就活その他

就活のやり方|選考前の準備や効率的に就活を進める方法をご紹介

就活のやり方が分からないと悩む人は多い

就活のやり方が分からないと悩む人は多いですが、まずはどうやって進めればいいのかを理解することが大切です。就活のやり方は人によって違い、絶対的な正解は存在しません。しかし、一般的に言われる正解はあり、それをひとつの指標にして取り組むのがおすすめです。

進め方が分からないままに就活を進めるのは難しく、漠然とした気持ちで取り組んでしまうと失敗する可能性も高いので、注意しなければなりません。自分なりのやり方を見つけ、効率的に進めることが就活を攻略する第一歩です。

就活は大変なものですが、難易度は取り組み方次第で違ってきます。少しでも就活を有利かつスムーズに進めるためにも、自分に合ったやり方を見つけましょう。

あなたの就活力は何点?

就職に成功するためには、まず自分の就活力を知っておく必要があります。就活力とは、就活で必要な準備や企業側が重視しているポイントに対して、どれだけ備えているかをはかる指標です。就活力は今から伸ばすことができます。ぜひ「就活力診断」で今の自分の就活力を診断してみましょう。無料でダウンロードできるので、今の実力を踏まえた上で必要な対策をしてはいかがでしょうか。

就活の効率的なやり方

基礎をしっかりと固めておけば就活を進めることができますが、よりスムーズに進めたいのであれば、効率的なやり方を知っておくことが大切です。就活はやらなければならないことがたくさんあり非常にハードです。

やるべきことに追われ、時間が足りなくなることも多いため、何事も効率化を図って取り組まなければなりません。就活を効率化するやり方を知って、スムーズかつ有利に進めていきましょう。

自己分析で就活の軸を設定

自己分析は就活の基本であるため、しっかりとおこなうことが大切です。自己分析をおこない、自分のアピールポイントや性格的な特徴、やりたい仕事などを洗い出せば、それらを総合して就活の軸を作ります。

就活の軸とは、どのような方向性で就活を進めるのか、仕事に対して何を求めるのかを表した指標です。どんな仕事がやりたいか、仕事に何を求めたいかは人によって違い、就活の軸も個人で違っています。

就活の選択肢は非常に多く、何の指標もなく進めるのは危険です。膨大な数の業界からひとつを選び、さらに無数とも言える企業の中から、自分に合った企業を見つけるのが就活です。方向性を見失うと志望先を決めることもままならないため、軸は必ず設定しておき、どんな条件で選択肢を絞り込むのかは考えておきましょう。

業界研究をする

ビジネスシーンにどのような業界があるのか、しっかりと調べることは、就活において無視できないことです。さまざまな会社が異なる事業をしているため、ひとつひとつを把握することは非常に難しいですが、業界研究は、全体像をとらえる際に有効です。

そして業界が企業向けにサービスを提供しているのか、それとも、消費者向けの商品を取り扱っているのか、理解しましょう。これらは「B to B」「B to C」と呼ばれるものであり、各業界は、基本的にはどちらかに分類されます。

今後業界がどのように成長するのか、あるいは安定した基盤があるのかも、併せてチェックしてください。成長していない業界では、腰を据えて働けない可能性もあります。

企業研究をおこなう

業界研究だけではなく、企業研究も重要です。企業研究は、どのような企業なのか調べて、自分と合うのか判断するために、就活において必要な作業です。まずは、企業が業界においてどういったポジションにいるのか見極めましょう。

業態だけではなく、売上や社員数などもチェックしてください。そしてさらに、企業について深掘りしていきます。会社の理念や拠点数、展開しているサービス内容の詳細、成長レベル、社風、福利厚生、関連企業なども確認します。

企業を隅々までチェックしたら、自分にマッチするのか考える時間です。職種や休日、将来性など、会社をさまざまな角度から見て、自身が求めているものがあれば、志望する企業に入れるようにしましょう。

OB訪問で情報収集する

OB・OG訪問も、就活に欠かせないものです。大学などの卒業生に話を聞くことになりますが、公開されていない情報を知ることができ、社風や仕事内容を理解することができる場となります。

職場を見学できたり、面接合格の秘訣を教えてもらえる可能性があることも、メリットに挙げられるでしょう。先輩たちに連絡を取る方法は、さまざまあります。OB・OGリストは、大学によってはキャリアセンターなどで見ることが可能ですし、ゼミの先輩に直接連絡するのもおすすめです。

そして、OB・OG訪問の事前準備として、企業研究や業界研究が必要になります。電話やメールで日程調整などをするときは、必ずビジネスマナーを守るようにしましょう。

会社説明会に参加する

会社説明会には、ひとつの会社のみでおこなわれるものと、たくさんの企業が集まって開催される合同説明会があります。その名の通り、会社について説明してくれるイベントになりますので、志望する企業、あるいは気になる会社の説明会には、参加するようにしましょう。

企業によっては、説明会を終えた後に面接や試験がおこなわれることもあります。これが本採用に必要なプロセスである可能性も、認識しておきましょう。会社説明会の情報は、企業のホームページや就職情報サイト、大学のキャリアセンターなどで入手可能です。

説明会に参加する前は、会社についてわからないところを質問としてまとめておきましょう。つまり、企業研究は、会社説明会においても重要だといえます。

選考の対策

志望先を明確に決めることができれば、いよいよ本格的に選考の対策をしていきましょう。対策のやり方はさまざまありますが、基本は選考段階、選考内容ごとに対策をすることが大切です。たとえば書類選考と面接では準備のやり方が異なり、対策すべきポイントも異なります。

また面接でも、個人面接なのか集団面接かによってポイントは異なり、さらにグループワーク、グループディスカッションなどもあります。選考では面接形式のものだけではなく、筆記テストもあるため、その勉強もしておけなければなりません。企業によって、選考段階によって対策すべき内容は大きく違ってきます。企業ごとにどんな選考がおこなわれるのかを把握し、それに合ったやり方で準備をしておきましょう。

就活の基礎準備のやり方

就活を進めるためには事前準備が大切であり、これを怠ってしまうと失敗する確率もぐっと上がります。何事も基礎が大切であり、これは就活であっても同じです。基礎準備があできていないと、後から挽回するのも難しくなるため、まずは基本を正しく理解し、しっかり固めておく必要があります。

基礎準備としてすべきことはたくさんありますが、それらをきちんとやっておけば、就活をスムーズに進められます。基礎準備のやり方を理解して、就活に取り組むための土台を作り上げましょう。

スーツの購入

就活ではスーツが必要であり、事前に購入しておかなければなりません。就活では説明会や選考などさまざまなイベントがありますが、基本の服装はスーツです。スーツがなければ就活は進められませんので、事前に購入しておきましょう。

スーツであれば何でもいいわけではなく、フォーマルなものを選ぶ必要があります。リクルートスーツとして売り出されているものであれば、基本的には問題ありませんので、それを選びましょう。また、スーツは1着だけではなく、できれば2着以上持っておくと便利です。

就活期間中はスーツを着る機会が多く、毎日同じものを着ているとすぐに傷んでしまいます。スーツを長持ちさせるためにも、可能な限り複数着購入しておきましょう。

ナビサイトへの登録

就活をスムーズに進めるためにはナビサイトの登録が必須であり、これをしていないと選考が受けられない場合もあります。企業によっては、ナビサイトを通じてのエントリーしか受け付けていないこともあるため、複数登録しておくことが大切です。

ナビサイトに登録することで、企業の情報が検索できるだけではなく、まとめてエントリーをしたり、業界・企業研究などに役立てることもできます。サイトごとに特徴は違いますが、どれも就活に役立つものばかりです。

大手サイトは2つ程度登録しておき、志望する業界に応じて、特化型のサイトにも登録しておきましょう。特化型のサイトは、ひとつの業界の求人を専門的に取り扱っているため、大手の総合サイトよりも有益な情報が得られることも多いです。

インターンなどへの参加

就活の基礎準備としてはインターンへの参加もおすすめです。参加することで就活をよりスムーズに進めやすくなります。インターンでは業界や企業、仕事についての理解を深めることができ、企業の採用担当者に覚えてもらえる可能性もあります。

インターンでの評価は本選考に影響することも多く、ここで好印象を残しておけば、選考でも有利です。また、社会人と近い距離で過ごすことで、社会人としての自覚も持ちやすく、就活へのモチベーションアップにも繋がるでしょう。

インターンは必須のものではありませんが、参加すれば就活に役立つ経験を積むことができます。仕事についての理解を深める機会でもあるので、気になる企業があれば積極的に参加しておきましょう。

応募書類の作成

就活では履歴書の提出が必須であり、事前に記入する内容を考えておくことが大切です。履歴書は業界、企業に関係なく共通のものを使用しますので、事前に作成したものを使いまわすことができます。もちろん、企業ごとにアピールすべき内容は違うため、志望動機や自己PRについては、志望先ごとに書き換える必要があります。

自身の情報や学歴などの基本部分については、企業に関係なく同じ内容を書くため、それらを記入しておき、量産体制を整えておくのがおすすめです。また、志望動機などに関しても、ある程度どのような内容で書くかは考えておきましょう。企業ごとに細部は変えなければならないものの、ベースとなる部分はある程度共通しています。アピールの核となる部分はいくつか考えておき、志望先ごとに使い分けられるようにしましょう。

行き詰ったら就活のやり方を見直そう

就活は上手なやり方で進めていても、どこかで行き詰ってしまうことはあります。就活は難しいものであり、やり方を工夫したからといって必ずしもうまくいくわけではありません。行き詰まりを感じれば、そのまま無理に続けるのではなく、やり方を身直して方向転換を図ることが大切です。

就活のやり方に明確な正解はなく、人によってどのやり方があっているかも違います。行き詰まるということは、やり方を間違えた、あるいは合っていない可能性があるため、根本的な部分から見直しをしましょう。

面接ごとに反省する

選考の中でも特に中心となるのが面接であり、面接で行き詰まりを感じる人は多いです。面接にはこれといった正解がなく、完璧を目指すのはほとんど不可能とも言えます。しかし、どこまで完璧に近づけるかが重要であり、そのためには面接ごとに振り返り、しっかり反省することが大切です。

面接で不合格が続いているのであれば、やり方そのものを間違えている可能性があります。面接が終わればすぐに振り返り、どこが良かったのか、どこが悪かったのかを見直して反省しましょう。

明らかに失敗したときだけ反省するのではなく、上手くいったときも何がよかったのかを振り返って、見直すことが大切です。面接の出来に関係なく、終われば毎回反省することを癖付けておきましょう。

自己分析をやり直す

就活を進めるためには自己分析が必須であり、必ず最初におこないますが、一度やればそれで終わりにするのはよくありません。自己分析は一度で必ずしも正しい結果が得られているとは限らないため、行き詰まりを感じれば何度もやり直すことが大切です。

自己分析のやり方そのものが間違っていれば、得られる結果も間違ったものになり、選考でのアピール力も弱くなります。何度も繰り返すことで、より自分への理解を深めることができ、より正確な分析ができます。

また、就活を進める中でも、考えが変わることも多いです。就活前と後では、自己分析の結果が大きく違うこともあるため、何度でもやり直すことが大切です。基本の部分で間違えてしまうと就活を成功させるのは難しいため、行き詰ったら基本に立ち返ってやり直しましょう。

仕事において何を大切にしたいかを考える

就活の目的は、自分がやりたい仕事、自分に合った仕事を見つけることです。仕事の選択肢はほぼ無限にあり、その中から自分に適したものを見つけ出すのが、就活本来の目的です。しかし、実際に就活を進めていると、やるべきことも多く、ハードな毎日が続き、本来の目的を忘れてしまうこともあります。

結局何をゴールに設定しているのかが分からないままに、漠然と就活を続けている人は多く、それは失敗する可能性が高いです。就活で行き詰まりを感じたときこそ、本来の目的を思い出し、仕事において何を大切にしたいかをもう一度考える必要があります。ただ就職するだけが、就活の目的ではありません。納得した企業に就職することが大切ですので、仕事に求める条件は何度も思いだし、常に頭に入れておきましょう。

就活は自分に合ったやり方で進めよう

就活のやり方はさまざまであり、人によって向き不向きがあります。誰かの真似をしていれば、就活が成功するとは限らないため、自分に合ったやり方を見つけることが大切です。

どんなやり方でも、最終的に自分が求める就職先を見つけることができれば、それは成功といえます。就活の成功は過程ではなく、結果であるため、途中のやり方に固執する必要はありません。

さまざまなやり方を試し、合わないと感じれば別のやり方に変え、自分にもっとも適したものを見つけることで、就活を攻略するポイントです。やり方を変えるだけで、就活の進み方は大きく違ってきます。就活に行き詰まりを感じれば、やり方そのものを見直し、上手に方向転換しながら成功を目指しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ