Loading...

プログラマー志望者の自己PRの書き方

794

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プログラマーになりたい人の自己PRの書き方をお教えします。
新卒で就職活動をする場合、今までの職歴や経歴というものはないわけですから、全てが一からのスタートとなります。
プログラマーという職業の場合も同様で、如何に自分を上手く自己PR出来るかで内定へ近づくかどうかが決まると言えます。

自己PRを書く前にプログラマーという仕事を理解!!

hands-1063442_960_720
まず新卒者がやらなければいけないことは、プログラマーという仕事がどのような仕事なのかをしっかりと理解することから始めましょう。
一般的な仕事の場合ももちろん与えられた仕事に対して結果を求められますが、プログラマーの場合はその結果を出すということ=仕事の成功に繋がるため、職種の中でも非常に結果重視の仕事です。

  • 企業の不安を払拭する自己PRを行うこと

企業が危惧するのは新卒者という白紙の状態の人材が、果たしてプログラマーという特殊な仕事についていけるのか、仕事を覚えることが出来るのかという不安を必ず持っています。
そのため自己PRを行なう際には企業の不安を払拭できるような内容を盛り込んだ自己PRを行なう必要があると言えます。

自己PRには具体的な例を盛り込もう

プログラマーとしてやっていくためにはまず最低限プログラミングの技術やそれに関する知識、会社での仕事などを吸収できるかどうかがポイントです。
そのため自己PRに求められる内容としては、順応力と吸収力が強いということを前面に押し出した内容の自己PRが必要となります。
合わせて読みたい記事:自己PR文に絶対欠かせない3つのポイント

  • 与えられた課題に対しどのように取り組んだのかをアピールすること

大学でプログラマーに必要なプログラミングの技術をすでにある程度習得していればもちろんそれを自己PRに盛り込むことで更に企業に対するアピール力は強くなります。
そのため自己PRを行う際には実際に大学であった事例を元に、自分がどのような行動をとりそれを乗り越えたのか、
与えられた課題に対しどのように取り組み結果を出したのかを具体的に説明できる内容の自己PRであれば、企業側の不安も払拭することが出来るといえるでしょう。

プログラマーとしてやっていくための資格もアピールしよう!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ