Loading...

グループディスカッションの進め方における3つのコツ

最終更新日: // 1577 views

,

グループディスカッションではどのように進めていくかということで、突破する確率が随分違ってくるものです。それを知らずに流れで進めていくと、やはりうまくいかないでしょう。そこでここでは、突破するためのグループディスカッションの進め方を紹介します。

グループディスカッション進め方

ここにキャプションを入れて下さい。

グループディスカッションの進め方のコツ1.人の意見を否定しない

 

グループディスカッションは一般的に、自己紹介して、役割を決めて、時間配分を決めて、そこからグループディスカッションに入りますよね。そうしてグループディスカッションに入ったら、まずは相手の意見をいきなり否定しないように議論を進めるのが、突破するグループディスカッションをするための進め方です。

  • コミュニケーション能力が見られる

グループディスカッションで見られているのは、コミュニケーション能力ですから、相手の意見を否定して、自分の意見を押し付けるような進め方はマイナス評価の対象なのです。

  • 一旦相手の意見を認めてからやんわり否定

相手の意見を否定するときにも、一旦相手の意見は認めつつ、それでいてやんわりと否定するような否定の仕方を身につけましょう。「○○さんの意見は確かに的を得ています。しかしこういった見方もあるのではないでしょうか?」というような進め方で話を進めていくと話もスムーズに進むうえに、評価も高くなるでしょう。

グループディスカッションの進め方のコツ2.時間配分通りに進める

 

序盤に時間配分を決めてからグループディスカッションにのぞんでいる場合が多いです。そのため、たとえグループディスカッションが白熱したとしても、その時間が来たらきちんと意見をまとめて、次の段階に進むという進め方が、グループディスカッションを突破するためには欠かせません。

  • 最後の時間がなくなると甘い結論になる

時間配分通りに進まないと、どうしても最後の時間がなくなり、きちんと説明できない意見になったり、甘い結論になったりしやすいです。そのため、グループディスカッションでは、時間配分通りの進め方をする、という点を忘れないようにしてください。もし時間配分より早くグループディスカッションが進んでいくようであれば、それは最後にゆっくりまとめて時間を調節すればいいので問題ありません。

グループディスカッションの進め方のコツ3.なるべく多数決をしない

 
トップへ