自己PR

【自己PRするには】上手な伝え方のポイントや例文をご紹介

自己PRで悩む就活生は多い

【面接でのマスク着用は絶対NG】就活で失敗しないために知っておきたいマナーをご紹介

自己PRは就活において必須の項目ですが、重要だからこそ悩む人は多いです。自己PRでは何をどのようにアピールすればいいのか分からないという人もいれば、そもそもアピールできる題材が見つけられないという人もいます。

自己PRは就活でもつまづきやすいポイントのひとつですが、コツを理解するだけでスムーズにアピールできます。題材の上手な見つけ方を知っていれば、アピールポイントを見つけることはそれほど難しくありません。ポイントを理解して、高評価を獲得できるアピールを目指しましょう。

質問に答えるだけで自己PRを完成させよう

就活において、自己PRは大きな意味を持ちます。インターンシップに参加する時点で、自己PRを考えておくのはおすすめです。自己PRには盛り込むべき要素がたくさんありますが、文章を考えるのが苦手という就活生は多いのではないでしょうか。的確にポイントを押さえることも大切ですが、面接官に伝わる文章力が試されるのも自己PRの特徴です。

言いたいことはまとまったけれど、実際に文章にするのが苦手という就活生は、用意された質問に答えるだけの自己PR作成ジェネレータで自然な流れの自己PRを作ってみてください。無料でダウンロードできるので、文章の繋ぎ方や言葉遣いに自信がないという就活生にもおすすめです。

自己PRの意味とは

自己PRとは簡単に言えば自分の能力や人柄を伝えること、売り込むことです。就活では企業に自分を知ってもらうことが目的であり、自分という商品を売り込むためのアピールだと考えましょう。

就活における自己PRは単に自分のアピールポイントを伝えるだけではなく、企業で役立てられる能力や人柄を伝えることが重要視されています。どのような内容でも高評価が得られるわけではなく、企業に合った内容で伝えることが大切です。

企業で活かせない能力や人柄をアピールしても、高評価を獲得することは難しいです。企業の特徴や仕事の性質、求められる能力などを把握した上で、アピール内容を考えることが、自己PRで高評価を獲得するポイントだと言えます。

自己PRする題材の見つけ方

自己PRをおこなうためには、まずは何をアピールするのかを考える必要があります。題材を決めないことにはアピール内容も考えられませんし、ベースから作り上げることが大切です。

自己PRでは題材選びの時点で挫折してしまう人が多いですが、これも見つけ方、考え方次第で変わります。題材選びが難しいと感じるのは、やり方を間違えている可能性が高いです。上手な見つけ方を知り、スムーズに自分のアピールポイントを洗い出しましょう。

自己分析

自己PRの題材を見つけるためには、自己分析がおすすめです。自己分析は自分自身と向き合っていわば過去の棚卸をおこなうことですので、アピールポイントも見つけられることが多いです。過去にあった印象的な経験から、どんな能力や人柄を発揮したのかを考えれば、それが自己PRの題材になります。自己分析は就活の基本でもあるため、念入りにおこなうことが大切です。

また自己分析は一度やればそれで終わりにするのではなく、何度も繰り返しおこなうことで、より高い成果が得られます。就活を進める中でも考え方などは変わりますし、就活前と後では違った分析結果が得られることも多いです。自己PRの題材に迷った場合は、まずは自己分析をおこない、自分を見つめ直すところから始めましょう。

長所・短所を把握する

皆さんは、自身の長所や短所をしっかりと認識していますか。自己分析では、自身の性格をよく知ることが重要です。自分の性格を熟知していなければ、どのような分野で特技やスキルを活かせるかが分かりません。長所だけではなく短所を知ることで、向き不向きが分かりますし、自分がどのように企業や社会に貢献できるのか道筋が見えてくるはずです。

自身の長所や短所と企業の社風や仕事内容が合わない場合、1日の大半を過ごす会社での生活が苦しくなることが想定できます。入社後のミスマッチは企業、就活生ともに不利益な結果になるだけです。そのため、自分自身の長所や短所を分析できていて、自己PRで堂々と話すことができる就活生は、企業にとっては好印象に映ります。

業界・企業研究

業界・企業研究も、自己PRの題材の見つけ方のひとつです。自己PRでは志望企業で活かせる内容でアピールすることが大切ですし、志望先で求められる能力、人柄を知り、自分がどれに該当するかを考えていきます。

企業ごとに求める人材像は違いますし、必要な能力や資質なども異なります。ただ求める人材像のすべてに合致している必要はなく、一部でも適合する部分があればアピールすることは可能です。求める人材像はあくまで理想ですし、企業も完全に一致した人材が簡単に現れるとは考えていません。

企業が求めるものと大きく違っていなければアピールはできますので、大枠で一致していれば問題はありません。また同じ業界であれば、求められるものは大部分が一致しているため、そこからアピール内容を考えるのもおすすめです。

趣味や特技

趣味や特技は就活に関係ないと考える人も多いですが、実はここから自己PRの題材を見つけることもできます。どんな趣味や特技を持っているかによって、その人の個性が分かりますし、取り組みの姿勢からさまざまな特徴を把握することができます。

趣味や特技自体が仕事に関係ないものだとしても、それらへの取り組み次第では高評価を得ることも可能です。たとえば長く続けている趣味があれば継続力がアピールできますし、特技を修得するための努力を伝えれば、向上心の高さを伝えることができます。

趣味や特技には人間性、価値観が強く表れますし、自己PRの題材探しには実はうってつけです。題材がなかなか見つからない場合は、少し視点を変えて趣味や特技を深堀りして、アピールポイントを探してみましょう。

周囲の人に聞く

自分ではこう思っていても、実は他人から見ると全く違ってるケースもあります。先入観だけで自己PRを作成してしまうと、ちぐはぐな内容になってしまったり、矛盾が生じてしまいます。言っていることと実際の様子が違っていては、説得力に欠けますし、選考で有利になることはないでしょう。

また、周囲の人に聞くことで、自分では気づかなかった部分が、他人からの視点で判明することもあります。実はこういう部分が魅力的だった、こういう点がアピールポイントだった、という気づきが生まれることがあります。まずは、自分の本質を知るためにも、友人や家族に改めて自分の性質を聞いてみることをおすすめします。

自己PRの上手な伝え方3ステップ

自己PRで伝える題材を見つけた後は、それをどのようにアピールするかを考えていきましょう。自己PRでは題材選びも大切ですが、それをどのように伝えるかはさらに大切です。同じ内容でも伝え方次第でアピール力は異なりますし、評価にも違いが出ます。

せっかくいい題材を選べていても、アピールの方法次第では高評価を得られない可能性があるので注意しなければなりません。自己PRの上手な伝え方を知り、自分の魅力を最大限にアピールしましょう。

①結論から語る

自己PRは結論から語ることが大切です。冒頭でどんな能力、人柄なのかを提示します。最初に結論を伝えることで、何をアピールしたいのかを明確にでき、インパクトを持ったアピールなりやすいです。

結論を後回しにしてしまうと、最後まで聞かなければ何をアピールしたいのかが分からなくなります。場合によっては、最後まで聞いたものの、結局何を伝えたいのかが分からないこともあり、それでは高評価を獲得することはできません。

自己PRで評価されるためには、何をアピールしているのかを相手に正しく理解してもらうことが大切です。結論を最初に提示してしまえば、アピールの内容もぶれにくくなりますし、より正確に能力や人柄を伝えることができます。

②明確な根拠を示す

自己PRは説得力を持たせたアピールが大切であり、明確な根拠を示して伝えることがポイントです。能力があると伝えるのは簡単ですし、極端に言えば嘘をついてアピールすることも可能です。

面接官は学生がアピールしていることが本当なのかチェックしていますし、アピールに説得力がなければ嘘をついていると判断される可能性があります。たとえ本当のことを伝えていても、嘘をついていると思われれば評価は大幅に下げられるので注意が必要です。

また説得力が弱ければ、アピール力そのものも弱まってしまいますし、高評価の獲得も難しくなります。高評価を獲得するためには相手に納得してもらうことが大切ですので、能力や人柄を発揮したエピソードを使いながらアピールするなど、根拠の部分を意識しましょう。

③仕事での再現性を提示

企業は自社で活躍できる人材、利益に貢献できる人材を求めているため、アピールした能力や人柄がいかに仕事で再現できるかを伝える必要があります。魅力的な内容でも、仕事での再現性が低い、あるいはないと判断されれば評価は下げられてしまいますし、選考でも不利になります。

企業の仕事を踏まえて題材を考えることはもちろん、どのように活かせるかを具体的に伝えることが大切です。実際の仕事を例に挙げたり、企業内でどのように活躍したいのか、明確なビジョンを掲げてアピールすることを心がけましょう。

仕事での再現性が高い=企業で活躍できると評価されますので、選考でも有利になります。自己PRは自分の採用メリットを示すものでもあるので、仕事で活躍できると強くアピールすることが大切です。

自己PRの例文

上記の自己PRの見つけ方や伝え方に則した例文をご紹介しましょう。題材は異なるでしょうが、文章の流れを掴むためには、例文の確認がおすすめです。ここでは例文を3つご紹介しますので、ぜひチェックしてください。

例文①

私は何事もポジティブに考え、過酷な状況でも諦めずに対応策を考えることが出来ます。大学時代は登山部に所属しており、冬場のグループ登山で一度遭難したことがあります。救援隊とも連絡がつかず、暗い雰囲気が漂っていました。私は少なくとも燃料や食料は十分にあり、山の天気は変わりやすいので明日になれば状況は一変するだろうと伝え、雰囲気を盛り上げることを心がけました。前向きな気持ちを持つことで暗い雰囲気が和らぎ、冷静に対処策を考えて無事生還することが出来ました。御社では営業として働き、たとえ契約を断られ続けても次にチャンスがあると考え、前向きな気持ちで取り組み、反省を活かしながら契約獲得を目指します。

例文では、ポジティブ思考で厳しい環境にあっても諦めないことを題材に挙げています。どんな能力、人柄があるのかを最初に提示することで、アピール内容を明確にできています。

また単にポジティブ思考であると伝えるのではなく、詳細な情報を付け加えて伝えることで、より細かいニュアンスも伝わりやすく好印象でしょう。明確な根拠として登山部での経験が述べられており、説得力にも問題ありません。企業でどのように活かすかも触れられており、実際に営業としてどのように働くかを述べることで、再現性の高さをイメージしやすいです。

例文②

私は英語が得意です。幼少の頃から洋楽を聞いていて、英語で歌うことが夢でした。英語好きが高じて、大学では英文学科を専攻し、1年間アメリカに留学しました。現地では日本語は使わず、会話力を高め、ネイティブスピーカーと同様の発音ができるように努力しました。英検やTOEICでは良い成績を収めることができ、英語に関わる仕事をしたいと強く思うようになりました。御社では、持ち前の英語力で、英語の楽しさを教えられる英会話講師として幅広く活躍したいと存じます

特技から自己PRポイントを見つけた例です。英語が好きなことと、留学をして結果を残した点も同時にアピールしています。自己PRでは効果的にアピールができるよう、1つの事象から複数の良い点をアピールすることも有効です。

例文③

私は商品をお客様に提案することが好きです。アパレルの販売アルバイトをしています。洋服が好きなので、洋服に関わる仕事をしたいとずっと思っていました。しかし、念願のアパレル業界でアルバイトをすることができ、嬉しい反面、売上目標の達成や店舗レイアウトに頭を悩ませていました。しかし、私のやりがいは商品を通じてお客様に笑顔になってもらうことにあります。自分の提案したコーディネートをそのままお買い上げいただいたり、お褒めいただくことで、心からやりがいを感じました。そして、商品を販売し、店舗を運営する以上、売上やレイアウトは重要なことです。日々勉強中ではありますが、持ち前の提案力を活かし、そして素敵なお店作りを目指し、今後もアパレルの販売の道を進みたいと思っています。

自信があるスキルをアピールしている例です。アルバイトで携わってきたことを、社会に出てからも活かしたいという気持ちや、商品を通じて人を幸せにしたいという考えを持っていることもアピールできています。

自己PRを伝える際の注意点

自己PRを伝える際にはいくつか注意点があり、これが守れていないと高評価の獲得は難しくなります。自己PRはただアピールすれば評価されるわけではなく、評価されるための工夫をして伝えることが大切です。

注意点が守れていなければ、場合によってはマイナスの印象を与える可能性もあります。いかに評価を下げずにアピールできるかも重要なポイントです。高評価を目指すためにはマイナスの要素を排除することが大切ですので、注意点もきちんと把握しておきましょう。

複数の能力を提示するのはNG

自己PRは自分を企業に売り込むためのものであり、どれだけ魅力を伝えられるかが重要です。しかし、複数の能力を提示するのはNGです。基本的にはアピール内容はひとつに絞らなければなりません。

アピール内容が複数になってしまうと、ひとつひとつの印象が弱くなり、結果的に全体のアピール力で言えばひとつに絞って伝えた方が高くなります。複数を提示してしまうと、結局何を伝えたいのかが分からなくなることも多く、場合によっては全く評価されないこともあるので注意しなければなりません。

自己PRは情報を盛り込めばいいわけではなく、質を高めてアピールすることが大切です。アピールポイントはひとつに絞り、それを念入りに伝えることを意識しましょう。

企業の仕事に関係するものを伝える

自己PRは企業の仕事に関係する内容であることが大前提であり、これが守れていないと高評価を獲得することはできません。どれだけ優れた能力、人柄を持っていたとしても、仕事に活かせなければ企業としては採用メリットが低いと判断しますし、相性が悪いと採用をためらってしまいます。

能力があるのは大切なことですが、それ以上に相性が重要視されていますし、企業はアピール内容から自社との相性、適性なども判断しています。新卒では即戦力よりも就職後の成長力を重視して採用が決定することが多く、長く続けられるのは大切なことです。

アピール内容が企業が求めるものと一致しなければ、企業との相性が悪く、すぐに辞めてしまうのではないかと思われますので、題材選びには細心の注意を払いましょう。

マイナスイメージのある題材はNG

自己PRではどのような人柄をアピールするのも自由ですが、マイナスイメージのある題材と使うのはNGです。ギャンブルや犯罪を想起させるような内容でアピールしてしまうと、信用度は下がりますし、評価も大幅に下げられるので注意が必要です。

ビジネスでは信用は最も重要視されているものです。企業では、マイナスイメージのある学生は、採用を避けたいと考えます。ギャンブルや犯罪以外でも、一般的にマイナスのイメージがあるものを題材にするのはNGです。

明らかにマイナスのものをアピールすると、そもそも自己PRの意味を理解していないと思われますし、印象が悪くなります。自己PRは社会人としての自覚を持ち、常識的に考えてアピールして大丈夫な題材を選びましょう。

自己PRで上手に自分をアピールしよう

自己PRは就活では必須ですし、事前にどんな内容でアピールするかを考えておかなければなりません。自己PRは自分の採用メリットを示すものですし、ここでどれだけアピールできるかによって、評価は大きく違ってきます。

上手にアピールできれば合格にもぐっと近づきますし、反対にアピールに失敗すれば不合格の確率が高くなってしまいます。自己PRは題材選びはもちろん、どのように伝えるかも大切です。

志望企業に合った適切な題材を、適切な方法でアピールすることで、高評価を得ることができます。どちらか一方ができていないと、アピール力は弱くなるので注意が必要です。自己PRは就活の要ですので、上手にアピールして選考の攻略を目指しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ