Loading...

グループディスカッションによく出るお題とその対策方法

834

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グループディスカッションでは、良く出るお題というものがあります。そうした良く出るお題を知って、それに対してどのように考えていくか対策をたてることが出来れば、苦手なグループディスカッションも突破できる可能性が高まります。そこで、グループディスカッションによく出るお題とその対策について紹介します。

29

ここにキャプションを入れて下さい。

グループディスカッションで頻出のお題1.仕事について

 

仕事に関するお題というのは、グループディスカッションではよく出るお題です。具体的には下記のような、答えにばらつきが見られたり、別段予備知識がなくても答えられたりするようなお題です。
・「仕事をする目的」
・「仕事に対して何を求めるか」
・「理想の仕事とはどのようなものか」

こうしたお題に対策していくのはあまり難しいことではありません。

  • 仕事に対する意識を確認されている

仕事に対して問うのは、仕事に対する意識を面接とは違う状況で確認するためです。要するに、グループディスカッションの中で仕事に対してマイナスな意見がでていないかなどが見られているのです。

  • 対策→マイナスになりそうな発言はしない

仕事に関するお題への対策としては、マイナスになりそうなことは言わないということだけです。それさえ気をつけて、積極的に発言するようにすれば、問題はないでしょう。

グループディスカッションで頻出のお題2.二者択一

 

たとえば、「道に迷ったら右と左どちらにすすむべきか」というようなお題や「タイムマシンが出来たら過去へ行くか未来へ行くか」というようなお題など、二者択一のお題というのもグループディスカッションではよくでるお題の一つの一つです。こうした問題では答えはどちらでも良いので、最終的に強気で答えられるような、論理的に整合性がとれている回答をしていく必要があります。

  • 対策→物事のメリットとデメリットを考える

こうしたお題のグループディスカッションは、物事に対して理由をつけていく力をつける対策していかなければなりません。普段からメリットとデメリットを説明するトレーニングをしていけばよいでしょう。

例えば「過去に行くか未来に行くか」のお題であれば、過去に行くことのメリットとデメリット、未来に行くことのメリットとデメリット、そうしたものを頭の中で表にしていく力があると良いでしょう。そうした力を身に着けておけば、自然とこうしたお題のグループディスカッションでも良い発言が出来るようになっていきます。

グループディスカッションで頻出のお題3.課題解決

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ