Loading...

エントリーシートの書き方とコツ【自由記入欄】

1148

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エントリーシートを記入していると、中には「自由記入欄」を設けている企業もあります。自由記入欄ですから当然何を書いてもいいのですが、就職活動のエントリーシートなので、自分をアピールすることに最大限活用すべきです。そこで今回は、エントリーシートの自由記入欄の書き方における3つのコツをご紹介します。

189

ここにキャプションを入れて下さい。

自由記入欄の書き方1 自分の将来の目標を語る

 

エントリーシートは、ビジネス経験がほとんどない学生たちが書いて企業に提出します。なまじビジネスをやった経験があると、自分の可能性を小さく考えてしまい目標すら語れなくなってしまう人も多いのです。

しかしこれから社会に羽ばたく学生の立場を十分に活用して、自分の将来の目標を思う存分自由記入欄に書いてみると良いでしょう。

  • 可能性を狭める必要はない

今の段階で自ら自分の可能性を狭めてしまう必要は全くありません。ここでは謙虚さも必要ありませんので、とにかく自分が実現してみたい目標を荒唐無稽なものでもいいのでエントリーシートの自由記入欄に記入しましょう。

  • やってみたいことをイメージする

なかなかアイデアが思い浮かんでこないときは「もしも自分の望みが叶うとしたら?」「何でもできるとしたら?」と妄想してみてください。
ビジネスでの成功はほとんど妄想からスタートするのです。自由記入欄を活用して自分の夢を伝えてみてください。

自由記入欄の書き方2 過去の成功体験をアピールする

 

エントリーシートの自由記入欄では、とにかく自分という商品を売り込む必要があります。「自分には〇〇という能力があり、採用しないと損しますよ」というくらいまでエントリーシートの自由記入欄ではアピールする必要があります。

そのために、自己分析した中で出てきた、一つ成功体験をピックアップしてアピールしてみると良いでしょう。

  • 打ち込んで達成できた経験をストーリーにして伝える

ここで成功体験といっても、何かずば抜けた成功体験でなくても問題ありません。自分の人生の中で何かに打ち込んで達成できた経験を、ストーリーにしてアピールするのです。

「どのような苦難や試練を乗り越えて、成功体験を勝ち取ることができたのか」についてを自由記入欄に書きましょう。成功体験は大きさよりもストーリーが重要となるので、エントリーシートの自由記入欄で上手にアピールしてみましょう。

自由記入欄の書き方3 失敗体験から学んだことをアピール

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ