就活その他

リクルーターとは|制度を利用するメリットやデメリットをご紹介

リクルーターとは何かを知らない学生は多い

就活を進めているとリクルーターとやりとりをすることもありますが、リクルーターとは何かを理解できていない就活生は意外に多いです。リクルーターは上手に活用すれば就活をスムーズかつ有利に進められるものであり、正しく理解しておくことが大切です。

リクルーターの活用は就活を有利に進めやすい方法のひとつであり、上手に利用すれば、素早く内定を獲得することも可能です。しかし、リクルーターを使えば、必ずしも就活が有利に進むわけではありません。使い方を間違えれば、失敗する可能性もあるため、正しい使い方を理解することが大切です。リクルーターとは何か、正しい知識を身に付けて就活を上手に進めましょう。

リクルーターとは

リクルーターとは、人事部などに所属していない採用担当者を指します。通常の就活では人事部の社員がおこなっている採用活動を、別の部署で本来採用とは関係のない仕事をしているリクルーターがおこないます。

もともとは採用担当者ではないため、通常の選考とは別の基準で評価が決定することが多いです。また、学生と近い立場にある人がリクルーターをおこなうケースも多く、若年層であるケースがほとんどです。

リクルーターは学生それぞれにつくため、大学のOB、OGがつくこともあります。学生と近い距離にある人材が評価を下すことによって、素の部分を判断しやすいと企業は考えています。リクルーター面談は通常の選考よりも学生と近い距離でおこなうものだと考え、気を抜かないようにしましょう。

リクルーター制度のメリット

リクルーター制度を使うことにはさまざまなメリットがあり、上手に活用することで選考を有利に進めることができます。リクルーター制度には通常の選考とは違ったメリットがあるため、それらを理解しておくことが大切です。

メリットをきちんと把握しておくことで、活用もしやすくなり、就活をスムーズに進みます。就活は難しいものですが、方法次第で難易度を下げることは可能です。リクルーター制度のメリットを知って、上手な活用方法を学びましょう。

早い段階で選考を受けられる

リクルーター制度を利用するメリットとしては、早期に選考を受けられることが挙げられます。企業ごとに選考の開始時期は設定されていますが、リクルーターを通しての面談、選考はそれよりも前におこなわれます。

リクルーター面談は0次面接とも呼ばれており、これに合格すれば通常とは別ルートで選考を受けることができ、就活初期の内定を目指すことも可能です。企業ごとにリクルーターをどの程度重要視しているかは異なりますが、場合によってはリクルーター面談だけで内定が出ることもあります。

内定が出ない場合でも、次の選考に進むことができるため、ほかの人よりも早く選考が受けられるのは確かです。早くに選考を受けられるため、選考のスケジュールも確保しやすく、他企業の選考と重なる心配もありません。

選考を有利に進められる

選考が有利に進められることも、リクルーター制度を利用するメリットのひとつです。リクルーター制度の場合は、早期に選考を受けられるだけではなく、通常のルートとは別で選考が進むため、選考回数についても少ないことが多いです。

企業によって内定までに必要な選考の回数は異なりますが、リクルーターがついた場合は、通常よりも少ない回数で内定が獲得できるケースが多いでしょう。また、仮に選考回数は同じだとしても、リクルーターからの評価が選考に影響することも多く、ほかの人よりも評価を高めた状態で選考に臨むことができます。

リクルーター制度が選考にどのように影響するかは企業によって異なりますが、どの場合でも有利になるケースが多いことは理解しておきましょう。

リクルーターから企業の雰囲気が分かる

リクルーターを通した就活であれば、選考が有利に進められるだけではなく、企業との相性なども図りやすいです。リクルーターは企業の社員であり、さまざまな話をしながら面談は進みます。面談といっても面接のように堅苦しいものではなく、雑談のようにカジュアルな話し合いができるため、リクルーターの雰囲気から企業の雰囲気も感じ取りやすいです。

就活は企業が学生を採用するだけではなく、学生が企業を選ぶという側面もあります。企業が学生を判断するように、学生も企業を判断し、自分に合っているかどうかを見極めることが大切です。リクルーター面談は企業についての理解を深めるチャンスであり、雰囲気から相性を確かめやすいことはメリットのひとつでしょう。

リクルーター制度のデメリット

リクルーター制度を利用することで、就活を有利に進めやすくなりますが、必ずしも得をしたり、成功するというわけではありません。リクルーター制度にもデメリットはあり、それを理解しておかなければ、就活に失敗してしまう可能性もあります。

リクルーター制度が優れているのは確かですが、多少のリスクはあるため、それを把握しておくことが大切です。デメリットがあることを十分に理解し、上手に活用する方法を考えておきましょう。

人によって機会に差が出る

リクルーター制度のデメリットとしては、人によって選考の機会に差が出ることが挙げられます。リクルーターは希望者につくわけではなく、企業が誰につけるかを個別に選定します。そのため、リクルートがつく学生、つかない学生が当然出るため、全くリクルーターがつくことなく就活を終了するということ少なくありません。

どの学生にリクルーターをつけるかという判断は企業ごとに異なり、独自の基準があります。そのため、リクルーターがつくかどうかは運次第とも言えます。リクルータがつけばラッキー程度に考えることが大切であり、つくまで待つのを期待するのはよくありません。複数の企業からリクルーターがつく人もいますが、それは稀なケースです。リクルーターはなかなかつかないものと考えておきましょう。

選択肢が限られる

選択肢が限られることも、リクルーター制度のデメリットのひとつです。リクルーターはどの企業からもつくわけではなく、限られた企業からしかつきません。そもそもすべての企業でリクルーター制度を導入しているわけではなく、リクルーターによる選考をおこなっていない企業もたくさんあります。

リクルーターを利用した選考ばかりを考えていると、就活の選択肢が狭くなり、失敗する可能性も高くなるので注意が必要です。内定を獲得するのは難しく、選考もある程度の数を受けなければなりません。

リクルーターによる選考だけに限ってしまうと、選考を受ける数自体が少なくなるため、内定獲得率は必然的に下がります。リクルーターによる選考だけに絞ると、選択肢が限られ、かつ就活に失敗する可能性も高くなるため注意しましょう。

気づかないうちに不合格になる

リクルーター面談はカジュアルな雰囲気でおこなわれるため、一見すると選考だと気づかない場合も多いです。また事前に選考とは関係ないと伝えられることもあり、油断して選考に臨んでしまう人も多いでしょう。

事前に選考とは関係ないと告知された場合でも、基本的には選考に影響すると考え、気を引き締めて取り組まなければなりません。リクルーター面談は0次面接であり、選考のひとつです。面談次第ではリクルーターの段階で不合格となり、それが通知されないことも多いのが、デメリットと言えるでしょう。

リクルーターを通した選考の場合は、公式に選考として発表しているわけではありません。そのため、知らない間に不合格になっていることもあり、気がつけば選考期間が終わっていることもあるので注意しましょう。

リクルーターに声をかけられるタイミング

リクルーターに声をかけられるタイミングはさまざまであり、企業によって、人によって違います。リクルーター制度を上手に活用したいのであれば、いつ声をかけられるかを知っておくことが大切です。

タイミングを知っておけば、声がかからなかった場合に諦めもつくため、選択肢を狭めずに就活を進めることができます。リクルーター制度は全員が活用できるわけではないため、声がかかるタイミングを把握して、チャンスがなければ諦めることが大切です。

プレエントリー後

リクルーターから声がかかるタイミングとしては、プレエントリーの後が挙げられます。プレエントリーは企業へ登録して資料請求などをする段階であり、選考が本格的に始まっているわけではありません。

そのためプレエントリーだけして本エントリーをせず、選考に進まない学生も多いです。企業は優秀な人材を見つけるために多くの学生と会いたいと考えており、プレエントリー時点から目をつけています。

少しでも企業に興味を持った学生の取りこぼしを防ごうと考え、この段階でリクルーターをつけて囲い込みをしようと考えている企業は多いです。プレエントリーの段階では、どの学生が優秀かを見極めることが難しいため、声がかかるのは学歴の高い学生が多いでしょう。

ES提出・説明会参加後

リクルーターは基本的に企業と接点が生まれたタイミングが付けられることが多く、説明会参加後に声をかけられることが多いです。これは説明会への予約をし、自身の情報を登録した時点でリクルーターがつく場合だけではなく、説明会で印象に残った学生に対してつけることもあります。

企業によって判断は違いますが、何らかの形で印象に残っていると、リクルーターがつきやすいでしょう。また、ESを提出するなど、選考に進んだ段階でもリクルーターがつくこともあります。

この場合は、その時点から通常の選考とは別ルートになる可能性が高く、就活も有利に進めやすいです。選考が始まればリクルーターがつかないわけではなく、途中からリクルーターの選考ルートに切り替わる可能性があることは理解しておきましょう。

OB・OG訪問後

企業との接点ができる場としては、OB・OB訪問が挙げられ、この後にリクルーターがつくこともあります。OB訪問を通して好印象を与えることができれば、そのまま訪問時に対応してくれた先輩社員がリクルーターにつきます。

もちろん、場合によっては別の社員がリクルーターにつくこともありますが、これは企業内の事情であり、評価には関係ありません。どんな人がリクルーターにつくかは問題ではなく、リクルーターがつくかどうかが問題であることは理解しておきましょう。

OB訪問をした場合は、企業との関係が密接になるため、リクルーターもつきやすいです。OB訪問後にリクルーターをつけるかどうかを判断するため、お礼メールまで気を抜かずに送っておきましょう。

自己分析の浅さは、人事に見透かされる

就活で内定を勝ち取るためには、自己分析をして自己理解を深める必要があります。自己分析を疎かにしていると浅い答えしか浮かばず、説得力のある回答ができません。

そこで活用したいのが、自己分析ツールの「My analytics」です。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・特徴を見える化できます。
My analyticsでサクッと自己分析をして、選考を突破しましょう。

リクルーター面談の内容

それでは、実際にリクルーター面談では、どのような質問がなされるのか紐解いていきましょう。リクルーター面談と聞くと、本試験ではないと感じる人も多いようです。しかし、企業側の本音としては、リクルーター面談を選考の判断材料にしたいと考えています。そのため、通常の面接と同じように、就活生自身のことを問う質問がされる傾向にあります。

例えば、企業に関心を持った理由、どのような業界もしくは仕事に挑戦したいのか、大学では何を専攻しているのか、特技は何か、他にどのような企業に興味があるのかなどが聞かれます。このように、通常の面接と同じ対策をしなければ答えられない質問がなされます。リクルーター面談だからといって、フランクな面談だとは思わずに、本番の選考だと思って臨むようにしましょう。

リクルーター面談で見られるポイント

リクルーターがついても安心するのはまだ早く、そこから面談をクリアする方法を考えなければなりません。リクルーター面談は雑談形式で進められることが多いため油断しがちですが、選考の一環であることは忘れないようにしましょう。

また、リクルーター面談を通して企業研究ができるという側面もありますが、この段階で不合格になるとせっかく学んだことが活かせなくなるので注意が必要です。面談で見られているポイントを把握して、選考の突破を目指しましょう。

身だしなみ

リクルーター面談は選考では0次面接という位置づけになるため、身だしなみなど基本的な部分が見られています。正しい服装ができていなければ印象が悪くなるため、髪型や髪色、持ち物などにも注意が必要です。

企業によっては服装自由と指定がされることもありますが、リクルーター面談も選考の一環であるため、スーツで臨むようにしましょう。スーツを着ていれば少なくもマイナスの印象を与えることはなく、選考でも有利になる可能性が高いです。

もちろん、スーツを着ていれば何でもいいわけではなく、就活に合わせてリクルートスーツを選ぶことが大切です。また、スーツの着こなしについても細かくチェックされているため、清潔感のある身だしなみを心がけて面談に臨みましょう。

企業への理解度

企業への理解度も、リクルーター面談で見られているポイントのひとつです。リクルーター面談では、企業についてを知ることもできますが、この段階である程度は企業への理解を深め、興味をアピールしておかなければなりません。

リクルーターは本選考に進む学生を絞り込むためのものでもあり、自社に興味を持っていないと判断されば、この時点で弾かれてしまいます。また、多少興味がある程度でも不合格になる可能性が高いため、積極的に企業への関心を示し、アピールすることが大切です。

リクルーター面談を有効に活用するためには、事前に企業研究をおこない、分からない部分を聞くのがおすすめです。疑問点を聞くことで、企業への興味があることや企業研究ができていることが伝わります。貴重な情報が得られるため、今後の就活にも役立てることができます。

仕事への意欲・熱意

仕事への意欲や熱意もリクルーター面談で見られているポイントであり、これらもしっかりアピールしなければなりません。そもそも仕事へのやる気がなれば、企業は採用を躊躇することが多く、これはリクルーター面談の場合でも同じです。

意欲や熱意は就活をする上での根本的な部分であり、特に重要視されています。新卒では企業での成長力を重視して採用が決定する傾向にあり、成長意欲をアピールするのは大切なことです。

リクルーター面談の段階で仕事への意欲が見られないと判断されれば、次の選考には繋がりません。リクルーター面談では、学生の素を引き出そう考えているため、仕事についての質問も、雑談に交えておこなわることが多いので注意しましょう。

リクルーター面談前にしておくべき準備

リクルーター面談に挑むためには、本番の面接と同様の意気込みが必要です。リクルーター面談といえども、先方は企業に所属している人間です。ビジネスシーンであることを念頭に置き、身だしなみを整え、丁寧な口調で接するようにしましょう。その他にも、リクルーター面談前にしておくべき準備はいくつかありますので、次の項目でご紹介します。

面接対策をしておく

リクルーター面談を受ける際は、通常の面接対策をしておきましょう。リクルーター面談は、採用試験と同等のものと認識してください。リクルーター面談でなされる質疑応答は、通常の面接と大差ありません。しっかりと面接対策をしなければ、リクルーターからの質問にうまく回答できず、ちぐはぐな話し方になってしまうでしょう。また、曖昧な対策をしてしまうと、回答内容に矛盾が出てしまいます。

何も対策をしないでいると、次のステップに進むことは不可能です。リクルーターとおしゃべりするだけ、会話をするだけという認識は捨て、本番と同じ姿勢で面談を受けるようにしましょう。面接対策として、自己分析・企業研究・業界研究をおこない、模擬面接で練習をしておくのがおすすめです。

何を質問するか事前に考えておく

リクルーター面談では、一通り質疑応答がなされると逆質問の時間になります。「気になることがあれば、何でも聞いてください」と言われたら、何かしら質問をするようにしましょう。「質問は何もありません」と答えてしまうと、「ただエントリーをしただけで、実は当社に興味がないのかも」と思われかねません。興味がある姿勢を示すためにも、必ず質問はしてください。

そのためにも、事前に何を質問するべきか考えておく必要があります。リクルーター面談では、ノートやメモを出しても構いませんので、質問リストを書いておくとよいでしょう。どのような質問をすればいいのかわからない方は、ネットや本などに参考になる例が多く掲載されていますので、ぜひ参考にしましょう。

リクルーター面談は0次面接

リクルーター面談は選考では0次面接という位置づけであり、これも選考の一環として考えられています。リクルーター面談の時点で不合格とされれば、その後の別ルートの選考には進むことができないため、通常の方法で選考を受けることになります。

また、リクルーター面談の時点でマイナスの印象を与えてしまうと、通常応募でも不利になる可能性があるので注意しなければなりません。リクルーター制度は上手に使えば就活を有利に進めることができますが、使い方を間違えれば不利に働くことも多いので注意しましょう。

リクルーター面談の時点から選考はスタートしているという意識を持ち、気合いを入れて取り組み、就活を有利に進めましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ