自己分析

就活生に向けて”自分軸”って何ですか?【例文あり】

(2ページ目)

「自分軸」について、”新卒採用”の仕事を通じて感じることを、お伝えしようと思います。
あなたの「自分軸」って、なんですか?
さぁ、なんでしょう?
簡単に答えられるものではないですね。学生に限らず、社会人だって同じです。
しっかり答えられる人って、意外と少ないかも知れません。

でも、採用の過程において、「自分軸」を問われる場面はたくさんあるんです。

「この会社に入社してやりたいことはなんですか?」
「この業界を志望する理由は?」
「あなたの強みは何ですか?」
面接でよく聞かれるフレーズです。
これ、全部「自分軸」です。

新卒採用で感じることは”自分軸の欠如”

IMG_9754-540x360
自分の「軸」、つまり、行動や言動、考え方の根底にあるもの。
就職に対する自分自身の基礎となる考え。
何がしたくて自分は働くのか、どんな仕事・働き方で、なにをしたいのか。
その答えが、「自分軸」です。

皆さん、一所懸命に答えてくれますが、
面接官の僕らの心に刺さる答えはそんなに多くはありません。
取ってつけたような答え、無理やり作り上げた答え、
その人らしくない答えが、ほとんどです。
一所懸命語るその顔をじぃーと見ながら聞いていても、しっくりこないんです。
「本当にそうなのかな?なんだか、浅いなぁ」と。

自分自身の「軸」が見えていないと答えられない。
答えられない人、「自分軸」をしっかり伝えられない人は、採用されない。
当然のことですね。
その人が、何をしたいのか、会社にどんな貢献をしてくれるのか、
どんな意識で仕事に取り組むのか、
それが伝わらないので採用できません。

就活生にとっての自分軸の必要性

IMG_9676-540x360

この「自分軸」が見えないまま、就職活動している人がとても多いと感じます。
採用サイドとしても、とても不安になります。
みなさんのこれからの社会人生活も不安だし、
採用に足る人材はいるんだろうかという不安。
就職活動で、うまくいく人と、うまくいかない人の一番の違いは、
この「自分軸」をどれだけわかっているか
といっても過言ではないくらいです。

就職活動において、まずは最初にやることは、「自己分析」と言われます。
その中でも、一番大事なことがこの“自分軸を見つけること”だと思います。

自分が、就職して何をやりたいのか?実現したいことはなんなのか?
もっと言えば、「なぜ、あなたは就職するのか?」、
あなたにとって、”働く”とはどういうことか」ということ。

少しだけ時間をとって、じっくり考えてみてもいいのではないでしょうか?

私は、御社に入社して、自己成長していきたいです。」では、ダメなんです。
全然具体的じゃないし、本心から思っているとも思えない。
僕らの心にも刺さらない。

もっと具体的に、心底自分自身がそう思えるものを見つけてほしいと思います。
どんな風に成長したいのか、
成長してどんな人物になりたいのか、具体的に教えてください。
僕たちは、自分のやりたいことを見つけている人、
自分の働く意味を知っている人に出会いたい。

では、どうすれば、自分自身の「自分軸」が見えてくるのでしょうか。

自分軸の見つけ方

IMG_4812-540x360

今の自分は、過去の自分の蓄積です。
ジョブスも言っていた過去の「ドット」をつないだところに自分はいます。

まずは、過去においてどんなことがあったのか、
あなた自身は、どんなことに感動し、どんなことに心震わせる人なのか、
どんなことにがむしゃらに頑張れたのか。
ひとつひとつを思い出し、書き出してみてください。
それぞれの場面をありありと思い出し、もう一度想像の中で体感します。
どんなことを感じ、どんなことに心が動いたのか、そして、何に気付いたのか。

思いもよらなかった感情や記憶が、掘り起こされるかもしれません。
潜在意識の中から、あなた自身が気付いていないけれども、
あなたの意識や行動に大きく影響していた記憶がよみがえってくるのです。
すると、自分が何に喜びを感じる人間なのか、何を大切にしたい人間なのか、見えてくるはずです。
それが、きっと「自分軸」です。

自分の中から出てきた「自分軸」です。
なんとか診断みたいなタイプ分けに比べれば、
断然納得感も高く、仕事へのモチベーションにもつながるはずです。

「自分軸」が見つかれば、自分が行きたい業界、
会社で、実現したいことが見えてきます。

なんとなく食品メーカーがいいなと思っていた人は、
食品メーカーで何がしたいのか、見えてくるはずです。

新卒の就職活動は、人生で一度きりです。
自分自身を見つめなおし、悔いのない就職を実現してください。

あなた自身の人生ですから。