Loading...

アルバイトから正社員を目指す方のための自己PRの書き方

1568

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自己PRのなかでは、志望動機についても書いていくことになりますが、この志望動機もアルバイトからの就職を目指すひとにとっては大切な書き方のポイントとなります。
さきほども述べたように、アルバイトをしている自分であるからこそ”働くこと”に対するモチベーションが高いのだということをアピールしたいのですが、ただ根拠のない熱い思いだけを書き連ねていっても説得力がありません。
そこで書き方としては”正社員としての意識をきちんと持っていること””正社員としてなりたい自分像をきちんと持っていること”が読み手に伝わるような自己PRをしていくのが上策です。

アルバイト先の尊敬できる正社員像をイメージして話すこと

この「正社員としての意識」「なりたい自分像」は、アルバイトをしていたときにあなたが正社員をどのように見ていたかを思い出せば書くことができるでしょう。
尊敬できる正社員であったのならばそのひとをお手本にすればよいですし、ダメな社員だったのならば自分だったらこうしたのにということを書けば良いのです。思い出せることはいっぱいあるはずです。

アルバイト経験を自己PRする時は”働くこと”に対するモチベーションの高さを話すこと

 

アルバイト経験しかないからといって、相手に「届く」自己PRが書けないわけではありません。
アルバイトをしていたときの自分をいま一度見つめ直し、まわりの正社員の様子がどんなだったかを思い返しながら、効果的な書き方をして自己PRを完成させていってくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ