履歴書

【長所の例文3選】履歴書や面接で答えるポイントも紹介

履歴書や面接で答える長所に悩む就活生は多い

長所を上手にアピールするためには、例を参考にしてみるのがおすすめです。履歴書や面接などでは、長所が問われることも多く、アピールの方法に悩む人もたくさんいますが、どのように伝えればいいのかイメージができていないことが原因といえます。

アピールの全体像が見えれば、題材の選び方や伝えるべき内容が分かり、スムーズに長所を提示することができます。題材探しに悩む人も多いですが、長所はきちんと探せば必ず見つかります。

見つけられないのは探し方を間違えているだけであるため、自分には良いところがないと落ち込む必要はありません。長所は就活では頻出の項目ですし、探し方やアピールの方法を理解して上手に伝えていきましょう。

長所には企業で活かせる能力や人柄を記載する

長所を上手に伝えるためには、そもそも長所とは何かを理解しておかなければなりません。長所とは自分が考える企業で活かせる能力や人柄などであり、自己PRとは別物ですので、混同しないように注意しましょう。

自己PRも長所と同様にアピールポイントを伝えるものですが、これらは視点に違いがあります。自己PRの場合は、企業が求める能力や人柄を理解し、それらに合わせて自分の特徴を提示してアピールに繋げます。

長所は自分が企業で活かせると感じれば、どんなものでもアピールは可能です。企業側の目線に立つか、自分の目線でアピールポイントを考えるのかの違いがあります。これらを混同していると、評価されづらくなりますので、違いを正しく把握しておきましょう。

採用担当者が長所を聞く理由

それでは、なぜ採用担当者は就活生の長所を聞くのでしょうか。企業が長所を知ることで、どのように選考の判断材料としているのかを紐解いていきます。せっかくの長所ですから、魅力的な内容にして効果的にアピールしたいと考える人は多いでしょう。質問の意図を理解して答えを導き出してください。

自分の性格を把握できているか

採用担当者が長所を聞く理由として、就活生が自分自身を把握できているかどうかを確認するためということが挙げられます。自分の性格を把握すること、すなわち自己分析がしっかりできているかを見ているのです。自己分析ができていると、自分の能力やスキルをどのように活かせば企業に貢献できるか、どのような業界が向いているのかなどがわかります。

そのため、自己分析ができている就活生は、入社後のミスマッチを大幅に防ぐことができるので、企業にとって大変魅力的なのです。反面、自分のことを理解していない就活生は、自分の特技をどのフィールドで役立ててよいのかがわからず、一貫性のない発言をしてしまいがちです。自分のことを熟知できているのかを確認するために、長所や性格を聞くのは有効的であると考えている企業は多いです。

社風とマッチしているか

採用担当者が長所を聞く目的は、長所が社風とマッチしているかどうかを確認するためでもあります。社風と性格が合わなければ、居心地が悪く、1日の大半を過ごす会社生活がとても苦しくなってしまいます。例えば、好奇心旺盛で行動力に長けているという人は、新しいことに後ろ向きで、昔のやり方にこだわる企業との相性はあまりよくないといえます。

企業が新しい働き方を模索しているのであれば好感を持たれるかもしれませんが、ほとんどの場合で自社には合わないと判断されます。社風とアンマッチする人は選考でふるいにかけておいた方が、企業にとって得策であるといえるのです。

長所の見つけ方

長所は見つけ方に困っている人も多く、アピールの題材選びの時点でつまづいている人はたくさんいます。内容が決まっていなければアピールのしようもありませんので、まずは長所を見つけ出すことが大切です。

長所の見つけ方はさまざまですので、ひとつの方法がだめでも、別の方法も試して探していきましょう。複数の方法を併用することで長所は見つけやすくなりますし、さまざまな視点から考えることが大切です。

自己分析

長所を見つけるための基本となるのは、自己分析です。自己分析は自分自身を見つめ直し、深くまで理解するためのものですので、長所を探すには必須だと言えます。自己分析の方法はさまざまありますが、おすすめは印象的なエピソードを書き出すことです。

自分の中で強く印象に残っている出来事を書き出して、その時自分が何をしていたのかを考えていきます。印象に残っているからには、何らかの役割を果たしているはずですし、能力を発揮している可能性も高いです。

過去の経験の中で発揮した能力であれば、長所としても信憑性が高いですし、説得力もあります。能力を発揮したことや重要な役割を担った経験を掘り下げて、長所と呼べるものがないか探ってみましょう。

短所から考える

長所は見つからないものの、短所ばかりが目に付いてしまうという人は意外にも多いです。短所が見つかっているなら、それを裏返しにして長所を探るという方法もあります。長所と短所は表裏一体ですし、見方を変えれば長所は短所に、短所は長所になります。

たとえば臆病という短所は、慎重という長所になりますし、すべては捉え方次第です。短所であっても状況次第でプラスになることはありますし、反対に長所がマイナスに働くこともあります。

これらはそれぞれリンクしているものですので、片一方が見つかれば、もう一方を見つけることが可能です。就活では長所と短所の両方をセットにして聞かれることも多いですし、どちらか一方だけではなく、両方把握しておきましょう。

長所例の一覧を参考にする

  • 慎重
  • 冷静
  • 優しい
  • コミュニケーション能力が高い
  • 向上心がある
  • ポジティブ思考
  • 柔軟性がある
  • 継続力がある

長所がなかなか思い浮かばない場合は、長所例の一覧を参考にしてみるのもおすすめです。上記のように長所はたくさんありますし、それらを確認しながら自分に該当するものはないかをチェックしてみましょう。

自身の特徴には気づけているものの、それを明確に長所にあてはめられていない人は多いです。特徴を言い表す言葉さえ見つけれれば、長所としてアピールできるようになります。

長所を伝える際のポイント

アピールできる長所を見つけ出せた人は、それをどのように伝えるのかを考えましょう。長所を伝えることですべてが評価されるわけではなく、伝え方によって与える印象は異なります。優れた長所でも、上手に伝えられなければアピール力は下がりますし、評価もされづらくなります。

高評価を獲得するためには、いかに上手にアピールするかがポイントです。上手なアピール方法を知って、長所の魅力を最大限に引き出して伝えましょう。

結論を提示

長所をアピールするためには、最初に結論を提示することが大切です。自分にどのような長所が備わっているのかを伝えることで、アピール内容を明確にすることがポイントです。結論を後回しにしてしまうと、何を伝えたいのかが分かりづらくなり、場合によっては全く伝わらない可能性もあります。

長所に限らず、就活でのアピールはまずは理解してもらうことが大切ですし、何を伝えたいのかを明らかにするのは大切です。最初に伝えてしまえば先入観を持たせたアピールができますし、より長所の説明も頭に入りやすくなります。

高評価を獲得するためには、いかに記憶に残るアピールができるかが大切です。インパクトを持たせるためにも、長所は最初にはっきり提示しましょう。

根拠となるエピソードを提示

長所の根拠となるエピソードで捕捉の説明をしていきましょう。最初に長所を述べれば印象には残りやすいですが、後に続くアピールが薄くなってしまうと、記憶には定着しません。印象付けたことを覚えてもらうには、さらに補強して伝えることが大切です。

過去の経験をアピールすることで根拠付けができますし、できるだけ具体的に伝えることで、説得力は増します。エピソードは細部まで述べることが大切であり、細かい情景まで伝えることで、能力が備わっているとイメージさせることが大切です。

もちろん細かく伝えるからといって、アピールが長くなりすぎるのはよくありません。簡潔に述べることを意識しながら、必要に応じて細部まで掘り下げて伝えましょう。

企業での活かし方を述べる

長所の締めでは仕事での再現性を述べることが大切です。仕事での活かし方を具体的に伝えることで、企業で活躍し、貢献できることがイメージできますし、高評価も獲得しやすいです。企業は自社で活躍できる人材を求めていますし、その人なりの特徴や個性を活かして活躍してほしいと考えています。

長所も個性のひとつですし、それを活かしてどう活躍できるかが重要視されています。せっかく優れた長所があっても、仕事で活かせなければ高評価とはなりません。長所と志望先での仕事を関連付けて、企業に貢献できる存在であることをアピールしていきましょう。

長所の例文

さて、それでは実際に長所の例文をいくつかご紹介します。長所をどのように答えればよいのか自信がない人は、ぜひ参考にしてください。選考では、性格についての質問をよくされるので、聞き手が分かりやすい内容にするよう心掛け、効果的なアピールをしましょう。

例文①

私の長所は、物事を一貫性を持ってやり抜くことができる責任感があることです。私は7年間、野球を続けています。高校、大学では部長になり、チームではリーダーシップを取ってきました。チームをまとめて目標を達成することが私の役割であり責任でした。
時には責任の重圧に負けそうになり、心が折れそうになったこともありましたが、持ち前の達成するまで諦めない根性でやり抜きました。責任感は私の心を成長させてくれ、かつ、やり抜く意義を教えてくれました。御社では、この責任感を活かし、営業目標を毎月達成できるよう計画性を持ってやり抜きたいと存じます。

責任感があるということは、物事をやり抜く力があるということです。エピソードと一緒に説明して、一貫性をもって物事を成し遂げることができるという強みも同時にアピールしましょう。

例文②

私は行動力があります。小さい頃から人と話すことが好きで、放課後は様々な人と出会うことができる課外活動に参加してきました。大学に入り、ボランティア活動の一環で児童館を手伝っていました。子供と触れ合う時間は非常に楽しく、有意義に過ごすことができました。
子供との触れ合いをきっかけに、地域の子育てに関わる事業に携わりたいと強く思うようになりました。御社では、キッズ英会話の講師として地域に貢献できる人物になりたいと考えています。

長所が行動力という人は、アクティブに幅広く動くことができる人、明るい人、元気のある人というように、様々な姿を想像させることができます。しかし、行動力という言葉だけでは、どのような場面で行動力を活かしてきたのかが分かりにくいので、具体的に根拠となる事象を一緒に述べるようにしましょう。例文のような講師職、販売職や営業職のように人と話すことで長所が活かせる職業に向いています。

例文③

私の長所は継続して努力し、困難な目標でも達成できることです。大学に入って初めてTOEICのテストを受けましたが、最初は300台と非常に低く、ショックを受けました。高校時代は英語は得意科目でしたので、悔しさもあり、難関である800点を目標にして勉強を始めました。
闇雲に努力をするのではなく、対策本を購入し、苦手な部分を重点的に勉強することで弱点の克服を図りました。テストを受けるごとに点数は伸び、目標にしていた800点を取得できました。御社では常に目標を設定し、それに向けて努力をすることで、自身も周囲も成長し売上に貢献したいと考えています。

例文では、継続して努力し、困難な目標でも達成できることが長所として挙げられています。最初に結論を提示できており、アピール内容を明確化できています。単に継続力があるとするのではなく、能力を細かく説明することで細かいニュアンスまで伝わり、好印象です。

大学時代の経験から長所の裏付けができていますし、努力の方法を伝えることで本当に長所が身に付いていることが分かります。企業での活かし方にも言及されており、企業で活躍する姿もイメージしやすいです。

例を参考にして長所を上手にアピールしよう

就活では長所のアピールを求められることが多く、何をアピールするかは事前に決めておかなければなりません。また題材を決めればどのように伝えるかも考えなければなりませんし、準備しておくことはたくさんあります。

長所は自分の魅力を伝えるための大切なものです。少しでも印象良く伝えるためにも、細かい工夫をすることが大切です。ただ長所を提示するだけではなく、どのようにして身に付けたのか、発揮できたのか、そして仕事でどのように役立てられるかを伝えましょう。

長所は誰にでもありますし、諦めずに探すことが大切です。長所例の一覧などを参考にしながらアピールポイントを探し、工夫して伝えることで、高評価の獲得を目指しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ