のことを判断する大切な書類です。省略というのは、「書く手間を惜しんで簡単に済ませた」という印象を与えてしまいます。企業に提出する大切な書類で手抜きをするような人材を、企業は採用したいとは考えません。入社後に雑な仕事をして欲しくないからです。

基本情報を記入する際には、正しい情報を省略無しで確実に書きましょう。住所などは、普段書き慣れているものが正式ではない可能性もあります。少しでも不安があれば正しい住所を調べ、正式なものを書くようにしてください。

学歴:中学卒業から書き始める

実は、エントリーシートの学歴をどこから書き始めるか、明確な決まりはありません。しかし、中学校の卒業から書くのが一般的となっています。なぜなら、中学校卒業が義務教育の終了となるからです。

学歴は小学校からスタートすると考えられますが、小学校は基本的に全員が卒業しているため、特に書く必要はありません。また、エントリーシートを書く度に小学校から書くのはとても大変です。

学歴は中学校卒業から書き始めますが、学校名も必ず全て正式名称で書いてください。「私立」「○○県立」など、普段は省略しているとしても、エントリーシートの記述では正式名称で書かなくてはなりません。自信がなければ調べるなどし、確実に正しく書くようにしてください。

趣味や特技:基本的には何を書いてもよい

趣味や特技に関しては、基本的に何を書いても大丈夫です。中には「就職活動で好印象を与えるにはどんな趣味・特技を書くべきか?」と考える人もいるかも知れませんが、大切なのは真実を書くことです。

趣味・特技は、面接などで会話の入り口になることも多いため、自分自身の言葉で語れることが大切といえるでしょう。自分が本当に好きなことや得意なことは、話していればわかりますので、正直に書くのがよいです。

もちろん、そうは言っても書かない方がいい内容もあります。公序良俗に反するもの、反社会的なもの、ギャンブルなどです。これらについて書いてしまうと印象が悪くなってしまいますので、一般的に受け入れられそうなものを書くようにしてください。面接での質問に備え、その趣味や特技に関する具体的なエピソードなども用意しておくとよいでしょう。

エントリーシートで頻出の質問

エントリーシートは企業ごとに質問内容が大きく違いますので、事前に対策を立てることが難しいです。しかし、全くバラバラな質問がされるわけではなく、いくつかの質問については共通しているものもあります。

エントリーシートでも頻出の質問はありますので、スムーズに作成するためには、それらについては記入内容を考えておくことが大切です。頻出の質問を知り、それぞれの記入時のポイントも理解しておきましょう。

志望動機

志望動機ではなぜその業界、その企業を選んだのかをアピールすることが大切です。たくさんの選択肢がある中でなぜその業界を選んだのか、志望動機の根本となる部分を提示します。その上で、業界内でもなぜその企業なのかを明確にしなければなりません。

業界内にもたくさんの企業がありますし、同業界であれば仕事が共通していることも多いです。似た仕事がある中で、その企業でなければならない理由は何かを提示し、他社の志望理由と差別化を図ることが大切です。その企業でどのように活躍できるか、成長したいのかもアピールしましょう。企業は自社で活躍できる人材を求めていますし、就職後いかに活躍し、企業に貢献できるかを示すことが大切です。

自己PR

自己PRでは、企業が求める人材像に合わせてアピールの内容を考えることが大切です。企業ごとに求める人材像は違いますし、仕事によって必要な能力、資質も異なります。自己PRは、いかに自分に採用メリットがあるかをアピールするためのものです。

志望企業の仕事に絡めて自分を売り込むことが大切です。自分にはどんな能力があるのか、それが仕事でどのように役立つかを提示しましょう。基本部分が伝えられていなければ、評価の対象にはならないので注意しましょう。

学生時代に力を入れたこと

学生時代に力を入れたことでは、何に取り組み、どのような経験をしたのか、その経験から何を得たのかをアピールします。大切なのは取り組みの姿勢であり、結果ではありません。結果が素晴らしくても、取り組みから得たものがなければ評価の対象にはなりませんし、目的意識を持っていないことでマイナスの印象を与えてしまう可能性もあります。

結果よりも過程を重視して、過程から学んだこと、成長できたことをアピールすることを意識しましょう。また、得たものが仕事でどのように役立てられるのかを伝えることも大切です。得た能力を活かしてどのように活躍できるかをアピールすれば、高評価を獲得できます。

エントリーシート作成時の注意点

エントリーシートを作成する際には、いくつかの注意点があります。注意点が守れていないと、アピール力の高いエントリーシートにはなりませんし、場合によってはマイナスの印象を与える可能性もあります。

言葉遣いに気を付ける

エントリーシートを書く際には、言葉遣いに気を付けるようにしましょう。言葉遣いについては特別に意識しないという人が多いかも知れませんが、思わぬミスをしてしまう可能性があります。近年は友人とSNSなどでコミュニケーションを取る機会が多く、ついくだけた表現を使ってしまう可能性があるのです。

「私的には〜〜と思います」「〜〜と思ったんで〜〜しました」など、話し言葉をそのまま書いてしまわないように気を付けましょう。もちろん、「!」や「☆」などの記号、顔文字や「(笑)」なども使用してはいけません。特にパソコンで入力する場合、つい使ってしまわないように注意しましょう。

逆に手書きの場合は、字が雑にならないよう、丁寧に記入する必要があります。誤字脱字があると見直しをしていないことが伝わってしまうので、必ず見直しをして誤字脱字ゼロで提出しましょう。また、余白が残っていると「意欲が薄い」という印象を与えてしまいますので、欄は目一杯使うようにしてください。

必ずコピーを取る

エントリーシートの配布方法は企業によって異なり、場合によっては手渡しで渡されることもあります。説明会参加時などに手渡しで渡され、予備がない場合は、必ずコピーを取ってから作成することが大切です。

予備のエントリーシートがない状態で書き始めてしまうと、失敗したときに取り返しがつかなくなります。失敗したまま提出すれば、当然印象は悪いですし評価も下げられてしまう可能性が高いです。

エントリーシートは履歴書同様ボールペンで記入しますし、簡単には修正はできません。企業のホームページなどでダウンロードできる場合は問題ありませんが、予備がない場合はコピーしておくことが大切です。どれだけ丁寧に作成してもミスをする可能性はありますので、万が一に備えて必ずコピーは取っておきましょう。

空欄を作らない

null

エントリーシートは企業独自の質問内容になっているため、記入が難しいことも多いです。企業によってはユニークな質問を出されることも多く、作成に悩んでいる人はたくさんいます。しかし、どれだけ難しいからといって、空欄のまま提出するのはNGです。

エントリーシートに空欄があると、自分を知ってもらうための意欲が低い、志望度が低いと思われてしまうので注意しましょう。どんな項目であっても空欄はNGなので、きちんと最後まで埋めることが大切です。記入欄に合わせて8割程度は埋めるのがポイントです。全くの空欄ではなく、記入できていたとしても余白が多すぎるとマイナスの印象を与えます。

履歴書の内容と矛盾させない

企業によってはエントリーシートと履歴書、両方の提出を求められることもあります。エントリーシートの内容次第で、履歴書の質問と重なる場合もありますが、このときそれぞれの内容を矛盾させないことが大切です。

同じ質問を問われている場合に、履歴書とエントリーシートで記入した内容が食い違っていると、採用担当者はどちらを信用していいのか分からなくなります。一貫性がないことで信用できないと思われる可能性もあるので、それぞれの内容が矛盾しないように揃えることが大切です。

同じ質問を問われる場合は、履歴書では簡潔に述べ、エントリーシートでさらに深堀りすることを心がけましょう。全く同じ内容ではアピールになりませんので、履歴書の内容をベースに、エントリーシートで細部まで伝えることが大切です。

訂正は基本的にはNG

エントリーシートは、履歴書同様に公式な書類として重要視されています。そのため基本的には訂正はNGです。間違ったからといって、修正ペンや修正液などを使って訂正することはできないので注意しましょう。

間違ってしまった場合は、一から書き直さなければなりません。訂正が面倒だからといって、誤字脱字があったまま提出するとマイナスの印象を与えてしまいます。また履歴書と同じように、訂正印と二重線で訂正はできますが、これもあくまで応急処置です。

マイナスの要素を排除したい場合は、一から書き直すことが大切です。訂正印を使用する訂正は、緊急の場合のみ使用可能と考えておきましょう。

エントリーシートは人柄が伝わるように記入しよう

エントリーシートを求める企業は多いですし、就活を進める上では避けては通れないものです。応募書類は履歴書とエントリーシートでセットになっていることも多いですが、これらは全く別物と考えなければなりません。

エントリーシートで高評価を獲得するためには、まずはその意味を理解しておかなければなりません。エントリーシートについて基本的な理解を深めて作成し、上手に自分をアピールして内定の獲得を目指しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ