自己PR

【就活】自己PR作成のポイントを紹介|注意点や例文付き

就活において自己PRは必須

就活では自己PRは必須であり、ここでいかに自分を売り込むことができるかが選考での評価に大きく影響します。自己PRは自身を企業に売り込み、採用メリットを伝えるものであり、高評価を獲得するための重要なポイントです。

上手にアピールできれば合格にぐっと近づきますが、反対に失敗すれば不合格の可能性が高まるので注意しなければなりません。自己PRは、業界、企業に関係なく聞かれることが多い質問であり、企業としても重要視している項目のひとつです。

しかし、就活攻略のために自己PRが大切であると分かっていても、上手にアピールできずに困っている人も多いです。上手な自己PRをするためには、いくつかのポイントがあるため、それらを理解して就活の攻略を目指しましょう。

質問に答えるだけで自己PRを完成させよう

就活において、自己PRは大きな意味を持ちます。インターンシップに参加する時点で、自己PRを考えておくのはおすすめです。自己PRには盛り込むべき要素がたくさんありますが、文章を考えるのが苦手という就活生は多いのではないでしょうか。的確にポイントを押さえることも大切ですが、面接官に伝わる文章力が試されるのも自己PRの特徴です。

言いたいことはまとまったけれど、実際に文章にするのが苦手という就活生は、用意された質問に答えるだけの自己PR作成ジェネレータで自然な流れの自己PRを作ってみてください。無料でダウンロードできるので、文章の繋ぎ方や言葉遣いに自信がないという就活生にもおすすめです。

自己PR作成のポイント3つ

上手に自己PRをするためにはいくつかポイントがあり、それを踏まえてアピールすることが大切です。同じ題材でアピールする場合でも、文章構成や伝え方次第で印象は大きく変わり、場合によってはマイナスの印象を与えてしまう可能性もあります。自己PRは内容はもちろん、上手に伝えられるかが大切です。上手なアピールで高評価を獲得するためにも、ポイントを正しく理解しておきましょう。

①構成は結論から述べて根拠付

自己PRを印象づけさせるには、PR文章の構成をしっかりと立てた上で話すことです。ある程度構成がまとめられた文章の方が、ポイントを押さえた内容になるので印象が残りやすくなります。

まず重要なのが、結論から述べることです。自己PRに限らず、人に何かを伝える場合は結論から話すようにした方が、話の中で伝えたい内容が明確になります。結論は分かりやすく、アピールしたいポイントの提示を意識しましょう。

その後結論に対して根拠付けするエピソードを述べることで、面接官の中でも具体的なイメージとして話の内容が伝わるでしょう。この際、アピールしたい自身の能力や特徴とエピソードによる根拠付けに食い違いが出ないよう、分かりやすく伝えたいポイントを押さえた文章になるようにしましょう。

②入社後に活躍できる内容にする

自己PRにおいて最も重要になるのが、自身が入社後に活躍できるという部分のアピールです。特にアピールした部分を仕事内で再現できるかどうかが大事になってきます。実際に就職した後に、仕事の中で自分の能力が生かせるということを伝えるのが、自己PRでは最も重視すべき部分です。

具体的にどう書くかというと、その能力を生かした経験をエピソードとして述べるようにしていくことです。経験として能力を生かしたかを述べることで、仕事の際にどういう形で生かせるかを具体的に理解しやすくなります。その点を踏まえた上で、仕事を始めた際には能力をどうやって生かせるかについても考え、自己PRの文章を作るようにしましょう。

③求める人材にマッチした内容だと効果的

面接などの前に企業研究をおこなった上で臨むことになると思いますが、企業研究で得られた企業の求める人材や能力は、自己PRにおいても重要になってきます。

自己PRをする場合、自分の持っている能力やアピールポイントの中から企業へ印象付けることになります。その中で具体的にアピールする内容は、企業の求める人材や能力にマッチするものをアピールするといいでしょう。

企業が求めている能力そのものをアピールすることはできなくても、比較的自分が持っている能力の中から、企業が求めているものに近いものや、企業が求めている人材として能力を生かせるものがあるのではないでしょうか。出来る限りその求めるものに近いものをアピールするようにしていくようにしましょう。

就活の自己PRの例文

null

自己PRを上手に伝えるポイントを理解すれば、実際に就活で使う自己PRを考えていきましょう。ポイントは理解できたものの、どのようにアピール内容を考えればいいのか分からないという人は、例文を参考にするのがおすすめです。

例文を参考にしながら、全体の文章構成やアピールするポイントなどを把握し、さらに理解を深めていきましょう。自己PRが完成している場合も、例文と見比べながら改善できるポイントはないか探るのが大切です。

協調性

私は協調性があり、対立する意見をまとめて妥協案を提示できます。大学時代はバスケ部に所属しており、副キャプテンを務めました。バスケ部では毎年キャプテンがチームの方針を決めていましたが、全員で話し合って決めた方がいいのではないかという案が出ました。
しかし、一方ではこれまで通りキャプテンが決めるべきという意見もありました。私はチーム全体の方針にはついては全員で決め、日々の練習メニューはキャプテンが決めてはどうかと提案しました。
私の意見に全員が賛同し、結果地区大会でも優勝することが出来ました。御社でも協調性を活かしてチームをまとめ、チームの力を発揮することで売上の増加に貢献したいと考えています。

協調性の自己PRでは、対立する意見をまとめて妥協案を提示できると能力について詳しく説明してアピールされています。冒頭で結論を提示していることはもちろん、能力を細かく述べることでアピール内容をより明確に伝えることができています。

冒頭での結論を受けて部活動のエピソードで根拠づけができており、これも評価されるポイントです。最後には企業でどのように活躍したいのかも述べられており、仕事での再現性もアピールできているでしょう。

積極性

私は積極性があり、新しいことにも果敢にチャレンジできます。大学では文化祭の実行委員をしており、イベントの企画などを考えていました。文化祭は毎年同じ催しが行われていましたが、新しいことをしたいと考え、他校とコラボする企画を打ち出しました。
どの学校と、どのような内容、コンセプトでコラボするのか、費用などコストはいくらかかるのかなど企画書にまとめて提示することで、全員の賛同が得られました。
文化祭も成功を収め、多くの人から喜びの声を聞くことが出来ました。御社では営業として働き、積極性を活かして新規開拓にも挑戦することで、売上を伸ばし、企業の成長に貢献したいと考えています。

積極性の自己PRでは、新しいことにも果敢にチャレンジできるとアピールされています。冒頭で結論が述べられており、文章構成に問題はありません。また大学時代の経験から、根拠づけがしっかりできており、これも問題ないでしょう。

単に突っ走るだけではなく、念入りな企画書を提示して全員の賛同を得ていることで、積極性がもたらすマイナスの要素を打ち消してアピールできています。企業での活かし方についても具体的に語られており、再現性の高さはもちろん、仕事への意欲なども強くアピールできているでしょう。

就活での自己PRの注意点

自己PRは就活での評価を決める重要なポイントであり、いかに高評価を獲得できるかが大切です。高評価を獲得するためには、上手にアピールするだけではなくマイナスの印象を与えないように伝えなければなりません。

自己PRは伝え方を間違えれば印象が悪くなり、アピール力も弱くなってしまいます。場合によってはマイナスの評価となる可能性もあるため、注意点を理解して、ミスのない自己PRを目指しましょう。

読みやすい丁寧な文字で記載する

文章として自己PRを書いて企業に提出する場合、丁寧な文字で記載することは基本中の基本と思っておきましょう。特に就職に関連する書類の場合、文字をきれいに書くことも企業への印象の良し悪しにつながってくることになります。

特に自己PRについてはエントリーシートや履歴書など、様々な所で書くことになりますが、基本的に手書きで記載する場合がほとんどになります。履歴書に書く際と同様、企業に提出する予定のある文書は読みやすく、丁寧な文字で記載しましょう。

ある程度アピールしたい内容をまとめた上で記載するのも大事です。きれいな文字を書こうと思うのであれば、まず別の場所に内容をまとめた上で書類に清書するのがおすすめです。

特別さよりも具体的に記載できる内容を選ぶ

自己PRをする際、自分の個性をアピールすることが重要だと感じて、他人とはあまり被らない特徴をアピールしようと考えている人もいるかもしれません。ですが実際のところ、特別な部分をアピールするようにするよりも、エピソードなどを具体的に記載できるアピール内容を記入する方がいいでしょう。当然ながら、そこには選考通過のために大事な意味があります。

自己PRでは、アピールしたい内容をしっかり際立たせるためには、アピールしたい内容に関連したエピソードを丁寧に書くことが重要になってきます。その点を踏まえておくと、自分だけの個性をアピールするよりも、アピールしたい部分に関する具体的なエピソードを記入できるようにしておくのが一番大事です。

就活で重要な自己PRは内容から構成まで重要

就活の選考に進むためには、自己PRは重要です。特に自己PRは内容を考えるだけではなく、文章の構成や文字の丁寧さについても大切になってきます。

就活を上手く進めるためにも、構成については例文などを参考にして、文章を作成することに慣れておくといいでしょう。また企業に自身をアピールできるよう、自己分析なども進めて自分のアピールポイントを複数探しておくと同時に、それらを文章の中で具体的に説明できるようにしておきましょう。

自己PRの作成に力を入れると分かりますが、自己PRには就職活動において大事なポイントが多くあります。自己PRを丁寧に作成するところから、就活の足がかりを作っていきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ