Loading...

ボーナスが出た時のお小遣い事情まとめ

402

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ボーナスは非常に嬉しいものですが、一方で家庭がある人は家族にもお金を渡さなければならないものです。
特に子供がいる人は教育費がかかり、家を買った人はローンなどで大きく引かるケースも多いのです。そんな場合、お小遣いの相場はいくらかを探っていきます。

ボーナスが出た時のお小遣い事情1,半数のサラリーマンがもらえない

 

megaphone-297467_960_720
ボーナスは給料の数カ月分もらえる事が多く、金額も数十万円に達します。
この場合、かなりの多く臨時のお小遣いが入るのではと思われがちですが、家庭を持つ半数のサラリーマンは臨時のお小遣いがゼロであると言う調査結果があるのです。
これは衝撃的な結果ですね。

  • ボーナスは養育費・家のローン・老後の備えなどに回される

理由としては前述のように子供のための養育費や家のローン、老後の備えなどで貯金に回されるケースが多く、お小遣いが貰えてもボーナスの1割程度の過程が多い事がわかっています。
ただし、これはあくまで小遣いだけの話であり、飲み会の費用などは出してくれると言う家も多いようです。
一方で、小遣いが多い家は飲み会の費用は自腹など、メリハリをつけているケースもあります。

ボーナスが出た時のお小遣い事情2,共働き

 

ボーナスと小遣いの関係で重要になってくるのが、共働きの場合です。
子供がいない状態で家計の管理などを任せていると言う場合は、小遣いの金額も比較的自由になる場合も多く、ボーナスを全額そのまま使っていいと家庭もあります。

  • ボーナスは貯金できるかどうかが肝になる

近年は財布がそれぞれ別にあり、お互いが自主性に任せるケースも増えているため、後はそれぞれのためにどれだけ貯金などの積み立てが出来るかの問題になってきます。
自由に使えるお金がいいからと、すべて使ってしまって貯金が無いなどと言う事にならないように注意も必要です。
お互いを尊重する姿勢も大切であり、何かあった時に備えておくことや、家族サービスを充実させることも重要なのです。

ボーナスが出た時のお小遣い事情3,将来のお金を逆算する家庭もある

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ