Loading...

アルバイト経験を面接で自己PRする時のポイント

1429

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アルバイトの経験で自己PRする時の注意点ですが、「アピールしたい事を、アピールできていない」事があります。
履歴書の自己PRは、冒頭を簡潔にまとめる事が大事とお伝えしましたが、よくあるのがアルバイトの背景や、状況を書いてしまう自己PRがあります。
それではあなたのアピールしたい事が行動に伴っていない自己PRと見なされ、印象に残りません。

自己PRではあなたが心掛けて来た考え方と行動を述べること!

大事な点は「あなたが心掛けてきた考え方と行動」を述べる事です。また、アピールしたい事を仕事に活かせるようなニュアンスも必ず盛りこみましょう。
たとえば、「○○によって売上が120%UPし、セールス力には自信があります。」など営業職を希望とするのであれば、セールス力や提案力、粘り強さを自己PRできたら良いでしょう。
履歴書の短い枠の中で、ここまで簡潔にアピールする事は容易ではありませんが、参考にしてみてください。

自己PRではアルバイトの経験を主張する時は”自分の行動”と元にアピールしよう

履歴書の自己PRはアルバイトの経験からであれば比較的書きやすいでしょう。
アルバイトも仕事なので、社会人になったら活かせる事はたくさんあります。自信を持って、あなたの経験から最も伝えたい自己PRを見つけ出しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ