Loading...

ブラック企業リストに見る!!こんな企業は危ない!!

925

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

就活生が就職活動中をつうじて心配になるのは、「せっかく内定をもらった会社がブラック企業だったらどうしよう?」ということではないでしょうか。
あなたの社会人としてのキャリアのスタートを安心して飾るためにも、いままでに判明しているブラック企業リストをもとにして、どういう会社が危ないのかを見ていきましょう。

ブラック企業とはどんな会社?

 

ec4d751079f2e3815883c521e59d16e9_s
「ブラック企業」というのは、もともとは暴力団等の反社会的組織を後ろ盾にして、特殊詐欺やマネーロンダリングなどの違法行為をおこなっている企業のことを指していました。
しかし過重労働によって若手社員が自殺する事件が数多く報道されたことを受け、新興企業などが若年社員を使い潰して急成長している問題が提起されるようになると、これらの企業も含めてブラック企業と呼ばれるようになりました。

年々ブラック企業リストは更新!若者向け情報ツールのひとつになっている

このようなブラック企業の台頭への警鐘として、労働界では若年層を対象にしたブラック企業対策セミナーを開催したり、ブラック企業をノミネート対象にした年一回のアワードを開催しています。
このような労働者側の啓発活動により、さまざまにブラック企業リストが作られるようになりネットで公開されています。
今ではこうして作られたブラック企業リストが、新たに会社に就職しようと考えるひとたちのための情報ツールのひとつとなっているのです。

ブラック企業の実例:妊娠後の社員に対する処置

 

それでは実際のブラック企業リストを見ていきたいと思います。
まずは、とあるエステ会社の場合。この会社は雇用していた正社員の女性が妊娠した際、身体に負担のかからない業務への異動希望の上申を受けたもののこれを拒否し、さらに長時間残業の残業代も支払っていなかったことが明らかになりました。
また同じ会社は別の正社員に対しても、有給休暇を取得した際に残業代から有給休暇分の給与を勝手に減額するなどの行為をおこなっていました。

長時間労働・ハラスメント・残業代不払いなどが続く場合は注意!

この会社のように、「長時間労働」「ハラスメント」「残業代不払い」「有給未消化」「産休等の制度不備」が話題になる会社というのはブラック企業である可能性がきわめて高いので注意しましょう。
気づいた方もいらっしゃると思いますが、面白いことにブラック企業リストに載っている企業というのは単に「長時間労働」だけ「ハラスメント」だけといったように単体で問題になるのではありません。
いくつもの労働問題が重畳的に起こっている職場であることが多いです。
日頃から労働裁判のニュースなどに耳を傾けるなどして、情報収集を怠らないようにしましょう。

ブラック企業の実例:コンプライアンス違反

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ