Loading...

エントリーシートでよくある3つの質問に対する回答の見本

1129

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エントリーシートの書き方にはコツがあります。書く順番として気をつけたいのが結論→理由→具体例→結論の枠組みでエントリーシートを書くと起承転結の流れが出来上がり論理的な文章が出来上がります。あくまでも自分の言葉で文章を作るのが基本ですが、ここではよくある3つの質問に対する回答の見本をご紹介します。

179

ここにキャプションを入れて下さい。

学生時代に一番力を入れたことは何ですか?

 

エントリーシートでよくある「学生時代に力を入れたこと」という質問の回答見本です。ここで企業が聞きたいのは、学生時代にどのような考えで何に打ち込んで何を学んだのか、という点です。
自分が一番力を入れたのであれば、内容は何でも問題はありませんので、エントリーシートの見本を参考に自分なりの文章に仕上げてみてください。

  • エントリーシートにおける回答見本1

「私が学生時代に一番力を入れたことは、飲食店のアルバイトです。私が学生時代に飲食店のアルバイトに一番力を入れた理由はたくさんのお客様に接っして自分自身のコミュニケーション能力を向上させようと思ったからです。

飲食店のアルバイトではさまざまな性格のお客様が来店するので、お客様が求める事をしっかりと観察し、よりたくさんのお客様に喜んでいただけるような接客を心がけてきました。

一度、新人のアルバイトのミスでお客様がお怒りになってしまった際に、私が対応することになったのですが、お客様が怒っている理由をきちんと傾聴し誠実にお詫びをして和解までもっていくことができました。こういった経験の中で自分のコミュニケーション能力が向上し社会にでてからも必ず役に立つという思いになりました。このような考えから私は学生時代に飲食店のアルバイトに一番力を入れていました。」

自己PRを記載してください

 

エントリーシートだけではなく、面接でも聞かれるケースが多い自己PRの質問の回答見本です。自己PRは、自分という商品を売り込む大切な機会です。じっくり考えて書くのも重要ですが、面接で聞かれてもスラスラ応えれるようにしておく必要があります。下記の見本を参考に、自分なりの自己PRを完成させてみてください。

  • エントリーシートにおける回答見本2

「私が最もアピールしたいことは、コミュニケーション能力なら相当の自信があるということです。私は学生時代に飲食店のアルバイトでたくさんのお客様と接してきました。ただ単純な機械的な接客ではなく何か少しでもお客様に喜んでいただこうという思いや、仲良くなりたいという思いで接客してきたためその経験からコミュニケーション能力を鍛えられたと考えます。

この接客業で身につけたコミュニケーション能力はさまざまな場面で応用を効かす事ができ、つねに相手の目線で考える癖がついているため家族との人間関係や友人たちとの関係も格段に良くなりました。

以上のような理由から私が最もアピールしたいのはコミュニケーション能力であり、この能力はビジネスの世界でも必ず役に立つ能力だと確信しています。」

志望動機を記載してください

 

これもエントリーシートだけではなく、面接でも必ずといっていいほど聞かれる質問です。志望動機は業種や企業によって全く違うものになると思いますが、だいたいの流れはこのようになります。下記の見本を参考に自分なりの志望動機を完成させてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ