Loading...

テストセンターの結果を使い回しする時のポイント

535

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テストセンターの結果は複数の企業の採用試験に使い回すことができます。つまり、応募した企業の数だけテストセンターを受ける必要はないのです。ここでは、テストセンターの結果を使い回すときのポイントについて紹介します。

テストセンターの結果を使い回しする時のポイント1,試験の種類を確認

 

businessman-598033_640

テストセンターの結果を使い回すときのポイントの一つ目は、「テストセンターの種類」です。テストセンターは大学受験のセンター試験のように一種類だけではありません。
玉手箱やSPIなどいくつかの種類があります。企業は採用したい学生の能力や学力によって、どの種類のテストセンターを自社の採用試験に使用するかを決めています。

  • 応募先企業で使用される試験の種類かどうかを確認すること!!

テストセンターの結果を使い回すときは、自分が受検したテストセンターが応募先企業の採用試験で使用されているテストセンターを同じ種類のものであることを確認しましょう。

違う種類のテストセンターの結果を送ってしまうと、その瞬間に、採用試験の選考から脱落してしまいます。

うっかりミスで、第一志望企業を逃すということがないように気を付けましょう。

テストセンターの結果を使い回しする時のポイント2,有効期限

 

テストセンターの結果を使い回すときのポイントの二つ目は、「テストセンターの有効期限」です。
これは特に就職活動二年目の方が注意しなければならないポイントです。テストセンターの結果の有効期限は一年です。
なので、どれだけ出来のよい結果であろうと、一年以上前の結果を使い回すことはできません。テストセンターの結果を使い回すときには、自分が受検したテストセンターの結果がまだ有効であることを確認してから使い回しましょう。

  • テストセンターの結果が有効かどうか早めに確認すること!!

テストセンターの結果が有効かどうかは、早めに確認しておくことが大切です。土壇場で無効だと気づくと、テストセンターの勉強が間に合わないうえに、テストセンターの予約がとれず受検できないということもあるからです。

テストセンターの結果を使い回しする時のポイント3,自己採点

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ