Loading...

グループディスカッションでよくある3つのテーマ例

862

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グループディスカッションのテーマにはいくつかのパターンがあります。そのテーマの例をみて、対策していくことで、実際のグループディスカッションでもうまく立ち回れるようになることでしょう。そこで、グループディスカッションでよくある3つのテーマ例について紹介します。

GDテーマ例

ここにキャプションを入れて下さい。

グループディスカッションのテーマ例1.ターゲット層に適した商品の考案

 

グループディスカッションのテーマには、「実際にある商品や、あると仮定した商品をどのようにしてターゲット層に届けていくか」ということを議論させるというテーマも多いです。特に商品を実際に出しているメーカーなどではこのようなテーマが実際に採用されることも多いです。

  • ポイント:ターゲット層の問題点や特徴を考える

「商品を新しく考える」場合もあれば、「商品をその層に届ける」というテーマの例もあります。どちらにせよそのターゲット層の問題点や特徴を考えることで、こういったテーマのグループディスカッションでもうまく意見を出していけるようになるでしょう。問題点を知らないことにはこうしたケース・スタディではうまく立ち回ることができなくなるので、あらゆる層や商品の問題点や特徴について普段から常に考えみてください。

  • 他の出題例

このようなテーマの他の例としては、「○○の売り上げをアップさせるためにはどうするか」、という例や、「新たに牛丼チェーンを出店するとしたらどのように差別化して利益を出していくか」、という例などがあります。

グループディスカッションのテーマ例2.理想の社会人とは

 

次によくあるテーマ例としては、特に対策のしようがないような、「理想の社会人とはどのようなものか?」というような例や、「人はなぜ働くのか?」というような例のテーマです。

  • ポイント:メンバーの意見を真っ向から否定しない

こうしたテーマではグループディスカッションでの議論が白熱しやすくなるので、そうした白熱した空気に流されて、グループのメンバーの意見を真っ向から否定したりしないように心がけることが、一つの対策法と言えるでしょう。自分の意見を押し付けるように議論していては、議論はまとまらなくなり、最終的には多数決などになり、グループディスカッションでの評価は落ちていってしまいます。

  • ポイント:相手の意見を認めつつ進める

こうしたテーマ例に似たものが、グループディスカッションのテーマとして掲げられたら、冷静に人の意見を聞くようにしましょう。あたその意見を拒絶しないようにして、相手の意見を認めつつグループディスカッションを進めていくようにすると良いでしょう。

グループディスカッションのテーマ例3.二つの選択肢

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ