就活のマナー

【就活に名刺は必要性?】作成する場合のポイントやマナーをご紹介

就活で名刺を活用しよう


就活では名刺を使う機会もあり、上手に活用すれば好印象を与えることができます。社会人から名刺をもらうのはもちろん、自分でも名刺を渡すことがあるため、就活用に準備しておくといいでしょう。名刺を持っていれば自分のことをアピールできるだけではなく、採用担当者の印象にも残りやすくなるため、選考を有利に進めやすくなります。

しかし、就活用に名刺を作る場合には、さまざまな注意点があり、場合によってはマイナスの印象を与える可能性もあります。名刺を就活に役立てるためには、さまざまなポイントを理解することが大切です。

就活で名刺は必要か

就活を有利に進めるためには、名刺を活用するのがおすすめですが、そもそも名刺は本当に必要なのかと疑問に感じる人が多いでしょう。名刺は社会人が持つものとイメージしている人が多く、実際に名刺を持っている就活生はそれほど多くはありません。

名刺を持たずに内定を獲得する人も多く、名刺は不要だと考える人も多いです。就活において名刺は本当に必要なのか、必要であればどのような点で活用できるのかを理解しておきましょう。

就活において名刺は基本的に必要ない

大前提として知っておきたいのが、就活において名刺は必須ではないということです。名刺がなくても就活を進めることはでき、内定を獲得することもできます。実際に名刺を使わずに就活を終える人も多く、すべての人に名刺が浸透しているわけではありません。

不要だと感じれば無理に準備する必要はないと考えましょう。名刺を作るとなればさまざまな手間がかかり、費用もかかってしまいます。就活はやらなければならないことが多く、出費もかさみがちです。名刺にまで手をまわす余裕がないのであれば、無理に作る必要はありません。名刺は必須ではありませんので、名刺を作ることで就活がストップしないように注意しましょう。

プラスアルファで活用する

null

名刺は就活には絶対に必要なものではなく、プラスアルファで活用するものです。少しでも就活を有利に進めたいのであれば、準備しておくといいでしょう。名刺を持っていれば自分のことをアピールしやすくなり、採用担当者の印象にも残りやすいです。

名刺はすべての就活生が準備しているわけではないため、持っているというだけでも他の学生と差別化を図ることができます。正しくマナーを守って名刺の受け渡しができていれば、さらに好印象を与えることができ、評価を高めることができます。

就活では面接に限らず、その他の部分も評価されており、全体の評価を総合して選考の結果が決まるため、名刺を活用できれば選考でも有利でしょう。

名刺を使うシチュエーションはOB訪問や説明会

名刺を使うシチュエーションとしては、OB訪問や会社説明会が挙げられるでしょう。OB訪問や会社説明会の場合、それ以後も連絡をする可能性があります。その際に名刺を渡しておけば、連絡がスムーズにしやすくなるでしょう。

もちろん、名刺以外にもデータや書類などで連絡先等は管理されてはいますが、名刺という形で渡すことで印象に残りやすいというメリットもあります。特にOB訪問の場合、対応してもらうOBが人事の人とは限りません。採用活動に直接関わらない現場のOBである場合も多く、そのような場合には名刺を渡すことで連絡が取りやすくなるでしょう。

会社について知りたいことがあった際、OBに質問しても良い場合があります。また選考の結果などについて、OBに報告することも大切です。そのような連絡をおこなう際、相手に名刺を渡しておくことで気持ちの面でも連絡しやすいというメリットもあるでしょう。

名刺を渡す相手は先輩社員や採用担当者

名刺を渡す相手は基本的に先輩社員や採用担当者であるケースがほとんどです。中には一緒に選考を受けた大学生同士で名刺交換をおこなうという人もいます。いずれにせよ、名刺を渡すことで印象に残りやすくなりますし、その後連絡を取る可能性にも繋がるでしょう。

採用担当者は学生の連絡先をデータで持っていますが、先輩社員や同じ学生の場合はそうとは限りません。同じ業界・企業を目指す学生同士で、情報交換を続けたいという場合もあるでしょう。

その場合は連絡先を交換する必要がありますが、スマホなどで連絡先を交換するよりも、名刺で渡してしまった方が簡単です。学生同士で名刺交換することで、その後の情報交換が活発になり、それが就活を有利に進めるという可能性もあるでしょう。

名刺入れは必須

就活では名刺は必須ではありませんが、名刺入れは必須です。名刺入れはもらった名刺をしまうために必要であり、これは自分の名刺を持っているかどうかは関係ありません。名刺は名刺入れにしまうことがマナーであり、これができていないと社会人としての常識が身に付いていないとしてマイナスの印象を与えてしまいます。

就活ではさまざまなシーンで社会人から名刺をもらう機会が多く、丁寧に扱うためにも名刺入れは必要です。自分の名刺を渡さないことは問題ありませんが、名刺入れを持っていないと社会人としての自覚が足りないと思われるので注意しましょう。

名刺入れは社会人になっても使うものであるため、就活中に購入しても無駄になることはありません。

就活で名刺を使うメリットとデメリット

null

ここまで、就活で名刺が使われるケースについてさまざまな説明をしてきました。就活で名刺を使うことは必須ではありません。使う・使わないは自分で決めることになりますが、名刺を使うことにはメリットとデメリットが共に存在します。

その両者を踏まえ、名刺を使う・使わないを賢く判断していくのがよいでしょう。そこでここからは、名刺を持つことのメリット・デメリットをそれぞれ整理していくことにします。ぜひ参考にしてください。

メリット:名刺交換で連絡先を知ることができる

名刺を持つことのメリットは、名刺交換をすることで、お互いの正確な連絡先を知ることができる点でしょう。名刺は通常一方的に渡すものではなく、交換するものです。相手が先輩社員か採用担当者か、あるいは同じ学生か、ケースはさまざまありますが、いずれにしても相手の正確な連絡先を知ることができるのです。

相手が採用担当者の場合、学生の連絡先は履歴書やエントリーシートなどで管理しているケースも多いでしょう。しかし、これらの書類が手書きだった場合、似通ったアルファベットや数字などは、読み間違えられてしまうリスクもあります。名刺に印刷されたものの方が、間違えるリスクは減るでしょう。

さらに、名刺交換をするとお互いの距離が心理的に縮まり、連絡を取りやすくなるという効果もあります。連絡を取り、それが何らかの形でプラスに働く可能性もあるでしょう。

デメリット:背伸びしている印象を持たれやすい

名刺を持つことにはメリットだけでなく、デメリットもあります。名刺を持つことのデメリットとしては、「背伸びしている印象を持たれやすい」ことが挙げられるでしょう。名刺を持つのは社会人であり、学生が名刺を持つのは「背伸びをしている」と思われるケースもあるのです。

名刺に書かれているのは主に連絡先ですが、そのような情報は履歴書など、何らかの形で企業に伝わっています。あえて名刺という形で渡す必要はあまりありません。また、無理に持つ必要のない名刺を持っていることで、「無理に社会人っぽく振る舞おうとしている」という印象も与えてしまいがちなのです。

名刺を渡すことで、打算的に就活をうまく進めようとしているなど、マイナスの印象が付いてしまう可能性もあるでしょう。名刺を持つことは印象を大きく左右しますので、その点を踏まえた上で判断してください。

就活で使う名刺の作成ポイント

就活で使う名刺を作成する際にはいくつかポイントがあり、それらが守れていなければマイナスの印象を与えてしまう可能性があります。名刺は自由に作成できるため、名刺に盛り込む情報やデザインの選択は自分でおこないます。

しかし、あくまで就活で使うということを前提に考えなければならず、フォーマルさを意識することが大切です。名刺に記載されている情報やデザイン次第で与えられる印象は違ってきます。好印象を与えるためにも、作成時のポイントを正しく理解しておきましょう。

名刺はネット注文か自作する

名刺はどのように用意したらよいのでしょうか。最近は、インターネットで注文するというケースが最も多いでしょう。オンラインでデザインを決め、それが数日後に印刷されて届くという流れになります。

もう一つの方法としては、自分のパソコンで作成し、印刷する方法です。この2つの方法の場合、ネット注文の方が安心でしょう。ネットの場合はテンプレートが多数用意されているため、一から自分で作成する必要がありません。また、多くの人が使いやすいテンプレートになっているため、バランスが崩れる・読みにくいなどのリスクも避けられます。

一方、パソコンで自作する場合には、費用を抑えられるというメリットがあります。名刺用印刷シートとソフトがセットで販売されているケースもあるため、それを購入して名刺を作るという方法もありです。ただし、いずれの場合にしても、デザインが派手すぎるなど、就活で悪印象を与えるものにならないよう注意してください。中には手書きで作成する人、大学生協で注文できるケースなどもあります。

氏名や学校名など基本的な情報を入れる

就活に関わらず、名刺には基本的な情報は必ず入れておくことが大切です。名刺は自分を覚えてもらうためのものであり、基本情報が入っていなければ名刺としての意味を持ちません。

記載すべき情報としては、氏名、大学、学部、学科名、連絡先などが挙げられます。これらは必須であるため、忘れずに記載しましょう。また、これらにプラスして住所などを載せても問題はありませんが、個人情報の観点から控えた方がいい場合もあります。

企業の人に渡すだけであれば問題はありませんが、何かの間違いで紛失した場合などにリスクがあるため、必要最低限に抑えた方が無難です。連絡先さえあれば、住所はなくても問題ありませんので、最低限の情報だけで問題でしょう。

シンプルなデザインを心がける

就活で使う名刺はフォーマルさを意識することが大切なため、デザインもシンプルなものを心がけましょう。名刺のデザインはさまざまであり、中には派手で目立つものもあります。

派手な名刺を持っていれば印象には残りやすいものの、就活では悪目立ちする可能性があるので避けなければなりません。名刺はただ目立てばいいわけではなく、好印象を残して覚えてもらうことが大切です。

せっかく名刺で他の学生と差別化ができても、それが悪目立ちしては選考でも不利になるので注意しましょう。フォーマルさを演出するには、白地を基調とするのがおすすめです。シンプルであれば多少のデザインがついていても問題はありません。情報を見るのに邪魔にならない程度の装飾にしましょう。

情報過多にならない

就活用の名刺はシンプルで簡潔なものが望ましく、情報が多すぎるのはよくありません。基本的な情報だけでは寂しくも見えやすいですが、情報を詰め込みすぎるとかえってごちゃごちゃとして見づらくなります。

すっきりしている方が情報を認識しやすく、覚えてもらいやすくなります。基本的な情報以外で付け加えるとしても、住所や所属している部活、サークル程度に抑えておきましょう。

名刺は自分のことを覚えてもらうこと、認識してもらうことが目的であり、アピールをするものではありません。情報過多になると名刺としての役割を果たせなくなる可能性があるので注意しましょう。

名刺マナーは社会人になってからも必須

自分に合ったスーツを購入しよう

就活を有利に進めるためには、名刺がおすすめであり、持っておくことで他の学生との差別化を図りやすくなります。名刺は絶対に必要なものではありませんが、持っておくことでプラスになる可能性は高く、上手に活用すれば選考を有利に進めることも可能です。

名刺は社会人になれば必須のものであるため、就活中にマナーを覚えておくのもいいでしょう。マナーを身に付けていれば就職してからも困ることはなく、就活でも好印象を与えることができます。

名刺は必須ではないため、作成する余裕がなければ、無理に作る必要はありません。他のことに力を入れて、就活の攻略を目指すのも大切です。もし余裕があれば、名刺の活用にも挑戦し、上手に利用して就活を有利に進めましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ