インターン

東京海上日動のインターン面接対策|実施内容とアピールポイントをご紹介

東京海上日動のインターンは面接の対策がカギ

東京海上日動のインターンに参加するためには、面接の対策をきちんとおこなわなければなりません。インターンは希望者全員が参加できるわけではなく、選考で合格した人の参加が決定します。

どの企業のインターンでも面接の対策は大切ですが、東京海上日動の場合は、企業の人気が高く希望者も多いため、特に念入りに対策をしておかなければなりません。インターンの選考と本選考では見られているポイントも違うため、インターンに合わせた対策をおこなうことが大切です。事前にしっかり面接の対策をおこない、東京海上日動のインターンに参加しましょう。

東京海上日動のインターンに参加するメリット

メリットを知っていれば難関でも挑戦しようと思えますし、モチベーションを下げることもありません。東京海上日動のインターンに参加するメリットを把握して、対策に力を入れていきましょう。

企業への理解度が深まる

インターンに参加することで得られるメリットとしては、企業への理解度が深まることが挙げられます。インターンでは社員と接しながら実際の仕事を経験したり、職場を見学することができます。

より近い距離で仕事を見ることができ、さまざまな情報を得られるのが大きなメリットです。企業や仕事への理解度は、本選考でも問われますし、理解度によって志望度も見られています。

理解度が高い=企業への興味関心が強く、志望度も高いと判断されるため、高評価にもなりやすいです。新卒の場合は、成長力が重要視されているため、仕事への熱意を示す志望度は、評価を決める上でも重要な指標となります。インターンでは多くの情報が得られ、それらを活用すれば志望度の高さもアピールしやすいです。

人事担当者と人脈ができる

人事担当者と人脈ができることも、インターンに参加するメリットのひとつです。インターンでは、さまざまな社員と触れ合いながら話を聞くことができますが、インターン全体を取り仕切っているのは、基本的には人事担当者です。

人事担当者が全体の進行をおこない、細部においては現場社員がサポートするという形になることが多く、人事担当者と知り合える可能性は高いでしょう。人事担当者に覚えてもらうことで、選考でも有利になるケースが多く、合格率は高くなります。

もちろん、覚えてもらえたからといって必ずしも合格するわけではありませんが、本選考でのアピールが記憶に残りやすいのは確かです。人脈は決して無駄にはなりませんし、選考にも影響することが多く、就活を有利に進めやすくなります。

内定にぐっと近づく

インターンに参加しても本選考には全く影響しないという企業もありますが、東京海上日動の場合は選考に大きく影響します。インターンに参加していれば、本選考での面接回数が短縮されるため、内定にもぐっと近づきます。

内定までの道のりが短くなることで選考のハードルは下がりますし、人気の企業に就職できるチャンスが広がるため、大きなメリットといえるでしょう。東京海上日動は人気が高く、応募者も多いため、通常の応募の場合は何度も選考を受けなければなりません。

インターン参加者は選考回数が減るため、いち早く内定にたどり着きやすいです。もちろん、インターンに参加すれば全員が合格するわけではありませんが、それでも通常の応募よりは選考で有利だといえます。

【39点以下は危険度MAX】
本番前に、面接偏差値を診断しておこう

今年はweb面接を行う企業も増えていますが、自分の弱点を把握し適切に対策しなければ、どんな形式であれ面接を突破することはできません。

そこで活用したいのが、面接偏差値診断ツールの「面接力診断」です。
24の質問に答えるだけで、自分の強みと弱みをグラフで見える化できます。

ぜひ活用して自分の弱点を効率的に対策し、志望企業の面接を突破しましょう。

業務体験型

東京海上日動のインターンは業務体験型であり、実務をおこないながら仕事への理解を深めることができます。これはどのコースでも共通しており、体験できる仕事は違っていいるためコース選択は非常に重要です。

体験できる内容は異なりますが、5日間で実務経験が積めるという点は共通しています。インターンでは職場見学やロールプレイングなどで終わることも多いですが、東京海上日動の場合はしっかり実務経験できるため、仕事への理解も深まりやすいです。

実際に仕事を経験することで、必要な能力や資質、仕事との相性も分かり、志望先を選ぶ際にも役立ちます。業務の体験は貴重な経験であるため、自身の経験値にもなって就活に活かしやすいです。

東京海上日動のインターン面接を攻略するポイント

インターンの選考では、インターンへの熱意や学びの姿勢をアピールすることが大切ですが、どの企業にも共通する基本的なポイントです。さらに合格率を高めるためには、企業に合わせたアピールが大切であり、東京海上日動ならではのポイントもあります。面接攻略のポイントを知り、インターンへの参加を勝ち取りましょう。

考える力をアピール

インターンの面接では、考える力をアピールすることが大切です。東京海上日動は保険業界のリーディングカンパニーとして常に業界を牽引している存在であり、常に革新、チャレンジする姿勢が求められます。

現状に満足することなく、常に改善、改良を目指して考えることが大切であり、貪欲な学びの姿勢をアピールすることが大切です。考えることは、相手のことを思うことでもあり、お客様の目線に立って物事を捉えることにも繋がります。

保険の仕事はお客様あってのものであるため、相手の立場で物事を考えられる、相手の身になって考えられるのは大切なことです。考える力は企業で成長するためにも必要な能力であるため、上手にアピールしてインターンの段階でポテンシャルを示しましょう。

誠実な人柄をアピール

誠実な人柄をアピールすることも、インターンの選考を攻略するためには重要なポイントです。保険業界において信用は重要なものであり、身に付けていなければ仕事を進めることはできません。保険は信用が売りの商品であり、保険を売る人にも信用が求められます。

保険会社の社員の信用はそのまま商品の信用になり、それが企業の評価、売上に直結します。信用できない人物は企業としても採用を躊躇するため、誠実さのアピールは非常に重要です。

嘘をつく、誇張表現でアピールするなど、信頼性を欠く行為は当然NGです。誠実な態度で選考に臨み、嘘偽りなく発言することが求められます。また発言内容だけではなく、身だしなみからも人柄はチェックされますので、不信感を与えないよう細心の注意を払いましょう。

周囲への影響力をアピール

東京海上日動では、自ら考えて行動し、それを周囲に発信できることが重要視されています。周囲への影響力をアピールすることが大切であり、これまで他人をどのように巻き込み動かしてきたかが見られます。

単に自分が何か行動を起こすだけではなく、行動に対して周囲が何らかの影響を受けている必要があります。周囲への影響は当然プラスのものではなければならず、マイナスの影響を与えた場合は印象が悪くなるので注意しましょう。

リーディングカンパニーであり続けるには企業の成長は欠かせず、成長を担うのは人材です。個々の能力が優れているだけではなく、周囲を巻き込みチームとして力を発揮できることが評価されていますので、周囲への影響力は重要なポイントです。

東京海上日動のインターン面接は事前の対策が大切

東京海上日動は日本を代表する大企業ですし、海外でも広く活躍しています。保険業界のリーディングカンパニーとして多くの人に知られており、毎年多くの人が応募しています。

人気が高く、企業としてのレベルも高いため、かなりの難関です。合格率を上げるためには、インターンへの参加が重要であり、インターンでどれだけ学べるかにかかっているといっても過言ではありません。インターンの参加でも選考に合格しなければなりませんし、これも本選考同様に倍率が高いです。

選考に合格するためには、事前に念入りな面接の対策をおこなうことが大切で、しっかりおこなえばインターンへの参加は勝ち取れます。インターンは内定への近道ですので、面接対策を徹底して選考を勝ち抜き、就活を有利に進めましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ